4月最後の週末は素晴らしい晴天に恵まれた いつも見慣れた大分車両センター所属415系 4月24日は珍しい「臨時」字幕で運転された なんと小倉発宮崎行 所用もあったのでホームグラウンドの国道197号細陸橋付近のストレートで撮影した 
20210424FO112
2021年4月24日 日豊本線 坂ノ市 FO112 415系 宮崎行 団臨


JR九州のSNSに旅行募集のフライヤーを発見 鉄分の濃い変人、、、間違った レベルの高い乗り鉄さん向けのディープな列車旅のようだ セミクロスシート乗車をオススメポイントに上げているあたり渋いシブイ、、、 運転情報を教えてくれた若い鉄友さんによると 下り列車は小倉を10:19に出発 途中の主要駅中津と杵築を通過する設定! 大分到着時刻は12:05とのこと 小倉~大分間の運転時間はなんと1時間46分!!! 小倉~大分間は132.9kmなので表定時速は驚きの75.2km!!! ??? 間違いではないかと もう一回電卓を叩くがやはり同じ 鹿児島本線JR世代の現役バリバリ快速列車真っ青 まさに韋駄天イダテンの走りっぷり  

ちなみに小倉を10:09に先行出発する885系ソニック11号の大分到着は11:38 走行時間は1時間29分 表定時速は89.6km そして小倉06:39発787系特急にちりん3号の大分到着は08:14 走行時間は1時間35分となっている 885系と比べるのは的外れというもの しかし787系に対しては やや劣るがまったく遜色のない走り 415系恐るべし

「国鉄時代」に製造されて今なお現役の415系電車 まさに唸るような※MT54モーターの連続力行音を堪能できたのでは 「国鉄電車」ならではの走行音を響かせながら日豊本線をかっ飛ばす415系臨時列車 日豊本線大分以北は振り子車以外は最大120km走行が可能だが 最高速度はいったいどのくらいだったのかな? 想像するだけで爽快な気分 これは撮影よりも乗るべき列車であった 上り列車はソニック退避があり所要時間はやや長くなる 下り列車でツアー乗車した人 さすがである 羨ましい 後の祭り、、、 ※当初記載のMT46をMT54に訂正しました 2021/04/27
EwqgVA3VEAMEGCH
「415系セミクロスシートで行く!日豊本線縦断号」フライヤー JR九州SNSより 


4月24日は4075レが大幅遅延 415系団臨の1時間ほど後を南下していった 下ノ江駅手前の萌えるような緑の中で撮影した 415系を追っかけ撮影した若い撮り鉄さんたちは どちらを選ぶか迷ったのではないだろうか 
20210424EF81455
2021年4月24日 日豊本線 下ノ江 4075レ EF81455 150分延


4月25日折り返して北上する415系団臨 開いた窓越しに見える車内にはそれなりの数の人影を発見 それなりの参加者があったようだ 撮るだけのG鉄も一安心 上り列車は交直ジャンクションと関門トンネル通過体験というこれまたディープなオススメポイントが待っている 24日以上の晴天 まさに日本晴れの日曜日だった 二段窓を全開して薫風を受けながら愛でる車窓の風景 乗り鉄の幸せ、、、   

日豊本線では修旅臨での415系運転は珍しいことではない しかし415系が片道350km以上の長距離営業運転をすることは非常に珍しい しかも特急列車顔負けの高速走行! 「破格」の臨時列車であった またの機会があったらそのときはぜひG鉄も、、、 ただし旅行料金はどうぞ普通運賃並でお願いしたい JR九州旅の予約グループさま 
20210425FO112
2021年4月25日 日豊本線 坂ノ市 FO112 415系 下関行 団臨