町田市議会議員 吉田つとむはインターネットを武器とする!

平成30年町田市議選(7期目)を3期連続トップ当選する。地方 政治に良識ある開かれた無所属保守のネットワークを求める。自民党を排除された後、現在までどの既成政党にも属さない。これまでに各種選挙に13回立候補し、7勝6敗する。前期には議長も務めて改選し、町田市議選最高票を獲得。会派は流動し、今期新たな「保守の会」に参画する。ユーチューブ「発見動画チャンネル」を運営。過去の市議会で、ネット中継を提唱し実現。九州は博多の出身。長年、民間企業営業職社員として全国を飛び回る。その後、国会・都議会秘書等、多数の職業を経験。ネット関係の著作、講演もある。個別対応形式のインターンシップが好評。

小学校の運動会、知り合いの児童を激励、児童代表の言葉に感じたこと(記載日2018.05.20)

 昨日は朝から、小学校の運動会を訪ねました。3校を巡りましたが、出場児童に拍手を送り、知り合いの児童を励ますのが主要な目的です。
IMG_3687

IMG_3650

 最初は、小川小学校を訪ねました。時間を間違え、30分以上も早く到着して少し手持無沙汰でしたが、来訪者と声を掛け合う時間に恵まれました。1年生が登場した「はじめのことば」には、よく知っている子が出ていました。ほんとはそばで声をかけてあげたかったのですが、相手は私が応援していることに気づいてくれませんでした。1年生らしく、立派に決意を述べていました。
IMG_3667

 競技では、今年も「綱引き」に参加をさせていただきました。30歳から40歳ほど(あるいは、卒業した中学生)に混じってその列に並んで、綱を引きあうのは大変ですが、それができなくなると「引退」かなともふと思いました。1勝1敗の成績でした。続きを読む

健康チェックを受け、自分は骨太いとわかる2018.05.19

 しばらく前のことですが、健康チェックを受け、自分は骨太いとわかる2018.05.13鶴川ポプリホールで開催されていた、「鶴川サナトリウム病院」の健康チェックの行事に居合わせて、その検査申し込みの列に加わっていました。
IMG_3589

 いくつかの検査や問診がありましたが、ユニークだったのは、骨密度のチェックでした。測定器の上に、片足を乗せ、くるぶしの両側に挟むとすぐに、その測定値を明らかにしてくれました。こんなに簡易に、数値がわかるものでした。

 その数字を見せていただくと、一般には120%、さらに同年齢者に比べて140%に達していました。大いに満足しました。自分の骨太さが明らかになって、さらに元気が出ました。さしたる運動もしていないのに立派なものでした。骨太なのは数値に出ましたが、「肉太さ」の検査はありませんでしたので、そちらの程度は不明ですが、外見では線が細い様に見えています。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会



 

今週は、全日が都心(1日は市外)に出向く日が続いていました2018.05.18

 今週は、全日が都心(1日は市外)に出向く日が続いていました2018.05.18町田市は東京都内にありますが、「都心」にはかなりに遠距離にあります。そこで、例えば23区内に行くことなどは、「都心に出る」という表現を用いています。翻って、月曜から金曜まで、その全日が都心(1日は市外)に出向く日でした。

 相手に挨拶に出向く、お祝いごとがある、あるいは見学に出向くなど、目的はいろいろでしたが、町田市内では用件が済まないことばかりでした。日々、それを記載するような形では直ちに現れないこともあり、まとまっての記載にしました。
 関係者の方には、大変お世話になりました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

「政治分野における男女共同参画推進法」と議会・議員2018.05.17

 昨日、参議院で「政治分野における男女共同参画推進法」という法律が全会一致で可決し、成立したいうニュースがありました。議員立法で作成された法律で、国会や地方議会の選挙で男女の候補者数が均等になることを政党や政治団体に努力するように求めたものです。

 法律の内容では、それが達成されなかった場合には罰則はないとのことであり、さらに候補者数を均等にするのみで議員数を均等にしようとするわけではないので、実効性には疑問符がつくものです。とは言え、今後の選挙に大きな影響を与えることは間違いないでしょう。とりわけ、町田市議会はこの2月に選挙が行われたばかりで、次の選挙には確実に影響が出るものでした。

 ここで、町田市議会の現況を見たいと思います。定数36名中、女性は10人です。女性の構成比率は27.8%の割合になります。さらに立候補者数全体で見ると、候補者数44名中、女性は12名です。女性の構成比率は27.3%の割合になり、当選者数と立候補者数において大きな違いはなく、ほぼ同じ割合になっています。続きを読む

市議会報告2018年5月後半を発行 2018.05.16

● 市議会報告2018年5月後半発行 2018.05.16

 今回は、4ページ立てで発行しました。つまり、以下のように記事量が通常の2倍になっています。

◎町田市のガラス工芸品の価値
◎観光地化施策の研修を受ける
◎公文書の決裁と取扱
◎高齢者住宅の在り方
IMG_20180427_173053
続きを読む

常任委員会視察:新潟市「農業の6次産業化推進について」について(記載日:2018.05,16)

 総務常任委員会行政視察で、新潟市「農業の6次産業化推進について」を、「新潟市アグリパーク」という施設を現地視察して学びました。以下、その内容と所感です。
IMG_20180509_105659

新潟市分 平成30年5月9日(月)
産業及び観光の振興について、農業対策について
● 「農業の6次産業化推進について」を記載

 新潟市の視察では、直接現場に入りました。その「新潟市アグリパーク」という施設が、新潟市南区にあり、新潟市が広域合併で一緒になった旧白根市側の求めでできたとされています。中心部から車で20-30分のエリアにありました。
IMG_20180509_093356

 岩瀬和子委員長のあいさつ写真です。続きを読む

常任委員会視察:金沢市「はたらこう課」について(記載日:2018.05,15)

総務常任委員会行政視察で、 金沢市の企業支援の取り組みについて、「はたらこう課」についてを学びました。以下、その内容と所感です。
IMG_20180508_090511
 (新装の金沢駅前の風景)
はたらこう課の主な活動
目的:金沢市で起業する人を増やす
事業内容:webサイトやフリーペーパー、イベント

webサイト: 金沢市内で活躍する先輩起業家をリレー形式で紹介
        *説明では、若手企業家とされていました。
         現在、21名が登録されており、個別の紹介があります。

フリーペーパー: 金沢市の起業支援に関する情報や活動を紹介
          *起業家のストーリーを深堀とされていました。
           
イベント:起業を関連づけたイベントを開催
        *起業家によるトークセッションとされていました。
          「コアキナイ塾」というものが設定され、全4回のシリーズで案内がありました。続きを読む

高齢者住宅の在り方(配布記事 2018.05.15)

 「介護施設が足りない」、「特養ホーム」が不足していると言われて久しいのですが、入居がスムーズな民間の介護施設に入ると、その家族には毎月30万円の支払いが待っています。そうした人の中で「低額の施設(特養)」に入りたいので、どうにかしてほしい」という相談を受けることもあります。当事者の方々にとってみればもっともな話ですが、「特養ホーム」を無限に増設するのでは土台無理な話と考えています。

IMG_3429IMG_3421 今回、インターン生を同行(関連記事あり)して、全国初とされる「見守り付き高齢者アパート」を見学しました。介護の方法を取らずに高齢者が同じ建物に居住するものですが、任意に食事サービスもその建物内で受けられるシェアハウスという感じがありました。介護は必要な人には、本人が選択して介護サービスが受けられるように配慮されたものでした。高齢者が保証人なしで本人のみで契約できる住居は珍しく、都市部ではこの種のアパートが大きく伸びることは確実ですし、行政の税負担の大幅な軽減につながると思われました。
記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

昨日は町田市水防訓練が実施され、多数の議員が見学(記載日:2018.05.14)

 昨日は、町田市水防訓練が実施され、多数の議員が見学(記載日:2018.05.14)私もそれに加わり、訓練全部を見学しました。会場が変わっていることに気づかず、前の場所に行ってしまいました。かなり早めに向かったことで、十分に間に合いました。同僚議員(白川議員、佐藤和彦副議長)に聞いて、到達できました。
IMG_3608

 *浸水時の水圧ドア体験コーナーで自身で体験しました。
 場所柄、今回はボートを使用した水難者の救援がありませんでした。代わりに、町田市建設業協会の皆さんが重機を使った倒壊家屋の倒壊物を除去する訓練を行ってくれました。前議会で、その当事者を防災会議の1メンバーとして加えるように求めましたが、それが容認されたことがきわめて残念なことでした。
IMG_3607

 

 

 続きを読む

相次いで、町内会・自治会の地区連合会の会合に出席しました2018.05.13

 週末は相次いで、町内会・自治会の地区連合会の会合に出席しました2018.05.13
 土曜日は、南地区町会連合会の会合に出席し、本日は高ヶ坂成瀬町内会連合会の会合に出席しました。関係の議員がそれぞれに出席していました。本来は、南地区町会連合会の総会の冒頭に、高ヶ坂成瀬町内会連合会の場合は総会の全部に出席可能でしたが、双方とも懇親会のみの出席としました。その結果、南地区町会連合会の場合は総会と懇親会の会場が異なっており、開催の時間差もあることで、懇親会の参加者は少なくなっていました。また、高ヶ坂成瀬町内会連合会の場合は総会と懇親会が同じ会場で連続した時間で開催されることで、相対的に多くの割合の方が懇親会にも出席されているようです。

 人事では、南地区町会連合会の会長さんが新しくなり、高ヶ坂成瀬町内会連合会の場合は継続でした。全てがボランティアでなされることであり、関係者のご苦労が推察されるところでした。続きを読む

川崎市、町田市で風しん患者が発生したことと、過去のその対策対応の問題について2018.05,13

 川崎市内で麻しん患者が発生し、その患者と接触した(*同じバスに乗り合わせた)町田市の人が麻しんとなったというニュースがありました。伝染力の強い病気であるとされています。それらを見ると、一度かかった人はほとんど以降に罹らないようです。そのために、定期接種(1歳と小学校入学前の年長児)があります。*町田市の記事では、「免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症するといわれています。」と記していますが、なぜか、どのような危険性があるかはそこに記していません。以下で、ご確認ください。

●町田市HP記事 更新日:2018年5月11日
麻しん(はしか)患者の発生に伴う注意喚起について
https://www.city.machida.tokyo.jp/iryo/hokenjo/news/hashikachuui.html
 *【麻しんについて】と【注意事項】の説明が記載され、担当部署(町田保健所 保健予防課)の記載があります。

 また、以下のPDF記事があります。
● 【2018年5月9日】麻しん(はしか)患者の発生に伴う注意喚起について(PDF・152KB) (プレスリリース *市長が記者会見して発表と言う手法に限らず、担当部署がプレスに情報提供したという意味)
https://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/koho/faxrelease/2018/201805.files/180511-1.pdf

 上記に関して、以前に麻しんが流行した際、その予防ワクチンの接種に関して、町田市が取った(実際には、その対策を積極的にはしなかったという経過を記載します)続きを読む

町田市のガラス工芸品の価値について(配布記事 2018.05.13作成)

町田市のガラス工芸品の価値
 六本木にあるサントリー美術館を訪れ、「ガレも愛した--清朝皇帝のガラス」展を鑑賞しました。入場者は少なく、この種の作品の人気度は明らかに低いものでした。
IMG_20180427_173734

 全体は5コーナーで構成されていましたが、町田市立博物館所蔵の作品が2つのコーナーに配置されていました。一方は、清朝時代の作品のコーナーに数点展示されており、特別のものには思えませんでした。他方は、「エピローグ−清朝ガラスの小宇宙」の全作品!が、町田市所蔵の「鼻煙壷」と言うものでした。ウキペディアの記載によれば、「鼻煙壷(びえんこ、Snuff Bottle)」とは嗅ぎ煙草を入れておくための容器、喫煙具のこと。その形や色や大きさは様々である。大きさは小さいことがほとんどで、大きくても高さ10cmに満たない場合が多い。だいたい高さ数cm程度の小さな容器である。」と記載されています。「鼻煙壷」を一般の人が使用しないにしても、芸術品と呼ぶには違和感があります。続きを読む

昨日は、相模原市議会との議員交流会が開催2018,05,12記載

 昨日は、相模原市議会と町田市議会の議員交流会が開催されました。2018,05,12記載。毎年相互に訪問し、交流しているものです。

IMG_20180510_132433 今回は、相模原市議会(沼倉孝太議長)の皆さんが町田市を訪れてくれました。昨年の10月に新築移転した町田消防署(東京都に委託)、(当面、J1仕様化を目指して大規模な座席の増設を予定する)町田市立陸上競技場、(新規集客施設を造る)薬師池を巡りました。
IMG_20180510_134849

IMG_20180510_135348

IMG_20180510_140003
続きを読む

常任委員会視察:富山市シティープロモーション事業2018.05,07

 本日は、町田市総務常任委員会視察で富山市にやってきました。市議会にお伺いし、「富山市シティープロモーション事業」に関して、視察をお願いしました。

 富山市は、市のイメージアップや認知度の向上につながる事業を富山市シティプロモーション事業として認定し、事業費を支援します。すなわち、「市のイメージアップや認知度の向上につながる」ことを「シティープロモーション」と称し、その取り組み=事業を設定しています。

 その事業費のベースは、年間6千万円ほどであり、東京ガールズコレクションの招致に関しては別途3千万円の追加が生じたといいます。その後の展開が語られないことで、そのことでの顕著な効果は無かったのでしょう。
IMG_20180507_140447
続きを読む

吉田つとむのホームページを更新しました。2018.05.09

吉田つとむのホームページを更新しました。
議会活動のフォルダのトップページ、記事の一部を更新しました。
当選7期目の現況に合わせたものです。
更新した内容は、(議会活動について)のフォルダのトップページを更新しました。
P003

P002

P001

政策スローガンを、市議会選挙7期目に向けた選挙公約に合わせて新たにしています。
会派もメンバーに移動があり、名称が変わりました。続きを読む

委員会視察中、報告は終了後に書くことのしました。20180508

IMG_20180508_081813 ただいま、総務常任委員会の視察で外部に出ております。別途記載のように、昨日は富山市にいて、今日は金沢市、そして、また移動です。今回は、町田市より少し、あるいはかなり都市規模が大きな都市を選択しています。 IMG_20180508_082851_1 委員会の共有課題を整理し、それぞれの課題に沿ったテーマを尋ねるものです。もちろん、所属委員会の所管内のテーマが対象になります。その範囲の中で考えるのが通常です。報告書は改めて記載しますので、その機会にアップしたいと思います。 IMG_20180508_090149 金沢駅に降りった印象を撮影しました。大きなドーム内が形成されていました。  記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会  

昨日は合氣道の練習を見て、フリーライブを楽しむ、思わぬお祝い(2018.05.07)

 昨日は町田市総合体育館において、町田市合氣道連盟の初心者講習会を見るつもりが予定が若干変わり、合氣道の練習を見て過ごしました。茂野先生よりご挨拶の機会をいただきので、一言述べさせていただきました。
IMG_20180506_164118

 次いで、なじみの店で「フリーライブ」を少しばかり、楽しみました。コーヒーとケーキをいただきながら、安らぎの時間を得ました。

DSC_0074DSC_0073 自宅では、思わぬお祝いが届きました。(2018.05.06)妻の友人から寄せられたもので、先の市議会議員選挙の当選祝いでした。素晴らしい胡蝶蘭でした。自宅の部屋に、当選証書と並べて飾りました。
記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

昨日はばーん誕生祭、今年も係で出動していました(記載:2018.05.06)

IMG_20180505_104343 昨日は、「町田市立子どもセンター・ばーん」の誕生祭に行っていました。毎年、青少年健全育成地区委員会でコーナーを設置するもので、その一員で参加しています。

IMG_20180505_104438IMG_20180505_105853 子どもの遊び(おもちゃ作りが主要)場を設定しており、子どもセンターの中でなく、向かい側にある公園にテントをたたてもらい、そこで関係者が集まって、児童を対象にした遊びを実施しています。もっとも、私はその広場の中で行われるシャボン玉づくりのコーナーにいます。今年は晴天で恵まれ、大勢の子どもや親子連れが集まってくれました。タライ(この言葉は、子どもにはストレートには伝わらないと感じた)に石鹸と洗濯のりを混ぜ、シャボン液を作り、大きめの輪(針金のハンガーを輪にして、持ち手を作ったもの)をそれを含ませ、自然の風でシャボン玉を作ります。続きを読む

昨日は、国立新美術館の国展を鑑賞2018.05.05

 昨日は、六本木にある国立新美術館を訪れ、国画会の国展を鑑賞しました2018.05.05
 写真家の三本松和徳先生(国展審査委員)のご案内で毎年楽しみにしてのコースでした。
 国画会の国展は、絵画部、版画部、彫刻部、工芸部、写真部の5部に分かれており、国立新美術館のかなりにスペースを占めての展覧会となっています。

IMG_3553 まず、写真部の三本松和徳先生の作品を見せていただきました。モノクロの力強さを感じました。多数の作品を見ないといけないので、絵画部、絵画部、工芸部、彫刻部と見て回りました。工芸部に時間をかけての鑑賞でした。工芸部の中で、特に織物の作品に注目しました。工芸品と言えば、人が身につける織物にも関心を持ってきました。
IMG_3558

IMG_3559

IMG_3561

 また、毎度のことですが、彫刻部のコーナーでは遊びの時間を入れました。続きを読む

市議会報告2018年5月前半発行 2018.05.04

 市議会報告2018年5月前半発行 2018.05.04のお知らせです。
● 市議会報告2018年5月前半発行 2018.05.04
 記事は4本あり、2本は自分が書いたもの、他の2本は「議員の発言取り消しを求 める決議に反対しました」、「区画整理事業への追加助成金を求めた請願不採択」でした。
IMG_3401 他の2本は、インターン生2名がそれぞれに書いたものです。ちょうど1年間継続した2年女子と、春休み3月よりスタート(私が、時期をずらして選挙後に来てと頼んだ)した3年女子が書いたものです。前者はもう24回目の記載になります。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会
 


インターン体験記を1本アップ、日本青年館訪問2018.05.04

 直近のインターン体験記をアップしました。なじみの日本青年館を訪ねたものですが、昨年、新築移転したことで神宮球場の前に位置しており、球場グランドがすっぽりと見下ろせるロケーションになっています。
IMG_20180427_141947

IMG_20180427_143346

IMG_20180427_143402

 また、新国立競技場が旧日本青年館を含む広大なエリアに建設中であり、その工事を新しい日本青年館内から目前に見ることができます。残念ながら、構造上、そのグランド内を見ることはできなくなっています。せっかくですので、前の国立競技場の解体工事中に、旧日本青年館の屋上からその進展状況を観察した写真を合わせて掲載しました。第35期インターン生が参加した写真となっています。続きを読む

吉田つとむのインターンシップ第42期生募集 2018.05.02

 2018年夏季休暇期間をメインに、吉田つとむのインターンシップ第42期生募集を行います。そのために、募集要項(PDF)を更新したものを2018.05.01にアップしました。
IMG_0943

 現在、第39期生女子1名、第41期生男女各1名が研修登録しており、第39期生女子1名が昨年の5月から現在まで1年間を越してインターンシップ生として活動しています。この間、なんと25回のインターン活動しており、過去80人を超える参加者の中では、最も参加回数が多いインターン生の一人になっています。今後も継続希望となっています。
 さらに、第41期生女子1名は3月からインターン生として参加しています。私の改選の選挙(7期目)が2月に行われたため、協議して選挙後の研修開始の日程でスタートとしたものです。参加10回を目標に、現在までに7回の研修日程を進めてきました。
IMG_3594
続きを読む

インターン体験記を2本アップ2018.05.01

 インターン体験記を2本アップしました。2018.05.01
IMG_3637
 内容は、ユーチューブ動画にその一部をアップした、東海汽船株式会社(東証2部上場)を訪ね、社長の山崎潤一様をはじめ、会社の皆様に大変お世話になりました。会社自体がどのような事業を行っているかのお話しをお聞きし、実際に営業船にも帰港中に乗せていただ、船長さんから直に説明をしていただきました。そのために、レポートはその対象で二つに分かれています。

● インターン体験記 立木 優花 第6-2回 2018.04.20-2
● インターン体験記 立木 優花 第6-1回 2018.04.20-1
 その他、私はユーチューブ動画に表現していますので、併せて、紹介しておきます。

竹芝の東海汽船本社(山崎社長)を訪ね、広報の柳葉様のご案内で埠頭を歩く2018.04.20
大型クルーズレストラン船(東京ヴァンテアン)の操舵室に乗せていただく2018.04.20
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

サントリー美術館の「ガレも愛したー清朝皇帝のガラス」展の作品を見た印象2018.04.30

 サントリー美術館を訪れ、「ガレも愛したー清朝皇帝のガラス」展を鑑賞し、そのレポートを書きましたが、その続きの部分です。主要には、そこにあった町田市立博物館の収蔵品に関しての感想を書くことにしました。
IMG_20180427_173759

 会場は、5パーツに分かれていました。
プロローグ − 中国ガラスの始原
機     次々陳襪離ラスの萌芽ー康熙帝・雍正帝の時代(1696-1735)
供     檗\恐δの栄華ー乾隆帝の偉業(1736-95)
掘     檗.┘漾璽襦Εレと清朝のガラス
エピローグ − 清朝ガラスの小宇宙
IMG_20180427_172412

IMG_20180427_172429

 *上記は撮影可の作品。
 この中で、町田市が所蔵する作品が登場するのは、「供檗\恐δの栄華ー乾隆帝の偉業(1736-95)」の一部(8点)と「エピローグ − 清朝ガラスの小宇宙」の全部です。町田市から沢山の作品が出ていると錯覚させるものですが、「エピローグ − 清朝ガラスの小宇宙」の作品は、その全部が「鼻煙壺」と言う小作品群です。
 「プロローグ − 中国ガラスの始原」と「機 次々陳襪離ラスの萌芽ー康熙帝・雍正帝の時代(1696-1735)」、および、「掘 檗.┘漾璽襦Εレと清朝のガラス」の3パーツには町田市の収蔵品は含まれていないのが特徴でした。上記の「供檗\恐δの栄華ー乾隆帝の偉業(1736-95)」の作品数が全部で76点であり、そこから町田市のものを差し引くと69点となります。見渡すと、それが無いでも決して構成が成立しないとも思えないほどでした。続きを読む

多忙を文字と写真で現した昨日のスケジュール2018.04.30

 多忙を文字と写真で現した昨日のスケジュール2018.04.30としました。
 実践倫理宏正会の朝起会に参加し、携帯食を持って、武相マラソン大会の開会式に向かいました。そのスケジュールのため、朝は午前4時頃に起床し、午前5時の開会に間に合うように着座しています。食事は、次の会場に到着して車中で取ります。寝過ごしが無い様に仮眠して、町田市立陸上競技場(この日は、サッカー場とは言えない雰囲気がある)の中で行われる開会式に出席しました。全国から2000人以上の出場参加者があり、多数のボランティアが出ていますが、議員もその役目をしたり、選手として出場する人もあります。ちなみに、私は一度も、このボランティアに登録も参加もしたことがありません。厚かましく、来賓出席するのみが続いています。

 次いで自宅に戻り、いくつかの記事を書き、昼食を取りました。
IMG_3540続きを読む

昨日は、町田市民踊親和会創立50周年記念発表会に出席し、最後まで見ました2018.04.29

 昨日は、町田市民ホールで開催された、町田市民踊親和会創立50周年記念発表会に出席し、最後まで見ました2018.04.29多数の来賓が出席しましたが、この間、若林議長が一緒になり、代表あいさつが行われます。また、この町田市民踊親和会(園曽 八重子会長)の発表会では、私まであいさつの番が回り、一言付け加えさせていただきました。友井和彦、藤田学、木目田英男の各市議会議員も来賓として一緒に出席していました。

 昼食をはさんで、全部の出し物を見せていただきましたが、午後5時を回っていました。もちろん、若干の用件でホール内を出入りしましたが、通りがかりに大勢の方に声をかけていただきました。各地の盆踊りに参加している関係で、親しく深く感じていただいております。ありがたいことです。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会
 

昨日は、サントリー美術館を訪れ、「ガレも愛したー清朝皇帝のガラス」展を鑑賞2018.04.28

 昨日は、六本木にある有名なサントリー美術館を訪れ、「ガレも愛したー清朝皇帝のガラス」展を鑑賞しました2018.04.28
IMG_20180427_173734

 町田市立博物館の収蔵品がその展示品に入っているというものでした。楽しみにして美術館にやってきました。「ガレ」は、シャルル・マルタン・エミール・ガレは、アール・ヌーヴォーを代表するフランスのガラス工芸家、陶器・家具のデザイナー、アートディレクター、企業経営者。 (ウィキペディアの記載)清朝は、中国最後の王朝で華麗な美術品などを収集する。ガラスは古代の貴重品であり、美術工芸品として重用され、それをフランスのガレも深い関心を寄せる次第でした。
IMG_20180427_172429

IMG_20180427_173053IMG_20180427_173149 この展覧会はそれらの作品を一緒に取り交ぜたものでした。出品リストを見ると、町田市立博物館の収蔵品のいくつかのビン類がありましたが、大半は、「鼻煙壺」と言うものでした。初めて、聞いた名称ですが、なにか少しはイメージできました。(続く)
*作品は、撮影可のものばかりを撮影しています。
記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

南北の板門店宣言の合意と日本2018.04.27

 韓国と北朝鮮のトップによる南北の板門店宣言の合意と日本2018.04.27を考えてみました。
 そこに、日本の姿が感じられません。むしろ、日本を排して、南北の懸案を取り除こう、アメリカに和平のメッセージを送ろうというものに見えました。それは私に限らず、多くの日本人が感じたことでしょう。翻って見るならば、韓国に、その文大統領に、日本の拉致被害者救出の実現交渉の全能を託すること自体が不可能なことでしょう。日本は今後、それをアメリカが、トランプ大統領が救出を北朝鮮に言ってくれるはずだと考えるでしょうが、どこにその担保があるでしょう。ゴルフコースを2度一緒に回ったという重みと、核の存否の流れを自分が実現したいという政治家の決意を秤にかければ、問いかけをするまでもなかろうと思います。

 拉致被害者の救援は、北朝鮮に経済的な圧力をかけることをアメリカを含む諸外国に要請する方法で達成するとしてきた手法が正しかったのか、それが最重要課題だと主張するのであれば、改めて問い直す選択が必要だと思います。

 アメリカを含む近隣の諸外国にとって、北の核保有が現実化している中、その使用をさせないこと、その存在を取り除くことが最重要課題になっているという現実を、日本が見つめることから、対処するべきでしょう。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

南北首脳会談のため、板門店の平和の家に入る場面2018.04.27

 韓国・朝鮮の南北首脳会談のため、板門店の平和の家に入る場面2018.04.27 大々的にTVで写されました。韓国の文大統領が朝鮮の金委員長を向か入れる光景でした。

 朝鮮の金委員長が38度線を徒歩で越し、待ち受けた韓国の文大統領と握手をすることでの南北首脳会談のスタートとなりました。歓迎の様式が、朝鮮式のもので、韓流映画の時代物を生で見ている感じでした。両国の担当者による入念な打ち合わせ、リハーサルがなされたことでした。軍事境界線を行きかう姿を映像で示すことに相当の演出があったものでしょう。

 アメリカの意図を超えて韓国には民族合流の願いがあるでしょうし、北朝鮮の「非核化」がどのようなプロセスを進展させるか、注目されるところです。言うまでもなく外交は交渉事ですので、片方の意向で決まることはなく、相手の意向をくみ取る努力と工夫が必要でしょう。と言うことで、実際には、水面下で進行することがどこまで、どのように明らかにされるはもとより不明です。

 日本では、日本人拉致の解決を優先事項に掲げていますが、それを日朝の直接交渉でなく、アメリカに託したり、あるいは韓国に託すので、国策的には無策と見られても不思議はないと思います。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

「コンサートのお誘い」を更新して、チケット販売開始を案内2018.4.26

「コンサートのお誘い」の記事を更新して、クトロヴァッツ コンサート町田公演チケット販売開始を案内しました。
 その開催は、2018年9月22日(土)午後3時00分開演(開場午後2:30)
     クトロヴァッツ コンサート町田公演:町田市民ホールと言う内容です。
IMG_20171227_125941-400ss

 今回の更新記事の特徴は、チケット販売開始の案内をそれぞれの販売チャンネルごとに案内させていただいたことです。

 ● 実行委員会 
 TEL 042-795-7361 FAX 042-795-7361 E-mail: yoshidaben@gmail.com
 ● 町田市民ホール TEL 042−728−4300 
 ● e+ クトロヴァッツ 町田公演 

 この3者が扱うチケットは、事前にそれぞれ別の列の座席に分けています。
 お客様は、ご自身の好み、あるいはご都合でご選択ください。また、予約のチケットはキャンセルできませんので、重なっての注文は控えてください。
記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

インターン体験記を1本アップしました2018.04.25

 先週、「町田市立国際版画美術館友の会」の総会に出席しました。インターン生が同行したため、その内容をレポートにまとめてもらいました。その日の会は「総会」の趣旨であり、方針、決算、予算に関する提案とその協議があり、新しい年度に代わりました。
IMG_20180421_132457

 人事(武藤 充 会長)には変更がなく、会が単独で行う事業、館と共同で行うものがありましたが、私は単に、その会員を続けている範囲であり、その運営の中心に位置するわけではなく、行事があれば、できるだけ出席する範囲の行動になっています。

 ただし、美術鑑賞は、インターン生を同行してたびたび、この美術館や近隣の美術館に出向くことが何度もあります。

 インターン体験記を1本アップしました2018.04.25
 ● インターン体験記 宇都木 彩名 第25回レポート 2018.04.21
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

モノレール町田延伸と市街地(配布記事:2018.4.25)

 「モノレール町田延伸と市街地」を書きました。これは定例会の一般質問の一つをまとめ、記事の形にしたものです。

 「多摩都市モノレール町田延伸」に関する事項で一般質問を行いました。今回の議会では、その建設をめざした基金の条例もできたことで、多数の議員から質問がありました。

 行政(市長)から建設全体の流れに関しての考えが出されたのは初めてのことでした。2018年から基金をスタートして、6年間積み立てるというものです。併せて、その6年間に事業認可の手続きを終え、その後のモノレール路線の建設整備期間として8年から10年を見込んでいるとの内容でした。そうすると、町田駅延伸が実現するのは、これから14年ないし16年後となる、2032年から2034年と言うスケジュールになると見込まれているものです。沿線、および町田駅の民間整備はその計画、構想に沿って動き出す必要が起きてきます。この間、課題になってきた町田中心市街地の商業店舗の落ち込みを回復する取り組みは、町田市行政の開通見込みに全面的に合わせるか、あるいは10年先ほどまでの期間限定で事業展開、継続を構想するかの選択を民間事業者としても自ら考える時期となりました。リスクを取って、「20年後にモノレール町田延伸もあり」と見ることも必要でしょう。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

民進党と希望の党の合体に寄せて、国民政党期生同盟のこと2018.4.25

 民進党と希望の党の合体が行われるとのことです。
 大半の国民は冷ややかに見るものと思いますが、当事者にとっては真剣事でしょう。その落差は悲壮性と滑稽性を兼ね備えた、平たく言えば、悲劇と喜劇を宴会の余興の場を前にして、ストーリーを編み始めるような様子がうかがえます。いずれにしても、自分が末端を含めてかかわることはないでしょう。とは言え、市議会の会派はそれらが重層した関係になる可能性があるので、全く無関心というわけにもいきません。

 さて、他の人にFBでこの話題が取り上げられていました。
 過去を思い出して、以下の文を書き、過去のファイルをリンクしました。
 資料 新たな国民政党の創建をめざして ー「国民政党期成同盟」呼びかけ文書についての前書きー
 <本文>
「新たな国民政党の創建をめざして」文書の本文を平成11年7月にOCRで読み込みしたものです。
昭和52年8月に、「国民政党期成同盟」が作成しました。その時のリーダーが文章を執筆し、私が資金を捻出して、冊子の形で出版しました。続きを読む

町田市のキャンプ地招致と街の知名度(配布記事)2018.04.24

 町田市は、ラクビーワールドカップのキャンプ地にその都市が決まると、「(世界中に)有名になる」と説明しています。そこで、私は、「そんな実例はあるのか」と尋ねました。

 すると、担当者は「(サッカー)ワールドカップで、カメルーンの選手が(中津江村に)来日し、有名になっている」と答えました。そこで、私は、「その話は、カメルーンの選手団が参加選手のストライキで、来日日程が遅れ、試合に出場できなくなる可能性が高まったこと。その後、なんとか話がつき、その選手団が日本に飛行機で到着し、(旧)中津江村に入るプロセスが、連日メディア放送されたことで、この村が有名になったわけであり、他にはそうした事例が起きたわけではない」という経過を詳しく説明しました。

 彼ら行政職員の考えが誤解のままに進めば、キャンプ地招致程度のことでは、町田市の名前を全国に知らしめることにはならないことにも気づかず、ラクビーワールドカップ出場チームがチャンプを張るだけで、行政職員が大はしゃぎをしながら時を過ごすことを懸念している次第です。
 *町田市のキャンプ地招致と街の知名度(配布記事)
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

昨日は、珍しく、ボウリング場で多数の知り合いの人に会いました2108.04.23

 昨日も仲間の皆さん数人とでボウリングに行きました。たまには、そうした時間をもった方が良かろうと思い、時折、楽しんでいます。市議会議員選挙の当日も、たまにはと思って参加をしました。別に、ひっそり行く必要はないのですが、今日も楽しみの時間を持ちました。

 そうした時に、知り合いの大勢のグループの皆さんと一緒になりました。職場の皆さんが集って、ボウリングとなったようですが、ふだんの私が応対しない世代の皆さんであり、話をしたかったのですが、一言あいさつをしたのみでそれを終えて帰りました。

 また、いつお会いするか、わかりません。
 でも、ここで出会う人たちがどのような人が出るかも楽しみしながら、ボウルを投げるのも良いかもしれません。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

吉田つとむは、全国ブランド有名人の「権威」と毎回戦っている2018.04.22

 私は、自民党を排除されて以降、「無所属・無党派」で選挙を行っており、毎回の選挙で政党の「権威」と戦ってきました。それも正面から戦いです。私は、自分自身を「支持政党なしの方々の代表」と名乗りました。無名の人のための無名な自分がその代表として、権威を有した政党勢力と戦おうというわけです。

 まず、政治的に地域で根を張る「自民党」と勢力と、こちらは単独で戦いを繰り広げています。相手は政権政党であり、衆議院議員、都議会議員を常に有して、一貫したその地盤を誇っています。人と話すと、「この地域は〇〇さん」に決まっている返事が返ってきます。*「決めている」ではなく、「決まっている」のがミソだと思います。

 他方、新興政党の物量作戦(党首クラスの市議選候補応援が次々と行われる)とも戦わねばならなくなります。今回は、立憲民主党でした。新聞やTVでたびたび目にする中央の政治家が、選挙中に連日市内の大きな駅に登場します。一般の代議士も通常ペースで応援に入り、当方の遊説の出番をくじかれてしまいます。

 そこで、他の街で最近行われた選挙に関して、そのサイトのコメント欄に次の意見を記入しました。続きを読む

クトロヴァッツコンサートの実行委員会を開催し、打ち合わせ2018.04.21

 クトロヴァッツコンサートの実行委員会を開催し、打ち合わせ2018.04.21

 クトロヴァッツ コンサート町田公演
  2018年9月22日(土)午後3時00分開演 (開場午後2:30)
IMG_20171227_125941-400ss

 すでに、チケットを作成し、発売を開始しました。以下の3方法ですが、
 実行委員会   (大半は、実行委員会でチケットを確保しています)
   FAX 042−795−2726 E-mail: yoshidaben@gmail.com

 町田市民ホール (チケットを預け、委託販売を行っています)座席はすべて別々です。
   TEL 042−728−4300 

e+       (インターンネット販売では、このイープラスを使用しています)
 クトロヴァッツコンサート町田公演 

 実行委員の方々にも、チケットを預かっていただきました。
 どうぞ、お早目のお申し込みを願っております。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会
 

本日は、インターン生を同行していました2018.04.20

 本日は、インターン生を同行していました2018.04.20
 メインの行動は、そのレポートが上がった時点で紹介したいと思います。

 夜は、CARATO 71 PROJEKUTOの定例講演(対談形式)を聴きました。ファッション分野、デザイナーとその作品が主題でそれらがどのようにビジネス化されるか、そのトレンドを探るものでした。専門用語が次々と出てくる内容で、インターンシップには無理があるように思いました。
 
 ちなみに、タイトルは、「 2018-19年秋冬コレクションから読み解く ファッショントレンド&ファッションビジネスの行方 」
 スピーカーは、
 小笠原 拓郎 (繊研新聞社 編集委員)
 萩原 輝美(ファッションディレクター)
 でした。

 結果、この部分のレポート提出は無しとしました。代わりに、午後の訪問先のレポートに重点を置いて、作成することにしました。 
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

モノレール町田延伸と市街地:配布記事2018.04.19

モノレール町田延伸と市街地に関して書きました。
 「多摩都市モノレール町田延伸」に関する事項で一般質問を行いました。今回の議会では、その建設をめざした基金の条例もできたことで、多数の議員から質問がありました。

 行政(市長)から建設全体の流れに関しての考えが出されたのは初めてのことでした。2018年から基金をスタートして、6年間積み立てるというものです。併せて、その6年間に事業認可の手続きを終え、その後のモノレール路線の建設整備期間として8年から10年を見込んでいるとの内容でした。そうすると、町田駅延伸が実現するのは、これから14年ないし16年後となる、2032年から2034年と言うスケジュールになると見込まれているものでした。沿線、および町田駅の民間整備はその計画、構想に沿って動き出す必要が起きてきます。この間、課題になってきた町田中心市街地の商業店舗の落ち込みを回復する取り組みは、町田市行政の開通見込みに全面的に合わせるか、あるいは10年先ほどまでの期間限定で事業展開、継続を構想するかの選択を民間事業者も自らを考える時期になりました。いや、リスクを取って、「20年後にモノレール町田延伸もあり」と見ることも必要でしょう。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

本日は、議員研修会がありました2018.04.18

 本日は、議員研修会がありました2018.04.18
 講演は、観光施策に関するものでした。講師は豊富なキャリアをもって、多数の講演をこなしておられる先生でした。

 振り返って、そもそも町田市は「観光」産業の成立を政治の主要課題にするべきでしょうか。国内では一億総観光化の国策が席巻していますが、果たして町田市もそれに追随して進むべきか、日本中には多数の天然資産、あるいは歴史資産、美術資産などを有する自治体があり、その取り組みも町田市に先行するものが多数あり、果たしてそれらの後塵を拝して、観光施策の栄華だ訪れることなどあるのだろうか、残念ながら、徒労に終わるだろう。それとも、町田市が狙うものは、ささやかな市民の憩いの場を国政の中で果たそうというのであろうか。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会


 

吉田つとむは「改革派」にあらずの表明2018.04.17

 とある「方」から、吉田つとむは「改革派」と称されました。私は戸惑ってしまいました。正確な表現で記載すると、その「方」の文によると、吉田つとむは「古い改革仲間」とされています。その古いという意味は、「以前のこと」か、あるいは「長い」ということになるではないでしょうか。最近付き合いは無かったですが、少なくとも、10年前には知っていることは間違いありません。それで、「改革仲間」とされる点ではどうか、と言うと、??です。と言うのは、吉田つとむが「改革派」であるのか、それとも自分自身がそう名乗っているか、そうではなかろうと思う次第です。
IMG_3440

 改めて、自分の言葉を調べると、私は「改革」という言葉を自ら使うことは極めてまれだと思っています。なぜなら、ネットで調べると、自身で「改革派」となった例はまず見当たりませんでした。一時期、「政治改革」の言葉を使っていますが、「議会改革」の中での意味だと思います。議会人になると、「議会改革」自体が普通語になっているので、その延長上のことと理解していただきたいと思います。続きを読む

新しい市議会報告(4月後半)後半ができました2018.04.17

 新しい市議会報告(2018年4月後半)ができました2018.04.17

 記事は、「防災会議に建設業は入れない」、「当初予算に反対した理由」、「政務活動費と政治資金、選挙の収支報告書を提出」の3本と、それに「インターン生の研修レポート」を1件アップしました。実際には、今までにブログにアップした議会記事、それにホームページにアップしたインターン生の研修レポートを掲載用にアップしたものです。

 今回は、通常記事を3本とし、インターン生のものを少なくしました。たまには、自身の記事の分量を増やしました。

 3月は目いっぱいの議会日程でした。4月は年度行事にかかわる会合の出席がありました。5月は外に出かけることも多いでしょう。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

 

市長選挙(田中甲 市川市長候補)の応援に行っていました。2018.04.16

 本日は、朝から市長選挙(田中甲 市川市長候補)の応援に行っていました。2018.04.16と言っても、2時間ほどかかるので、午前11時に市川市の田中甲:市長候補の事務所に到着しました。午後から、選挙カーに乗るという説明があり、それまでは労務的な事務作業に参加しました。市川市長選挙は、前年に行われたものですが、5人の立候補者の中で、法定得票数(4分の1以上)を確保した人物が無く、再投票となったものでした。今回は、2人が立候補を取りやめて3人の立候補となったものです。

 事務所の車両は、選挙カーと確認車があり、時間によってその双方に乗りました。最初は、今を時めく都議会のつわもの議員の上田令子女史と一緒でした。その間、当方は借りてきた猫のような様相でした。
 このリンクは、同氏のFBの当該記事です。
https://www.facebook.com/uedareikoyonaoshi/posts/1710319975700361

 同女子が引きあげられたそこ後、自分なりに応援のスタイルをあらわしました。声も少し大きくなったでしょう。夕方以降は、主に個人演説会の告知案内が主体でした。選挙事務所の皆さんや、選挙カー乗組員の皆さんと親しく言葉を交わして当地を去りました。
 田中 甲 市川市長候補の必勝を願っております。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

地方議員が厚生年金に加入することに反対する小泉進次郎議員(自民党)を批判する

 地方議員が厚生年金に加入できるようにするための法案が提出される段階になって、自民党の小泉進次郎議員がそれに反発する発言を続けています。

 同氏の新聞の消費税引き上げに反対する発言には冷淡とされる新聞ですが、この地方議員たたき問題では即座に飛びつき記事にしています。

 地方議員の年金制度が廃止されたのは、国会議員の年金廃止につながる形で廃止されたものです。
ご本人は、父親の元総理から地盤を引き継いで衆議院議員になったものです。もちろん、優秀かもしれませんが、「世襲」であることには間違いありません。そうした人には、年金など一切不要かもしれませんし、本来、国会議員の歳費もいらないでしょう。続きを読む

本日は柔道大会に出席・応援、昨日は合気道連盟の会合に出席2018.04.15

IMG_20180415_102306IMG_20180415_102313 本日は町田市立総合体育館の武道場で開かれた、「第49回町田市青少年の日スポーツ大会柔道大会」に出席・応援しました。市議会では、出席議員の自己紹介の後、佐藤和彦副議長が代表あいさつされました。試合は小学生と中学生が出場し、学年別、あるいは中学生にあっては男女別に試合が行われました。

IMG_20180415_115742 IMG_20180415_115749小学生の低学年から知っている中学を見かけましたが、その本人はけがで欠場していることを知り、その回復を求め、握手をして激励しました。その兄弟姉妹が活躍する姿を見せていただきました。その試合では、全試合を観戦応援しました。

 また、その前日には、町田市合気道連盟の総会に出席しました。普及の必要性を考え、新たな分野への広報、連携が求められていました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守連合

議長が決裁文書の再確認するケースは現実にある2018.04.15

 「こうした文書作成の経過で、相手に会った、会わなかったが問われるケースもありうると考え、当該文書の記載を再確認することもあります。」と前の記事に書きました。
決裁文書のサインの時期(すぐに書くか、時間をおいて書くか)2018.04.14

DSC_0192

IMG_20180104_094430_1

IMG_20180104_104352

 平成30年1月4日の議長訪問者の方々と議長応接室で記念写真を撮りました。このほか、選挙管理委員会の皆さんの訪問があるのですが、ブログ記事には記載していますが、写真は撮っていなかったようです。また、議長室には共産党の皆さんの来場を記念した写真があります。
 いわゆる議長の初仕事について2018.1.4
 なお、こうした記録は公式記録ではなく、私的記録ですが、連綿と書き続けていることでなにかの証明には有力証拠とされるでしょう。続きを読む

決裁文書のサインの時期(すぐに書くか、時間をおいて書くか)2018.04.14

 議長の職務において、文書に決裁のサインをすることは、重要、かつ、件数も多数あることを前回示しました。
 その記事は、以下のものです。
行政・立法機関の文書類の決済(決裁文書と書類とサイン)2018.04.13

 下は、視察受け入れの写真(はるか以前に、視察申し込みの文書にサインをします。この写真の視察時は、まだ、議長に就任していない)
DSC_0192

 今回は、決裁文書のサインの時期(すぐに書くか、時間をおいて書くか)をついてを語ります。
 決裁文書は、大半直ちにサインを入れます。
 それが、議長室に入る目的でもあります。つまり、町田市議会においては、議長は各会派が競ってその該当者を選出する努力(今の若林議長は、異議なしで決定。私が議員になって以降、初めてのケース)を重ね、議長が選出され、議長はその会派活動を継続し、会派室に出入りすることは普通に行われてきました。私の場合、所属会派室に同会派議員がおれば、必ず会派室にも立ち寄りました。それほど、会派とは一体に行動してきた自分です。

 話を戻して、私の議長時代(平成30年3月8日まで)における「決裁文書のサイン」ですが、まず、表題を確認します。次いで、その他の事項に目を配り、付属文書もページをめくります。
 速記が入った会議の議事録の場合は、内容を個別に確認することはありません。その装丁を見るに過ぎないものです。
続きを読む

公園トイレの「荒れ」の放置は是正されることになりました2018.04.13

 小山田桜台の公園内のトイレが痛んでいて(荒れていて)放置されていた件で、この間、何度も照会をしていましたが、地元の関係者の方と町田市の担当者と話し合いがもたれ、地元の意向が組まれ、かつ、補修の範囲で改善が図られる見込みがありました。
 
 こうしたことの詳細に自分がかかわる必要も理由もないので、関係者の協議に期待して終わりにしたいと思います。
IMG_20180410_121423

IMG_20180410_121345

IMG_20180410_121638

 冒険遊び場がすぐそばにあるんです。
 以下は、参考で元記事です。
池のカメの特徴は、歩みが鈍いことか、それとも噛みついたら離さないことか!2018.04.10
 以下は、関係ユーチューブ動画です。自分では、わかりやすい内容だと思っています。
 公園トイレの改修、修繕の問い合わせに返答無し2018.4.10
 記 町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会

行政・立法機関の文書類の決済(決裁文書と書類とサイン)2018.04.13

 小学校設置にかかわる国有地売却や、獣医学部新設にかかわる許認可にかかわる問題とその経過にかかわる書類の決裁に関して、行政の判断やその後の説明の在り方が問われています。この間、あるものを無かったとされながら、改めてその書類が出てくる事態が多数発生しています。このことは、自衛隊の海外派遣の現地日報記録についても同様の事例が連日発生しています。行政職員が無能なのか、あるいは怠慢なのか、それとも、政府のトップ、あるいは官邸がその影響力を行使して情報を遮断させているのか、今後の進展次第で動静が変わってくるのでしょう。

 そもそも、これらは、情報公開法にもとずく請求がなされた文書類がありますが、無いとしたもの、あるいは破棄したとしてきたものが、今日になって改めて出てきたところです。行政機関が情報公開法をないがしろにしていることだけは疑いえないことがらといえます。
IMG_3177

 <議長任期最後の日(=平成30年3月8日)で、決裁書類に目を通しました>続きを読む

インターン体験記 2本をアップ2018.04.12

 新着のインターン体験記 2本をアップ2018.04.12しました。

● インターン体験記 立木 優花 第5-2回 2018.04.4-1
● インターン体験記 立木 優花 第5-1回 2018.04.4-1
IMG_3414 第5-1は、相模原市にある民間企業が運営する高齢者施設や高齢者住宅を見学したものです。地元の企業が運営するもので、特に「見守り付き高齢者アパート」は全国初というタイプのもので、セキュリティー企業が運営するものとは大きく異なったタイプのものであることがわかりました。

IMG_3432 立木さんを同行して、町田市立博物館で開催されている、「小瀧千佐子コレクション 旅するヴェネチアン・ビーズ 16世紀のアフリカトレード・ビーズから20世紀のコスチューム・ジュエリーまで」を鑑賞しました。そのレポートを掲載しました。
 記:町田市議会議員 吉田つとむ 保守の会
livedoor プロフィール

発見動画チャンネル

Archives
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ