P1060165trim.JPGM10Sさんのブログ「La stazione di M10S (versione di blog)」6月4日付の「さよなら91号機・92号機」でも紹介されていたとおり、JR九州でブルートレインの牽引に当たっていたED76型電気機関車の91号機と92号機が、廃車のために小倉工場に取り込まれている。リンクされている「鉄道ファン・鉄道ニュース」の記事も確認して、翌日小倉工場の様子を伺いに行ったのだが、ED76と思われる電気機関車2両分のパンタグラフが手前に留置されていたブルトレ電源車の陰から確認できただけだった。
P1060184trim.jpgその後、変化はあろうかと思って先日、小倉工場を再訪してみたところ、ご覧のような状況であった。このED76、奥のJRマークからも分かるとおり、JR九州車だが、すでにナンバープレートも取り外されており、車番の確認が出来ない状況であったが、前述の91号機と92号機、いずれかであろう。かろうじて原型はとどめているものの、足元の線路は破砕くずで埋もれており、週明け早々にも解体工事に着手されそうな雰囲気であった。
P1060173trim.jpgさらに右側に目を向けると、もう一両のED76の姿があった。こちらは銀色の運転室ドアから分かるとおり、JR貨物車である。解体資材の山の向こうに留置されていたためナンバープレートの確認は出来なかったが、すでに取り外されていると思われる。屋上の高圧ケーブルもすでに取り除かれており、写真の左にいるワニラーが不気味に出番を待っているという状況だ。
なお、もう一両のED76、91号機と92号機のいずれかもう一両はこの時点でまだ、電源車の陰に留置されていた。これらの位置関係について、Google Earthの画像を掲載するので、参照されたい。小倉工場_GoogleEarth.JPG
華やかな新車登場の影で、役目を終えた車輌は人知れずその生涯を閉じてゆく。いよいよ少なくなってきたED76を始めEF81も予断を許さない状況だ。彼女らの最期の活躍の姿を、できるかぎり捉えていきたいと思っている。

にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村