町田市議会議員 吉田つとむはインターネットを武器とする!

平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選する。地方 政治に良識ある開かれた無所属保守のネットワークを求める。自民党を排除された後、現在までどの既成政党にも属さない。これまでに各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。前期には議長も務めて改選し、町田市議選最高票を獲得。会派は流動し、今期新たな「保守の会」に参画する。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。過去の市議会で、ネット中継を提唱し実現。九州は博多の出身。長年、民間企業営業職社員として全国を飛び回る。その後、国会・都議会秘書等、多数の職業を経験。ネット関係の著作、講演もある。個別対応形式のインターンシップが好評。

本日も高校野球:日大三高の応援2018.07.16

 本日も高校野球観戦・応援の日でした。本日は、必勝本命の日大三高を応援に行きましたが、リードされたり、中盤で好転しながら、7回以降にコールドゲームにならず、9回まで持ち越しました。その後、重要な約束があって、町田に戻ったことで、最終回を見らずして帰りました。
IMG_20180716_094316

IMG_20180716_094239

 この日の試合の開始早々は、 #日大三高にとってとてもちぐはぐな攻撃でした。まさかの豊多摩高校に先行やリードを許す中でゲームが進行したことは意外でした。とは言え、中盤には順当に得点を重ねましたが、これでは全国レベルのチームとは十分に戦えないのでしょうか。もとより、常勝の小倉監督ですのでここは我慢の時期とも考えおられるのでしょう。ともあれ豊富な投手陣を率い、甲子園出場者を抱えての戦いです。
IMG_20180716_094813

IMG_20180716_095727
続きを読む

柔道大会の観戦と盆踊り大会に参加の日曜日2018.07.15

IMG_20180715_183137

IMG_20180715_184553_BURST001_COVER

 丸山自治会の盆踊り大会:開催前の時間。お茶と、玉こんにゃく、焼きそば
 ジュニア育成の柔道大会が開催され、開会式に出席し、試合の観戦をしました。多くの小学生、そして中学生と若干の高校生が参加していました。特にうれしく思ったのは、小学低学年(1年生だったと思う)から知っている男子が開会式の後、試合前に私の席に挨拶に来ました。握手をして励ましました。もう中学3年生になっているということでした。また、各試合において、本日は1本で決まるケースが多く、爽快な思いで見ていました。もとより、負けがあって勝がある。その負けが勝ちに継がるのか、あるいはその負けを別の場面に生かすことになるのか、期待ばかりを持って観戦しています。
IMG_20180715_105804

IMG_20180715_105818

 夜は、相原町の丸山自治会の盆踊り大会に参加しました。恒例の日程としており、地元と近隣の踊り手連の方々からも歓迎していただきました。長年通っているので、盆踊りの責任者の方はもちろん、自治会の役員さんとも顔なじみの方もあります。なお、この日は国会議員、都議会議員が顔出していました。さらに、地元のおぜき重太郎市議会議員も踊りの輪に入りました。日ごろの活動に合わせ、信頼を増している様子が見えました。私は、全曲踊りをして楽しみました。
記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会続きを読む

女性議員の存在と、私のインターンシップでは女子学生の参加が多いことの相違2018.07.14

友人の白井えり子さん(愛知県日進市議会議員)が自分のFB記事に、次にように書かれていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝日新聞に県内の女性議員の状況がでました。5月に国の「候補者男女均等法」が成立しまさた。来春の統一地方選挙から対象です。
せっかく法律ができたのでがんばらねば。
日進は4割が女性、県内市議会では一番多く、なかでも政党に属さない市民派が四人いるのが特徴。より生活と政治を結ぶ活動にがんばります。
私が代表する「女性を議会に!ネットワーク」の記事も出ていますが、来春に向け、各地で出前講座を開いています。
暮らしや活動の中から当たり前に女性議員が増えるよう、次世代のためにもがんばっていきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下は、私はそれに書いたコメントです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
女性議員数のことを言われると恐縮です。私が所属する会派は、町田市議会で唯一女性議員が一人も在籍していません。
別に #女人禁制 と決めた訳ではなく、前期に続いて今期も同様の状況になっています。
町田市議会においては、女性議員がいずれも政党か、ローカル政党に所属しており、私たちのように
完全無所属の女性議員議員がいないことも影響があるのではないかと、推測しています。
女性議員がいない会派は、それを認めないとすることのルールは難しいと思いますが、事態はそれを求めているのでしょうか?続きを読む

リニア中央新幹線の橋本駅は「別格」であり、他の政治的に設置する駅とはまるで異なる2018.07.14

 リニア新幹線に反対、あるいは問題があるという方、団体かと言った方が正確だと思いますが、意見をいただきました。私に目を止めていただき、感謝する次第です。

 というのも、私が提唱してきたことには、石阪市長をはじめ、町田市からは全く相手にされてこなかったからです。最近でこそ、町田関係の政治家でも、リニア新幹線の開通、橋本駅の設置を評価する考えが見られますが、それらは全てが他力本願の発想によるものです。私は、町田市が「橋本駅の地上ターミナル建設に資金を出そう」という見地を提唱しています。以下、その意見をいただいたかたへの返信の内容ですが、自分の考えはオープンにすることを意識して書きました。表題の「リニア中央新幹線の橋本駅は「別格」であり、他の政治的に設置する駅とはまるで異なる2018.07.14」と表記した次第です。速攻で返信したものであり、記憶が明確で無いことはそれを前提にした書き方になっていることをご理解ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 リニア新幹線が開通することに関して、町田市議会の議員はおおむねそれを支持する立場にあろうと考えています。その建設、開通を否定する趣旨の請願は支持されていないものと記憶しています。続きを読む

日大三高の野球応援に行けず、暑い中を車でグルグル2018.07.13

 本日は日大三高の夏の甲子園西東京大会の野球応援に行くつもりでした。自分の動きの中でトラブルが発せいし、その回復を図っている中で一日が終えました。結果的に、野球応援に出向く時間は確保できません。これまで、都立小川高校、同じく山崎高校と町田市内の都立高校の野球応援に出向いてきました。その次は、私立八王子高校の野球応援に出向きました。

 そして、行くはずの日大三高の応援には行きそびれたわけです。もちろん、日大三高のことですので勝ち進んでくれていると思いますが、絶対はないのがこうしたスポーツであり、ゲームというものでしょう。楽しみは後にして、またの機会を練りたいと思います。

 さて、トラブルの解決法は、ゆとりの時間を持つこと、あまりの時間を持てるようにすることだと思っています。対処する時間を持って置くことが肝要と思っています。
記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

応援にきた八王子高校が5回コールドゲームで勝利、夏の甲子園ら西東京大会

 #八王子高校が#夏の甲子園西東京大会の緒戦においてさい先よく、#5回コールドゲームで勝利を納めました。八王子球場において、八王子高校は東村山高校に対して、1回裏の攻撃から得点を得、さらに毎回得点を重ねる攻撃でした。とは言え、3回までの攻撃においては、快打、守備のファインプレーが目立ったわけではなく、相手の守備の乱れなどもあっての得点でした。 IMG_3818
IMG_3829
 他方、東村山が八王子高校を攻め立てるほどの力はなく、無得点に進みました。八王子高校の5回(裏)の攻撃は集中打が出て、外野手の後方に富んでいく長打が出て、3塁打が目立ちました。5回にはノーアウトで進みながら得点を重ね、10点目が入り、地方大会規定でその時点で試合終了、八王子高校が圧勝した次第です。続きを読む

被災地支援と実際に進む国会審議の参院議員の増員、他方で地方議員の厚生年金問題は放置2018.07.11

 国会では、被災地支援の決議の話がある一方で、IR法案の審議を終了し、早くカジノを解禁させたいという動きが目立っています。

 他方で、勇ましい小泉進次郎衆議院議員が中心になって主張した、地方議員に年金(厚生年金)はいらないということは見事に達成され、これまで、話を十分に積み上げたはずのものですが、その議論は国会内から放逐されました。地方議員とその候補者の状況は変わりません。いや、他の条件が悪化するわけですので、おのずと地方議員の扱いは劣化、低下する確実でしょう。

 他方で、来年に控えた参議院選挙を前に、その参議院議員を増員する話になっています。力があるはずの小泉進次郎衆議院議員らの皆さんはそれに賛成するのでしょうか、参議院議員の定数に任せるというものでしょうか。同氏は一見強そうで、実際には下(地方議員)には強いが、上には従順という可能性もあります。今回の地方議員の処遇問題の有様を見て、私はそう考えています。
 記 町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

高校野球:山崎高校を応援するも5回コールドで敗退2018.07.10

 本日は、夏の甲子園西東京大会を観戦し、高校野球を楽しました。とは言え、東京都立山崎高校を応援するために、上柚木野球場に出向いたものです。
IMG_20180710_123216

 球場についてみると、スタンドは対戦相手を含めてガラガラでした。特に、山崎高校側は少ない人数でした。恒例のエール交換の応援合戦があるもので、相手校の都立武蔵野北高校からは力強いエールが届きました。しかし、山崎高校側からはそれに返すことができず、残念な思いでした。声を上げるはずの野球部員が一人もスタンドにいませんでした。
IMG_3801

 後で分かったのですが、そのスタンドの応援団スペースにいたのは、私立和光高校の皆さんだということでした。それも、山崎高校と和光高校の混成チーム時の皆さんが応援に来ていたというものでした。心の準備もないし、まさか、山崎高校生になって大声を上げるわけにはいかなかったのでしょう。ゲーム終了後にその状況も正確にわかりました。この日、山崎高校は普通授業をやっており、直接の関係者しか応援席にいませんでした。ウイークデーの試合になって気の毒でした。続きを読む

インターン体験記をアップしました2018.07.09

 インターン体験記をアップしました2018.07.09。久しぶりの参加となったインターン生のレポートです。9月22日に開催するクトロヴァッピアノコンサートの実行委員会を開いた際のレポートです。
IMG_20180701_145408

 インターン生が司会を担当して進行するものです。
● インターン体験記 宇都木 彩名 2018.07.01

 また、こうした会合を実施した際には、会議とは別にインターン生と今後の予定も協議します。その後の予定をスムーズに進める目的と、インターンシップ自体の進行を確認するための確認事項をおさらいします。
 記録 町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

高校野球の応援、都立小川高校20180708

八王子市の上柚木野球場にきています。
夏の甲子園 西東京大会に出場した小川高校を応援するためにきたものてす。工学院大学付属高校が対戦相手です。守備からスタートです。頑張って✊😃✊ください。記録 町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

まちだくらしフェア2018を見学しました(記載日2108.07.08)

 昨日は、町田市消費生活センター運営協議会を中心に多数の消費者団体、機関などが参加する、まちだくらしフェア2018を見学しました(記載日2108.07.08)
IMG_20180707_113628

 「消費者センター」時代からかかわる皆さんが元気にされていることが何よりでした。町田は、消費者運動の伝統が長くあるものです。とは言え、20年が経過し、現在活動されている皆さんとはほとんどなじみが薄くなっています。

 行事はその前日から開催されているものですが、この日の見学になりました。写真は、関東電気保安協会のコーナーで呼び止められたものです。私が持参したプラスチック製のうちわを持っていると、竹製のうちわをすすめられました。軽くて優しい感じがするものでした。続きを読む

七夕の日に思うことと願うこと2018.07.07

IMG_20180707_060653 本日は、七夕祭りを迎えました。あいにくの天候というか、大雨の被害が起きている地方が多数あり、気になることですが、大事に至らないことを七夕様にもお祈りしたいと思います。

IMG_20180707_060722 今朝はその行事に早くから出ていました。実践倫理宏正会の朝起会の皆様のお話しをお聞きしたところです。例におって、私はお話しすることは無く、ひたすら、人のお話しをお聞きする立場に徹しています。ここでは「話すより、聞く」に徹しており、ひたすらそれを継続しているところです。

 一方、七夕様の行事で、笹の葉に短冊を飾ることには、私も一葉の短冊を吊るさせていただきました。ご用意していただいた短冊に、その願いを書き、人の中に加えさせていただきました。その行為によって、必ず前向きになります。
 
 本日は長い一日になりますが、元気に穏やかに進んでいきたいと思います。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

九州を初めとして大雨被害を聞いて感じること2018.07.06

 私は九州福岡の出身です。九州というと台風のイメージですが、その中で福岡は比較的というか、あまりその被害を受けない場所です。福岡を含む北九州側には活火山もなく、福岡県西方沖地震が発生するまでの昔は地震もないと考えられる地形でした。

 それが、昨年に続いて、大雨の被害が連日報道されています。思うに、これまで自然災害が少ない分、被害の対策が薄いのかもしれません。

 また、四国では最高雨量を示していたのが、徳島県馬路村でした。10年以上前に、当時の所属会派の視察で訪れたことがありますが、ゆずを特産として、そのジュース類を地元で製造し、全国に名をとどろかせたJA馬路村(馬路村農協)の存在が目立っていました。とても、山深い地域でした。

 雨を降らせているのが、前線ですので、遠からず私たちの方にも大きな影響が出るかもしれません。早く収まることを願っています。私は、地方議員の研修セミナー(清蹊セミナー)に参加していますので、関係者の皆さんの都市・町が次々と映像に出てきます。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

先日、痛風を発症したことを期に、健康診断を受けました2018.07.05

 先日、久々に健康診断を受けました2018.07.05人には健康を語り、そうした検査を心掛けるように求めていますが、「紺屋の白袴」の例え通り、能書きでは人に進めてても、自分のことは後回しというか、ほったらかしでした。

 少し、反省して今回は、自ら健康診断を受けました。大半は採決した血液の成分検査で診断が行われます。最初に胸部レントゲンを取り、心電図を取りました。合わせて、血圧検査も行いました。身長と体重も測定しました。別途、別に採尿も行いました。

 胸部レントゲンと心電図の結果は、すぐに表れ、お医者さんに説明していただきました。肺と心臓は何ら問題が内容でした。血圧検査はやはり高めでした。続きを読む

毎日新聞の工芸美術館記事は、新聞として欠陥商品である2018.07.04

町田市議会の第2定例会(6月議会)には、改選後の市長の政策予算が出され、その内、(仮称)町田市立国際工芸美術館の実施設計分予算(および関連する債務負担行為)を全額カットする修正案が公明党会派から出され、議会はそれを圧倒的な多数で可決し、市長提案は修正を余儀なくされました。
 関係記事:定例議会最終日、市長提案予算案を修正して可決2018.06.29
 議会には予算案の提出権がなく、その最大の権限は予算修正しかありません。ということで、市政に取って、市長が提案する、しかも、選挙後に新規事業予算として盛り込んだ政策予算を議会が認めなかったというには、極めて珍しい事例です。町田市議会としても、特記すべきニュースと思います。

 ところが、翌日以降、どの新聞(全国紙多摩版3紙・朝日、読売・毎日)を見ても、ただの1行も記事がありません。前から、私が主張していますように、この手の新聞は議会や議員がスキャンダルでも起こさない限り、記事にする気はなさそうです。多くの新聞は社会面記事を書くか、行政の配布情報(一般に、垂れ流し情報と呼ばれることもある)を書くのみの状態です。続きを読む

町田市議会の平成30年(2018年)第2回定例会議案審議結果一覧表がアップ2018.07.03

 町田市議会平成30年(2018年)第2回定例会議案審議結果一覧表が議会HPにアップされていました。

 各議員の賛否(今回は、3件で退席者がありました)が一覧で記載されています。私は、保守の会という会派に属しおり、議案等においても会派全員が同じ判断としたもの、あるいは議員一人一人で異なったものもあります。他の政党会派にこれべて、その点が著しく異なっているのが特徴だと思います。その理由は、国会の政党に属する議員はいないにも関わらず、そうした政党に準じる政治団体に所属する議員もいる一方、現在では町田市において政党に全くかかわらない、あるいは選挙で競い合う対立する私=吉田つとむのような議員もいます。それらが、他の会派から見れば混然としても、議会内の組織体としては、一体の様相を示しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 さて、今議会の特徴は、補正予算に修正案が出され、石阪市政に取って予算案が修正して可決したことでした。ただし、前回は「再議」によって、逆転して可決しました。*再議では、3分の1以上が賛成すれば可決します。町田市議会の場合、棄権者が一人もいない場合、12人以上がそれに賛成する必要があります。
 私は、こうした逆転がないと、当日のブログに書いています。
 定例議会最終日、市長提案予算案を修正して可決2018.06.29
 
 


続きを読む

差別問題に関して、吉田への批判とその反論がふさがれていること2018.07.02

 町田市議会の3月議会において差別的発言がされたとして、そのこと取り上げた請願がこの6月の議会で2本出てきたこと、それが委員会、本会議で議論され、採決でその2本が通ったことはこれまでのブログ記事の既報の通りです。私は少数意見であり、差別語(あるいは差別的表現など)は使う人によって異なるのか、問う立場でした。当事者は、そもそも差別語(差別的表現)は存在するか、それは具体的にはなにかと、問う立場で議論されました。その問題を正した、当事者の一般質問において、行政は具体的なものはないと改めて答えました。

 我々が、議会でオープンな議論を求めて、機会を見て、請願者自身に質疑をしたり、議員間において討論をしてきましたが、その反論はなく、すぐに採決になって、2件の請願が可決した次第です。私は、行政が「請願の願意性はある」としたことが現実的にはどのように推進されるのか、大いに疑問に思っていますし、対外的に窓口に立ったり、あるいは本庁以外で就業したり、さらには外部に出向いた時に、果たして一般職員が業務遂行で委縮することがないか、それを最も恐れていることです。

 さて、ネット上では、発言当事者や私に批判の見解を出すサイトがあります。
 私は、それらに気が付いた際には、反論をしようとしていますが、再度、ブロックされたようです。続きを読む

市議会報告2018年7月前半号vol.386を発行しました2018.07.01

 市議会報告2018年7月前半号vol.386を発行しました2018.07.01
 記事は、「小田急多摩線延伸の可能性は?」、「来年は統一地方選挙の年です」、インターンレポートの記事を1本掲載しました。

 昨日の内に作成したものであり、よって、ブログ記事も2018年07月01日の発行しました。

 「小田急多摩線延伸の可能性は?」
 小田急多摩線の延伸は、石阪町田市長と加山相模原市長の間で、2027年のリニア中央新幹線の開通に合わせて、同時に開業させる念書を交わしています。別に秘密の文書でなく、オープンなことです。ただし、建設に至るには、多数の段階を踏まねばならず、とてもその時期の開業は不可能なのですが、町田市はそれを具体的に説明しようとしません。機会を見て、具体化を求めたいと思います。続きを読む

友人のとりこし良孝さんの政経パーティーに出席2018.06.30記載日

IMG_20180628_203910 古くからの友人である、とりこし良孝さんの政経パーティーに出席しました2018.06.29
 とりこし良孝さんは、国士館大学を卒業し、政治の世界にずっと身をおいて来た人物であり、私はその端っこにいた次第です。無名の会という国会議員の秘書や一般企業、団体に務める若い人物が参加していました。国会議員の秘書というと、その大半が自民党議員の秘書をしている人がほとんどであり、とりこし良孝さんもその一人でした。

 現在では、その中から多数の国会議員が出ており、大臣を務めた人もいます。選挙のコンサルタントになった人物もあり、今では最も有名になった人物に、アスク社長 三浦 博史氏があります。当時は、
椎名素夫(衆議院議員)の秘書でしたが、優れた知識を有し、雄弁でした。そのほか、世代的には私より、10歳ほど若い人が多く、とりこし良孝さんはもっと若手の存在になるわけです。
IMG_20180628_180451

続きを読む

差別用語は果たして存在するか、同じ場面で使っても人で差別になるのかと反批判(2018.06.30記載)

 昨日は、町田市議会第2定例会最終日でした。議案や請願などの表決を行いました。
 メインは補正予算案(今期は改選後の市長の政策予算が盛り込まれる)の採決でしたが、市長の主要政策の一つである、国際工芸美術館の建設に関しては全面的に見直しを求めるために、その予算額と翌年分の債務負担行為額)を全額カットした修正案が公明党から出され、自民党を除いた全議員(共産党は退席)がその修正を評価する立場を取り、修正案が通りました。昨日の既報ブログ

 本日は、その課題に続く、重要テーマであった、議員が会議で使った言葉が障がい者への差別(的)発言があったかどうかを問うものでしたが、大勢はそれ=差別(的)発言があった=を前提とした流れになっていました。私にはこの経緯に不本意ですし、発言者自体はなおさらのことでしょう。続きを読む

インターンレポート新着をアップしました2018.06.30

 新着(本日)の下記インターンレポートをアップしました。

● インターン体験記 立木 優花 第9回 2018.06.12

 第41期インターン生の立木 優花さんが、市議会議員の一般質問をきいてそのレポートを書いたものです。先に、研修日を決めていることで、私の一般質問の日とは異なった日になりました。大学の授業を終えて、会議中の議場にかけ付けたものです。

 自分が聞いた質問の中で、気になった質問に関して考えています。議員は自由にテーマを考えて質問するため、新しい分野の質問が多数出てくるわけです。今回の後者の質問もその中の一つでした。
IMG_20180612_162002

 写真は、同じ日に私が行政職員の皆さんからヒアリングを受けているものです。同席した立木さんが手前にいることで、後ろからの撮影になってしまいました。以下、本会議場で行われた、議員の一般質問を傍聴したレポートです。
 記 町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

定例議会最終日、市長提案予算案を修正して可決2018.06.29

 本日は第2定例議会の最終日、議案の採決が次々と行われましたが、市長が提案した予算案に修正案が提出され、それを可決し、残り部分の予算案も可決されました。2018.06.29

 その内容は、市長の目玉施策の一つだが、議会の中には以前から異論がおおい仮称 町田市立国際工芸美術館の実施設計と関係する債務負担行為にかかわるもので、工事費の見込みが30億円に達する予算案になっていました。財政が切迫している、あるいは施設の統廃合が必要だとされる時、新たな文化施設の必要性が町田市としても問われたものです。

 私は以前からこの建設計画自体に関して、賛成を示していませんでした。その理由はその展示する収集物に施設を造ってまで人に見せる類ではないことを強調してきました。今回、公明党会派から提案されたものですが、我々(保守の会)は進んでその修正案に賛成し、市長の計画には反対の立場を貫きました。なお、採決に当たって、共産党は退席となりました。自民党は全員が予算現案に賛成の立場で修正案には賛成しませんでした。
修正予算案:賛成20票、反対11票(自民党を除く会派が賛成、共産党は退席)
残り部分の予算案 賛成31票、反対4票となりました。(共産党を除いて全員が賛成)
 今回は、市長の予算案は本会議で修正されて可決しました。
続きを読む

2日連続で「差し入れ」をいただき、スワンのパンは朝食に2018.06.28

 2日連続で自分の現場で、「差し入れ」をいただきました。一昨日は飲料水で、ご自身の買い物をする際、私に差し入れする分を余分にお買い求めされたようでした。その場で少し飲みました。
IMG_20180627_221053 次いで、昨日は、スワンベーカリーの菓子パン(ジャムパン)をいただきました。
スワンカフェ&ベーカリー
スワンカフェ&ベーカリー町田2号店
久遠チョコレート スワンベーカリー 町田店
 ご本人がパン作りをしている方であり、自宅に持ち帰るものを私にプレゼントされたものです。お礼は、その感想を聞かせてもらいたいというものでした。めったに合わないし、たまたま久しぶりにあったことで、この日の話になったのですが、この話を持っていくために、スワンを訪れれる時間的余裕はなく、かわりに、ブログに書かせていただきたいと思います。

 まずは、ジャムパンですが、甘さは控えめ、優しいイチゴ味で、さわやか系でした。いただいたのは2戸でしたが、昔ならば2−3個一気に食べてしまう勢いで口に入れてしまうのですが、今は1個にしました。私が食通であれば、もっともっと様々に語れるのでしょうが、上記の内容とさせていただきました。記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

昨日は、第18回ミラクルエイジファッションショーを鑑賞2018.0.6.27

IMG_20180627_094801 昨日は、第18回ミラクルエイジファッションショーを、会場のめぐろパーシモンホールにて鑑賞しました2018.0.6.27
 このファッションショーは、高齢者(ここでは参加資格を60歳以上とされている)が自らモデルとなって参加するもので、その世代をミラクルエイジと称したものです。

 私もたびたびそのモデルとして参加してきたのですが、リハーサルを含めて10回以上の練習(ウオーキング、モデル)、衣装合わせのスケジュールがあり、その日程が十分に取れず、今年は昨年に続いてその参加を見送ったものです。

 ただし、そのショーは開催日の昨日になって、会場に赴いて鑑賞させていただきました。モデルとして登場した人は60人近くもなっていました。以前から顔見知りの人もいれば、初参加の人もあり、その歩きぶりを見ただけほぼそれは確認できます。何度も練習を重ねてきた人、何度もショーに出た人はその一歩一歩が異なって見えます。男性のモデル参加は6名でした。総数から見て1割の参加ですので、結構忙しい出演だったでしょう。張り切って、舞台を歩む姿に拍手を送りました。続きを読む

昨日は、赤十字 健康生活支援講習の会に出席し、講演を聞く(記載日:2018.06.26

 昨日は、赤十字の健康生活支援講習の会に出席し、講演を聞く(記載日:2018.06.26)
 名称:日本赤十字社東京都支部町田市地区
 自らの高齢期を迎える前から健康管理への備え、地域の高齢者支援、日常での自立をめざした介護技術などが初心者でもわかりやすく学べます、とうたったものでした。

IMG_20180625_133421 本部から来られた講師は現場経験を多数持った方で、その複数のキャリアが身近に表現されました。確かにわかりやすい説明で、参加者に問いかけをしながらの進行でした。

 本来、2時間のスケジュールになっていたものですが、多摩都市モノレール町田方面延伸のシンポジウムに出席する必要があり、休憩の時間を持って退席しました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

比例区とは言え、衆議院議員の扱いが軽すぎないかと思った町田市の行事2018.06.25

IMG_20180625_162152 本日は、多摩都市モノレール町田方面延伸促進協議会のシンポジウムが町田市民フォーラムで開催され、その全部に出席しました。*写真は、シンポジウムのパネラー写真。吉田が客席から撮影。

 冒頭、関係者あいさつがありました。会長 石阪市長、副会長 若林市議会議長、特別顧問 小倉衆議院議員、顧問 奥澤都議会議員の順でした。その他の役員の紹介が続き、その後に佐藤副議長を先頭に、観客席にあった市議会議員の紹介がありました。その続きで、伊藤俊輔衆議院議員が紹介されました。

 その後、町田市の職員による取り組みなどの紹介。その後、基調講演「多摩都市モノレールと街との関わりについて」とする講演がありました。講師:明星大学理工学部環境科学系教授の 西浦定継 氏の基調講演がありました。人口減とりわけ、生産年齢人口の減少というお題目が話されました。「生産年齢人口」というこの用語の対象世代には、大学生はもちろん、高校生も、中学生も3年生がその対象にされているもので、大学教授が語るべき用語には最もふさわしくない用語と考えます。この世代は、将来の生産者であって、まだまだ学業に務めるのが優先でしょう。さて、この日は、この話題がメインではありません。続きを読む

昨日は、神奈川県青少年センターの「演劇資料室」に入って感激(2018.6.24記載)

 昨日は、鑑賞することにしていた演劇(カフカの変身)を見るため、会場の神奈川県青少年センターを訪れました。
IMG_20180623_133833

 会場の隣には、「演劇資料室」というものがありました。少し早めについたので、しばらく見学させていただきました。まず、入口には、「テアトロ」というタイトルの雑誌がありました。懐かしく、「テアトロ」は今でも発行されているのですね。と資料室の方に話しかけました。

 (以下は、前の文を引用)全体は、古い本でうずまったようなスペースでしたが、実に落ち着いた空間でした。珍しそうな本がありました。とても、数時間の滞在ではそれを理解する場所ではありませんでした。そこで仕事をされている方もとても博識で経験が深そうな人でした。場所と資料と人が合いまっての豊かさがありました。デジタル一辺倒、ネット全盛の時代には取り残されるかのような印象でした。果たして、「吉田つとむはインターネットを武器にする」と称していますが、実は、そうした空間にはまることが大好きな人間です。続きを読む

誕生日の前日は、横浜でカフカの「変身」を演劇鑑賞2018.06.24記載

 誕生日の前日は、横浜になる神奈川県青少年センターで開催された、カフカの「変身」を演劇鑑賞しました。2018.06.24記載。役者さんの一人(江畑実里さん)を私が知っていたことで、その人の舞台を観せていただきたいと思い、出かけたものです。主催は「劇団喫茶なごみ」で全キャストが5名の舞台でした。ただし、多目的ホールのステージは設定舞台の全面を使ったものでした。
IMG_20180623_154731

 カフカの「変身」と言えば、一人の男性セールスマンが、ある朝目覚めると自分の体が巨大な毒虫になっていたという話からスタートするものです。細かく言うと、出張のたびに朝早くから汽車で遠方まで出かけないといけないこと、あるいは馴染みの相手を対象にするのでなく、常に人が変わる営業であることが彼に疲労感を与えていました。さらにその背景にあるのは、父親が事業に失敗した借金を返さなければならず、その仕事を仕方なく続けていかねばならないという彼の意識がありました。*私も、遠距離に出かける卸売りの会社に務め、ほぼ似た営業をしていました。自分が早くから働き手になる必要があり、20歳前の私はこの主人公に同化する意識を強く持っていました。ただし、それが苦にならず、いつも新鮮な気分で遠くまで出張する仕事で働いていました。それが、グレゴール・ザムザとの違いでした。続きを読む

重要請願で、私は少数意見の留保を求め、本会議で発言することになりました。記載2018.6.23

 「少数意見の留保」の規定に基づき、本会議で委員長報告の後に、自分の少数意見を述べるために、その要求を総務常任委員会で行いました。調べてみると、その「少数意見の留保」が町田市議会で行われるのは7年ぶりのことであり、自分で行うのは7期目に初めてのことであり、慎重にことを運びました。総務常任委員会は、2018.6.21開催。
 議員の2018年第1回定例会の議員発言にもとづき、新たに障がい者団体から提出された下記の2件の請願がだされました。私が所属する総務常任委員会で審査されることになり、質疑討論を行い、その双方に反対しましました。片方は賛成多数で採択、もう片方は可否同数で委員長裁決で不採択となりました。経過は以下の通りですが、私は少数意見の留保というやり方を初めて行使することになりました。
 「少数意見の留保」の規定に基づき、本会議で委員長報告の後に、自分の少数意見を述べるために、その要求を総務常任委員会で行いました。調べてみると、その「少数意見の留保」が町田市議会で行われるのは7年ぶりのことであり、自分で行うのは7期目に初めてのことであり、慎重にことを運びました。
 議員の2018年第1回定例会の議員発言にもとづき、新たに障がい者団体から提出された下記の2件の請願がだされました。提出者の意見陳述がありました。私は、請願者に対して、その請願の文中に、「不適切な差別的表現」あるいは、「障がい者差別に当たる表現」とされる言葉が、本会議で市長も使っていること、あるいは請願者自身の文中にあること、さらには片方の請願では意見陳述の中で使用されていることに関して、その問題指摘は人によって使い分けされるのかと問いました。回答は、きわめてあいまいなものでした。*総務常任委員会の2018年6月21日のオンデマンド映像に出ておりますので、ご確認ください。
 
続きを読む

昨日は、美・JAPON主催「Beyond Kimonoはごろも」を鑑賞2018.06.22

 昨日は、市議会の総務常任委員会の会議終了後、相模原のグリーンホールで開催される、美・JAPON主催「Beyond Kimonoはごろも」を鑑賞しました。2018.06.22下段はパンフレット写真。
IMG_20180622_131432


 9月の欧州公演(ユネスコ)を前に、関係者としてご案内をいただいたものです。これまでに、美・JAPON(小林栄子理事長)の舞台は何度か見せていただいていますが、ファッションショーと音楽が一体になった舞台で、最近では日本文化を外国に伝えることが中心になっているのでしょうか、昨年は、横浜の能楽堂の舞台が繰り広げられました。ファッションショーとなじみ難いという先入観を打ち砕くようなステージでした。

 今回の音楽は鼓・十二弦琴・篠笛の生演奏が使われ、出演モデルの一人によるヴァイオリン演奏もありました。続きを読む

総務常任委員会が開催し、請願に反対しました2018.6.21

 下段に私の重要な書き込みミスがあり、反対語を記した部分があります。文の冒頭にその訂正を重ねて記載しておきます。なお、ツイッター、FBでは別項にして、訂正部分を記事としました。

 総務常任委員会が開催し、予算審議に先んじて、住民請願審査を2件を行いました。私は、その双方に反対しました2018.6.21(20としていましたが、21でした:訂正しました)
 取り上げられた請願は、第1回定例会における議員の一般質問中に、差別的用語が使われたとして、請願8号 そのような不適切な差別的表現を町田市議会議員と町田市職員が使用しないことを求める趣旨の請願と、町田市議会議員と町田市職員が障がい者差別に当たる表現を用いないように理解を深める努力をする趣旨の請願でした。

 タイトルだけを読むと、異議は生じないようなものですが、中身を見ると、賛成しがたい内容のものでした。よって、以下の請願の反対討論の内容を記載します。
請願第 8 号 不適切な差別的表現に関する請願
請願第 9 号 町田市議会における障がい者差別に当たる表現の再発防止に関する請願

請願第 8 号、請願第 9 号 の双方に関し、一括して反対討論を行いました。

 以下、発言を文字かしたものです。続きを読む

本日より常任委員会が開催。まず2委員会がスタート2018.06.20

 本日より常任委員会が開催。まず文教社会と建設の2常任委員会がスタートしました。2018.06.20双方の委員会とも時間を要していました。夕方になっても終了せず、最終的には予備日に残りの審査を回すことになったかもしれません。

 私が所属する総務常任委員会は開催される日程は明日になっていましたが、別件の用事があって、この日もほぼ終日会派室にいました。そのため、委員会の様子を見ることはありませんでした。

 話題によると、多くの議員の一般質問や代表質疑でも取り上げられた、国際工芸美術館の実施設計予算案に関して、質疑が集中したようでした。その部分の質疑が終了する前に、議会を離れました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

本日は、代表質疑。大会派順に質疑2018.06.19

 本日の町田市議会は、代表質疑(前議会が改選時期で、骨格予算のために、年に一度の代表質疑が今期の議会となりました)
 発言通告に従って、各会派の代表が、大会派順に質疑を行いました。時間は会派の持ち時間(30分)+所属議員(一人5分)とされており、最大会派の自民党が90分、公明党が60分、まちだ市民クラブが60分、保守の会55分、日本共産党が50分となっています。今回、市長が共産党の質疑にも第1回目の答弁に立ちました。

 この代表質疑は必ず一人で発言するのではなく、その持ち時間の中で個人質疑も行え、実際にいくつかの会派で数人の個人質疑が行えます。保守の会では代表質疑のみとしています。
 保守の会代表質疑:白川哲也議員の質疑事項に関して、以下は自分のメモです。ご覧になった方には、意味不明かもしれませんね。続きを読む

2027年開業という小田急多摩線延伸の開業時期で間違いないか。2018.06.18

 市議会(6月議会)の一般質問事項の一つ、「小田急多摩線の延伸の見通し」
1) 相模原市と合意はどのようなものか。
2) 具体的な計画はどのようなものがあるか。
 内容は、次の通りです。

 多摩都市モノレール町田方面延伸に関して、町田市は今後建設・開通のめどを14年〜16年に置いた計画を議会で明らかにしました。そのため新たに基金を創設し2018年3月議会におい全会一致して条例制定して、今後積み立てを開始することになりました。

 他方で、小田急多摩線延伸(相模原・上溝まで延長)についてはリニア中央新幹線の開通設定時期である2027年に合わせて実現(開業)させることを相模原市長と町田市長とで覚書を結んでいます。果たして、この協定通りに小田急多摩線延伸の実現は大丈夫でしょうか。そのリニア中央新幹線はすでにルートが確定し各所で工事が開始されており、2027年の開業に向けた取り組みが進んでいます。同時開業をめざした小田急多摩線延伸については、その具体的な建設取り組みに関して国の交通審議会の認可ができておらず、その営業経営の説明プランが関係機関に了承されない限り、ルート選定も開始されないということになります。続きを読む

本日は町田茶道会の月例茶会に出席しました2018.06.17

 本日は先月に続いて町田茶道会の月例茶会に出席しました2018.06.17ただし、立礼席(表千家 藤本宗和先生)のみの出席でした。
 さらに、本日も正客席に案内され、戸惑いましたが次席でご指導いただいたことで、なんとか事なきを得ることができました。
IMG_20180617_142029 この日は「でんでんむし」の軸が飾ってあり、香合もかたつむりでした。自席にも、折り紙のかたつむりがありました。
IMG_20180617_142038 この日は、心休まる一日でした。おかげで、痛風による足の痛みも大幅に減少しました。
IMG_20180617_141757 記 町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

 

日本は外交権は無くてよいのではないか(安倍総理の就任期間)2018.06.17

 日本は外交権は無くてよいのではないか(安倍総理の就任期間)2018.06.17と思いました。
 本日の一般新聞ニュースによると、安倍総理は北朝鮮の非核化の費用負担を検討すると明らかにしたとあります。これは、トランプ大統領が朝鮮の非核化に際しては、日韓で負担するべきだとしたものを日本語で述べたものと同じになります。

 この朝鮮の非核化は米朝で合意したことであり、その具体化は誰がその金銭負担の責任を負うかということですが、トランプ大統領が日本にわかりやすく引導を渡したと言えましょう。
 ちなみに、2018.06.14のブログ記事は、下記のものでした。
安倍総理によってもたらされた、日朝の課題と拉致の先送り容認という現実2018.06.14
 ここまで日本(安倍総理)が素直に、アメリカ(トランプ大統領)の筋書き通りに反応するのであれば、日本には外交権は不要ではないでしょうか。拉致問題の解決も、日本がアメリカにお金をたくさん払って全てをやっていただいた方がその解決がスムーズなのかもしれません。
 記 町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

 

展覧会(矢口昇・三本松和徳)を鑑賞2018.06.17

 本日は、町田市立国際版画美術館で開催された、展覧会(矢口昇・三本松和徳)を鑑賞しました。2018.06.17 翔崚・矢口昇::王彩・三本松和徳 二人展を鑑賞しました。
IMG_3777

 会期は6月12日(火)〜6月17日(日)までのものですが、鑑賞日は本日になりました。これまで、議会本会議が続き、会場に行く余裕がありませんでした。
IMG_3780

IMG_3779

 さて、会場では矢口昇様と三本松和徳様の奥様(三本松武子様 粘土絵作家)が詰めておられました。
 作品は矢口昇様の書、三本松和徳様の写真・彩色絵で構成されていました。矢口昇様は高ヶ坂熊野神社の総代長を務められており、いつも神社例大祭などでその書の見事さぶりを拝見させていただいてきました。それが会場に多数の作品が並べられており、壮観でした。
 それらは、映像(吉田つとむ発見動画チャンネル)で案内いたします。
IMG_3784
続きを読む

吉田つとむの一般質問は本日終了しました2018.06.15

 吉田つとむの一般質問は本日終了しました2018.06.15 5問の質問を立て、それぞれに答弁があり、結果は多くの問題提起をして、次回につなげました。

表題(1)町田市は何歳から高齢者と呼ぶか
 1)町田市は何歳から高齢者と定義し、施策に適用しているか?
 2)生産年齢人口と対比として非生産年齢人口という用語の考え方について
 事業によって高齢者の年齢が相違していること、生産年齢人口(15歳〜64歳)統計上の用語として扱われ、15歳未満人口(年少人口)及び65歳以上人口(老年人口)と区分けされており、その両者は、従属人口として、生産年齢人口に扶養される階層とされていることが説明されました。
 
 町田市では、非課税の70歳上の家庭にごみ袋が無料とされていることが説明されましたが、私は、それ以前に年齢による無料化の廃止を訴え、市議会の決算委員会で支持を得て、年齢区分を排した扱いに変えたものです。続きを読む

安倍総理によってもたらされた、日朝の課題と拉致の先送り容認という現実2018.06.14

 安部総理が拉致問題を解決できるとは思いません。
 トランプ大統領にいつも追随し、何度も訪米し、オープンに電話でかけるなど、普段のやり方と違って、拉致被害者のために頑張っていますと言う、政治的なポーズのみの行動です。
 今回の結果は、米朝は信頼の原則で朝鮮の核問題を解消する、アメリカは朝鮮の政治体制を容認してその維持を保証するというものです。
 安部総理はその結果を称えています。経過は常に、トランプ大統領の発言を常に支持するのみです。
 トランプ大統領がその言葉を言ってくれたと大喜びです。
 朝鮮の核の取り除きは、日韓でやる、アメリカは負担しないで良いとも発言しました。
 安部総理は異議を一切唱えていませんし、関係国も同様です。
 トランプ大統領の政治的な努力に安部総理等か敬服したということでしょう。続きを読む

2日目の一般質問、ほのぼの質問にほっこり2018.06.13

 町田市議会 第2定例会 一般質問の2日目です。昨日に続いて、本日も7名の質問者がありました。これから3日間も一般質問が続きます。
 東友美「LGBTについて」の質問がありました。他にも同じ内容を問う質問者があるようです。時代傾向なのでしょうか。町田市に対応の変化は見えませんが、議員側のこの傾向はますます減ることはないでしょう。
 さて、これまでの質問では、新しい用語を用いたものが目立っています。元来、議員の一般質問は行政の手が届いていないものを提起し、外国から来た内容もあります。
 ところで、これまでの質問では、岩瀬和子議員の質問が一番印象的でした。<「昼寝」の導入について発言>や<「置き勉」について>というものがありました。何だろうと思わせるタイトルですし、話を聞いても、ある種のほのぼのとするものでした。他の議員が同じテーマを取り上げても、同じ印象を持たせるとは感じ枚面がありません。
 「昼寝」はリフレッシュになるという話を様々に例を取って説明していました。市職員にも共感を呼んだのではないでしょうか。また、「置き勉」は勉強道具(教科書類)を学校において置くことで、ランドセルを軽くできるという観点でした。今の教材は児童には重すぎるようでした。2分冊になった教科書もあるようです。自分にはできないが、やっぱり質問はほっこりした味が一番ですね。
 記 町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

本会議とバス旅行の見送りで日です。自分の風評2018.06.13

 本日も町田市議会本会議の一般質問が続きます。5日間の2日目となります。私は、すでに議会の会派室に到着しています。

 さて、本日の朝はなじみの地区の皆さんが参加するバス旅行(潮干狩り)があり、それを見送りました。日程が合えば、それに私自身も参加するのでが、本会議日程でバスに乗って出かけるわけにはいきません。

 出発の皆さんに一言ご挨拶をさせていただきました。参加者に、昨年まで市議会議員だった市川勝斗氏(昨年都議選に挑戦)が一緒に参加していましたので、それを私からも案内させていただきました。元気に活動されているようです。

 皆さん、元気に出発されましたのですが、私は例の痛風が発生したことで左足を引きづっています。その格好でバスの出発地に行ったのですが、昨日来、車のカギが見たらなく、そのまま仕事場に車を置き、自宅に戻っていました。そのために、タクシーでその場に駆けつけたことで、「吉田つとむは(病気で、)車も運転できなくなっている」と思われたかもしれません。政治家が風邪にかかって咳をすると、あいつは肺炎にかかった」とも伝えられます。

 今回は、「吉田つとむの痛風は車の運転もできないようだ、実際にはもっと重症だ!」と話が急速に広まるでしょう。近々、車を運転している写真をアップしたいと思います。
 記:町田市議会 吉田つとむ 保守の会

初の米朝首脳会談が残したもの日本に残したもの2018.06.13

 町田市議会が本会議を開いている最中に、世界が注目するシンガポールでは初の米朝首脳会談が開かれました。*タイトルを米中と書いていましたが、訂正して米朝と訂正しました。
 アメリカのトランプ大統領と朝鮮の金正恩委員長は、それぞれ宿泊先のホテルででたあと、会談場所に車列を作って移動しました。*朝の時間、この時間まで自宅にいたので、TVで見ました。

 そのカペラホテルで会談し、米朝首脳会談の結果、両首脳は米国が朝鮮に「安全の保証を提供」し、朝鮮は「朝鮮半島の完全な非核化に対する揺るぎない約束を再確認」する共同声明に署名したと、報道されました。お互いに握手をし、次の約束ではトランプ米大統領が金正恩委員長に早期の会談を呼びかけました。*毎日新聞をベースに記載しました。

 まずは、米朝首脳会談の実現が優先し、朝鮮には非核化が求められますが、今回のトランプ大統領のサプライズはその費用負担を日韓が行うという内容でした。おそらく、直近の安倍総理の訪米でトランプ大統領に押し付けれてたものでしょう。あの方がその場で否定するスタンスではなかったと思います。

続きを読む

シンガポールで、いよいよトランプ大統領と金正恩委員長の歴史的会談2018.06.12

 朝鮮の金正恩委員長とアメリカのトランプ大統領が相次いで、シンガポールに到着ています。それぞれの宿泊先に泊まり、それぞれがシンガポールのリー・シェンロン首相と会談しています。

 そして、本日6月12日には、その米朝首脳会談が同国南部セントーサ島の高級ホテル「カペラ・シンガポール」(カペラホテル)で開催されることになっており、世界中にそのホテルの名前と景勝が知れました。

 それぞれの首脳の移動は航空機が使用され、トランプ大統領は専用機を使用し、特に、金正恩委員長は中国が手配した中国国際航空の特別機に乗り、関係者と車両や荷物は朝鮮の高麗航空の2機を使用するという配慮されたものでした。それらの手際の良さは事前交渉の正確さによるものでしょう。

 本日の会談後、トランプ大統領は当初の予定を変更して即日の帰国を明らかにしていますが、それは話が上手く行っていることを現すのか、あるいはトランプ流のサプライズを予言するものかわかりません。続きを読む

先日の南成瀬中学校の結果を改めて報告2018.06.11

 少し前になりますが、町田市立南成瀬中学校の体育祭をせっかく終日観戦しておりながら、その結果を改めて報告いたします。
IMG_3721

IMG_3726

 競技は、準備体操に始まり、各学年ごとの全員参加の方式で行われるもの、選抜者が出る各色別の競技、そしてPTA参加の綱引き、そして食事休憩、午後は盛大な応援合戦、そしてまた、各学年ごとの全員参加競技、そして最後の競技は色別のスーパーリレー(各人が中距離を走る)でした。
IMG_3729

IMG_3740

 結果は、5つの色別にわかれたチームの優勝が青群、準優勝が赤群でした。応援合戦は赤群が最優秀賞、橙群が優秀賞でした。その他、ポスター作成者の個人表彰がありました。勝てばうれしく、負ければ悔しい。見学者に取ってすがすがしい一日でした。
IMG_3758

 私が参加したPTA種目は対生徒チームでした。
記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

痛風の痛みはまだ治りません、治療薬について2018.06.11

 先週の水曜日に痛みが起き、翌日には本格的に痛みが来ました。その日の仕事を終えて、クリニックの先生に見ていただきました。

 痛みを取り除く薬をいただいており、その指示をしっかり守っていますが、本日現在まで痛みはなくなっていません。明日からは連日、会議が終日続くので、今日、クリニックに立ち寄りました。お医者さんの話では、痛みの程度を説明しました。足を見てもらうと、「まだ、腫れが引いていませんね」と言われ、座薬の使用を進められました。飲み薬に比べ、はるかに直りが早いそうです。
IMG_20180611_142023

 少し、腫れが引いてきています。
 ただし、私は座薬を自分からこうした痛み止めに使ったことがなく、直るのが遅くなりそうなのを我慢することにしました。なお、痛風が出たのは左足です。右足だととても車の運転など思いもよらないのですが、幸か不幸か、左足だったことで車の運転ができています。もとより、今の足の状態では自由に好きなように出かけることは難しく、最小限の範囲になると思います。幸い、これからしばらく、自宅と市議会の本会議場を往復するのみの生活になります。続きを読む

ちょっと言い訳ぽいのですが、一般質問の準備が進まない理由2018.06.10

 ちょうど、町田市議会は第2定例会が始まったところです。5月31日が市長による議会開催の告示、6月3日が一般質問項目の提出の締め切り、6月7日が議会の招集日であり、議案の提案理由説明、一部議案の即決や報告案件の承認がありました。*その日のブログで既報。6月8日は議案説明会でした。

 今回の痛風発症の流れは、左足の痛みが6月6日の夕方から起き、翌日の6月7日は激痛に変わり、会議が終了して、最寄りのクリニックに行きました。実際には、日ごろ風邪を引くくらいしかないので外科系に行くのはめったにないことです。久しぶりにレントゲンも取りました。その写真に沿ったお医者さんの説明は非常にわかりやすいものでした。調剤薬局でいただいたのは、ジェネリック医薬品でした。もう、自然に普及している時代になりました。
2018.06.09

6月9日の自宅の夕食続きを読む

このたび、痛風を発症した吉田つとむです。お知らせ2018.06.09

 このたび、痛風を発症した吉田つとむです。お知らせ2018.06.09
 水曜日に足が痛みだし、過去に2回アキレスけんが痛んだことがあり、これは冬場の寒空の下、街頭で立ずくめであったことが原因でした。この時は、2度とも接骨院にお世話になっています。検査のレントゲンを撮るために、外科クリニックで写真を撮っていただいての長期治療でした。

IMG_3771 今回は、水曜日に親指から足の甲に当たる部位に痛みが生じ、妻が「痛風」ではないかといいだしました。 木曜日は市議会の本会議があり、痛みをこらえながら、閉会後に地元の外科医師の元に急行しました。そのころには激痛でしたが、初めてのことでもあり、お医者さんの問診、レントゲン検査、そして、血液検査がありました。合わせて、痛風検査薬をいただき、指示通りに飲みました。痛みが減れば、確実に痛風だとの判定を受けました。痛み止め、シップ薬もいただきました。合わせて、好ましい食事の表などをいただきました。続きを読む

町田市議選当選者の異色性を再発見しました2018.06.09

 町田市議選当選者の異色性を再発見しました2018.06.09
 まず、2010年の選挙では、渡辺喜美氏が設立した「みんなの党」の候補者が町田市議選に立候補し、初当選しました。その議員が、「みんなの党」初の地方議員当選者になりました。

 次は、2014年の選挙では、渡辺喜美氏(現参議院議員)とたもとを分かった江田憲司氏(現衆議院議員)は設立した「結の党」も町田市議選に候補者を擁立し、初当選しました。その議員が、「結の党」初の地方議員当選者になりました。*2期目は次点で落選でした。

 こうして、町田市議選は第3勢力的な政党の地方選挙取り組みの試験場(実験場)にもなっていると言えましょう。日本維新の会や都民ファーストの会は、町田市議選と設立時期にずれがあり、その政党の旋風時期が過ぎていた時期にありました。当然、その人物があるわけですし、身近な存在の議員であるとしても、「旋風時期」が異なるという理由によって、ここで継続して述べるストーリーには相当しませんでした。続きを読む

早稲田大学マニフェスト研、「議会改革度2017」発表(記事作成2018.06.08)

 早稲田大学マニフェスト研究所は[2018.06.07]に議会改革度調査2017結果を公開しました。議会改革度調査2017ランキング(上位300位議会)…調査結果を数値換算しましたとされ、1,318議会から回答を寄せたとの説明がされています。
 
 全国総合トップは、北海道の芽室町議会です。8位には、あの会津若松市議会がランキングされています。町田市議会は、全国総合10位となっています。
 個別のランキングでは、情報共有2位、住民参加3位、機能強化56位となっています。三番目の機能強化が他の二つとかなりの差がありますが、これは、町田市議会が議会基本条例を制定していないこと、する予定がないことが機能強化ランキングを下げているものだと思っています。

 町田市議会において、これまで、議会基本条例を制定する話は出ていますが、その必要性の合意がないためです。私も、何度かその検討の場に居合わせましたが、ぜひ導入が必要だとの見地は取ってきませんでした。

 それぞれの自治体が自分にあった方法で、より良い議会の在り方を追求するべきもの思っています。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

2018年第2定例会本会議初日提案理由説明2018.06.07

 6月7日、町田市議会は2018年第2定例会本会議初日となり、提案理由説明のスケジュールでした。その前に、市長の所信表明が行われました。通常は、第1回定例会で行うものですが、今年2月の市長・市議の改選に伴い、第1回定例会では骨格予算(市長表現では、骨格的予算)、今期が政策予算が盛り込まれており、今回も市長の所信表明が行われました。

 続いて、5件の専決処分にかかわる報告がありました。
 3月議会(第一定例会)以降に発生したもので、今期の議会で審議するのでは間に合わない事案について専決処分がおこなわれたものです。
 平成29年度の予算の補正予算で市長において専決処分したものの承認。
 市税条例の一部を改正する条例に関する専決処分の承認。
 ほか、3件。
 本会議において無通告の質疑があり、その後、委員会に付託せずに採決が行われました。
 全員賛成で終了しました。続きを読む
livedoor プロフィール

発見動画チャンネル

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ