2005年12月19日

男たちの大和/YAMATO3

製作国:日本
公開:2005年12月17日
監督:佐藤純彌
音楽:久石譲
出演:反町隆史、中村獅童、仲代達矢、鈴木京香、松山ケンイチ、長島一茂、渡哲也 ほか

平日の仕事帰りに、立川シネマシティで鑑賞。

ストーリーはこんな感じ。
昭和19年の春、戦艦大和に乗り込んだ神尾(仲代達矢/松山ケンイチ)たちには厳しい訓練の日々が待ち受けていた。彼らは上官の森脇(反町隆史)や内田(中村獅童)からの叱咤激励により、訓練に励んでいたが、日本は敗戦の様相を呈していた。そんな中、米軍が沖縄上陸作戦を開始したことをキッカケに、大和には沖縄特攻の指令が下されるのだが・・・


北緯30度43分、東経128度04分。大和が沈没した戦闘シーンは壮絶でした。あんな痛々しい映像を見せつけられたのは、ここ最近の邦画ではなかったような気がする。

映画で描かれていた戦闘シーンは実際のものと少し違うようで、魚雷もかなり打ち込まれたんですよね。まあ米軍の航空隊が386機も攻撃をしてきたというのだから、実際にはあんなものでは済まなかったのでは・・・というのが本音なんですけどね。ただ色んなことを考えると、死を覚悟して挑んだ、「死二方 用意」という言葉がやはり心に突き刺さります(ーー;)

ただ映画として見た場合、素直に良かったとは言い難いですね。登場する人物の背景的な描写が少なく、感情移入がしにくかったこと、登場する人物のエピソードを少しでも多く扱おうとしているせいか、繋がりがあまりよくなかったことでしょうか。まあ一人の人物だけを深く掘り下げてしまうと、戦争に対する恐怖が伝わりにくくなるだろうから、しょうがないとは思うんですけどね。そして、もうちょっと大和自体を取り上げて欲しかったような気も・・・。時間上無理なのはわかってるけど(^_^;)

その反面、この時代に生きた人たちがいたからこそ、今の平和な日本があるのも事実で、そういったことを考えると、こういう映画の評価を簡単に下げてしまうこともできないような・・・なんとも複雑な気分です(ーー;)

ちなみに1000万人動員を目指し、角川春樹氏が東宝でも公開してもらおうと、強力を要請しているみたいだけど、果たしてどうなるのかな??

公式サイト

小説男たちの大和

女たちの大和

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 戦艦大和に散った人達がこれからの未来を託した思いがここに  [ オールマイティにコメンテート ]   2005年12月21日 08:20
4 今年が戦後60年という事で制作された「男たちの大和」だが、実話という点ではやはり戦争の過去は忘れてはならないと常に思う。戦艦大和は60年経た今でも伝説の戦艦として語り継がれているが、ある意味で時代から取り残された戦艦だったとも言える。
2. 男たちの大和/YAMATO  [ まつさんの映画伝道師 ]   2005年12月21日 10:23
第307回 ★★☆(劇場) (政治的発言含まれるので、ご注意あそばせ)  長渕剛は今年行ったライブでこう発言した。 「最近は国旗を掲げると『右』だとか『左』だとかうるさく言う輩がいて、自分の国を愛することを声高々と言えなくなっているが、それなら俺....
3. 男たちの大和/YAMATO  [ 欧風 ]   2005年12月22日 01:00
「男たちの大和 YAMATO」は17日から公開なんですが、この映画やこの映画をベタ褒めしちゃってるINDYならば、当然初日の初回に観に行くだろうって思ってました?いや、そんな事気にしてないしとかそう言う意見は馬耳東風でいくとして、ああ、もちろん行ったとも!例...
4. 男たちの大和/YAMATO  [ 色即是空日記+α ]   2005年12月22日 14:04
試写会行ってきました。非常に年齢層の高い試写会でした。 泣きましたよ。。。 かなりいろんなところから賛否両論ありそうですが すごく良い映画でした。     北緯30度43分、東経128度04分、水深345mの地点に大和は眠っている。その地点に行きたいという...
5. 男たちの大和/YAMATO  [ 色即是空日記+α ]   2005年12月22日 14:05
試写会行ってきました。非常に年齢層の高い試写会でした。 泣きましたよ。。。 かなりいろんなところから賛否両論ありそうですが すごく良い映画でした。     北緯30度43分、東経128度04分、水深345mの地点に大和は眠っている。その地点に行きたいという...
6. 男たちの大和/しんだらいけん  [ [混]ミックスランチ ]   2005年12月22日 22:16
昭和20年4月6日、「水上特攻」の命を受けた大和は3000余名の 乗組員を乗せ、最後の出航をしました。 『男たちの大和/YAMATO』であります。 「宇宙戦艦ヤマト」を見て、戦艦大和のプラモを作り 海や船に憧れて育った者としては観なくてはならない映画であります。
7. ■週末の学び12/23「大和」〜男たちの大和/YAMATO必見です〜  [ 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! ]   2005年12月23日 14:12
※明日が祝日なので 一日繰り上げます   急遽内容を変更して贈ります   水上特攻って知ってますか?   大切な何かを守るために 命をかけたことはありますか?   ●大和   以下をクリック ↓↓↓↓↓↓   http://www.jyohoku....
8. 男たちの大和 YAMATO  [ ★★レガシィBP5 2.0GT spec.B WR-Limited2004★★ ]   2005年12月23日 15:22
一本目です。男たちの大和 本編前の予告 ・・・高橋しん原作の「最終兵器彼女」があった!! えーーー、ついに映画化されるのかっ♪♪ これも感動作ですよ、楽しみ また原作読まなきゃ・・・ 予告が何本か続いた後に、いきなり始まった。 映画に吸い込まれていっ...
9. 映画館「男たちの大和 YAMATO」  [ ☆ 163の映画の感想 ☆ ]   2005年12月25日 16:06
「戦艦大和」存在は知っていましたが、日本史が嫌いな私はどの時代のことなのか知らずにいました。父が観たいと言っていたので、父と一緒に観に行ってきました。 戦闘機の時代に日本が一生懸命作った戦艦大和。負ける戦争だと分かっていても戦わなければならなかった。...
10. 映画『男たちの大和 YAMATO』 佐藤純彌  [ ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録 ]   2005年12月26日 06:57
<戦後60周年記念作品>と銘打たれた戦争巨編!! 嗚呼、日本男児たるもの、これを観ずにいられましょうか!!! ということで観てきました。うーむ、困ったな。なぜ困ったのかというと、まったくグッと来なかった! のであります。うーむ、 Oh! イッツ・ザ・非国民....
11. 『男たちの大和/YAMATO』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2005年12月26日 08:30
■監督・脚本 佐藤純彌■原作 辺見じゅん「決定版 男たちの大和(上下)」(ハルキ文庫刊) ■キャスト 反町隆史、中村獅童、仲代達矢、鈴木京香、松山ケンイチ、蒼井 優、長嶋一茂、余喜美子、高畑淳子、白石加代子、渡 哲也□オフィシャルサイト   『男たちの大和...
12. 男たちの大和/YAMATO  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2005年12月28日 01:51
5 「敵機は、1秒間に160mの速さで突っ込んでくる。 死んだら戦えん!生き抜くために、戦うんだ!」 1945年4月6日 3333名の男たちは、 最強最大の不沈戦艦大和と共に、 決戦の海へと向かった・・・ 「大和は沖縄に行くんじゃろ。 死んじゃら...
13. 男たちの大和/YAMATO 今年の247本目  [ 猫姫じゃ ]   2005年12月28日 04:54
男たちの大和/YAMATO 日本人なら、この映画を見て、泣け! 誰はばかることなく、この男たちに、感謝と、賞賛と、哀悼の念を抱け! もう、最初から泣き、でした。沖縄に向かって出撃したのに、枕崎から、たったの200Kmのところで轟沈した大和。仲代達矢 さん、鈴木京....
14. ・映画「男たちの大和/YAMATO」封切!  [ たまちゃんのてーげー日記 ]   2005年12月28日 09:45
2005年12月17日(土)。お正月映画がいよいよ始まりましたね。CMが沢山流れている「男たちの大和/YAMATO」も、封切りです。(オフィシャルWEBサイト(http://www.yamato-movie.jp/))長渕剛の歌も耳に残ります。。。男たちの大和/YAMATO↑こちらは書籍。2...
15. 男たちの大和/YAMATO(12月17日公開)  [ オレメデア ]   2005年12月28日 10:23
世界最大の戦艦『大和』の誕生から撃沈までを描いた映画. 原作となった辺見じゅんの同タイトルのノンフィクション作では,当時の生存者や遺族に対して膨大な時間を割いて取材を行い,命がけで巨大な戦艦に乗り込む男たちの生き様や,恋人・家族との別れを,主演の反町隆史や中...
16. 重厚、武骨な作品 「男たちの大和 YAMATO」  [ わたしの見た(モノ) ]   2005年12月28日 18:39
YAMATO浮上!-ドキュメント・オブ・『男たちの大和/YAMATO』- ?「男たちの大和 YAMATO」 正月映画の中で、製作発表時から、 ダントツ期待値が高い2作品、 「キング・コング」と?「男たちの大和 YAMATO」 どちらも期待を裏切らない、素晴しい出来ばえだった。
17. 「男たちの大和/YAMATO 」  [ 雑板屋 ]   2005年12月29日 04:16
3 人間ドラマ重視の戦争映画ってとこか。 とても丁寧に作られている気がした。 戦艦大和がかなりかっこいい!デカくて威厳があって迫力があって・・・。 広大な海に浮かぶ存在感・・・あの大和に乗れること事態がそれぞれの誇りでもあったんだと思う。 物語は現代と過去....
18. 「男たちの大和/YAMATO 」  [ 雑板屋 ]   2005年12月29日 04:17
3 人間ドラマ重視の戦争映画ってとこか。 とても丁寧に作られている気がした。 戦艦大和がかなりかっこいい!デカくて威厳があって迫力があって・・・。 広大な海に浮かぶ存在感・・・あの大和に乗れること事態がそれぞれの誇りでもあったんだと思う。 物語は現代と過去....
19. 「男たちの大和」試写会  [ ミチミチ ]   2005年12月29日 13:00
「男たちの大和」 監督・脚本 佐藤純彌 原作 辺見じゅん CAST 反町隆史/中村獅童/鈴木京香・・・ story  2005年4月、老漁師の元に一人の女性がやってきた。彼女は大和が沈んだところまで行ってほしいと頼む。漁師 神尾は大和の乗組員だった。彼はその場所を目指...
20. 「男たちの大和」昭和は終わらない  [ soramove ]   2005年12月29日 18:41
「男たちの大和」★★★☆ 反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ主演 佐藤純彌監督、2005年日本 あえて言うなら 無駄な死を目にして 悔しくて堪らなかった。 無駄な死というより 無残なと 言い換えた方が正しいのか。 戦争に行くということは 死ぬかもし...
21. 男たちの大和 YAMATO  [ 優みゃの辛口映画感想 ]   2005年12月29日 20:13
監督:佐藤純彌 出演:反町隆史     中村獅童     仲代達矢     鈴木京香、他 あらすじ{/book/} 昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい...
22. 今年〆の1本(映画 『男たちの大和』)  [ ON THE ROAD ]   2005年12月29日 23:52
今年自分の生活の中で変わったことの一つが映画を観るようになったこと。 その原因の一つが家から近い距離にシネコンができたことだ。 元来オレは古式ゆかしい『映画館派』を自認していたのだが… 現実には足が遠のくばかりでここ何年もレンタルビデオやDVDで 済ませていた。...
23. 男たちの大和/YAMATO  [ toe@cinematiclife ]   2006年01月02日 00:14
これが、今年最後の映画。 邦画だったっていうのが、自分では結構意外だけど、またしても号泣しちゃった。 私、戦争モノは苦手なので、泣くとは思ってなかったんだけどね??。 <STORY> 鹿児島県枕崎の漁港で、神尾(仲代達矢)は内田真貴子(鈴木京香)に依頼され戦艦大和が...
24. 男たちの大和/YAMATO  [ toe@cinematiclife ]   2006年01月02日 00:14
これが、今年最後の映画。 邦画だったっていうのが、自分では結構意外だけど、またしても号泣しちゃった。 私、戦争モノは苦手なので、泣くとは思ってなかったんだけどね??。 <STORY> 鹿児島県枕崎の漁港で、神尾(仲代達矢)は内田真貴子(鈴木京香)に依頼され戦艦大和が...
25. 「男たちの大和」試写会  [ ミチミチ ]   2006年01月03日 16:54
「男たちの大和」 監督・脚本 佐藤純彌 原作 辺見じゅん CAST 反町隆史/中村獅童/鈴木京香・・・ story  2005年4月、老漁師の元に一人の女性がやってきた。彼女は大和が沈んだところまで行ってほしいと頼む。漁師 神尾は大和の乗組員だった。彼はその場所を目指...
26. 男たちの大和 YAMATO・・・・・評価額1000円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年01月06日 00:05
あけましておめでとうございます。 新年の一発目は角川春樹の起死回生の一打。 実妹の辺見じゅんのノンフィクション「男たちの大和」の映画化だ。 どうもヒットしているらしい。 ????4
27. 映画「男たちの大和 YAMATO」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年01月06日 02:31
尾道で戦艦大和の映画用セットを原寸大(艦首から190mまで)で作成しているというニュースは随分前から流れていたので興味があった。 物語は戦後60年、ちょうど大和が沈んだその海のその日に真貴子(鈴木京香)が亡き父の散骨のために船を探すシーンから始まる。...
28. 男たちの大和/YAMATO 波状攻撃にやられました。  [ もっきぃの映画館でみよう ]   2006年01月08日 11:40
タイトル:男たちの大和/YAMATO 全国東映系ロードショー ジャンル:戦後X周年記念邦画大作/2005年/148分 映画館:京都・福知山スカラ座(146席) 鑑賞日時:2005年12月17日(土)初日,13:00〜 50人 私の満足度:70%  オススメ度:70%  <感想> 日本の戦争もの大作のお涙...
29. 男たちの大和/YAMATO  [ とりあえずな日々(仮) ]   2006年01月08日 22:34
5 男たちの大和/YAMATO 昭和19年の春。 特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは憧れの大和を前にし目を輝かせていた。 しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。 神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んで...
30. 「男たちの大和」見てきました  [ よしなしごと ]   2006年01月13日 20:21
 2005年最後の映画ブログは、男たちの大和です。
31. 映画『男たたちの大和』劇場鑑賞  [ 蛇足帳~blogばん~ ]   2006年01月16日 00:21
友達に誘われて映画『男たちの大和/YAMATO』を観て来ました。日曜の夕方だけあって席は満席状態でした。 ストーリーは、2005年4月、鹿児島県枕崎までやって来た内田真貴子は、「大和が沈んだ場所まで船を出して欲しい」と頼み、彼女が戦中時代の自分の上官である内田守の....
32. 「男たちの大和/YAMATO」を観てきました。   [ ブツヨク人 〜 GOのハッピー?!ライフ ブログ 〜 ]   2006年01月23日 00:17
5 遅ればせながら昨日「男たちの大和/YAMATO」を観てきました。 監督・脚本: 佐藤純彌    原作: 辺見じゅん「決定版 男たちの大和(上下)」(ハルキ文庫刊)   キャスト: 反町隆史 / 中村獅童 / 仲代達矢 / 山田純大 / 鈴木京香 / 松山ケンイチ / 蒼井 優、...
33. 男たちの大和  [ オイラの妄想感想日記 ]   2006年02月03日 11:07
3 大和に乗った男たちの壮絶なる戦いのお話。 冒頭に鈴木京香(役名忘れた)がどうしても大和の沈んだ場所に行きたがり、一人の老人がそれを引き受ける。
34. 「大和」世界航海 40か国・地域100社からオファー !サイパン出発前に  [ 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! ]   2006年02月14日 20:42
映画「男たちの大和/YAMATO」が40カ国からオファー
35. 男たちの大和  [ Let's enjoy!失業生活!! ]   2006年02月16日 09:31
自動車学校に設置されていた情報発信テレビで、ひたすらCMしていた映画。 基本的に平和主義者なので、戦争モノはあまり好かないが、出てくる女の子の仕草がかわいらしく、長渕の魂を感じさせる歌が印象的で気になっていた。 movixがメンズデイで1000円だったので、観てきまし...
36. NO.142「男たちの大和/YAMATO」(日本/佐藤純彌監督)  [ サーカスな日々 ]   2006年04月24日 05:49
集中砲火を浴びる大和が、 伝承したかったことはなんだろう。 小さい頃、父の書斎にあった一冊の写真記録集。横長のアルバムサイズで、海軍の太平洋戦争の記録であった。日本の連合艦隊をはじめ、主たる戦艦は、巡洋艦クラスまで収められていたが、やはり旗艦「大和」と姉妹...
37. 男たちの大和/YAMATO  [ 平成エンタメ研究所 ]   2006年05月02日 14:51
 大和の沈んだ海で内田真喜子(鈴木京香)が義父に代わって言う。 「ただいま戻りました。今まで生かしてくれてありがとう」  その言葉に救われる神尾克己(仲代達矢)。  というのは神尾は60年間自分だけが生き残って来たことに罪の意識を持って来たからだ。  大和の...
38. 『男たちの大和/YAMATO』2005年155本目  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2006年05月08日 21:03
5 全長263m 満載排水量72,808t 46センチ砲三連装3基を搭載した世界最大の戦艦。 日本海軍の象徴として建造され、日本海軍とともにその生涯を閉じた。 昭和20年4月。 絶対国防圏が破られ、グアム、サイパンも玉砕し、硫黄島も玉砕した。 もはや本土決戦は必死。 圧倒...
39. 男たちの大和/YAMATO  [ 日々是桜 ]   2006年05月30日 06:48
日下公人・伊藤洋一両氏の共著「上品で美しい国家」に、実にいいエピソードが載っていますので紹介させて頂きます。 BLOGランキング参加中。ぽちっとご協力お願いします!m(._.)m
40. 男たちの大和−(映画:2006年118本目)−  [ デコ親父はいつも減量中 ]   2006年09月24日 22:49
監督;佐藤純彌 出演:反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ、渡辺大、内田謙太、崎本大海、橋爪遼、山田純大、長嶋一茂、渡哲也、蒼井優、高畑淳子、余貴美子、鈴木京香、寺島しのぶ、白石加代子、奥田瑛二、仲代達矢 評価:85点 公式サイト (ネタ...
41. もう会えない君を、守る。「男たちの大和/YAMATO」  [ Addict allcinema おすすめ映画レビュー ]   2011年08月15日 01:06

この記事へのコメント

1. Posted by 優みゃ☆   2005年12月23日 09:57
星3つなんですね!
まだ内容は読んでないんですけど。。。
観る前に恒例のよっちん星チェックしてみましたo(^-^)o
優みゃもこれは絶対観に行かなくっちゃ(>_<)
2. Posted by よっちん   2005年12月23日 22:51
★優みゃ☆さま
個人的には星三つにしたけど、評価は人によると思うよ。
泣こうとすれば泣けなくもないけど、人を殺してしまえば泣かすことができるっていう見え透いた狙いが、ちょっと受付なかったんだよね。戦争の恐怖、ヒューマンドラマ、大和、どれをとっても中途半端に思えたくらいだし(^_^;)

3. Posted by cyaz   2005年12月26日 08:37
3 TBありがとうございましたm( )m

物語は脚色されていても、戦場に駆り出され若い命を無駄にしたことは事実です。そのおかげで平和な日本があるのだと考えるのは安易かもしれませんが、少なくとも自分の意志でなく死んでいく時代に生まれなかったのは、こういった人たちが居たからだと思います。
4. Posted by よっちん   2005年12月27日 22:32
★cyazさま
コメントとTB返し、ありがとうございます。

>物語は脚色されていても、戦場に駆り出され若い命を無駄にしたことは事実です。
確かにおっしゃられる通りですね。こういう事実があったと言う事を、語り継ぐことは非常に重要なことですしね。
ただ、この映画についてはその事実を本当に伝えたかったのか、個人的には微妙に思えました。もっとストレートに描くべきだったと思います。しかも冬のこの時期に公開する意味も、よくわからないし。せめて大和が沈んだ4月とか、原爆が落された8月とかにすべきだったような気がします(^_^;)
5. Posted by 猫姫少佐現品限り   2005年12月28日 04:52
1 泣き、、、
ほとんどず〜っと、泣いていました、、、
6. Posted by よっちん   2005年12月29日 07:15
★猫姫少佐現品限りさま
う〜ん、うらやましぃなぁ。自分も鑑賞前は泣いちゃうと思ってたんだけど・・・(ーー;)
7. Posted by 優みゃ☆   2005年12月29日 20:10
観たよ〜!!
優みゃは泣いてボロボロ、鼻水ダラダラ(汚ね〜よっ・笑)でした。
でもこの手の映画って以前にもあるから、大和を舞台にしただけで、結局は以前観たのと同じ映画を観た気分になっちゃいました。
だから優みゃも感想に書いたんだけど、よっちんと同じで大和自体をもっと取り上げて欲しかった!!
良い映画ではあったんだけど、ちょっと残念だったですネ。
今年最後のTBさせてもらいま〜す!
8. Posted by よっちん   2005年12月29日 23:03
★優みゃ☆さま
待っておりました!遂に観たんですね。
そうそう、大和をもっと取り上げてくれなきゃね。折角高いお金かけても、あまり意味がなかったような気がしてね(^^ゞ
それにしても鼻水ダラダラ、涙ボロボロになりたかったなぁ。

>今年最後のTBさせてもらいま〜す!
こちらからもお返しさせてもらいました!
来年もまたよろしくね(^^♪
9. Posted by かの   2006年01月08日 22:41
こちらにも失礼します〜。
もう涙ボロボロでした(>_<)
映画館では化粧の心配(笑)があり、泣かないように頑張ってたんですが、本作はもう駄目でしたね。
止らなかったですよ〜。
ちなみにお爺さんが上映後に泣いてらしたのが、また涙を誘ってくれました。
でも確かによっちんさんの言われるようにもう少し大和をクローズアップして欲しかったですね。
10. Posted by よっちん   2006年01月09日 22:19
★かのさま
化粧がボロボロになるまで泣けたんですか。。。うらやましいです(ーー;)

>ちなみにお爺さんが上映後に泣いてらしたのが、また涙を誘ってくれました。
確かに周りが泣いてたりすると、余計に泣けちゃいますよね。恥ずかしさもなくなるし。まあ、これも映画館で鑑賞する醍醐味のひとつですね。

>もう少し大和をクローズアップして欲しかった
そうなんですよね。何であんなに無駄に大きくなったのかとか、鑑賞してる方々は知ってて見てるのでしょうか??

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Comments