1e230fc5.jpg 前回に続き、自分にとっても珍しい写真の公開です。昭和61年当時は、こうした顔立ちでした。自分で見ても優しそうですが、力がありそうな顔には見えませんね。

 このときが、私が衆議院選挙に立候補した1回目の時です。今まで、その当時の私に投票したと名乗っていただいた方は、知り合いを除いてわずかに2名のみです。自分からはまったく知らない、26000人以上の人が投票してくれていました。

 わずかばかりの友人を頼り、ほとんどは町田市外からの応援部隊をつのり、選挙戦を行いました。その間、良くぞ倒れることも無く、選挙戦を高かったものと自分でも不思議に思うくらいです。






 このパンフレットは長い間行き先不明でしたが、先日片付け物をやっている時に出てきたものです。「サラリーマン新党」と明記していますが、の政党はその後内部の対立を繰り返し、倒壊していきました。私は、そうした姿を見て、同じ道は歩まないと考え、地道に政治の道を歩むことにしました。

 なお、当時は、「吉田勉」としてポスターにも名前を全部漢字で表示していました。市議選に出る時、「吉田つとむ」として出ましたが、それも落選でした。決して、名前のせいではありませんでした!