2005年03月

2005年03月31日

FRANCE PIZZA BAGUETTE

a0d5b33b.JPG
会場内の食事は高い高いと言われてますが、確かにそういうのもある。でも、ココでしか食べられない物や、会場の雰囲気を楽しみながら出来たてを食べられるモノも探せば結構あrますよ。
コモン3の南側にある「FRANCE PIZZA BAGUETTE」は熱々チーズがとろけ焦げる芳ばしい香りで、実は結構にぎわっています。
 
 


ポルトガル・パビリオン

パビリオンのメインテーマは、「自然と歴史−陸地の始まりであり、海の終わりであるポルトガル」。
プレショーはBGM無しのポルトガル紹介映像。展示はポルトガルと日本の関係やポルトガルの自然、コルクの原木など。
 
ショップ・レストランもチェック。
ポルトガルの赤ワインを味見してみました。フル・ボディで結構イケました。売店のコルク製品や素焼きの水差しや花瓶もリーズナブル。店内は明るくお洒落でした。
 

PICT0359.JPGPICT0358.JPG

 

 

 

 

 



ルーマニア・パビリオン

来場者の入出時にあるゲートのポールを回すと、その力が歯車を伝わって巨大な水車を回すカラクリ仕立ての仕掛けがある。中央には映像シアター、半地下にはルーマニア料理のレストラン有り。今日は夕方の数時間は準備中でした。
PICT0356.JPG

アイルランド・パビリオン

今日は初のナショナルデー「アイルランド・デー」。
アイリッシュダンスと音楽に気分も高まったのでアイリッシュ・ウイスキーが飲めないかなあ?と思い、アイルランド・パビリオンのあるコモン4へ行ってみた。
アイルランド館の中央広場ではアイリッシュダンスの真っ最中。来館者の暖かい手拍子で盛り上がっている。周辺では映像や展示でアイルランドの歴史や自然、伝統工芸等を紹介。ベッドのような椅子に寝そべって天井の映像を見るミニシアターも人気有り。
他のパビリオンには売店やレストランがあるのにここには有りませんでした。
56b6a7ea.JPG

2005年03月30日

東大カフェ レーベルアート

24a6ca27.JPG PICT0288.JPG

昼時、センターゾーン付近や企業パビリオンゾーンのレストラン&コンビニは相変わらず込んでいるので、遊びと参加ゾーンの「東大カフェ レーベルアート」へ入ってみた。 http://www.labelart.jp/pavilion/

愛・地球博のオフィシャルサイトには「東京大学の学生有志が中心となり運営。ホットドッグ、ハンバーガーなどを提供するとともに、店舗全体をアート空間として演出するカフェ。」 と書いてある。

写真に写ってるように、伊藤ハムが食材提供らしい。 万博会場でハンバーガーが食べたくなったらココですかね。
PICT0285.JPG PICT0287.JPG

2005年03月29日

コモン2

■メキシコ・パビリオンコモン2を入って右手のパビリオン。陽気なマリアッチのリズムに誘われてパビリオンの中へ・・・。(入り口には記念撮影用のメキシコプロレスのマスクやソンブレロが有り笑えます。)パビリオンはスモークの滝や本物の小川を遡りながら、メキシコの民族遺産や自然史、科学や現代アートが楽しめる博物館といった展示です。限られた空間の使い方はこれまで観たパビリオンの中でもかなり上手な方だと思います。出口にはメキシコ料理レストランが併設。コロナ・ビール片手に食事している人たちが楽しそう。

PICT0278.JPG

 

 

 

 


ed89bac1.JPG PICT0277.JPG



2005年03月28日

雨の月曜日

雨。月曜日ですが開幕以来最多の入場客数でした。
公式入場者数:61,763人(3月28日21:30最終) / 総入場者数207,498人

050328-1424.jpg050328-1425.jpg


2005年03月27日

「スペイン・パビリオン」のタパスで実食




ガスパチョとサラダが付いてます。ワインは別。(写真では料理が来る前に既に飲んでしまい減ってますが。)
美味しいデス。
11:30に行きましたが結構席が埋まってました。
早めに行くのがお勧め。

2005年03月26日

会場探検

■IMTS(Intelligent Multimode Transit System)


会場の南北を結ぶ無人交通システムIMTS。
けっこうのんびり走ってます。会場内全ての乗り物に言えることですが。。。


■イタリア・パビリオン

イタリア館の目玉「踊るサテュロス」
建物の2階は本格的なカフェとバール有り。
イタリアは「かきつばた池」横にお洒落なレストラン「ドルチェ」も出店してます。
4月中まで開幕記念メニュー有り。


■スペイン・パビリオン




2005年03月25日

開幕初日の風景

山本寛斎プロデュース「愛・地球博オープニングイベント」とぶぞっ〜いのちの祭〜
http://www.kansai-inc.co.jp/activity/events/newestEvents.html

イベントで登場する虎たち。ちょっと猫っぽい。本番レポートは後日。




エキスポプラザ・スコープ
http://www.docomo-expo2005.jp/pc/plaza/expo_p_s.html
ミックスド・リアリティーを体験できる展示。逆光のためか、モニターの不良か、画像が見づらいのが残念。




スペイン・パビリオン
http://www.expoaichi2005.com/jp/html/00home/index.jsp



登らないでください。

LOEWEのショップも入ってます。

スペインの国家を代表する13人の料理人の作品が味わえます。




フランス・パビリオン
http://www.expo2005.fr/aichi/internet/

館内の様々なメディア・アート作品が目を引きます。
スペインもイタリアも、ここフランスも、ヨーロッパのパビリオンは皆お洒落です。
(ルイ・ヴィトンの展示や、3階にはフレンチレストランも有ります。)



メインは壁4面と天井に映像が映し出される大型シアター。
環境・戦争・貧困・エネルギーなど、未来への強いメッセージが感じられた。
日本の民間企業パビリオンよりも大人向けでお勧め。(感動して写真撮り忘れました。)



185パフォーマンス・サーキット
ソル・バンバン隊のみなさんです。