takeda1

 久しぶりにOoさん企画に参加。武田の杜シリーズも10回目。今回は3時間ほどの企画だそうですが、前日の雪のため配車できず結果として5時間程度になり、ちょうど良い長さ。しかも所々の雪道に満足。

takeda2
 

やすらぎの森入口の少し先で道路が凍結していたので、そこから歩いて太良峠への旧道に入ると洞集落。崩れかかった土壁の家を抜け、住んでいる2世帯の一軒を訪れで話を聞きます。知り合いのメンバーもいて話が盛り上がりました。大勢来たのでワンコが嬉しそう。畑にはフクジュソウが咲いています。

takeda3
 

県道に戻り、畑の道を探索したりして小次郎峠にある絶景のお宅を訪問、奥様から話を聞きます。馬込から移転したそうです。峠には「烈士小次郎××碑」の木柱と宮がありました。烈士とは義に駆られた人。維新?地租改定?秩父事件?甲州一揆?など想像しました。

takeda5

 ここに追い詰められて亡くなったのでしょうか。いくら調べても分かりません。馬込からは旧太良峠街道を古湯坊へ下山。入植した跡地のテラスを縫って下る雪の山道で「帯那山登山道」の木札があります。

takeda6
 

 閉鎖した古湯坊で昼食のあと安らぎの道の水平道に上がって戻りました。この道は10数㎞続いているそうです。

takeda7
 

 甲府の裏手にある消滅寸前の山里を巡る印象的なハイクで、リーダーの目の付け所はたいしたものと思いました。(Ki

takeda8