blog 吉田つとむはインターネットを武器とする!

平成26年町田市議選(6期目)を連続トップ当選する。地方 政治に良識ある開かれた無所属保守のネットワークを求める。自民党を排除された後、現在までどの既成政党にも属さない。これまでに各種選挙に12回立候補し、6勝6敗する。今期、新たな「保守連合」の会派に所属する。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。過去の市議会で、ネット中継を提唱し実現。九州は博多の出身。長年、民間企業営業職社員として全国を飛び回る。その後、国会・都議会秘書等、多数の職業を経験。ネット関係の著作、講演もある。

「支持政党なし」の政策は、党員のネット投票で決めるという意味2016.06.30

 参議院選挙に、名簿届け出政党として、比例区と選挙区に双方で候補者を10人そろえた「支持政党なし」はその政策は持たず、議案の賛否は、党員のネット投票で決めるとしています。
 当選者数が増えれば、この支持政党なしの真価が発揮されることになる。そのホームページに表が作成されているが、当選者数が1名の場合、賛否の選択肢はそのいずれかのみになります。2名の場合、片方が1%でも議案の賛否を分けることにするとしています。多数で割らず、少数意見を大切にするという原則をオープンにしています。3人以上の当選者があると、本来の姿=党員投票で賛否を決める「按分(=あんぶん)」と考え方が現実の形に現れることになります。

 また、当選者が出なかった場合の説明で、今、党員募集は行っていないとしています。その理由は、「●今は議席がない為党員の募集はいたしません。議席がないのに党員を募集したらそれこそ嘘つきの始まりで、何も出来ないのに個人情報だけを預かってしまう事になりますので」としています。まるで、政権を取る体制も足らず、ひたすら「公約」を並べ立てている野党批判になっているようですね。

 私は、この「支持政党なし」が挑戦する、ネット時代の党員投票による政策決定に注目しています。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

昨日〜今日。コンサート鑑賞、インターン生面接、放射線量の測定2016.06.29記録

 昨日の夜は、昭和女子大学人見記念講堂で開催された、オラトリオ「メサイヤ」を鑑賞しました。ヘンデルの作と言うことで、クラッシックのよりクラシックと言う感じでした。ただし、オペラの伝統から脱した新しさを提起しているようで、ヨーロッパ文化の深さを少しだけ理解できたのではないでしょうか。毎年、昭和女子大より、「文化研究講座」のご招待をいただき、楽しまさせていただいています。毎年、インターンシップで学生を受け入れていることでの対応になっているようです。一人で鑑賞したことが惜しまれることでした。

 本日は、新しいインターシップ希望者の面接を行いました。事前に希望があって、その後、書類をそろえ、いくつかの照会を済ませた上で、今日の面接でした。新しい大学からの希望者で、今回の参加で更にインターンシップ対象大学が広がります。具体的には、本人のレポートが到着してのことにしたいと思います。
P1160179

P1160180

 次いで、本日の午後は町田リサイクル文化センター、多摩清掃工場周辺の放射線量定期測定を行いました。いずれ、ホームページにアップする予定です。1日が終わります。測定中、途中のゴルフ場は遅くまでプレイヤーがコースを回っていました。

 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

すっきりした、「支持政党なし」選挙区候補の選挙公報の記載内容2016.06.29

 昨日、東京都で参議院議員選挙の選挙公報が配布されました。比例代表区と東京選挙区の広報に分かれています。

 「支持政党なし」の選挙区候補のポスターに、候補者名が記載されないで、4名分が並んで貼られていて、特徴ある配置になっていました。隣の神奈川県では1名の立候補者であり、一般の候補者ポスターに比べて際立った印象は受けないものでした。東京都のポスターが4枚並ぶのなら、相互に色を変えればよいのでないか、あるいは一文字づつ大きな字を使い、一つの並び文字にみたいにすればよいのではなかったかと言う声も、私に入ってきました。あるいは、私が住む町田市辺りではまだまだポスターが貼ってない掲示板がたくさんあることなど等、昨日、「支持政党なし」の代表 佐野秀光さんにインタビューをした際に、そうしたことも尋ねて見ました。東京のポスター掲示場は、10000か所以上であり、そこに4枚のポスターを貼るとなると大政党、組織政党でないと全域に一斉にくまなくでは容易ではありません。*石原都知事が初当選した時(自民党は他の候補者を推薦)は、石原陣営のポスターは即日全域に貼られることはできていませんでした。ある宗教団体が全面的に支援していたのですが、集票活動では強くても、選挙のプロ集団とは言えないことが読み取れました。

 さて、その選挙公報(東京選挙区)で見ると、「支持政党なし」の候補者記事は実にすっきりしていました。続きを読む

「支持政党なし」と直接民主主義と言う、国会の亡霊について2016.06.28

 参議院選公示後、「支持政党なし」のホームページが更新されていました。過去とは違って、公選法の改正で、選挙が始まっても、ネット上では次々に記事が更新出来ることで、新たに起きた状況に対応する見解などが述べられているのでしょう。「支持政党なし 国会に亡霊が出る 直接民主主義への挑戦。」と言う3本の大見出しが躍るPDF版の記事がありました。

 「亡霊が出る」としたのは、由来本があるものですが、国会の亡霊とはなんなのか、それは、直接民主主義と言う、「国会の亡霊」としています。国会は代議制度の根幹です。参議院が議員の自由意志で議決が行わいていたものが、今ではその母体となる政党の意思で国会議員の議案対応は決せられています。そんなところに、突然、直接民主主義の手法を唱える政党が誕生し、まるで、国会議員の権限を制限し、その権威に影刺す選挙運動が始まったと想像されているのでしょう。

 そこで、そもそも有権者の自分の意思が議案の賛否に反映する方法を取る政党が可能かと問うたのが、この「支持政党なし」のことでしょう。この支持政党なしの国会議員はどうするうか。党員のネット投票(スマホ投票)で、議員が行う議案ごとの賛否を決めるというものです。確かに、政治家にとっては大問題です。自分が大きな権威を示せるのは、議案と言うものに独占的な決定権があること、あるはずのことが背景にあるわけです。せっかく議員になっても、賛否を決めるのはその背景にある党員の投票結果で決めるというものです。当選者の議員数で、賛否のあん分比率まですでにその方式を決めたようです。

 まだ、国会議員が1名もいない、参議院選挙の名簿届け出政党の挑戦と、実際に議員が誕生した場合も真実の姿に興味が起きます。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

「支持政党なし」佐野代表に単独インタビューを行いました。2106.06.27

 自民党に並ぶ支持率の支持政党なしの無党派の人たちを対象に、ネット、スマホによる政治の直接参加を提唱した「支持政党なし」佐野代表に単独インタビューを行いました。2106.06.27その内容を、「吉田つとむ発見動画チャンネル」に収めました。4ファイルをアップしていますが、どうぞご覧ください。
P1160159

 参議院選挙では、新たに国政に政党として参加するには、候補者10人をそろえる必要があります。比例代表区+選挙区で合計10名をそろえるわけです。現有5名以上の国会議員(衆議院議員も当然可)をそろえておればその10人と言うハードルは下がり、最低限の候補者を擁立することも可能です。この種のルールは、在野の新政党が登場しにくいように作ったもので、権力がある側がそれを維持しやすいように定めたものです。

 私は、この参議院選挙に比例代表選挙が初めて導入された時に、在野勢力(国会議員がいない)の新興政党として登場したサラリーマン新党の候補者(名簿登載者)としてかかわり、無から有を作り出す選挙運動にかかわりました。自身は当選していませんが、当選者の公設秘書、あるいはサラリーマン新党事務局を担当し、その高揚も浮沈も体現したことがあります。続きを読む

「支持政党なし」の評判とポスター掲示の意見を耳にした2016.06.27

 今度の参議院選挙の名簿届け出政党となっている「支持政党なし」のことですが、≪「政策なし」とはとんでもないふざけた政党だ。こんな政党は許せれない。あるいは、こんな政党は認められない」と言う意見がありました。そうした趣旨のネットの書き込みもありました。6月22日以降、この「支持政党なし」に関していくつかの観点で書いてきましたので、このブログ(FB,ツイッター)をご覧になった方は、若干の違いを持って、「支持政党なし」に接しておられるのではないでしょうか。

 そうしたことの表れとして、ポスター掲示に関して、私に意見を言ってきた人がありました。この道ではプロである地方議員の中に意見を提起する人が出てきました。

 それは、東京都内でのことです。ポスター掲示場を見ると、下段に4枚の同じポスターが並んでいます。「なんだこれは?」、あるいは「なんだこれは!」と言う風に思う人が一般に出ていますが、それらの人は、4枚の同じポスターを並べるなら、なぜ、「支」「持」「な」「し」と1枚づつ違って並べて配置するようにしなかったのだろうと言ってきました。言われてみれば、その通り、同じものが並んでも、「変なの」と言う意識を超えない可能性があります。これらを制作する人は、どのように見えるか、変ばかりに見える事よりも、「うーん!すごいな」と思わせることが第一だと思います。続きを読む

空中放射線量を定期測定(2016.06.26)と成瀬コミュニティセンター落成式

 1日遅れで空中放射線量を定期測定(2016.06.26)しました。JR横浜線成瀬駅の両側の出入り口付近で測定を行いました。先に南口を、後で北口で測定を行いました。いずれも単位はマイクロシーベルト/時です。
測定日06/26(日)19:20〜19:25
成瀬駅南口 天候 曇り
高さ5cm 0.06〜0.10
高さ1m  0.04〜0.07
 
測定日06/26(日)19:30〜19:35
成瀬駅北口 天候 曇り
高さ5cm 0.05〜0.09
高さ1m  0.04〜0.07
*以上の日付を1日間違って記載していました。27日としていたものを全部、26日に訂正いたします。よろしく、お願いいたします。
P1160151

P1160157
続きを読む

「支持政党なし」と代議制、イギリスのEU離脱決定の国民投票2016.06.27

 イギリスで実施されたEU残留or離脱を問う国民投票は周知のように、「残留」優位の事前の予想が覆り、「離脱」が多くなり、EU離脱決定となりました。もちろん、さまざまの手続きが有るでしょうし、相手もあることで、果たして今後どのように推移していくか、ダイナミックな変動とデリケートな停滞が伴うことでしょう。

 イギリスで実施された国民投票はそもそも、政権のキャメロン首相が主導したことであり、結果責任で首相は退陣と表明したところです。イギリスは首相が辞めても議員内閣制であることで、同じ政党の党首(代表)が首相の座に就くのでしょう。そうした上で、今回の国民投票の結果に添って、さまざまのEU離脱で起きる波乱を収める、あるいは影響を極小にする施策を取っていくのだろうと思います。あるいは、国会解散で新たな政党の枠組みができることがより合理的なあり方と思います。

 このことで、キャメロン首相が取った、「国民投票」と言う手法を批判する意見が出ています。勝てば官軍、負ければ賊軍です。天気が良かったら、結果はまるで逆になったかもしれないほどの僅差でした。イギリスにおけるEU参加・離脱は長い戦いの上で行われたことであり、政党や政治家が行う多数の政治判断の一つがこのEU参加問題ですので、そもそも、政治家にそれを全権委任することは有権者として無理な選択を強いることになるでしょう。イギリスにおける「国民投票」の採用は、手法的にきわめて合理的な判断であったろうと思います。選挙の中で不正を問う声はなく、その結果を両者が認めています。政治家や政党は、その選出の際に主張したことと違った行動や判断をすることがあり、消費税の引き上げに関する方針ではまるで逆の新方針が提起されました。他方で、与野党間では、そのことが主要争点にはならないという事態に至っています。まさに、日本で行われる今回の参議院選挙はその代表です。続きを読む

「支持政党なし」の爆発性とポスターの物足りなさ2016.06.25

「支持政党なし」の爆発性とポスターの物足りなさ2016.06.25について書いてみます。まず、新聞の情報では参議院選挙初盤の動向が掲載されており、与党、あるいは改憲勢力の優勢(3分の2を占める)が書かれています。それはそれとして、少数政党、とりわけ参議院選挙の政党立候補条件を満たした議員を持たない政党に冷淡な扱いが際立っています。人をそろえ、必要な供託品を出したのに、新聞・TVの扱いは天国と地獄の差です。

 ある意味、まだまだ選挙は初盤戦ですので、これから変わることもあります。大どころでは、改憲許さずの運動が効を奏する可能性もあるでしょうが、私は先ほどの少数政党の動向に注目しています。それも、「政策なし」とした、「支持政党なし」と言う政党の伸長具合です。

 東京都選挙区の4名の候補者を出し、同じポスターを掲示するという今までにない戦術を使っています。昨日の夜、町田駅前でそのポスターを見かけましたが、今朝の私の自宅前公園の掲示場にはありませんでした。少数の人で貼っておられるのでしょう。他方で、党首・佐野秀光さんのブログを見ると、そのポスターが「支持政党なし」4枚分の全部が棄損されている写真と文が出ていました。明らかな選挙妨害ですが、4枚同じポスターでそれ自体が違法や不当と勝手に解釈した自身が無法人がいた可能性もあります。そのように、注目されえた証とも言えます。続きを読む

定例会最終日の論議と紛糾(請願・意見書)について,2016.6.25記録

町田市議会第2定例会最終日の論議と紛糾(請願・意見書)について,2016.6.25記録です。

 告示日に提出された、一般の議案はさして論議になることもありませんでした。私が所属する総務常任委員会では、質疑・討論も一切ありませんでした。委員長の報告で深い内容があったものは、建設常任委員会の請願審査結果にあたるもの(下段に記載)でした。もとより、委員会で継続審査となった報告にみの請願があったことは服しておきます。

 また、今期の議会では前期より引き続いた「町田市交通政策特別委員会」の報告が藤田委員長よりあり、承認されました。前期佐藤特別委員長(現、議長)の時代に中間報告があり、今回で最終となったもので、お疲れ様でした。

 さて、請願第4号「搬入出車両等による安全確保を含めた地域住民の合意及び代替え地の合意迄東京都
との『町田市金森六丁目1406番1外の地下に設置する調節池に関する基本協定書』の凍結を求める」ですが、委員会では全会一致で「採択」となったという委員長報告(白川哲也委員長)でしたが、私はその結果に疑問を抱いていました。ちなみに、この請願に関して、保守連合は、署名を誰もしておらず、かつ、この建設常任委員会では白川委員長しかメンバーがいなく、意見も可否も明らかにする立場にありませんでした。続きを読む

支持政党なしの人がやむなく選択してきた、近似政党と言う概念の希薄化と新選択2016.06.24

 6月22日から参議院選挙が始まりました。
 「経済は任せてくれ」と政権与党は訴えています。いわゆる「野党は、憲法改悪は認めない」と主張していると概ね主張している見ていいでしょう。もちろん、これらに収れんされない政党もありますが、所詮は自分に任せてくれ、そうすれば万事がうまくいくと言う言い分に尽きます。

 現在の日本では、支持政党を持たない=「支持政党なし」の人が大半です。ある時は、自民党にどっと投票する、ある時は民主党にどっと投票する、そうした揺り戻しがあり、直近では自民党が連勝し、民主党は第3極の一部を取り込んで民進党と言う新たな政党に変わりました。双方の政党にさまざまの色合いの人がいそうですが、実際の国会の表決になると、政党・会派で党議拘束をかけることが大半です。地方議会の一部では、個々の議員の自由意志で決するケースもあります。私自身は、町田市議会で何度かその体験をしてきました。あえて、少数意見を大切にしたいという立場で、ただ一人の反対議決であったことが何度かありました。
 そうしたことを考えると、国政では、支持政党を持たない=「支持政党なし」の人の意見が直接反映されるシステムが、機能が果たされるべきではないかと思われます。

 翻って、この議案の賛否を議員が個的な判断のみで行うので、その議員を生む出した支持者の直接意見で決めたらよいではないか、つまり、直接民主主義の思想になりますが、果たしてそれが現実的か、それがこれまでは疑問でした。しかし、今はインターネット時代、スマホで、議案の賛否も瞬時に集約される時代であり、ある意味、直接民主主義を実現する時機到来と考えられる社会になりました。まだまだ、早すぎるという意見は承知ですが、それをある意味、先取りしたのがこの「支持政党なし」と言う「政党」の提示ではないでしょうか。有権者が直接自分の意見が反映されるという方法を提示したことになっているようです。
 「支持政党なし」の諸見解に対して、注目します。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合






 支持政党なしの人がやむなく選択してきた、近似政党と言う概念の希薄化と新選択2016.06.24

空中放射線量を定期測定、市議会報告6月後半をアップ206.06.23

 本日は、1日遅れで空中放射線量を定期測定(2016.06.23)しました。JR横浜線成瀬駅の両側の出入り口付近で測定を行いました。先に北口を、後で南口で測定を行いました。いずれも単位はマイクロシーベルト/時です。
測定日06/23(水)22:00〜22:05
成瀬駅南口 天候 曇り
高さ5cm 0.04〜0.08
高さ1m  0.03〜0.07
 
測定日06/23(水)21:50〜21:55
成瀬駅北口 天候 曇り
高さ5cm 0.05〜0.11
高さ1m  0.04〜0.08

 市議会報告6月後半をアップしました。記事は、「舛添知事の辞任求める決議提出/過半数に満たず」は保守連合が提出した市議会の決議が通らなかったという記事と、「ボランティアは行政の下請けではないという江川紹子さんに注目」と言うものを取り上げました。

 あとは、インターン体験記で、藤澤美彩子さんの5回目のレポート、御子柴綾乃さんの1回目のレポートです。御子柴さんは夏季休暇中に研修を行う予定になっています。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

新人インターン生の決定と研修生記事のアップ2016.06.23

 夏季休暇中に受け入れる新人インターン生の一人が決定しました。提携の昭和女子大学3年生の武者小路麻里さんで、キャリアセンターの高橋先生もご同行いただいた際、市議会の議事堂見学を入れました。議事堂には、本会議場、委員会室、会派室等のほか、議会事務局があります。
P1160071

 その内、本会議場、委員会室、会派室でそれぞれに説明を行ったものです。当日は、議会事務局の担当者にお世話になり、議会の放送設備、あるいはインターネット中継システムの説明をしていただきました。
P1160079

P1160083

P1160086

 詳しくは、本人のインターン研修の体験記があります。それをご覧ください。
● インターン体験記 武者小路麻里 第1回レポート 2016.06.20続きを読む

「支持政党なし」の「政策一切なし」と言う主張がユニーク2016.06.23

 私が気にかけている、参院選のエントリー政党「支持政党なし」は「政策一切なし」とうたっています。

 「支持政党なし」のホームページを見ると、次のように書いてありました。*原文は色文字使いがあります。

支持政党なしでは、党としての政策はなく、議会において出てくる各種の
議案や法案については、その議案や法案ごとに一つずつインターネット等を
通じて皆様方にその議決に参加して頂き、一括してお任せ頂く訳ではなく
個別にその議案や法案ごとに賛成多数であれば賛成に反対多数であれば反対へと、
皆様方の使者として議決権を行使しに行くだけと考えております。

 当選者が1名であれば、議案の賛否を表す1名となり、外部には賛否が明確ですが、複数(3〜5名)の場合は賛否の割合で議員の投票数を振り分けることになります。続きを読む

私は参議院選挙で「支持政党なし」と言う政党に関心があり 2016.06.22

 本日から、参議院議員の選挙が始まりました。選挙区と比例区の二つの選挙がありますが、特に、私は参議院比例区選挙で「支持政党なし」と言う政党に関心があります。

 「支持政党なし」は「政策一切なし」としており、不思議な観があります。内容を見ると、有権者の意見で個別政策を決定しようというもので、新しい方法です。しかし、本来は、選挙の当選者が有権者の意見に従うというのは当たり前のことです。法案の採決では、ネット、スマホで参加できるとしています。その大胆さが面白い着想です。

 むしろ、期成の政党が公約を発表して守らないことや、マニフェストがどのようなものであったかがわからなくなることの方がより有権者に不信を招いていることではないでしょうか。

 私は政党に所属したことも、あるいはその草創期にかかわったこともあります。その先鞭を担いだり、あるいは中枢で仕事をしたこともあります。他方で、末端で活動もしてきました。今は、無所属の地方議員です。一切の判断を自身で行っています。

 上記の理由を持って、この「支持政党なし」と言う政党を興味深く見て行こうと思っています。

 そのホームページが更新され、選挙区の候補者情報もアップされていました。興味津々です。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

ユーチューバ―として、「Google AdSense の収益のお支払い」の通知を受ける2016.06.22

 ユーチューバ―として、「Google AdSense の収益のお支払い」の通知を受ける2016.06.22以前は、もっとその支払い金額が多かったのですが、個別の動画ファイルを収益対象にすると、その閲覧者数が大幅に減ることがあり、私の場合もそうなっていました。

 最近では、アップした作品に「収益」をつけないようにしているために、この「Google AdSense の収益のお支払い」はぐっと少なくなりました。
P1160006

 でも、ユーチューブに動画撮影したファイルをアップする作業は継続しており、地道にそれを増やしています。最近では、「先日インタビューを受けた、イギリス人研究者Sean Vincentさん(サセックス大学の政治研究者)に関する一部」を動画撮影し、アップしています。内容的には珍しいものですので、ぜひ、ご覧ください。続きを読む

選挙を目前としてとするが、当方はお茶の練習とコンサートのPR用ツールの作成作業2016.06.21

 世間は参議院議員選挙を目前としてとしていますが、当方は昨日、議員茶道部のお茶の練習に励ました。選挙を目前としていることが欠席が多く、先生からはマンツーマンで教えていただきました。盆手前と言うものをご教授していただきましたが、真から疲れました、実際には、先生方の方が覚えが悪い生徒を相手にしてお疲れになったことでしょう。街では、議員や運動員の姿が目立っていました。

 そうした中で、政党や立候補予定者の関係者から、運動員の勧誘があります。当方は政党無所属で、基本的にお断りをしています。期すところがあり、かつ、立候補予定者に、特にお世話になった記憶も無いからです。

 さて、本日は、コンサートのPR用ツールの作成作業2016.06.21に励みました。要するに、プラスティック系の板にポスターを貼って、さらにカッティングシートでそれを覆うという次第です。実際にうまく貼れませんでしたが、自分で作った品ですので、我慢して使うしかありません。どこかで見かけたら、これが例のやつかと笑って、チケットをご購入下さい。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

国際郵便でエアメールを数十年ぶりに出しました2016.06.20

 国際郵便でエアメールを数十年ぶりに出しました2016.06.20あて先は話題のイギリスです。

 相手は、先日インタビューを受けた、イギリス人研究者Sean Vincentさん(サセックス大学の政治研究者)に関するものでした。その日のインタビュー録音を、Sean Vincentさんの研究記録や論文に使用することの承諾をしたものをサセックス大学あてにサインした趣旨のものでした。
P1160016

 自分の話が、あるいは対話が人の、しかも外国の方の研究対象になること、あるいはしかもそれらが論文の中に引用などがされること、政治の末端にかかわるものとして、真に光栄の至りです。

 そうした次第で、表記の国際郵便でエアメールを送りました。改めて感がると、飛行機で郵便を送るのって、今でもエアメールと言うのかな、料金は千円くらいするのかなと考えました。それは郵便が民営化したこともあって、昔は格安だった料金が一般的なものに変わったかもしれないと思ったからでした。

 結果、あて名はインターン生に書いてもらい、郵便局でエアメールのゴム印をいしていただき、110円の郵便料で頼めました。インターネットの時代、ましてや政治活動や選挙運動がインターネットを通じて行われることを説明したことを、国際郵便で送るという実にクラシックな方法で送ることになった次第でした。郵便局で聞くのを忘れたことは、何日後に到着するか言うことでした。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

主催の会議やインターン生を同行してのお茶会・華道展の鑑賞の1日でした2016.06.20記録

 昨日は用件が多く、まず、最初に会合欠席の断りに出向きました。会場に到着するすると、主催者陣が準備に入っておられ、欠席の失礼を詫びさせていただきました。

 来週の予定を会場などの関係で繰り上げ、クトロヴァッツピアノコンサートの開催のための会議を行いました。準備状況などを関係者に説明し、町田市民ホールのチケット販売が好調なことを皆さんに知らせました。司会と報告は、主要にインターン生の藤澤美彩子さんに担当してもらいました。何事も経験です。なお、この日は、新人インターン生の御子柴綾乃さんも初めて参加しました。終日、さまざまのスケジュールを組み込んだのでさぞ、びっくりしたことでしょう。夏休みに、本格参加です。
P1160041

P1160046

 続いて、御子柴さんを同行し、町田茶道会の月例茶会に出席しました。和席、立礼席の両方を重ね、かなり疲れました。次いで、町田華道協会の展覧会に出向きました。その内容は、インターンレポートに記載予定ですので、それが到着後に、ご覧ください。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

元インターン生の来訪と、放射線量の定期測定2016.06.19

 昨日は、元インターン生 金田有里恵(第33期生)と久しぶりに合いました。4年生となり、大きく環境が変わる時点での来訪です。この時期の元インターン生の訪問者は概ね順調な学生生活を送っていることが特徴です。今回の金田さんも順調に進んでいる様子がうかがえました。残された学生生活がより充実したものであるように求めました。最終的には万全の準備を行った上で、卒論を用意し、その上で社会に巣立っていただきたいと思います。

 お土産をいただきました。新潟のお菓子としばらく前に行った、アメリカのお土産だとのことでした。また、この日は新国立美術館で開催されているルノアール展を鑑賞しました。(内容は、別の機会に報告します)
P1160035

P1160037


 その他、本日は恒例で空中放射線量を定期測定しました。また、この間は議会日程が続いています。続きを読む

参議院選挙東京選挙区で継続して当選することの果てしなき困難さ2016.06.18

 間もなく参議院選挙がありますが、その東京選挙区の議員動向が話題になっています。東京選挙区は今回、5名の当選が、6名になり、その当選可能性は高まるはずですが、決してそうとは言えないのが特徴です。ましてや、この参議院東京選挙区で継続して当選することはには、果てしなき困難さが伴っていることが分かりました。

 改めて調べると、次の様子がうかがえました。
松田公太 2010(2期目は立候補せずと表明)
大河原雅子 2007(2期目落選し、現在は比例区で挑戦する活動中)
川田龍平2007(2013年に比例区に転出・2期目で活躍中)
沢雄二2004(党是の年齢制限で引退)
井上美代1098(病気引退)
中村敦夫1998(2期目は比例区に立候補するも落選)
 このように、ほぼ毎回、新しい候補者が颯爽と誕生しますが、6年後は全く新しい社会状況、政治状況になっています。

 個人的な事情がある方もありますが、政党の変遷、盛衰によって、当選者が毎回(3年ごとに改選、6年任期)変わり、間断なくその人が必要とされることが薄らぐということでしょうか。

 上記の中で、川田龍平氏が無所属から、みんなの党の比例区候補に転身し、見事に2期目当選をしていることは政治的な判断力が卓越しているからでしょう。

 今、活躍中の方も3年後はこの果てしなき困難さに直面することが必要でしょう。なお、このほか、相当の自信家、党が全力を挙げて応援しても、1期目当選を果たせなかった逸材が多数あります。東京選挙区のハードルがいかに高いかがわかります。それらを見ると、とても自分等、そこに混ざる気力も起きません。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

市議会報告6月後半を発行、熊本地震、舛添辞職、インターン記事2016.06.18

 市議会報告6月後半を発行しました。2016.06.18主要記事は、熊本地震関係で「ボランティアは行政の下請けではないという江川紹子さんに注目」と、「舛添知事の辞任を求める決議提出/過半数に満たず」を表面に掲載しました。後の記事は、町田市議会の動向記事です。

 インターン記事は藤澤美彩子さんの5枚目のレポートです。他方は、新人インターン生 御子柴綾乃さんの第1回目のレポートですが、主要には、夏季休暇中に研修を行う予定です。
P1140433
 
 なお、6月22日には参議院議員選挙が予定されており、その間は、ペーパーの形で配布する予定をしていません。厳密には「市議会報告」であれば可とする解釈がありますが、異議を避ける意味で、その間は政治活動、広報的な議員活動は避けることにしました。都知事選挙も行われるので、連続して前の活動を回避することになります。ただし、政治活動で無くても、別の形でさまざまのところに出かけたいと思っています。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

終日、インターンシップ募集の案内で過ごした日でした。2016.06.17

 本日は終日、インターンシップ募集の案内で過ごした日でした。2016.06.17全部で5大学を回りました。以前から、ご挨拶に伺っている大学、あるいは初めてのところもありました。中には、アポイントも取らず、本日の訪問コースの設定の都合でご挨拶を行った大学もあり、それでも対応していただき、大変恐縮でした。

 また、本日の全コース設定で移動の予定時間を少なめにしていたことで、当初の時間に遅れた大学もありましたが、途中で連絡を取らせていただきました。もとより、だから許されるというものではないことは明白です。通常の営業活動で言えば、マイナスポイントに相当するとか、評価外になると思います。

 また、ある大学ではキャリアセンターのトップの方に対応していただいた大学もありました。まだ、受け入れ実績が無い大学ですが、今年の夏か、来年の春にはインターン希望者が出るのではないかとひそかな期待を持ちました。そうなると、受け入れ大学の幅がますます広がり、自分のインターンシップ活動の奥行きが出てくると思っています。それぞれ、お忙しい中で貴重な時間を割いていただき、実にありがたいことでした。続きを読む

あっさり終了した、本日の総務常任委員会2016.06.15

 あっさり終了した、本日の総務常任委員会でした。2016.06.15今期、関係の条例案は無く、予算案も契約の人件費見積もりの単価設定がアップ措置に伴うもので、全く質疑が行われませんでした。さらに、こうした時は行政の報告事項があって、その質疑が重なることがあるのですが、今回はこれまたあっさりしたものでした。と言うことで、午前中1時間ほどで全部終了でした。前の建設常任委員会に所属していた時と図韻文変わりました。住民請願が1件も無かったとことも早く終了したことに現れました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

空中放射線量を定期測定、青少年健全育成南第四地区委員会、都知事辞任2016.0616記録

 昨日は、空中放射線量を定期測定(2016.06.15)しました。JR横浜線成瀬駅の両側の出入り口付近で測定を行いました。先に南口を、後で北口で測定を行いました。いずれも単位はマイクロシーベルト/時です。
測定日06/15(水)20:40〜20:45
成瀬駅南口 天候 曇り
高さ5cm 0.06〜0.12
高さ1m  0.05〜0.10
 
測定日06/15(水)20:50〜20:55
成瀬駅北口 天候 曇り
高さ5cm 0.07〜0.11
高さ1m  0.04〜0.08

 また、昨日は青少年健全育成南第四地区委員会の最初の会議が行われました。新年度に変わったことで新しいメンバーもあり、あるいは出身母体のメンバー変更で新しい担当者に変わったところもあり、全員の自己紹介が行われました。ほぼ、例年通りの日程となるようです。私もポジションに変化有りません。

 昨日のハイライトは舛添都知事の辞職願いと本会議での辞職表明でしたが、この幕切れが誰もがわかる暗転の中で行われたために、「異議なし」の声が実にむなしいものでした。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

イギリス人研究者から受けたインタビュー:ポリシー、ノンパーティー2016.06.15記録

 昨日2016.06.14、イギリス人研究者Sean Vincentさん(サセックス大学の政治研究者)からインタビューを受けました。古い知人の日本大学法学部教授 岩崎正洋先生の紹介によるものでした。
P1160005

 まずは、どのようなことでインタビューを受けるよくかわからなかったのですが、とにかく「受けちゃえ!」と言ういつも通りの発想で、昨日の面談となりました。実際には何を聞かれ、答えが出来るのかとの思いでしたが、やはり、質問はストレートであり、イギリスと日本の政治比較を研究対象にされていることがすぐに理解できました。かと言って、質問に十分答えることができたとはとても言えないレベルの説明であったでしょう。
P1160006

 今回は、ビデオ収録を試みました。冒頭は、集音用のパイクのジャックを入れ忘れ、中身が濃ゆい部分、つまり、話の中盤はすっぽり録画が抜けていました。意図的ではありません。政党所属と無所属、あるいは自分様なノンパーティーは何を基盤にするかなどについて、質問に答えました。この部分のみはビデオ映像があり、「シンパ」について話しています。
 P1160016

 中身については、改めて文章で記してみたいと思っています。続きを読む

工事契約案件の本会議質疑がありました2016.06.14

 池川議員によって、工事契約案件の本会議質疑がありました。
 第57号議案では、小野路球場の夜間照明施設整備の電気工事入札(LED照明、6基)が行われた応札で最低価格を出したJVの名称が出ていました。
 契約金額は、545,724,000円でした。
 担当者の説明によれば、小野路球場は市内では唯一硬式野球に対応できる施設。球場としてのクラスでは「野外野球場粁燹廚吠類される。高校野球の予選試合が開かれますが、内野で750LX以上、外野で500LX以上の平均照度が必要とされています。
 工事規模が町田市内に単独で応札できる企業が無く、JVで入札をすることになった。いわゆる条件付き一般競争入札と言われる方法の契約でした。
 市内業者は町田市内に本社があることが条件と述べられた。2社と3社のJVの参加が可能と説明されたが、JV全部の企業が市内企業なのか、それとも1社が市内企業であれば良いのかを聞き漏らしました。
 契約案件の内容では、超大手の1社の名称が入っていたので、市内業者1社が入れば可とされたと見ました。
14日の建設常任委員会で審査され、6月22日の本会議で表決が行われます。
 野球を見る側(愛好家・ファン)からすれば、高校野球の試合が八王子球場で開催されるクラス(西東京大会準々決勝)まで開催可能かどうか、あるいはこの小野路休場の交通アクセスが悪く、駐車場の拡張が可能かどうかの方がより関心が深いところです。本会議では、その種の論議は行われませんでしたが、常任委員会ではその種の観点で議論が行われてもらいたいと願うものです。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

第2定例会一般質問で、松葉ひろみ議員が食品ロスの質問をしました。2016.06.13

松葉ひろみ議員が食品ロスの質問をしました。
 
ホテルのパーティーの席で、メイン席がいつの間にか誰もいないのにどんどん食事が並べられる例を取り上げていました。最もなことだと思いました。偉い人はパーティーの挨拶が主で、その挨拶が終わると次の会合の席に移動して、また、挨拶している光景が目に浮かべました。
 私どもがよく目にする光景で、あいさつの人が変わるたびに我々は拍手をするのですが、出された食事を食べ残して、またあわただしく会合を重ねる人に果たして拍手を送るべきか、再考する時期かもしれないと痛感しました。
 政治家は途中で帰るので会費を出さないで、そうしたパーティーの席に出席するわけにはいかないとおりです。また、市長などの首長は「公費の交際費」を使っており、公費の会費を払って食事をとらない方法での会議出席が適当か、この間の公費使途の在り方からも再考の対象になるかもしれません。

 さらにまた、次から次に偉い人の挨拶が続くような会合が権威をもっていることが問題であり、そうした場に出ている自分らに問題があるのでしょう。その場で、食糧問題などが語られたら、笑わずにはおれない事態と反省する次第です。
 松葉議員は佐賀市何かの例で、「3010」と言う運動があることを紹介していました。会合の最初30分と最後の10分をしっかり食事に充てるやり方だそうです。最初の30分が食事に充てられるとパーティーの出席者は落ち着いて配膳された料理を楽しむことができ、楽しい雰囲気に包まれることでしょう。続きを読む

岩盤浴、サウナの話から、温泉入浴の作法から展開2016.06.12

 先日は熊本地震に関して現地を視察し、山鹿温泉に泊まりました。いわゆる日帰り温泉の施設でしたが、そこに隣接して簡易宿泊所のような部屋が並んでおり、一部屋のみ空いていましたので迷わずにそこに予約して宿泊しました。時間ぎりぎりまで仕事をして、営業時間内に本館の温泉につかりました。災害復旧に関連した人もいました。現地ではその他の一般の旅館、ホテルは満杯でした。

 でもそこから車で15分ほどの奥まった平山温泉と言う温泉地はガラガラとの情報で、実際に訪ねるとたくさん空いていました。日程の関係で宿泊する余裕は無く、昼食とお土産を買ったのみで現地を離れました。証拠として、平山温泉観光協会で写真と動画を撮影しました。
P1140648

(山鹿灯篭まつりのPR)
P1140677 - コピー

(平山温泉観光協会の中です)
 町田市の熊本地震支援の職員派遣では、福岡市に泊まっていたようです。一般質問で一例のみ報告されました。実際には、大半がそうだったのでないかと思っています。

 自分でも思う時がありますが、被災地に行っても、こんな行動しかとれない実に面白くない人物です。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

(1)政治パワー、議員、政党、無所属、代表、支持2016.06.12

 (1)政治パワー、議員、政党、無所属、代表、支持2016.06.12に関して、感じること、考えることを少し書いていきます。

 吉田つとむは基礎自治体の地方議員であり、いかなる政党に所属しておらず、町田市議会では議員個人が提携して、保守連合と言う議会内会派を構成し、それに自ら参画しています。もちろん、吉田つとむは大小の政党に参加したこともあり、あるいはミニ政党では中枢にかかわっていた時代もあります。ある時は大政党の尊大なふるまいにうんざりしたことも、ミニ政党の無展望な動きにあきれ返ることもありました。行きついた先が2度目の無所属です。ただし、地方の基礎自治体議会にいると、それも決してしょげ返ることもなく、主要人事に遅れを取ることが玉にキズと言う次第で、それさえ辛抱すれば、自由に政策選択ができる立場にあります。

 さて、そうした状況で国政を顧みれば、どのように判断することができるでしょう。政権は「経済が第一」と称していますが、決してそのような結果を出しているわけでなく、ただただ前の民主党政権があまりにもずさんで迷走だらけの運営であったことで、得をしているに過ぎません。果たして、前がひどかったと言って、3度も支持が続くものか、一瞬の判断で結果は左右するでしょう。その意味では、野党陣営がその主張を憲法改正反対に絞ったことがどうなるか不明です。一方、「おおさか維新」の独善的な手法にはとてもついていけません。

 そうした動き以外はどのようなものがあるか、少し見渡しみたいと思います。手短なニュースでは瓢箪から駒とも見るべき、小林節さんの呼びかけはどうなるか。ほんとに隊列を組んで歩みだせるか、少し気になるところですが、政治戦略として展望が見えるわけではありません。支持政党を持たず、ただし、何かの政治選択をすると言う義務を果たそうとして人がどのような判断をして、人や政党を選ぶのかじっくり見守っていきたいと思います。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

昨日は空中放射線量を定期測定。議会日程について2016.06.12記録

 昨日は、恒例で空中放射線量を定期測定しました。また、この間は議会日程が続いています。
 
 空中放射線量を定期測定(2016.06.11)しました。JR横浜線成瀬駅の両側の出入り口付近で測定を行いました。先に南口を、後で北口で測定を行いました。いずれも単位はマイクロシーベルト/時です。
測定日06/11(土)09:10〜09:15
成瀬駅南口 天候 晴れ
高さ5cm 0.05〜0.09
高さ1m  0.03〜0.07
 
測定日06/11(土)09:20〜09:25
成瀬駅北口 天候 晴れ
高さ5cm 0.04〜0.08
高さ1m  0.03〜0.07

 さて、この間の議会日程ですが、一般質問は4日目が先週金曜日に終え、月曜日に採収の5日目になります。保守連合会派では、白川哲也議員が発言します。火曜日14日は議案質疑になっており、今期議会は提案議案数が少なく、早めに会議は終了する見込みです。私も質疑申し込みはしておらず、その日も出番は無いかもしれません。

 そこで、午後はユニークな日程を議会内で計画しました。改めて、紹介します。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

熊本地震 町田市の被災地支援の問題点:情報収集と継承(一般質問)2016.06.11記録

熊本地震 町田市の被災地支援の問題点を取り上げました。

 市議会第2定例会において、6月9日、熊本地震への町田市の被災地支援に関する実態や実状を質問しました。町田市の被災地応援に関して、大きな問題点(3点)があることを指摘しました。内容は、以下の内容です。ただし、実際の発言では、原稿を読んだわけでなく、いくつかのメモと資料を基に質問したものです。

(1) 被災地応援経験の情報収集と継承の断絶
(2)近隣市との経験情報の差の拡大
(3)被災地応援の派遣者宿泊地の選定の問題

 自分が被災地現地の熊本県を視察しました。あるいはそれ以前の大地震、大震災の発生後、現地の支援、被災者との交流、現地の視察を目的にして、それらの地域を何度も訪ね、さまざまに被災の状況を見て回ったことで知り得たことと町田市が実施したこと、あるいは把握することに大きな差を感じ、町田市の現況の取り組みに問題があると考え、それを指摘したものです。

 まず、(1) 被災地応援経験の情報収集と継承の断絶 
のことですが、東日本大震災以降、町田市の被災地応援が、基本的に東京都もしくはその配下ともみなされる東京都市長会からの支援要請で実施していることが明らかになりました。続きを読む

クトロヴァッツコンサートの広告掲載と、昨日の支払い完了2016.06.11

 6月5日、町田市文化交流財団〈町田市民ホールを運営)のコンサートガイドに、クトロヴァッツコンサート町田公演(2016.11.26PM1:30開演)の広告掲載を行いました。かなり大きな紙面でそれなりに目立っていると自負しています。もちろん、それだけでチケットが自然と売れることが無く、地道な自己販売が必須です。

 さて、こうした広告を依頼すると、その対価を支払うことになります。その日は、チケットが売れるか、売れないかに関係なく、その期限が来れば黙って支払いをしないと財団(町田市民ホール)の信頼を失うことになりますので、昨日は支払い完了としました。
P1140996

インターン生がその代金支払いを担当しました。
 せっかくですので、インターン生を同行し、その窓口で直接広告費の支払いを行いました。あわせて、販売状況を確認しました。期待したほどではありませんが、最低線以上の販売記録を進めていました。実感を言いますと、鶴川のポプリホールでの売り上げも歩調を合わせてくれると期待に沿った販売ペースになります。その様子は、その窓口での顔をご覧ください。
P1150001

チケットの販売状況をお聞きした後の顔です。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

紙資源の回収は行政から民間へ(吉田つとむ一般質問結果)2016.06.10

 町田市議会第2定例会の一般質問において、吉田つとむは、紙資源の回収方法について、その実情を尋ねました。町田市の紙資源の回収の方法は、行政回収と民間回収で行われていますが、その具体的なやり方を尋ねたものでした。

 町田市の行政回収は、1997年開始に始まり、週に1回の割合で実施され、回収業者3社委託事業で行われています。行政収集の委託費用は1億1,800万円、数量8,754tが回収されています。その売り払い収入返還額1億7,600万円に上っており、町田市への返還額がプラスとなっています。たまり、紙資源の回収によって、行政収入が発生していました。

 他方で、紙資源の「持ち去り」状況を尋ねました。町田市から回収の指定を受けていない業者が紙資源の集積所から、新聞紙や段ボールなどを持ち去る行為のことで、町田市は罰則を持って対応することになっています。あるいは、その防止のための見回りなどを行っています。続きを読む

町田市議会6月9日の一般質問(大西宣言也議員)について2016.06.09

 町田市議会6月9日の一般質問(大西宣言也議員)についてを記載しました。

 町田市が実施する生涯学習センターの「市民企画講座」や、「まちだ市民大学HATS」の講座においてその講師陣に偏向があり、行政が主催する事業として政治的な中立性を欠いているのではないかと言う趣旨の質問でした。

 答弁では、「市民企画講座」に関してプログラム企画の市民委員を置き、町田市の指針に従って、市の職員が点数評価を行い、採用分を決定している。との答弁でした。大西議員は、2つの申し込み例を取り上げ、その評価の差を問いただしました。プログラム委員の選任はどうなっているかを尋ねました。部長の答弁では、プログラム委員は任期1年、更新可能で選定されていると答えましたが、大西委員はプログラム委員の選任に政治的な中立的を欠いているとさらに畳み重ね、教育長はその廃止を含む、改善を約しました。プログラム委員の入れ替えを求めました。続きを読む

空中放射線量を定期測定、今後の日程2016.06.08

 空中放射線量を定期測定(2016.06.08)しました。JR横浜線成瀬駅の両側の出入り口付近で測定を行いました。先に南口を、後で北口で測定を行いました。いずれも単位はマイクロシーベルト/時です。
測定日06/08(日)21:15〜21:20
成瀬駅南口 天候 曇り
高さ5cm 0.06〜0.11
高さ1m  0.04〜0.08
 
測定日06/08(日)21:25〜21:30
成瀬駅北口 天候 曇り
高さ5cm 0.04〜0.08
高さ1m  0.03〜0.07

 前の日曜日に、「冬のどんどん団」と言う太鼓グループの演奏会に出向きました。メンバーの一人が結婚して遠くに行くと言うので、そのお別れの演奏会でした。つくし野コミュニティーセンターで行われたものでしたが、大勢の人が詰めかけました。心温まる送り(贈り)の会でした。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

町田市議会の本日の新井議員の一般質問について2016.06.08

 6月8日(2日目)は、保守連合会派の新井よしなお議員が「災害時の対策について」(1)熊本地震の教訓をどういかすか(2)2年前の大雪を経験して現状はどのような対策が取られているか
 を尋ねました。

ボランティアの受け入れについて
 今回の熊本地震では、ボランティア現地受け入れ体制に遅れがでて、その後、連休中もボランテイアの応援がそろわなかったと言われている。
 町田市と災害ボランティアセンターの役割があり、災害ボランティアセンターの運営は社会福祉協議会が担当すると答えました。災害時運営マニュアルの元に運営される。行政に対して自主的に活動してもらうとも答えました。
 新井議員は災害ボランティアセンターの設置場所に関して、事前に決めて置くべきではないかと提唱。防災の日までに決めてもらいたい。また、町田市社会福祉協議会が福祉に先進的であっても、災害に十分対応できる体制とは至っていないのではないかと言われている。

 被災者に救援物資が届かないという課題があったが、福岡市はITCを使って迅速に対応していたとされている。それを検討するべきではないか。続きを読む

本日より、町田市議会の一般質問が始まる。震災・防災関連の質問が多い2016.06.07

 本日より、市議会の一般質問が始まる。
 今期定例会の一般質問において、熊本地震の発生に際し、防災対策関連で質問者が多数見られる。1日目は、森本せいや議員が「災害時における要配慮者(高齢者・障がい者・妊産婦・乳幼児・難病・人口透析者等)の支援について」を質問しました。

 ついで、松岡みゆき議員が、「災害対策についてー熊本地震を受けて」として、(1)熊本地震での特徴は余震が続き今も車中泊を余儀なくされている。又、乳幼児液体ミルクを使用されたが教訓として市の対策と教訓は。(2)市と自主防災組織・自衛隊・警察・消防との連益は。
 と言う質問でした。

 また、続いて、熊沢あやり議員は、「避難対策について」(1)避難施設の考え方について、(2)避難者への配慮について、(3)市民センターの役割について
 と言う質問でした。

 翌日(2日目)は、保守連合会派の新井よしなお議員が「災害時の対策について」(1)熊本地震の教訓をどういかすか(2)2年前の大雪を経験して現状はどのような対策が取られているか
 を尋ねる予定です。
 
 吉田つとむは、熊本地震に関して、町田市のような自治体応援がどのように行われているかについてを尋ねる予定にしています。一般質問日は、3日目(6月9日)になります。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

 今期、熊本地震の発生に関して、防災対策関連で質問者が多数見られる。1日目は、森本せいや議員が「災害時における要配慮者(高齢者・障がい者・妊産婦・乳幼児・難病・人口透析者等)の支援について」を質問しました。続きを読む

本日、高ヶ坂の皆さんと潮干狩りに行き、夕食は妻の手作りでアサリの酒蒸し2016.06.06

 本日、高ヶ坂の皆さんの会の主催による潮干狩りに行きました2016.06.06潮の関係で日程が優先さるために、議会日程と遭遇することもありますが、明日から一般質問が始まることで、審議は無い日にあたり、皆さんのお誘いで潮干狩りに同行しました。そうした議会日程の関係から実質隔年ほどで参加しているものですが、野外の行事でもあり、干潮で水が引いた遠浅の広々とした浜が舞台で楽しい一日を送りました。

 場所は東京湾内の千葉県富津海岸でした。ウイークデーにも拘わらず、大潮の日に合わせて大勢の人が観光バスや自家用車でそれぞれに集まり、っていました。午前の内に現地に到着し、早速、小型の熊手で砂をカキ寄せ、アサリやハマグリが採れました。採集できるところは富津の漁業協同組合(富津漁協)が運営する海岸であり、事前に観光バス内で入場券と網袋を受け取り、浜の出入り口を出る時に半券を徴収されます。収穫は網袋一杯分(2kg)が会費でおさまり、それ以上に採ると重量で料金が追加されます。人によっては、時間内に倍以上の貝を採る場合もあり、いつも感心しています。
P1140994

 

続きを読む

一昨日の南成瀬中学校体育祭の競技と応援合戦の成績結果発表、2016.06.06に記録

 一昨日(2016.06.04)の南成瀬中学校体育祭の競技と応援合戦の成績発表結果、2016.06.06に記録しました。この大会にあたって、学内から体育祭のポスター募集があり、その成績発表もありました。体育祭ですので、運動を競い合うべきものですが、他方をそれを盛りあげるためのものとしてひっそり準備をしていた生徒もあったわけで、その優秀作品の書き手が表彰されて当然でもあります。
P1140983

 第35回なすな祭体育の部が開かれ、無事に終了しました。南成瀬中学校では、5つのグループに分かれて、競技を行います。応援合戦も5グループが競い合います。成績記録を先に紹介しますが、総合成績では、1位が2チームが同点で、橙群435点、赤群435点、青群431点、緑群410点、黄群306点でした。トップが同点だったいうことは、私の記憶では初めてのことでした。両群は大きな喜びに包まれました。3位もわずかに4点差でした。
P1140941
続きを読む

1日遅れで空中放射線量を定期測定。新人インターン生が誕生します2016.06.05

 一日遅れですが、恒例で空中放射線量を定期測定しました。
 また、新人インターン生が誕生します。

 空中放射線量を定期測定(2016.06.05)しました。JR横浜線成瀬駅の両側の出入り口付近で測定を行いました。先に南口を、後で北口で測定を行いました。いずれも単位はマイクロシーベルト/時です。
測定日06/05(日)12:20〜12:25
成瀬駅南口 天候 雨
高さ5cm 0.05〜0.08
高さ1m  0.03〜0.05
 
測定日06/05(日)12:30〜12:35
成瀬駅北口 天候 雨
高さ5cm 0.05〜0.09
高さ1m  0.03〜0.05
P1140429

 今度の夏季休暇中に第38期インターンを希望する学生が1名誕生しました。事前に面接を行い、可能な日程で事前に参加することも考慮し、この日に面接記を第1回インターン体験記をとしました。
● インターン体験記 御子柴綾乃 第1回レポート 2016.06.05
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

昨日は、終日町田市立南成瀬中学校の体育祭を終日観戦2016.06.05記載

 昨日は、終日町田市立南成瀬中学校の体育祭を終日観戦しました。記事は、(1)南成瀬中学校の体育祭を終日観戦しました2016.06.04の続きに相当するものです。
 中学校の体育祭では、生徒は教室で昼食を取ります。小学校の運動会が家族そろってグランドや体育館で食べるのと大きく異なる点です。私は、その記事のように、あるいはフェイスブック記事のように、昼は大半弁当持ちで会場内で食べています。
P1140963

 さて、午後は楽しみの応援合戦です。5グループに分かれての応援です。この南成瀬中学校の体育祭応援合戦において、来賓は先生方と一緒に、その点数をつける慣習があります。私はこれが楽しみで、毎回、この南成瀬中学校の体育祭を見学する次第です。もちろん、その全部を観覧しないと点数付けはできませんので、その直前に用紙が配付され、5グループ目の応援が終わると用紙が回収されます。もちろん、結果の発表は閉会式の中で行われます。同僚の佐藤和彦議員もこの時間から出席で、終了まで同席でした。なお、例年、この日は地元の有力者の皆さんが来賓で顔出しされています。近隣小学校の校長先生方、さらに佐藤教育委員長等の顔もありました。続きを読む

(1)南成瀬中学校の体育祭を終日観戦しました2016.06.04

 南成瀬中学校の体育祭(第35回なすな祭体育の部)を終日観戦しました2016.06.04
P1140943

 弁当持参で開会式から閉会式まで観戦しましたが、天候に恵まれて順調にプログラムが進みました。入場行進で始まりますが、赤、橙、青、緑、黄の5つのグループに分かれます。ただし、3年と1年は6クラスのため、2クラスが一緒のグループに入ります。本部席の反対側から、旗手を先頭にグランドに整列しますが、とても勇壮な感じです。ちなみに、旗手は生徒会長で女子でした。先日の小学校の運動会でも女子が旗手を務めていましたが、すっかり、定着した観がありました。オリンピックなどで女性選手の活躍が目立って以降の特徴でしょう。会場では手拍手が起きての行進でした。
P1140929

 午前中は、全員リレーが学年ごとに行われましたが、2年生は相互に足を結んでの競争で、足並みをそろえる難しさがありました。色別の競技は、大縄跳びや大綱引きなど(他に、スパイダーレース、スーパー駅伝)があり、大きな声援が起きました。午前の最後は、PTA種目の<綱引き>でしたが、生徒の最強チームとの対戦でした。参加者は意外と小学生が多く、でも希望して私もなんとかメンバーに入れていただきました。最初は有利、途中は引き戻しを受けましたが、後半はぐっと力が入り、PTA群が勝ちました。1試合であったことがその有利さにつながりました。続きを読む

議会日程が午前中に終了したので、南中学校の体育大会に出席2016.06.03

 議会日程が午前中に終了したので、町田市立南中学校の第六十六回体育大会に出席2016.06.03しました。本年は学校内が改修中でグランドがつかえず、西田スポーツ広場で開催されました。結果的には校内より、トラックが滑らかなカーブが取れる場所での体育大会となりました。
P1140903

 現地に到着すると、まだ午前の部の最終競技中でした。種目は学級対抗リレー男子で最後の3年生が走るところでした。あわただしく、正面にご案内いただき、観戦する機会を得ました。なお、南中学校の体育大会の特徴は、生徒さんの動きがきびきびしていることです。午後の種目や整理体操にも共通することでしが、その種目ごとに担当する生徒の号令で整然とした動きで全体が動いていきました。
P1140924

 昼は会場内で取ることにし、道の途中で購入したコンビニ弁当を食べました。愛妻弁当ではないので、写真はありません。続きを読む

舛添都知事への決議対応の表決で現れた党派の特徴について2016.06.02

 町田市議会第2定例会が全議員の出席を持って本日より始まりました。市長提案の議案が提案されたほか、保守連合は「舛添知事の辞職を求める決議」を動議で提出しました。最終日に決するのではなく、その初日に町田市議会のスタンスを明らかにするために提出したものです。共産党が賛意を示し、細野龍子議員が提出者に加わりました。一方、公明党は「舛添都知事の政治資金の不正使用疑惑など徹底究明を求める決議」を提出し、自民党が賛意を示し、若林章喜議員が提出者に加わりました。

 動議での提出は、それぞれに議員全員が賛成しました。内容は対比されるべきものでなく、ある意味並列したものとなりましたが、党派的な選択が現れたものでした。つまり、保守連合案提出に共産党が加わり、公明党案提出に自民党が加わった形で提案されました。

 採決はそれぞれで、その取り扱う動議の賛否も一括ではなく、保守連合提案のものの審議が全員賛成となり、質疑・討論は無く、35名中14名の賛成(保守連合と共産党の全員と「まちだ市民クラブ」の約半数5名の14名)でしたが、他は反対し、否決となりました。つまり、民進党+その他の党派で構成する「まちだ市民クラブ」は保守連合案の賛否で別れたという結果になりました。「まちだ市民クラブ」は旧民主党議員、生活者ネット議員、維新の会議員、結の党議員、社民党議員が参加する会派です。*町田市議会は賛否ボタンで表決するので、全員の賛否が確認できますが、リアル状況の確認が取れず、ネットの記録の賛否の詳細は、明日追記します。
 第2回定例会(6月2日分)の議決結果及び議員別表決結果
https://www.gikai-machida.jp/voices/GikaiDoc/attach/Oshirase/Oshi266_20160602saiketu.pdf
 この結果を見ると、生活者ネット議員(2名)、維新の会議員、社民党議員の4名に、旧民主党議員1名が賛成していることが分かりました。

 他方、公明党案は否定する点が無く、全員が賛成となりました。なお、今回は「決議」と言うスタイルですので、都知事に直接伝える方式では無く、町田市議会の範囲になります。「舛添知事の辞職を求める決議」が通っておれば、舛添知事に直接アプローチする手法が取られたかもしれません。
  記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

国会が終わり、今日から都議会、明日からは町田市議会2016.06.01

 国会では野党が内閣総理大臣の不信任決議案を提出するも、自公がそれを淡々と退ける結果になりました。翻って見ると、消費税の税率アップと言うのは、いかに実現しがたいことかがわかります。それに進めば内閣の自滅が待っているというのでしょうか。ある意味、それを導入した竹下登元内閣総理大臣は消費税導入と引き換えに自分の首を差し出したと言えましょう。

 消費税の税率アップ(5%→8%)の実績は、実質、民主党の野田内閣の貢献と言えるでしょうが、その内閣生命と引き換えとしたと言えましょう。民主、公明、自民の3者が同時に進んだ消費税アップは、その土台から崩れ去る状況です。今後、消費税のアップを唱える勢力は絶滅したとも言えそうです。今は、憲法改正の方がハードルが低いように思えますし、憲法は改正に手を付けずとも解釈改憲で対応できるということが昨年偽証明できましたので、急いでそれをやることも不必要に思えました。後は、過激主張で人を引きつけようという勢力を除いてそれを掲げて選挙をやろうという人は限定されたものになるでしょう。ところで、「おおさか維新」は不信任案に賛成したかどうかのニュースは聞かなかったですね。ただ、松井幹事長が「(不信任案提出は)パフォーマンス」だと述べたというニュースのみを見たのみです。続きを読む

インターン体験記第6回と市議会報告6月前半をアップしました2016.06.01

 インターン体験記第6回と市議会報告6月前半をアップしましたので、お知らせします。2016.06.01
 インターン体験記は、今回到着が若干遅くなったことで、この日のお知らせになりました。市議会報告は、今日から新たなvol.334を配布することでそのネット版を掲示しました。
● 市議会報告2016年6月前半号発行 2016.06.01
● インターン体験記 藤澤美彩子 第6回レポート 2016.05.20
P1140632

P1140675

 インターン体験記は、町田市子ども生活部保育・幼稚園課の職員に面談した内容を主に、こどもセンターまあち、町田市立金森保育園を訪ねた内容をまとめたものです。
 次いで、市議会報告2016年6月前半号の記事は、「熊本地震と予約キャンセル」、「被災地応援の考え方・実態」としました。熊本地震に関する現地視察の報告レポートです。公式に提出した文はもっと経過を含めて詳細に記載しています。内容は既にHPにアップし、ブログでも紹介しています。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

終日、都立小川高校の体育祭を見学しました2016.05.31

 本日は終日、都立小川高校の体育祭を楽しく見学しました2016.05.31毎年、観戦するもので、私の行動の中で大切にしているものの一つです。その小川高校は地元の高校であり、、私が勉学と体育の双方で頑張ってほしいと願う生徒の皆さんです。日頃から、私は大勢の生徒の皆さんと親しく接していることで、日程の優先事項としています。*今期第2定例会の一般質問項目は既に提出、行政のヒアリングも昨日終了したので、今日は議会日程を入れていませんでした。
P1140846
P1140843
 
 さて、先週金曜、昨日の月曜と雨天になり、順延となった東京都立小川高等学校の体育祭が無事に開催され、開会式から閉会式まで全部を見学しました。この日の天候は初盤と終盤が曇りで、午後一の応援合戦辺りは晴天になり、各応援団の衣装がさらに映えました。

 結果を先に記しますと、総得点で優勝は青、準優勝は赤、3位が白でした。応援合戦では、パネル部門が白、衣装部門は赤、演技部門は青でした。団の対抗リレーは女子が青、男子も青でした。以下、マイクの順位発表が聞き辛かったのですが、1年は1組、2年は2組、3年が2組でした。この結果を見ると、青団の喜びはひとしおであり、白団の落胆は気の毒さが募るものでした。各種目の得点において途中までは均衡した上に色は上位でしたが、表示がされなくなって以降、他の団が得点を重ね、逆転したものです。続きを読む

本日までに、2016年第2定例会の一般質問項目を提出しました2106.05.30

本日までに、第2定例会の一般質問項目を提出しました2106.05.30その一般質問項目は、以下の通りです。

1 熊本地震の被災地の行政支援について
2 紙資源の回収方法について(行政回収を廃止できないか)
3 鶴川平和台のまちづくりの課題

表題1) 熊本地震の被災地の行政支援について
(1) 町田市が行う被災地支援の内容
   (支援体制、派遣内容、民間事業者委託)
(2) 過去の震災支援はどのような内容か

表題2) 紙資源の回収方法について(行政回収を廃止できないか)
(1) 紙資源の回収方法の現況とその経緯
(2) 紙資源の「持ち去り」はどのような罪か
(3) 紙資源の収集とその費用について

表題3) 鶴川平和台のまちづくりの課題
(1)平和台まちづくり推進委員会の委員改選について
(2)町田市の説明責任について続きを読む

南第四小学校と南第二小学校の運動会に昨日出席しました。記録2016.05.29

 週末は小学校の運動会がいくつか開催されましたが、この日は2校の市立小学校の運動会に出席しました。出向いた学校は、南第四小学校と南第二小学校でした。

 この日は、運動会の開会の時間、さらに応援合戦の時間、そして閉会式の時間と南第四小学校で観戦の予定でした。昨年までは、この先週行われた小学校と一緒のタイミングが多かったので、一定の時間に観戦するのみでしたが、今年は訪問する小学校の組み合わせが変わったものです。変な言い方ですが、私は小学生との約束で大半の行動を決めています。

 「応援に来てね」と「応援に行くよ」と言う会話を通じて、南第二小学校の運動会に行きました。本来であれば、毎年この小学校の行事に出向いてもおかしくないのですが、結果的にはほとんど来ていませんでした。自分の行動は、ほとんど児童や生徒、学生との約束をもとに決めています。その呼びかけにタイミングと気運が合えば、出向くようにしてきました。その一つの出来事がこの日でした。残念ながら、運動会の会場では出会うことができませんでした。種目では、5年・全員全力100m、4年・進撃の四年、1年・スマイル、6年・100m走を観戦、応援しました。でも、その会話の相手と来年は合うかもしれません。続きを読む
livedoor プロフィール
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ