787.TSUBAMEのきまぐれブログ

08年10月から目下連続更新中、787.TSUBAMEの超きまぐれなWebLogです。経済関係を中心とした時事問題が多くを占めますが、愛車三菱i(アイ)の燃費レポートや本来メインコンテンツにしたい鉄道関係の記事、グルメ関係の記事も忘れずに書いていこうと思っています。

桜散歩

私の通勤コースは、北九州市小倉北区から国道322号線を南下して田川市に至るルート。途中で北九州と田川郡を分ける金辺峠を超えるのだが、沿線の緑の豊かなこと。久しぶりに通うこの道、桜の季節は心が浮き立つ。
iPhoneってあんまり好きじゃないんだけど、カメラはいい。結構たくさん、撮りました!
image

image

image

image

image

ジムニー 燃費レポート その24と25

燃費レポートをサボってしまった。と、言っても、自動車系SNSのみんからにはきちんとアップしてあるのだが。

さて、まずは3月30日のリザルト
前回走行キロ:88603キロ
今回走行キロ:89055キロ
走行距離:452キロ
給油量:36.02リットル
∴区間燃費:12.55キロ/リットル

続いて昨日、4月10日のリザルト
前回走行キロ:89055キロ
今回走行キロ:89538キロ
走行距離:483キロ
給油量:37.32リットル
∴区間燃費:12.94キロ/リットル

暖かくなるにつれ、燃費も良くなってきている。昨日は夢のリッター13キロ目前。いい感じだ♪

今年の桜

今年の桜は、少なくとも北九州では恵まれていない。
ここ数年、3月下旬から咲き始めていたが、今年はその頃に寒の戻りがあり、4月に入っても肌寒い日が続いていた。ようやく先週、暖かくなって桜も一気に満開になったのも束の間、今朝から雨、しかも夜になって強い風が吹き荒れている。咲き始めの桜は、多少の雨では散らないが、この風には抗えまい。

先週から撮った、今年の桜。JR九州日田彦山線の採銅所駅周辺で撮ったものだ。満開になったら、まるで夢の中にいるかのような美しさ。
image

image

image

image

image

平成29年、初つばめ

今年の初つばめを見かけた。小倉北区の清水交差点付近で、商店の軒先のテントから飛び立ったところ。巣の補修かなぁ、寒の戻りがあったから、いつもより遅い初つばめだった。

国鉄からJR 30年

昨日は日本国有鉄道、国鉄が解体されて30年目の日。すなわち今日は、JRグループが発足して30年目の日となる。
国鉄は、当時「3公社5現業」と呼ばれた国による公共企業体の一つで、沖縄県を除く全国にユニバーサルサービスとしての鉄道網を敷いていたが、いわゆる「親方日の丸体質」が裏目に出て経営が破綻し、6つの地域別旅客会社と貨物会社に分割、民営化されたというのは周知のとおりである。

私も当時は、ユニバーサルサービスが終結することの懸念を抱いていたが、全体的に見るとこの改革は少なくとも失敗とは言えないだろう。どう考えても、改革を行わなければ破局していたのは間違いないと思われるし、本州3社のみならず、経営基盤が弱いと言われていたJR九州も株式上場にこぎ着けたのだから。
一方、北海道、四国、そして貨物の3社においては、改革により負の部分を背負い込み過ぎたようだ。特にJR北海道は今、鉄道会社として存続の危機に晒されている。

鉄道のようなインフラ産業において、特に採算性が低い路線の維持は難しい。単純に企業経営という面からすると、不採算部門は即、リストラの対象となるのだが、利用者(実際に利用することがほとんどないような「利用者」も含む)はそれを許さない。
そのような状況であれば、路線網を「公共財」と捉えて、いわゆる「上下分離方式」を導入し、鉄道を維持する、そのような決断も必要となろう。


ところで、国鉄の全国鉄道網とJRグループによる地域別鉄道網、マクロ的に見て変わった点は、「夜行寝台列車の廃止」と「新幹線網の整備」であろう。ブルートレインの全廃は、鉄道ファンにとって寂しい出来事だった。
実は昨夜、ツイッターで何気に「#子供の頃青ってかっこいいよなって思わせた存在 、やっぱり国鉄のブルートレイン」と呟いたのだが、24時間で1万2千を超えるページビューを記録してしまった。
image

掲載したイラストは、2008年6月号のレイルマガジン誌に掲載頂いたものである。
当時はまだ、九州ブルトレが健在であったが、それから一年足らずでラストランを迎えた。
「ななつ星」や「四季島」、「瑞風」と言った豪華クルーズ列車が話題を集めているが、ファンの皆さんはやはり、ブルートレインが大好きみたいで、とても嬉しかった。どうやらJR西日本は、庶民でも楽しめる夜行列車の運転復活を検討しているようだ。楽しみにしておきたい。

チキンカレー

今日は久しぶりにカレーを作った。まあ、カレーなんて構えて作るものじゃないけど。
image

材料はオーソドックスにジャガイモ4個、にんじん1本、玉ねぎ2個。鶏肉はモモ肉で、多分500グラムくらいかなぁ。シメジは家の定番。
それぞれをザクザク切って、そーそ、みじん切りの玉ねぎはもちろん、飴色玉ねぎ用ね。
image

とろ火でみじん切りの玉ねぎを炒めて飴色になったら、あとは中火で鶏肉を炒めて野菜を投入して煮込む。
image

今回ご支援賜ったルーは、エスビー食品の「とろけるカレー」。甘口を6欠、中辛を2欠で合わせて1箱分を使った。
image

味見用に小鉢に。まろやかな中にも、スパイシーな味。隠し味に蜂蜜と、思いつきでプチトマトを4個入れてみたが、コクが出たみたいだ。でも、ニンニクはまだしも、月桂樹を入れ忘れたのはご愛敬だ。

なお、鶏肉を切る時、皮がキレイに剥がれたので、適当に切って塩コショウで焼いた。
image

これがまた、カリカリで香ばしくて、実に美味かった!なお、出てきた脂をカレーに投入したのはいうまでもない(^^v

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 佳境へ

春アニメもいよいよ大詰め。私の一押し、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」も残すところ2回となった。
「機動戦士ガンダム」のフォーマットは踏襲するものの、メカ同士の戦闘シーンよりも人物とその心情に重きを置いたストーリー、むしろ「任侠物だろう!」といわれる本作。

ところで先週オンエアされた第48話「約束」。
ギャラルホルンの革命を訴え決起したセブンスターズの一人、マクギリス・ファリドの作戦は失敗に終わり、行動を共にした鉄華団にも反逆者の烙印が押されてしまった。優位に立ったラスタル陣営の包囲網は、鉄華団の火星本部に迫り絶体絶命の状況。しかし、「一人も欠かさず生き延びたい」という信念のもと、鉄華団は包囲網からの突破口を発見、一縷の希望を見出した、なのに...。響く乾いた銃声、斃れるオルガ・イツカ。

終盤になって、兄貴分のタービンズは壊滅し、鉄華団からもどんどん死者が増えていく中、なんとか残ったメンバーだけでも生き伸びて欲しいという願いがようやく叶うと思った矢先の出来事に、涙すら出なかった。
絶望的な展開を見せる2期ラスト前、かつて富野由悠季監督が「機動戦士ガンダム」に次いで制作した「伝説巨神イデオン」みたいな結末を本作が迎えるのではないかと心配している。

あまりに哀しい第48話のラストシーンだったので、昨年末に仕上げた三日月オーガスとオルガ・イツカ、そしてガンダムバルバトスのイラストをアップしたい。
image

次回「マクギリス・ファリド」。オルガを失った鉄華団、その先にあるのは...。

ジムニー燃費レポート その23

三寒四温。先々週は暖かく感じていたのだが、先週は天気がよかったからか、明け方の冷え込みが激しかった。と、なると、心配なのが燃費(笑)

前回走行キロ:88318キロ
今回走行キロ:88603キロ
走行距離:285キロ
給油量:23.72リットル
∴区間燃費:12.02キロ/リットル

案の定、燃費が悪化している。寒いこと、そして窓が曇ることでエアコンを使ったからなぁ...。

小倉南区 ラーメン「珍楽」

今日のお昼は、北九州市小倉南区のラーメン「珍楽」。
お店自体は以前から気になっていたのだが、なかなか行きだせなかったところ、知人伝に旨いと聞いて、行っていた。

店構え自体は、正しく昭和レトロな雰囲気。良く言えば味がある、悪く言えば汚い、でもその汚い雰囲気にも年季を感じさせる、そんなお店だ。もちろん、「汚い」といっても「不衛生」という意味ではないので念のため!

メニューは極めてシンプル。オーダーしたのは知人お勧めの「ラーメン木耳(きくらげ)」600円也
オーダーを通してから、結構待たされる。福岡の早い店からすると倍くらい、とは言っても、首都圏のラーメン屋の待ち時間くらいだろうけど。

で、こちらが「ラーメン木耳」
image

たっぷり入ったきくらげに贅沢を感じる小市民な私(笑)
まずはスープから。比較的あっさり目の醤油とんこつ。臭みなどは全く感じない。
麺は中太のストレート、茹で時間がやや長いのか、少し柔らかい加減だが、これがスープに合う。麺の表面がスープを吸うのだろう。最初は少し醤油辛く感じたスープも、食べ進むにつれ、程よく感じるようになった。
やや柔麺に、コリコリのきくらげはいいアクセントになる。普通のラーメンプラス50円で、全然楽しくなるのだから、お得だ。
チャーシューは、あくまでも主役を引き立てますよという感じの、小さめのが数枚入っている。
最近のとんこつラーメンは、下手をすると豚の背脂を浮かせて必要以上にギトギトにし、その分を塩でごまかすという風潮だが、そんなことはどこ吹く風とばかりに、真面目に、実直に一杯一杯作られている、そんなラーメンだった。

印象的だったのは、ご主人。最近のラーメン屋の店主は、「眉間に皺を寄せた難しい顔付きで客を睨み、食べ方まで指定する」という風潮で、それがもてはやされているが、ここのご主人は柔らかい物腰でニコニコしながら接客するのだ。どうやら今日は奥さんと調理場でケンカしていたみたいだったが(笑)、お客に接する時はホントに嬉しそうなのだ。
ラーメン屋もサービス業、お客を気持ちよく満足させる商売だから当たり前の事なのだが、それができない、むしろできないことを「誇る」店が多くなっている中、嬉しかった。

店もレトロ、ラーメンもレトロ、ご主人もレトロ。今どきの華やかさはないが、長年続いた老舗の味、美味しかった。

ピーク期対応、終了!

今年も無事に、ピーク期対応が終了した。久しぶりの田川ブランチ勤務、前回勤務時と体制が全く変わっているのだが、さすがに今年はヘトヘトだ。

そんな中、今年も臨時スタッフの皆さん方には、本当に一生懸命取り組んでいただけた。最小限といえるメンバーで、でも真剣に仕事をしていただいたお陰で、本当にスムーズにこの時期を乗り切ることができた。
ほとんど専門知識もない中から、僅か一月半ほどで、ほぼ全幅の信頼を寄せていいほどに業務内容を習得し、多くの来場客をこなした皆さんに、心からお礼申し上げたい。そして、この間に習得したスキル、何より自信が今後の皆さんの糧になるであろう事を信じている。

運営面では色々とご迷惑をおかけしたこと、庶務担当に代わってお詫び申し上げたいが、可能であれば、また来年、一緒に仕事をしていただければ、本当に嬉しい限りだ。

短い間でしたが、本当にありがとうございました。機会があればまた、お願い致します。
Twitter プロフィール
訪問者数

ニュース ヘッドライン
最新コメント
最新トラックバック
開業 石川  (接骨院開業支援のネット集客プランNo.1)
長崎・北陸新幹線、起工
Wordpressテーマ(mono-C-3)1ヵ月メールサポート付 (Wordpressテーマ(mono-C-3)1ヵ月メールサポート付)
平成24年度の設備投資 その2
『Brownie(ブラウニー)』オイシイけれどお菓子じゃない!何がオイシイかは使えばワカル!ザクザク見つかるお宝キーワード。超強力なキーワード発掘ツールが遂に誕生! (『Brownie(ブラウニー)』オイシイけれどお菓子じゃない!何がオイシイかは使えばワカル!ザクザク見つかるお宝キーワード。超強力なキーワード発掘ツールが遂に誕生!)
近畿車輛、ロスの路面電車を受注
787.TSUBAMEのウェブサイト
創作工房
参加中〜クリックしてね!
Profile
ブログ通信簿 by gooラボ
ケータイアクセス
QRコード
きまぐれブログ 記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ