blog 吉田つとむはインターネットを武器とする!

平成26年町田市議選(6期目)を連続トップ当選する。地方 政治に良識ある開かれた無所属保守のネットワークを求める。自民党を排除された後、現在までどの既成政党にも属さない。これまでに各種選挙に12回立候補し、6勝6敗する。今期、新たな「保守連合」の会派に所属する。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。過去の市議会で、ネット中継を提唱し実現。九州は博多の出身。長年、民間企業営業職社員として全国を飛び回る。その後、国会・都議会秘書等、多数の職業を経験。ネット関係の著作、講演もある。

調布市議会議長:鮎川有祐議員の来訪挨拶があり、議場なども見学していただきました。1昨日2017.04.23記載

 東京都市議会議長会会長である、調布市議会議長:鮎川有祐議員の来訪挨拶があり、同事務局長と共に議場なども見学していただきました。1昨日のことです。

 東京都26市は、東京都市議会議長会を構成しており、この2年間は昭島市議会議長の杉本英二議員がその重責を務められ、4月17日の臨時総会までその職務を全うされました。その役務を調布市議会議長が引き継ぐことになられた次第です。ちなみに、今期の1年間、町田市議会議長の吉田つとむはその東京都市議会議長会副会長を務めます。そうしたことがあって、わざわざ、会長の鮎川有祐調布市議会議長の方から、お尋ねいただいた次第です。今後、その役分を果たしていかないといけません。
IMG_9476IMG_9482
IMG_9483

 せっかくですので、本会議場や委員会室、ボタン式電子投票で採決を行うシステム、あるいは親子傍聴室、本会議場のバックヤードなどを実務的な見地からご熱心に見学していただきました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

またも、地元の小倉将信衆議院議員の不遜かつ尊大な態度にあきれる:2017.04.22記載

 昨日は、児童や生徒が主体の会において、新たに加入・あるいは終了する対象者に辞令を手渡す式があり、合わせて、精勤や優良対象者の頑張りや努力を表彰して励ましがありました。さらに、役務を良好に果たした指導者を表彰する場面もありました。なお、その会合には、多数の来賓が案内を受け、会の開催に先駆け、主催者と向かい合わせで指定の席に並びました。私もその一人でした。

 会は順調に進行し、その参加者の少年・少女に辞令や表彰状が渡され、間もなく、来賓挨拶と言う場面になりました。

 すると、そこに、地元の小倉将信衆議院議員が入場してきました。来賓としての席順は、上座から4番目あたりでした。その席に座るや否や、代議士は時間が無いからと紹介され、早々に演壇から、皆さんに挨拶をしました。話しぶりは上手でそつがないものに思えましたが、実際には、式典のメイン部分には参加もせず、その部分が終了した頃合いを見越したような時間に到着し、自分の席に座ったようでした。すなわち、私は前の方に座っているので、その辺りは直接視界に入ることはありませんでした。
 
 主催者や司会者と示し合わせがあったのか、到着するや否や、小倉将信衆議院議員(代議士)の挨拶が、突然行われると説明がありました。続きを読む

一昨日の第36回町田市ゲートボール大会で市長と始球式:記載日2017.04.22

 一昨日(2017.04.20)の第36回町田市ゲートボール大会にご案内をいただき、石阪市長や会長と始球式でプレーを行いました。
IMG_9442IMG_9442
(最初の写真で背が高く、左から2番目でプレーするのが吉田つとむです。市長はその右側です)
 晴天のもとに、小川寛幸会長をはじめ、245名が集いました。市長は町田市ゲートボール普及本部名誉会長、議長の私は町田市ゲートボール普及本部名誉副会長と言うポジションに指定されています。会場内では、挨拶時もキャップをかぶるのが特徴で、頭を下げる時もかぶったままと言うことにようやく慣れてきました。

 4月より昇格した奥山孝氏が町田市いきいき生活部長として、先日の総会出席に続き、行事デビューしました。

 挨拶後、選手宣誓、トロフィー返還、コート長紹介、競技説明があり、続いて始球式がありました。市長を真ん中に、私はその横に並んでボールを勢いよく叩きました。両者とも大きなゲートを通過し、結果は引き分けでした。その後、来賓退場となりますが、私は会場(木曽山崎グランド)内を一巡し、プレーの様子をうかがった後、次のスケジュールに入りました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

横尾忠則版画展の内覧会に出席し、その鑑賞2017.04.21

  町田市立国際版画美術館において、4月21日〜6月18日の日程で、「横尾忠則HANGA JUNGULE」展が開催されます。この版画美術館としては最大規模クラスの展覧会となっています。

 本日、ご本人も出席された内覧会でスタートし、芥川作家との鼎談、元宝塚トップスターとの対談、有名な映画監督との対談など、「横尾忠則」氏の作品が多数掲示される楽しみだけでなく、バラエティーに富んだ企画となっています。横尾忠則氏は、今年81歳を迎える人物ですが、前衛的な芸術家に相応しく、多様な作風があふれる展示会になっていました。

 大勢の関係者が詰めかけた、オープニングの式典において、私は、高橋副市長(市長代理)に続いて、代表挨拶を務めました。皆さんが横尾忠則展を楽しみにしていること、とりわけ美大系の学生が大勢詰めかけることになる期待を述べました。

 せっかくですので、自分の世代に合わせた話題で、「とめてくれるなおっかさん 背中のいちょうが泣いている 男東大どこに行く」のセンセーショナルなポスターの横尾デザインがとても印象的だったことと、「遠方から 遠くまで行くんだ」につながる1970年前後の文化が現代社会の底流に根付いているという趣旨の感想を述べました。こうした話をしても理解しがたい世代が大半であることは承知していましたが、その話の前半部分は確実に伝わることだろうと思いました。ちなみに、これは1968年東大駒場祭のポスターのことでした。また、後者は小野田譲二氏のものです。

 この日のゲストは、元宝塚宙組トップスター 女優・歌手の大和悠河(やまと・ゆうが)さんも、横尾忠則氏ご自身の挨拶の中で、大和さんを紹介されたあとで、お祝いを述べられました。

 また、式典の後半では、映画監督の山田 洋次氏が飛び入りで挨拶されました。存在感にあふれていました。18043128_1488639431168163_1542746848_o
続きを読む

昨日の会議出席で失敗した話&来客対応(草加市)・・・2017.04.21

 昨日の会議出席(東京都赤十字協賛委員町田地区協議会)で失敗した話ですが、恥ずかしい思いをするいきさつでした。

 昨日は、午前に野外の行事があり、その後、議会に戻り、午後の会議出席と、草加市議会議会改革委員会の議員と、議会事務局職員の皆さん、さらには草加市の幹部職員の皆さんの視察を受け入れる日程がありました。概ね議会事務局長が対応知るものでしたが、町田市の新築にあたっての課題とプロセスを冒頭で述べさせていただきました。まず、元の庁舎横に建設する予定で、新庁舎の基本設計ができていたこと、そこに阪神大震災が起きて、当初の構想が取りやめになったことを述べました。次いで、現在の庁舎になっている土地が売りにでて、そこを町田市がすかさず購入したこと、その後しばらく時間をおいて、そこに庁舎を移転することを決める過程に至ったが、それは3分の2以上の議員の賛成がいることから、激しい攻防戦があったことを紹介しました。可決するのに、ぎりぎりで賛成議員ができました。それから、庁舎をどのように建設するか、行政棟と議会棟を別棟で立てるか、あるいは合築で建設するかで議論した結果、建設費の上昇を防ぐ意味も加味して「合築」で全員の合意が図られました。
IMG_9450
IMG_9462
IMG_9468

 次いで、議会では、議事堂の本会議場、委員会室、会派室などをどのように配置するかを時間をかけて議論し、今の内容に合意したことを述べました。私が主力を注いだのは、町田市の建物に「市議会」や議事堂の名称が無いことで、その実現に力を注いだことを述べました。続きを読む

議員研修会:日経新聞社 編集委員 鈴木亮先生の講演を聴いて2017.04.20記載

 2017.4.18は町田市議会議員互助会の総会や懇親会が開かれました。その日に合わせて、議員研修会が開かれ、「日経新聞社 編集委員 鈴木亮先生」の講演をお聴きしました。
face
日経の案内から転載させていただきました。
 テーマは、「激動の日本経済 2017年に注目すべき10のポイント」と題しての2時間でした。鈴木亮先生は、1985年に早稲田大学政治経済学部卒業、同年、日経新聞社入社の経歴で、記者生活、各種発行物の編集長を経て、現在、日経新聞社 編集委員兼キャスターを務められています。

 著書では、株関係の多数の著作があるほか、親子で挑んだ公立中高一貫校受験(ディスカバー21)もあります。
 TV出演は、レギュラー出演中のものとして、
 BSジャパン 日経プラス10
 BSジャパン 日経モーニングプラス
日経CNBC 昼エキスプレス
 テレビ東京 未来世紀ジパング(不定期)続きを読む

三越本店で開催された博多人形新作展を鑑賞し、作家としばらく談話:2017.04.19のこと

 日本橋の三越本店を久しぶりに訪れました。店内で開催された「第68回白彫会博多人形新作展」を見学し、作品のいくつかを鑑賞しました。その際、展示会場で博多人形の製作実演(博多人形師 松尾吉将氏)を見学させていただきました。以下のそのエピソードを中心に記事としました。
0419-1
0419-2
(2枚を続けて撮影していただきました)
 そこでは、博多織展も同時に開催されており、販売担当者や福岡市の行政職員のほか、人形作家と機織りの女性がおられました。博多人形師は粘土を使った彫像(原型)の製作中でした。通常は、その人形から石膏型を取り、その型を使って、量産工芸品としての博多人形(絵付け前)ができあがります。博多から来られた感じの責任者らしき人と、その人形制作中(原型作成中)の作家の方が会話の中で、「おやじ」と言うことが聞き取れました。私はすかさず、「松尾文夫さんですか?」と言葉をはさみました。「おやじをごぞんでしか?」と聞かれたので、「今から今から40−50年前に(博多人形)業界に居たので、知っていました」と話し、さらに、「この人形の作風が松尾文夫さんの作風に似ていました」と続けました。そうすると、博多人形の話、私は博多人形の卸屋に居たので、松尾文夫さんの工房もお伺いしたことがること、急いで作品を取り寄せる必要がある時には、工房まで製造タイムに合わせて取りに行ったことがあることを述べました。この日の松尾さんは、ご子息の松尾吉将氏でした。続きを読む

多岐な一日でした。詳細は順次掲載予定2017.04.19

 昨日は、多岐な一日でした。
 先ず、早朝は、「清渓セミナー」の仲間の方から、街頭活動の見学をいただきました。実感として、照れくさいものですが、地方議員として共有するものがあればそれは進んで提供するものと思っています。とりわけ、市議選連続6回トップ当選(トップ以外の市議会選挙の経験が無い!)の白井えり子日進市議会議員の取材応援は、こちらが恐縮するものでした。他に、斎藤直 酒田市議会議員もご同伴いただきました。雨が降ろうが、雪が降ろうが、灼熱であろうが、活動を続けるというものはどのようなものかの一端を見ていただいた次第です。

 次いで、議長室に、「清渓セミナー」の実行委員(実行委員長:小松原俊 酒田市議会議員)の皆さんが訪問いただきました。また、町田市議会の議会運営委員会を視察していただきました。議会だよりの編集、決算委員会の資料に関するあり方、あるいは議会に関する意識向上に関するあり方などの協議を聞いていただきました。

 この間、理事者からの申し入れがあり、夏季期間のクールビズ、部編成の変更に伴う、本会議場の部長席の新設配列変更などの件の申し入れを受けました。仕様通りに実施されます。
18035069_2251625345062882_1589072984_n
18034854_2251625588396191_1708479124_n
続きを読む

青少年の日スポーツ大会柔道大会に出席し観戦、挨拶 一昨日2017.04.18

 2017.04.16のことですが、町田市総合体育館において開催された、青少年の日スポーツ大会柔道大会に出席し観戦午前中の試合を観戦しました。この日は出席した市議会議員(大西宣也前副議長をはじめとした出席者)を代表して、挨拶しました。日頃の鍛錬の成果を発揮してもらいたい旨を述べました。
IMG_9436
IMG_9437
IMG_9438

 また、この日は中学生に成長した男子から、直接挨拶を受けました。私は彼が小学1年生の時から覚えており、だんだん強くなっていく過程を良く知っていることで、挨拶に駆け寄ってきたものでしょう。中学生は午後の時間になることで、彼の試合を見る事ができませんでしたが、指導者の先生の話ではずいぶん強くなっているとのことでした。これから本格的な体作りが必要になりますが、よく精進してもらいたいと思います。
IMG_9439
IMG_9440

 また、小学生の中くらい女子が試合が終わり、負け泣きをしていましたが、もっともっと泣いて、悔しさをかみしめてと励ましました。果たして、どんな選手になっていくでしょう。

 この日は行事や用事が重なっていましたが、できるだけ、長く観戦していました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合
 

第33回セミナーのお知らせ、主催:町田市議会議員(議長)吉田つとむ      

 町田市議会議員(議長)吉田つとむ
     第33回セミナーのお知らせ 

 ショッピングモールを始めとするチェーン型小売業とネット販売が大きく伸びるなかで、町田市の市民が営む【地場小売業】の活路はどこに見出すべきでしょうか?
 お客さんを本当に堪能させる売り場、品ぞろえ、おもてなし、店づくりは如何にあるべきか。お金を掛けずにお客にショッピングを堪能させる売り場づくり〜商店街づくりを提唱する【売り場づくりの魔術師】と言われる講師の提案に学ぶ機会を設けました。
 町田市の地場商業・商店街がショッピングの場として持続するには何にどう取り組むべきか?第三の生活空間としての商店街の再生を期待する皆さんのご参加をお待ちします。

     ★日 時:2017年6月1日(木)PM2:30〜4:30(開場:2:00) 
     ★場 所:町田市民フォーラム 視聴覚室
     ★テーマ:地場小売業・商店街の繁盛店づくり
        ―お金を替えずに売れない売り場を売れる売り場に―
     ★講 師:武雄 信夫 先生 商業コンサルタント 

             襯オールエイド代表取締役 オリジナルの商業理論に基づき、
             全国各地の商店街を指導する。
             お金を掛けず・計画をたてずに「売れない売り場を売れる売り場
             に変える」
             [TAKEOマジック]と言われる繁盛店づくりの普及に活躍中。
image001
image002
続きを読む

福岡出身の吉田つとむはいわゆる九州男児ではなく、極論すれば博多人2017.04.16

 以下は、朝賀昭さん(元田中角栄秘書)のFBに、氏が訪問中の「中州」のことが書かれており、それにコメントを続いて書いたものです。「中州」がどのようなところか、自分の体験を通じて、少しメモしました。さらに、朝賀氏から、吉田つとむは九州男児と書いていただいたのですが、自分はいわゆるそれのイメージとかけ離れていると思い、九州男児とはどういうイメージなのか、あるいは九州とはいったいどのようなところかについて、私の思いを書いたものです。
IMG_9371
朝賀昭さんも出席されていた会
<中州と博多(人形)>
 中州の中央を通り抜ける道路下には今は地下鉄が通っていますが、以前は路面電車が走っていました。その両側には名門デパートの玉屋や博多人形界トップの松居、記念品のヒロカネ、喫茶バンビ(六本木のアマンドのような存在)などなどの名店が並んでいました。その中に、私が務めていた博多人形販売会社の小売り部門の店舗がありました。その店には、約10年間のことですが、夜の時間に人出が足らない時に応援で入っていました。
 その通りから少し入ると、キャバレー、クラブ、バーなどなどや映画館、パチンコ店がひしめき合っていました。さらに、その南側には色街?が展開していました。
 自分が仕事をしていたことでその中州は身近なはずですが、「中州」に詳しくない私です。屋台もその中州では、入ったことがほとんどありませんでした。
 博多と言えば、伊藤野枝さんの娘さんである伊藤魔子さんも博多人形の有名な制作者です。業界には、そうした思想がなぜか息づいていました。続きを読む

2017.04.16配布記事(議長裁決で決した意見書)

議員提出議案 第3号“「森友学園」問題の徹底究明を求める意見書”(共産党提案)の表決では、提案者とは少し違った観点で保守連合が賛成討論し、採決に臨みました。この日、本会議では1名の欠席者があり、この議案では初めて可否同数(17×17)と言う結果となりました。議場にはどよめきが起きる中、議長の吉田つとむは、議員提出議案 第3号(=「森友学園」問題の徹底究明を求める意見書)に賛成を表明し、議長裁決を行いました。よって、議員提出議案 第3号 “「森友学園」問題の徹底究明を求める意見書”は可決となりました。
IMG_9342
*(参考:写真は議会開催中のものでは、本会議場において、年度初めに新たに事務局に配属になった職員に辞令の訓示を行う時のものです。
議長裁決で可決としたのは、この森友学園問題を終わりとするわけにはいかないという判断からでした。もちろん、私が議長になって初めのことでした。そうした場合に遭遇すると大いに緊張感があります。

 私の記憶では、本会議の議案採決が可否同数となって議長裁決となった例は、2年ほど前に1度あったと思います。請願の採決で可否同数となり、議長裁決によって、その請願が採択(請願の場合、採決と言わず、採択と言う)となりました。それ以来のことで、議会としてはハプニングものでした。
記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.16配布記事(高齢者の自己負担同意)

 以下は、4月後半発行の配布記事(高齢者の自己負担同意)の記事の一文です。

 「町田市ゲートボール協会」の定期総会に出席し、挨拶しました。市長代理や行政の役職者は、その時点で直接の担当者を残して退席しましたが、私は市議会議長として、総会の議事にも合わせて出席傍聴しました。そのお陰で、当該団体にとってどのようなことが課題になっているのかと言う大変参考になる話題が取り上げられており実状を知ることができました。IMG_9394
IMG_9396
IMG_9398 - コピー

 その内容と言うのは、「町田市ゲートボール協会」が使っている施設(芹ヶ谷会館)の水光熱費をこれまでは行政が負担していたが、翌年度から団体側が負担することになるというものでした。受益者負担の考え方によっては当然のことと思えますが、実額でこの団体だけで、56,000円も新規に負担することになります。その金額の捻出のために、規約改正を行って、全部の参加団体の年間登録料を3,500円から4,000円にアップするというものでした。総会の会議では承認されたものの、市民の健康増進活動の予算支出には削減を断行し、他方で地元のプロサッカーチームには、様々の行政負担を増していることで、市政に厳しい目が今後あたるようになることは避けられないと考えています。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.15配布記事(4月後半)動議:予算執行に関する意見

 前回号の(配布)記事で、石阪市長が一大方針で取り組む、野津田陸上競技場のサッカーJ1化予算に対して、建設常任委員会で付帯意見が付いたことを書きました。

 その件に関して、市議会第一定例会の最終日、予算の採決(多数で可決)後、改めて、動議が出され、「その予算の執行を猶予されたい」と言う付帯意見を盛り込んだ議員提出議案が上程されました。通常感覚では、市長与党と目される会派もこの決議を支持する側に回り、全議員の3分の2以上の議員がこの付帯意見に賛成しました。つまり、市議会は、公明党、保守連合や自民党の一部も含めて、「その予算の執行を猶予されたい」と言う立場になっています。

 よって、市長は、この予算執行前に、「現行の観客席(10,000人収容)に5,000名分を増設し、追加して屋根をつけることで、新たに50〜60億円を擁する大型工事となることの合理性、経済効果を説明する必要が生じることになりました。もちろん、行政にとって、有利な数字を推測して並べることは容易ですが、5年後、10年後までの責任を持つことが行政トップには求められるでしょう。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.15昨日は、町田市部課長会歓送迎会に出席して挨拶。公費負担は無し。

 2017.04.15昨日は、町田市部課長会歓送迎会に来賓出席して挨拶しました。町田市議会において、殿村副議長も同席でしたが、もちろん、正副議長を含めてこの種の内部会合と類推される会合の会費負担には公費支出がされることはありません。元をただせば、私が一期目後半のスタートの時(今から、21年前)に、内部の行事出席に臨んでの金銭支出に公費を充てるのは難しく、自己負担するべきではないかと質し、長い時間をかけての激しい闘争の末に、最終的にそれが果たされたことが発端で、関連行事の開催、出席に関して現在の状況に至ったのが経緯ではないかと推察しています。

 なお、この会合には、行政側では市長、両副市長、教育長、市民病院管理者が同じく来賓として出席しました。出席者は総勢200名以上に達していたのではないでしょうか。行政の職員では、一般職員には職員互助会があり、他方、労働組合も存在することは承知していますが、この部課長会と言う管理職の集まりの集合体が存在することを再認識しました。おそらく、この皆さんには行政の幹部意識が存在するでしょうし、それが当然かもしれません。続きを読む

2017.04.14配布記事:商工会議所の役割と挨拶

 以下は、配布記事4月後半号に掲載する記事「商工会議所の役割と挨拶」の内容です。
 
 商工会議所の定期総会に出席しました。深澤勝会頭の挨拶後、執行部より議案提案があり、その事務局の説明の後、採決になりました。議会とは異なるので、質疑、討論の過程が簡略と言うか、あまりその部分は目立ちませんでした。その分、説明は具体的でわかりやすいものになっていました。

 来賓では、石阪市長と議長の吉田つとむが挨拶を行いました。市長はその挨拶で、総括的なことと表彰者の祝いを中心に話題とされたことで、私は、主催者の説明と配布資料で気づいたことで、会員数が増加したしたことの祝福と、町田市の補助金が毎年低減していることを書類で発見させていただいた事、それをこの場で市長に告げると、市長は今は「横ばいです」と返答だったと紹介しました。厳しい話題の割には、笑いが起きました。その後の話で、商工会議所の皆さんには、大勢の雇用者を擁してもらっている、そのことがもっとも大切なことだと思っています。と言う趣旨のことを述べました。

 最後は、「町田私の好きなお店大賞」受賞者の皆さんらとの記念写真撮影がありました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.13新規入局者に訓示を行いました

2017.04.13本日は、議会事務局に今期に配属となった新規入局職員に訓示を行いました。昨日の記事のように、4月3日に入所した新規採用者はこれまで全体の新規採用職員研修が行われましたが、本日より、各職場に配属となった次第です。

 議会事務局に採用になった職員に関して、市議会本会議場において、訓示式を行った次第です。旧来のように、紙の辞令は無くなり、口頭による訓示により、配属が決まる形になりました。議長、副議長がそれぞれに訓示に、握手をして、その式は終了となりました。本人にとっては、ペーパーか何かがあってほしいかもしれません。
IMG_9432
IMG_9435

 議会の場合は、部長・課長と言うラインのもとにあるだけでなく、「議員」に関してスタッフ的に仕事をしないといけないことになること、誰にでも公平に対応してほしいことを求めました。また、わからないことは上司にいつでも尋ね、あるいは失敗した場合は上司が救ってくれること、あるいは議長・副議長はその役を担うことを説明しました。

 そして、その職員にとっては、新たな1日が始まることになりました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.12市役所新規職員研修に出席

2017.04.12町田市役所の新規職員68名(2016年10月採用7名と、 2017年 4月採用61名)を対象にした研修が実施中です。いわゆる一般事務と、一般技術(土木、機械、電気技術)及び、その他の資格者(保健師、保育士、児童厚生員、栄養士、歯科衛生士、薬剤師)の新規職員が対象でした。本日は、市議会の研修が行われました。もちろん、一日中を市議会に当たられたのではなく、正味30分の研修でした。

 議長として、冒頭に挨拶を行いました。本来、議会の機能や議員とはどういうものかを話す方法もありますが、私は健康第一、そして家族やお世話になった人に近況を知らせる余裕を持ってほしいとはなしかけました。あわせて、皆さんは、試験で合格した人、議員36名は4年ごとに選挙で選び直される相違を述べました。*後で、市長も同様であることを事務局長が述べてくれました。

 過去の議長の挨拶は長い人も、短い人もあるようです。私は比較的に短い方であったろうと推測していました。それは下記のことが推量されたためでした。本来、挨拶だけ退席もあり得ましたが、事務局員が座るスペースに座り、議会の新人研修部分の全部を見せていただきました。なお、上記の挨拶は、登壇席で行いました。本日は、議長席を一切使いませんでした。結果、しばらく登壇席に着くことがなく、妙な気分になり、落ち着かない話しぶりで、新人職員の皆さんには失礼した面があったと反省しました。いっそのこと、議長席で話す方法もあったかもしれないと思いました。続きを読む

2017.04.11連覇全米第1位達成:大学ダンスドリルチーム JULIAS(ジュリアス)の知らせ

2017.04.11連覇全米第1位達成:玉川大学ダンスドリルチーム JULIAS(ジュリアス)の知らせです。昨日夜、偉業を達成した、JULIAS(ジュリアス)のメンバーは米国から日本=町田市に空港直行バスで町田バスセンターに戻ってきました。

 16名のメンバーでアメリカに遠征していたとのことですが、町田に帰ってきて最初に出会ったのが、歓迎したのが私でした。JULIAS(ジュリアス)の皆さんには気の毒ですが、たまたまと言うことで勘弁してもらいましょう。

 一応、JULIAS(ジュリアス)の皆さんと私は一応、顔なじみです。もちろん、私は、その演技を何度も見ていますし、地震被害の救援募金でも一緒に活動したことがあります。さらに、東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー歓迎セレモニーでも一緒に先頭でパレードしたこともありました。
 何かの縁と言うものでしょう。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.11春の全国交通安全運動:安協テント詰所激励巡り

2017.04.11春の全国交通安全運動:安協テント詰所激励巡りを、殿村健一副議長を伴い、実施しました。市内10カ所の主要交差点において、町田交通安全協会(及び、堺地区は南大沢交通安全協会エリア)の会員の皆さんがボランティアで交通指導をされていました。場所によっては、私たちの到着時間に会わせ、テント周辺に集まっていただいた拠点もありました。
IMG_9420

 本日は、朝から雨天で気温が上がらず、野外での交通指導は大変な寒さの中でした。とりわけ、長時間にわたって、交差点に立ち続けることはより寒さが身に染みることでしょう。そうした活動の皆さんを激励するのは、我々の行動にとって必要不可欠のことと思います。
IMG_9430

 途中の詰所テントでは、村松会長をはじめとする皆さんの本部車とたまたま合流したり、あるいは行政広報車とも一緒になりました。その交差点では、今年も村松会長が交差点を四隅の角々を全て巡り、全ての安全協会員を激励して回っておられました。私も、その歩みをまねて交差点の四隅の角々を全て巡るように心がけていました。IMG_9424
IMG_9422

 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.10都立町田の丘学園入学式に出席

2017.04.10本日は、東京都立町田の丘学園入学式に出席した。全部で73人の入学者でしたが、人数的に高校部がメインで、中学部、小学部の入学者もありました。
IMG_9413
IMG_9412
IMG_9411

 障がいの児童、生徒の学校ですが、高校の場合は「入学許可」とされ、一瞬驚きを持って受け止めました。入学式が終了して、改めて聞いてみると、高校は小学校や中学校と異なり義務教育で無いことで、入学者に対して。この様な言葉になるとのことでした。自分が高校の入学式や卒業式に出たことが無い(一般の都立高校は、都議会議員は来賓で出席するが、市議会議員や市議会議長にその式典に案内が出されることがありません)ために、高校の入学式がどのようなものか知りませんでした。東京都立町田の丘学園の場合は、市議会議長に来賓出席を求めており、その式に参加でき、本当によかたっと思います。

 少しでも、自分で自立してできるように、大勢の友達ができるように、校長先生の式辞で述べられました。来賓として出席した我々も、その場に居合わせるとその学校の役割がとても強く伝わってきました。高校生による、歓迎の言葉、新入生の言葉に大きく拍手をさせてもらいました。また、歓迎の歌、「ともだちはいいもんだ」も感動的でした。この学園の高校生の多くは、3年間の勉強や運動に取り組み、それから社会に出ていくことになります。その成長と教育に期待しています。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.10昨日はバタバタして出席した会合を退席し、次のイベントに向かう

2017.04.10振り返ってみると、自分の行動はかなりあさましいことでした。この日は、2つの会合出席があり、その双方に出席することで感じたことでした。
IMG_9410

朝9時から、東京土建一般労組町田支部の第52回定期総会があり、議長として出席をしました。この組織は自営や個人の建設事業者が参加するもので、町田市では今年で50年の歴史を持っているとのことでした。

 建設業界は、東日本大震災や東京オリンピック開催にかかわる大きな工事を抱えており、大手は例を見ないほどの活況や利益を呈していますが、個人事業者のレベルでは、その恩恵が回りきっていないというのが実情とされているのは大方の見方となっています。就業体制、契約関係の法的な規制、あるいは労働保険分野の補助金が最重要分野となっているようでした。

 市政にかかわる分野は意外に少なく、東京土建一般労組の皆さんが直接受注することが課題になっていますが、現実化していないのがこれまでの実状でした。私は、かねてから、個人事業者の協同組合方式による町田市の公共事業受注が検討されるべきではないかと持論を主張していますが、一向にその気配が無いのが実情です。今回の挨拶では、組合と議会の関係でいえば、議会の会派との懇談ではなく、議会の担当常任委員会と協議する観点があるのではないかと再度述べましたが、果たして、検討されるものか不明です。続きを読む

2017.04.09昨日は、地元にある小川幼稚園の入園始業式にお伺いしました

2017.04.09昨日は、地元にある小川幼稚園の入園始業式にお伺いしました。小川幼稚園の場合は、入園と進級の式が同時に行われます。
IMG_9406

 そのために、講堂の前方には、左に年長児、中央に年中児が並び、園長と来賓は舞台に、先生は園児の両脇に位置し、家族の皆さんは全員後方に位置する列になっています。記憶では、例年都議会議員の顔を見るのでが、今年の政治家来賓は私のみでした。

 そうした配置になっているところに、親の手に引かれた新入園児が入ってきました。全員が大きな拍手で迎えます。最も、時代的にビデオ撮りに忙しい姿もあります。

 園長は丁寧に、優しく、園児に話しかけ、進級在園児と新入園児の対応が大きく異なっていました。わずか、1年・2年で歓迎の言葉にしても、歌にしても立派な見本でした。親に対しては、園児と一体であることを求めていましたが、それが小学校に入るまでの基本と考えておらるようでした。続きを読む

2017.04.08高齢者の自己負担同意(町田市ゲートボール協会」の定期総会に出席)

 4月6日のことですが、「町田市ゲートボール協会」の定期総会に出席し、挨拶しました。市長代理や行政の役職者は、その時点で直接の担当者を残して退席しましたが、私は市議会議長として、総会の議事にも合わせて出席傍聴しました。そのお陰で、当該団体にとってどのようなことが課題になっているかで、大変参考になる話題が取り上げられていることを知りました。
IMG_9394
IMG_9396
IMG_9398 - コピー

 その内容と言うのは、「町田市ゲートボール協会」が使っている施設(芹ヶ谷会館)の水光熱費をこれまでは行政が負担していたが、翌年度から団体側が負担することになるというものでした。受益者負担の考え方によっては当然のことと思えますが、実額でこの団体だけで、56,000円も新規に負担することになります。その金額の捻出のために、規約改正を行って、全部の参加団体の年間登録料を3,500円から4,000円にアップするというものでした。総会の会議では承認されたものの、市民の健康増進活動の予算支出には削減を断行し、他方で地元のプロサッカーチームには、様々の行政負担を増していることで、市政に厳しい目が新たに出てくることは避けられないと考えています。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.07入学式生徒の減少に感じる、公立×私立の争奪戦

2017.04.07桜の花が満開となる時がやってきました。地元の町田市立南成瀬中学校の入学式に来賓出席しました。中学校の入学式では町田市・教育委員会の出席者が無く、来賓の冒頭に案内されました。もとより、議員が卒業式や入学式であいさつする機会が無いのが、町田市の特徴です。
IMG_9400
IMG_9401

 さて、そうしたことより、重要なことに気づきました。今年の入学式で、入学生徒が大きく減少しました。数字で正確に抑えたわけではないですが、この南成瀬中学校では、つい、しばらく前は生徒数が増加した時期がありました。それは、学年クラス数が5組から6組になり、それが定着するかなと思えましたが、一転して、大幅なマイナスを示し、今年は5クラスに逆戻りをしました。

 推測では、人口が急に減ったわけでは、公立入学者の減少傾向が多く、私立学校に入学する生徒が増加したことにあるようです。一時期の不況感から公立志向が目立つ時期から、私立の入学者定数確保でその活動が活発で、公立中学校入学者が減ったと関係者からは見られています。教育費の無償化、あるいは公費負担の増大化も影響しているのでないかと私は思っています。

 単に、印象や一部の関係者から聞いたことで書いていますが、今後、この生徒入学者の減少と言う現象が定着化した場合、公立学校の適正数はどうあるのか、あるいは私立学校との生徒獲得の争奪戦の動向を真剣に考える時代に入ったと思います。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.07昨日は春の全国交通安全運動のスタート、挨拶(出動式・出陣式)

2017.04.07昨日は、10日間に渡る「春の全国交通安全運動」のスタート日でした。町田市では、町田交通安全協会によって、その出動式が行われました。もう一つは、時間差を置いて、八王子市の上柚木公園で南大沢交通安全協会によって、その出陣式が開催されました。それぞれの出動式と出陣式の開催後、白バイを先頭に、パトカー、交通安全協会の広報車、さらに各地域の交通安全協会の詰所に駆け付ける皆さん方の車が続きました。*別途、同日の吉田つとむ発見動画チャンネルに動画があります。
IMG_9378
IMG_9381

 町田の出動式では、石阪市長と議長の吉田つとむが来賓あいさつを行いました。私はその挨拶で、「本日は小学校の入学式にあたっていること、安全運動の普及おいて、大人の世代にその広報が必要になっている」と述べました。交通安全の指導にあたる、ボランティアの安全協会の皆さんの安全確保が一番だと講習される警察の担当者の方の話が一番わかりやすものでした。続きを読む

2017.04.06昨日は、まちだ全国バレーコンクールに来賓出席しました

2017.04.06昨日は、町田市民ホールで開催された、第17回まちだ全国バレーコンクールに来賓出席しました。このバレーコンクールは、町田市民の限らず参加できるもので、その歴史でも第17回を迎えています。

 開催日は、4月2日、4日、5日の3日間に渡って、演技が繰り広げられたものです。2日は中学生の部とシニアの部予選、4日は小学生の部予選、高校生の部予選、中学生の部決勝が行われました。

 5日は、小学生の部決勝、高校生の部決勝、シニアの部決勝、そして表彰式が開かれました。幸い時間が取れたので、その全部のプログラムを鑑賞して、最後の表彰式に参加しました。

 各クラスの決勝出場者だけでも、各数十人に及び、実際にそのプログラムを見るのはなじみのない私には、難儀もありましたが、バレーと言えば音楽が背景にあり、少し余裕ができました。小学生は可憐さ、シニア(大学生以上)には、優美さを感じました。すでに決勝進出者ばかりが出場しているわけで、一般とは一水準異なっているようでした。市長は途中からの鑑賞で、表彰式に備えました。続きを読む

2017.04.05一昨日、参加した自民党前事務局長の慰労と懇親会に出席しました。

2017.04.05 一昨日、久米自民党前事務局長を慰労する会が懇親会として開催され、参加しました。もとより、政権政党の事務方トップの人材ですので、これで仕事が終わりと言うわけではなく、次の総選挙まではほぼ同じ業務をやり遂げられる様でした。あわせて、こうした慰労、送別は様々の関係で開催されているものと思います。
IMG_9362
私に少し似ているが、はるかに有名人、選挙コンサルのアスク社長 三浦 博史氏です。
IMG_9366
田中角栄秘書の朝賀昭氏です。
IMG_9368
当事者の久米晃氏、一貫して議員ではなく、それを極めた事務局長。
 お誘いを頂いたのは、30年以上前に設立した「無名の会」と言う、国会議員秘書をメインにしたグループの中心メンバーの一人からでした。*損壊は、休止した後、今は復活の話もあります。その当時のメンバーは、国会議員や地方議員になった人、あるいは中央官僚や大企業の役員になった人、あるいは会社を自分で創業した人、あるいは雇用延長で今も勤務している人があります。あるいはそれらを引退して、社会活動のみを行っている人がありました。もちろん、政治家秘書を今もやっている人、メディアやメディア系の人も多くありました。評論家を職業としている人もありました。選挙のコンサルタントとして、一級の評価を得ている人材もありました。もちろん、TVにもたびたび登場する有名人です。
IMG_9371
参加者の半分
 
 続きを読む

2017.04.04昨日は、事務局職員の訓示式を行いました

 2017.04.04昨日は、町田市議会事務局職員の、昇格、移動(市長部局からの出向、市長部局への出向)と言う人事に関して、副議長と共に訓示式を行いました。
IMG_9333
IMG_9341

 実は、2016年度と2017年度では大きな違いがありました。それは、通常、つい先日も3月31日までは人事に関してペーパーを用いた辞令を行っていますが、今年度より、それは無くなっていました。
 2017.03.31議会事務局員の辞令
 それは、3月31日には、その対象者に辞令を手渡し、訓示を行ったのですが、昨日の人事では訓示のみをするだけに変わりました。正直、何か物足りませんが、現実に行った行為はそのようなものでした。対象者本人は、もっと物足りなかったかもしれません。もちろん、ペーパーが無くなったことで効力が変わるものでなく、内示と言うプロセスは残っているはずですので、本人には何らかの方法で伝えられているものと思います。なお、私自身が物足りなさを感じたことで、議長の私が移動して、それぞれの対象者全員と握手をしました。今年度から変更したことで、この握手方式が今後、続くのかどうかはわかりません。
IMG_9342
IMG_9346

 また、職員自体の間では、部署ごとに仕事の引継ぎもあることで、もっと明白な手続きや説明があるのでしょう。内容をよく承知していようが、していまいが、取りあえず、閉会中でも議会全体は動いています。特に、これからは外部からの訪問者が続く日々があり、議会事務局はその流れに添ったスケジュールになります。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.03元インターン生と湯島天神に就活祈願し、上野公園の桜を散策

2017.04.03 本日は業務を済ませた後、元インターン生と湯島天神に就活祈願し、上野公園の桜を散策しました。街に出ると、そこら中に新入社員あるいは就活生を見かけます。

 本日はそうした世間とは少し距離を置いて、元インターン生の武者小路麻理さん(4月から4年生)を同行し、神社詣で(湯島天神に就活祈願をし、その後、それを祈念した絵馬を就活生がかけました。この日の湯島天神は、合格御礼に来た学生やその親を大勢目かけました。掲載の写真はそうした一人に撮影してもらったものです。
IMG_9348
IMG_9351
IMG_9352

 神社の入り口の片方には、この3月にかけられた絵馬で無数になった札所になっていました。今回も、当方の記載の参考にさせていただきました。そうした中で、不思議なのは、3つも4つも合格対象を記載した絵馬を見る事が出来ました。いわゆる一流大学の合格を複数求めたもの、あるいは有名企業(及び国家公務員と東京都庁など)の複数内定を祈願したものがありましたが、その人は果たしてどこに行きたいのは不思議でした。最も、身近な人にそれらを全部卒業したつわものもあるので、一概には否定できないもの改めて感じ入った次第です。続きを読む

2017.04.03新年度行事のスタート(入学、卒業、就職、そして・・・)

2017.04.03曜日の関係で、今日が新年度行事のスタート(入学、就職、そして・・・)と言う人が多いでしょう。

 私にとっては、元インターン生が今日から就職して初出勤と言う社会人が幾人もいます。すでに、そうした知らせを受けた元インターン生がいます。中には、その後、十分に連絡が取れず、最終的にどのような道を歩んだのかわからない元学生もほんの少しいます。気になっています。もとより、自分が理想したコースでない場合もあるかもしれませんが、私の世代は、まず、その環境に入ってから考える習慣が大きくあります。だって、理想の企業に就職したとして、果たして自分が考えていた分野の仕事か、あるいは自分では向いていると思わなかった文太の仕事に配属されるかもしれません。

 ともかく、元気にスタートし、少し、周りになじんで見る事から社会人生活が始まって良いのではないだろうかと思っています。

 なお、今までに、初出社の日に、「今から会社に行っていきます」と連絡した元インターン生がいました。私にとっては、親元を離れて社会に出ていく我が子のような心境になりました。果たして、今年はどんな新社会人が誕生するでしょうか。
DSCN7779
この中からも、新社会人が誕生しました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.02軟式野球とソフトボールの開会式に出席

2017.04.02本日は、軟式野球とソフトボールの開会式に出席しました。軟式野球(2017年度町田市民春季軟式野球大会)は、全選手の入場行進に始まり、勇壮でした。試合は、クラス別になっており、第1部、第2部、第3部、壮年部に分かれていました。第3部が最も多いチームで構成されていました。私は、その市長に続いた挨拶で、地元の日大三高の例をあげ、今年も甲子園に出た硬式野球部に以外に、軟式野球部が独自にあり、練習場も別にして日頃から練習していること、それほど幅広い分野に広がっていることを紹介しました。多数の市議会議員が来賓として、あるいは主催者にかかわっていました。参加の皆さんは、それぞれに試合の開催に向けて、別の野球場に移動していきました。全国大会に出場しているチームがありました。
IMG_9290
IMG_9292

 次いで、同じ町田市民球場で、町田市民春季ソフトボール大会の開会式に出席しました。そのソフトボールには、女子チームが10チーム(2クラス)参加していました。また、選手宣誓は女子が代表して行いました。たまたま、事前に参加チームのいくつかの皆さんと話をしました。レッドフォックスと言うチームと言うありましたので、私が居た高校では、過去に女子ソフト部が全国優勝したとを話した上で、最後に「緑のタヌキ」チームに似合ったチームが出場されていますとも付け加えましたが、まるで受けませんでした。開会式後、レッドフォックスの皆さんからは、女子チームの皆さんは直ぐにわかってくれたと慰められました。
IMG_9302
IMG_9303

 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.04.02昨日(土曜日)の町田さくらまつりと関係者の取り組み結果

2017.04.02昨日(土曜日)は前日からの雨が続き、朝になっても雨が降り止まずにいました。季節は桜のシーズンであり、町田さくらまつりが市内各地で開催されました。主催は、町田さくらまつり実行委員会(実行委員長 小島政孝氏 町田市観光コンベンション協会会長)となっています。
IMG_9271
私たちが舞台を降りるとこんな感じです。
 そのうち、私は、公式行事日程でまず、尾根緑道会場 開会式に出向きました。ここは旧来から町田随一と称される桜の名所で、名前の通りの緑道となっていますが、このシーズンはその両側の桜の花が咲き誇る場所のはずですが、今年は天候の加減でほとんど花がありませんでした。しかも、天候が復帰せずの様子でしたが、各エリアにはテントが張られ、その店の開店準備の皆さんの姿がありました。市長と私はそれぞれに現地に向かい、それぞれがあるいは、一緒にそれらの店に声をかけながら、開会式の会場に到着しました。

 一行は舞台に上がり、実行委員長、市長と私=議長が挨拶しました。天候が良くなってほしい、あるいは願っているという調子の挨拶になりました。スタートは桜美林学園の皆さんによるファンファーレでした。若干の店で買い物をして、その場を後にしました。

 次いで、途中、町田中央公園さくら祭りに立ち寄りました。雨天のために、イベントは旭町体育館内で行われていました。知人も多く、一般の観客席で少しイベントを見せていただきました。
IMG_9272
町田中央公園会場の出し物は、全て旭町体育館内で行われる。続きを読む

2017.04.01さくらまつり交流都市を歓迎して

2017.04.01 本日と明日は「町田さくらまつり」が行われます。その行事には、他市の交流都市からも出店があり、その代表の首長、あるいが議長などの来訪を歓迎して、石阪市長や副市長、関係部長、および議長で懇談を行いました。前日の夕方から町田市に泊りがけでおいでいただいています。
IMG_9260
IMG_9266

 本年は、3月31日が金曜日であり首長の場合は人事にかかわる式があって、明日ぎりぎりの出席の自治体も多くなっています。本日ご挨拶できた都市では、東京都大島町三辻町長、高橋議長と沖縄市議会の阿多利副議長でした。この1日には大勢になるでしょう。

 また、成瀬地区では3月25日~26日と今度の週末(4月1日~2日)の2回にわたって、町田さくらまつりを実施しています。地元の皆さんがそれぞれに出店しておられます。桜の開花と晴天を期待したものです。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.03.31議会事務局員の辞令

2017.03.31議会事務局員の辞令交付を本会議場で行いました。該当者は、相模原市議会と相互に職員人事交流を行っている職員が対象で、この3月31日で1年間の町田市議会での職務を終え、元に戻っていただくものです。もちろん、町田市側も一人の職員を送り出していました。同じタイミングで戻ってくることになっています。
IMG_9254
IMG_9258
私がもらっているような感じの角度になりました。
 4月に入ると、この議会事務局職員の異動もありますで、また、その式を行いますが、上記の交付式を含めて、副議長も同席します。自分の副議長時代に経験が無いのですが、今後は慣例化するでしょう。
IMG_9257

 また、新たに町田市に入所する新採用職員が誕生しますが、そうした職員はまず研修があった上で、各部署に配属になります。

 私の元インターン生で、今年行政の公務員になる予定は聞いていませんで、全て、民間企業に就職する予定を聞いています。皆さんも、まずは研修と聞いていますが、そのうち、元気な姿を見せてもらいたいと思っています。 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.03.31 他の市で選挙があったことに関し、その後の対処方法で自分を語る

 選挙管理委員会から、当選証書を頂くのですが、今から20年以上前は、町田市においては夜中に助役(今の副市長)が選挙の当選証書を持参してくれていました。*市長の分を誰が持って行っていたかは経験が無いので知りません。
 次いで、その後の時代には、選挙の翌日、議会の大部屋で、当選した市長候補が先頭に座り、次いで、当選した市議会議員候補が得票順ごと座り、選挙管理委員長からその席で証書をもらう形に変わり、現在までその方法が取られています。
 直近の私は、2度、議員の中で一番に証書をもらいましたが、地元紙がその受け取る写真を掲載してくれると言うのみです。
P1010896

 その場で優遇されて以降、当選順位は議会内に一切通用しません。最下位で当選しようが、上位で当選しようが、報酬は同じです。
 さらに、本会議場の席順も会派ごとに協議で配置が決まり、その会派の中でそれぞれの議員の席は決めることです。それは、フランス革命以来の伝統と心得ています。
 なお、常任委員会では議長や副議長を上座に置く習慣があったように思いますが、私は固辞して、会派順で座る慣習を重んじ、末席に座っています。5期目に志政クラブと言う最小会派に在籍し、その時もあっさり末席に座りました。フランスでどうなっているかは知りませんが、最小会派所属であることを謙虚に受け止めよう、議員として堅持しています。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.03.30第56回町田商工会議所通常議員総会に来賓出席

2017.03.30第56回町田商工会議所通常議員総会に、市長と共に来賓出席しました。
IMG_9243

 深澤勝会頭の挨拶後、総会ですので、議案提案があり、その説明があり、採決になります。議会とは異なるので、質疑、討論の過程が簡略と言うか、あまりその部分は目立ちません。その分、説明は具体的でわかりやすいものになっていました。

 私が印象的だったのは、昨年度の報告で会員数が増加したということでした。他方、配布された資料のページをめくると、町田市の補助金が数年間分記載されており、その数値が順次低減していることが分り易く表にまとめられていました。

IMG_9245

 この日は、表彰式が行われました。まず、日本商工会議所の特別功労者表彰(全国でわずか4名と言う)の表彰対象者の三澤孝義氏の表彰が行われました。次いで、町田商工会議所役員・議員永年勤続表彰が行われ、5名が表彰されました。次いで、「町田私の好きなお店大賞」が7軒の店舗に与えられました。今回は、全員が食べ物屋さんでした。続きを読む

2017.03.29昨日は、定例会議案採決で可否同数、初の議長裁決を行う

 2017.03.29昨日は、町田市議会第1定例会最終日でした。各議案の審議経過と結果を各常任委員長が報告し、各々の議案を採決しました。注目議案に関しては、後で記載します。
IMG_9241
写真は、最終日に撮影したものです。*記事は、別掲予定。
 最後は、議員提出議案を委員会に付託することなく、本会議で決することになっています。この日は、5本の議案が提出され、保守連合が提出した「議員提出議案 第1号 主要閣僚が諸外国水準の外交活動ができるよう制度改正を求める意見書」は多数で可決しました。

 他方、その他の議員提出議案(日本共産党が提出)は大半が賛成少数で否決となりました。そうした中で、議員提出議案 第3号 “「森友学園」問題の徹底究明を求める意見書”の表決では、提案者とは少し違った観点で保守連合が賛成討論し、採決に臨みました。この日は1名の欠席者があり、可否同数(17×17)と言う結果となりました。議場にはどよめきが起きる中、議長の吉田つとむは、議員提出議案 第3号(=「森友学園」問題の徹底究明を求める意見書)に賛成を表明し、議長裁決を行いました。よって、議員提出議案 第3号 “「森友学園」問題の徹底究明を求める意見書”は可決となりました。続きを読む

2017.03.28定例会の最終日、午後3時には会議が大方終わると思えた

 2017.03.28町田市議会第1定例会の最終日、午後3時には会議が大方終わると思えたのですが、はるかに予定がオーバーしました。そもそも、議会の進行を読むのは邪道とも言われることがあります。とは言え、会議の進行は休憩タイムを見込むのも議長としては仕事の一つと考えています。

 翻って見ると、やはり、人事は難しいものです。人が変わるというのはすごいエネルギーがいるもので、大勢の人が時間を費やすもんもだと理解できます。健康福祉常任委員長と、文教社会常任委員長の二人がその役職を一身上に都合で辞任し、新たに、別に委員がそれぞれの常任委員会で互選されました。本会議を休憩し、その間に、常任委員会を開いてそのプロセスを行うものです。本会議場では、一端全員が退室し、関係者が委員会室に集まって協議した次第です。

 関係者のご苦労と、協調によって話がまとまり、会議が前に進みました。
 
 本日は、50本まではいかないですが、かなりの議案などが委員長報告で本会議にかかり、その都度、質疑を確認し、表決に進み、採決が進みました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.3.27選抜高校野球「初」、2戦再試合と言う妙と自分の奇妙さ

2017.3.27 昨日の選抜高校野球では、「初」の2戦再試合と言う珍しい事例がありました。1大会で2戦再試合は初めてのようですし、ましてや、2戦連続の再試合になったことなど、空前絶後と言ってよいような試合結果です。戦った選手は大変な苦労であったでしょう。
 IMG_1028
写真は、私が本年日大三高の応援に行った時のものです。
 その試合は、福岡大大濠(福岡)1−1滋賀学園 (滋賀)と福井工大福井(福井)7−7健大高崎 (群馬)でしたが、福岡大大濠(福岡)は私が高校時代を含めて長年過ごしていた福岡市内の高校です。これまで何度か、甲子園に出ている学校ですが、今回、ピッチャーの三浦が15回:196球を投げ切ったことが特に印象的でした。再試合における戦いに期待しています。

 次いで、2回目の再試合は、福井工大福井(福井)7−7健大高崎 (群馬)でしたが、福井工大福井(福井)は私の本籍地がある市内の学校です。自分の縁でいえば、現住所、出身地、本籍地の順になるでしょう。

 もとより、再試合ですので、私が縁がある県(市)の学校にそれぞれに頑張ってもらいたいです。
 その延長では、東海大福岡が、早稲田実業を破った試合も印象的な出来事です。頂上クラスにあるとされる学校を破って、上位のトーナメント戦にコマを進めたことにも注目したいと思っています。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.03.27本会議最終日前の慌ただしい中、心静かに茶道の練習を行いました

 2017.03.27町田市議会第1定例会最終日の前日を迎えました。明日は、活発な議論が交わされることでしょう。そうした慌ただしい雰囲気の中、議員茶道部(部長:大西宣也議員)では、心静かに茶道の練習を行いました。この日は、町田茶道会の先生方にご教授いただき、定例会ごとの練習日を迎えた次第です。

 盆手前で行いましたが、相変わらずに、手の動きがスムーズではありません。あるいは、お菓子に直ぐに手をだそうとしてしまいます。茶器にゆっくり目を向けることも忘れることがしばしばです。

 でも、1年、2年と積み重ねていると、少しはものを見る目ができてくるのではないか、そのように考える次第です。明日の議事進行がスムーズに進んだとすれば、この日に茶道の練習に起因するのだろうと思います。

 明日の本会議開催に向け、もう少し書類整理を図りたいと思います。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合
 

2017.03.26町田市少年野球開会式で挨拶

2017.03.26町田市少年野球春季大会の開会式が町田市立旭町体育館で行われました。本来は、隣接する町田市民球場で華やかに入場行進が行われるところ、雨天により、体育館のアリーナで開催されました。選手宣誓がびしっと決まって、すがすがしい開会式でした。

 来賓では、市長に続いてあいさつをおこないましたが、まず、殿村副議長、川畑スポーツ議連会長をはじめ、大勢の市議会議員が出席していることを紹介しました。話題では、直近の神宮大会(都大会)、甲子園大会(選抜高校野球大会)に応援に行った経験から、チャンスを生かす能力、ピンチをしのぐ能力が大事なこと、エラーを重ねないことがいかに大事かを話しました。
IMG_1018
IMG_1014
写真は、甲子園で日大三高をアルプススタンドで応援する姿です。
 また、野球は、監督やコーチ、あるいは家族の応援と、連盟の皆さんの支えがあることを述べました。シーズンの頑張りを期待しました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.03.26桜まつりの開催と天候不順、来週の案内

 2017.03.26昨日から、町田市の成瀬あたりでは、桜まつりが開かれ、恩田川縁では多くの店が各商店街などで出展されていました。とは言え、桜の開花はまだ次週のことになるでしょう。

 私は、縁があって、高ヶ坂商工親和会の出店テントに出向きました。五平餅の販売が行われました。熊野会と言うグループで、その応援に入ることになっており、それに参加したものです。午後の時間にそこに入ったのですが、結果的にその他の商店街の出店テントにはどこにも立ち寄りませんでした。

 その販売では、テントの前に立ち、呼び込み係を担当をしましたが、もっとうまい人がおり、少ない人を良く呼び込んでいました。私も、顔見知りの人を中心に、呼び込みのアシストに努めました。一応の任は果たしたと思いました。予定時間が来たので、一度自宅に戻り、次のスケジュールで電車で出かけました。

 なお、次の週末が本格的な花見シーズンです。町田市内でも各所で花見のカ所で人が集まりますが、私自体は、その花見カ所の式典などに参加する行事が続いており、それらを巡るスケジュールになっています。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.03.25光の森保育園の卒園式に出席

2017.03.25ご案内をいただき、光の森保育園の卒園式に出席しました。まだ新しい保育園で、第4回卒園式を迎えました。
IMG_9232

 卒園児は、18人でした。最後に入場したその卒園児が中央に並び、両側に母親(原則)がならび、来賓はその外側に座りました。その後ろには、保育士の先生方が並びました。後方には在園児が並び、さらにその後方には、ビデオカメラを持った父親(あるいは家族)が並びました。

 園長より一人づつ卒園証書授与が行われますが、証書をもらうと、振り返って、将来の仕事を述べてくれます。いきなり、警察官が登場しましたが、女子も含めて5人が警察官を希望に挙げました。特徴的なことでしたが、消防士もありました。ケーキ屋さんは2名でした。男児に美味しい団子屋さんがありました。分り易いニュースを伝えるアナウンサーの希望には驚きました。天気予報士とは違った感じでした。教師が1名あったことにほっとしました。お笑い系の希望が一人もありませんでした。その他、その時はなるほどと思った職業がありましたが、(以下、一部追記)画家が2名もありました。しかし、多くは時間が立って、失念してしましました。もとより、政治家はどこにも登場しません。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.03.25昨日は、町田交通安全協会会議室完成を祝う会が開催、そして久しぶりにあった人のこと

2017.03.25昨日は、町田交通安全協会会議室完成を祝う会が開催され、来賓として出席しました。交通安全協会は、自前の事務所がありますが、その建物の横に並び棟で会議室が増築完成したものです。

 村松会長が、その御礼と経過説明を詳しくされました。その日、会長や社長が出席された、地元の株式会社三和住建(志水会長)のご苦力で完成したことが理解できました。
IMG_9204
IMG_9205

 その日予定されていた石阪市長の出席が時間的に見送りになり、代わりに部長が挨拶となるものと推察しましたが、議長の私が挨拶することになりました。行政の部分まで私が代弁する役務は似合わず、担当部の部長・課長の出席を言いながら、議会としての挨拶をさせていただきました。

 町田交通安全協会に新たな会議室ができたことにお祝いの言葉を述べさせていただきました。来月には、交通安全運動の期間になること、この会議室がそのための拠点になることの期待を述べました。さらに、自転車の運転が乱れており、その指導が大きな課題になっているのではないかと述べました。続きを読む

2017.02.24昨日は、小川小学校の卒業式に来賓出席

2017.02.24昨日(2017.03.23)は、地元の町田市立小川小学校の卒業式に来賓出席しました。3クラス105名が卒業しましたが、そのファッションが特徴的でした。男子の服装に羽織はかま姿が初登場しました。それだけでなく、洋装も大胆なファッションが見え、当然、女子はそれを凌いでいました。この様相は今後ももっと顕著になっていくでょう。果たして、そうした服装が準備できない家庭の場合はどのようにするのか、密かに気になりました。一方で、先日伺った保育園ではシンプルな制服であったことも印象的でした。

 卒業生の人数の関係か、あるいは歌唱が大きな時間配分になっているためか、卒業児童が自分の将来を述べるあり方がなくなっています。ユニークな発想もありましたので、少し寂しい感じもしています。

 この地域では、人口の大きな動静は見当たらず、小川小学校の3クラス体制は当面、続くものと思いました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.03.23さくらVOLLEYの試合中、金蘭会のメンバーに宮部藍梨さんの妹さんを発見

2017.03.23 既報のように、町田市総合体育館において、さくらVOLLEY(2017年第 22 回全国私立高等学校男女バレーボール選手権大会)が開催中です。さくらVOLLEYと言うのは、全国の私立高校のバレーボール部が地区別に戦い、そこで選出されたチームが町田市立総合体育館に集まって行う大会です。全国の私学高校のバレーボール部が春の新チームによって戦う大きな大会です。

 町田市立総合体育館以外の自治体体育館会場も幅広く使用されて行われる大会で、昨日と本日の2日間に渡って、予選リーグが展開され、各トップチームが明日の決勝トーナメントに進むことができます。本日は、予選の数ゲームを見た上に、予選リーグの最終戦を観戦するところでした。ところが、急きょ、仕事が入り、観戦を中止しました。

 その試合と言うのは、大阪の金蘭会×長野の都市大塩尻の戦いでした。練習は全部を観ましたが、試合はほんの数点を取りあった時点で会場を離れました。ネット記事を見ると、金蘭会が決勝トーナメントに進んだようでした。
IMG_9155
IMG_9158
IMG_9161
 
 話を戻して、金蘭会には、背が高く、細身の体形で、とても足が長い選手がいました。聞くところによると、この選手こそ、高校生で日本代表にも参加した、あの宮部藍梨さんの妹さんだということでした。お姉さんが歩む道を追いかけて行こうという姿に見えました。新1年生(まだ、4月にならないと入学とはならないが、このさくらVOLLEYでは、入学予定で、学校と親と本人が承諾されば、そのチームに参加できるというものでした。私には、立派に戦っているように見えましたし、得点にもかかわっていましたが、まだまだ、その身長や腕の強さを含めて、今後に伸びが期待できるとの見方を教えていただきました。
 
 貴重で、楽しい見学をさせていただきました。明日の試合も楽しみです。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合続きを読む

2017.03.22さくらVOLLEYが始まり、早速観戦しました

2017.03.22町田市総合体育館を中心に開催されている、さくらVOLLEYを早速観戦しました。昨日、開会式が行われたようですが、気が付きませんでした。惜しかった!

 さて、本日は、東京都立町田の丘学園知的障害部門小・中学校卒業式に出席後、市議会に立ち寄り、書類の決裁を行いました。その後のフリータイムには、町田市立総合体育館で開催されている、表記のさくらVOLLEY(第22回全国私立高等学校男女バレーボール選手権大会)を観戦しました。
IMG_1081
IMG_1086

 実績で強豪の金蘭会(大阪)と実力を備えた文教学院大学の試合を見ました。迫力がありました。金蘭会は強いです。町田市総合体育館のメインコートは、バレーボールで4面が取れるので、会場で見ると女子が2試合、男子が2試合と4ゲームを同時に見る事ができます。サブコートでも2面で同時並行で試合が繰り広げられており、どこを見るかで迷いが起きそうです。続きを読む

2017.03.22東京都立町田の丘学園の卒業式に出席

2017.03.22東京都立町田の丘学園の卒業式に出席しました。詳細には、平成28年度知的障害教育部門第43回小学校・41回中学校卒業式 山崎校舎とされていました。この山崎校舎は、通学者の増加で、仮設校舎として建設されたもので、本校舎の増・改築の設計が進められているとのことでした。

 この日の卒業式は小・中学校生が同時に行うものですが、それぞれが進行の部分ごとに区切りをつけて進められました。卒業証書の授与では、本人が取り組んだことの紹介がありました。一言づつマイクに向かいますが、決して全員がスムーズとは言えませんが、それぞれに努力したことが伺えました。また、介助する先生方が一つでも本人自身にさせようという姿勢が一つ一つの動作に見えました。この学園を巣立ったり、あるいは進学する教え子に最後の仕事のように見えました。

 政治関係の来賓は、小磯善彦都議夫人、吉原修都議、市議会議長の吉田つとむでした。教育委員会は来賓ではなく、学校長の式辞に続いて主催者側での挨拶でした。来賓挨拶は、福祉施設の代表者でした。妥当なことだと思いました。子どもさん方の成長を願う卒業式に、私たちがそこに並んで拍手を送ることはそれなりに意義があると思い、以降にも引き継いでいく必要があるのではないと思いました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

2017.03.22 昨日は、企業の新社屋落成・法人合併記念式典に出席しました

2017.03.22 昨日は、相模原市にある企業(株式会社 エクシオジャパン 代表取締役 但野光良 氏)の新社屋落成・法人合併記念式典に出席しました。

 代表取締役の但野光良 氏は、日頃から大変お世話になっている方で、私が主催するクトロヴァッツピアノコンサートの共催者にもなっていただいている方です。それ以外でも、先日の吉田つとむ 議長就任活動報告会においては、乾杯の音頭を取っていただいた方でもあります。
IMG_1054

 さて、その日のスケジュールでは、まず、新社屋の内覧会が行われました。母体企業のテクノハカルエンジニアリング株式会社の隣の敷地に、大きな3階建て(地下は駐車場)の建物が立ち、現場部門を除いた大半の社員の人が入る拠点となったものでした。建設中に訪れたことがありますが、改めて会社の中に入るとその大きさが理解できました。写真は会議室で撮らせていただいたものです。なお、このエクシオジャパンには、友人の小林教利氏が、介護福祉事業(会社では社会福祉部)の推進者として、「専務」として就任活躍されています。
IMG_1044
IMG_1045

 記念のパーティーは、相模大野駅の小田急 ホテルセンチュリー相模大野で開催されました。以下の写真以外にも、別途、開催模様の写真を多数撮りました。
IMG_1059
IMG_1063
IMG_1070
続きを読む
livedoor プロフィール
Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ