ウラダッシュ

2005年03月17日

本は割引されない常識

情報元:めっつぉ「三省堂書店、ポイントカードを導入。 あれ、再販契約は…?」http://www.i-mezzo.net/log/2005/03/11002104.html
ネタ元asahi.com三省堂、ポイント制を導入:http://www.asahi.com/book/news/TKY200503070595.html
 少し前のネタですが・・・アイもよく知らなかったんですが再版禁止制度で法律的に保護されてたんですねぃ。ソース元のめっつぉさんの記事で参考に再版禁止制度のリンクがありますのでご一読あれ。
 本の値引き販売が容認されるとゆうことは値崩れを起こし、中小の本屋さんの利益にはものすごい影響があります。現在本っちゅうのはものすごい薄利だそうで。切ないのはわかるけど、買い手の立場からしてみれば値段保証にあぐらをかいていた、といえましょう。それは出版社も同じことで、出版>取り次ぎ>書店の三つどもえカルテルだったのが崩れてきたってことですよね。毎月大量に本を買う身にとってはポイント制は有り難いことだし、消費意欲はちっとはそそられると思います。
 今回の場合はポイント制によるわずかな値引きの話だけど、実際に本の値引き販売が容認されれば売り上げがあがるのか。CDのように一定期間を過ぎた新古品は値引きして在庫を払ったほうがよほどいいんじゃないかしら? 永久在庫よりよっぽどマシだし、もしかすると再発見される作品があるかもしれません。
 結局、どちらが書籍のためになるのだろうね。アイはどっちかっつうと最大多数の最大幸福主義だからポイント制大歓迎なんだけど。町の本屋さんっていってもスーパーダッシュ文庫も置いてない本屋さんなんてッ…! …置いてないとこのほうが多い、というツッコミはなしだ!  

くみたんドール!

d679771c.JPG 長き沈黙でございましたがくみたんドール完成〜。何が時間かかったかって髪のセットと洋服一式作るのが! 靴まで作ったから余計時間かかっちゃいました。これからくみたんでばっさばっさ斬っていこうと思います★<もうすぐ3月新刊出るっちゅーの。

「帰宅部!」あらすじはコチラ>>http://blog.livedoor.jp/eye88/archives/797120.html
くみたんドール詳細はコチラ>>http://blog.livedoor.jp/eye88/doll.htm
  

2005年03月08日

オタク

ネタ元ITmedia:「日本人はなぜオタクとなり得たか」http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0503/07/news012.html
 
このコラムでのオタクは「一般の人があまり価値を認めない、なにかのテーマに没頭して研究するタイプの人間の総称という、かなり広い意味で捉えている。」と定義されています。一応の定義です。
「少なくともオタクは、ある程度の能力がなくてはできない。膨大な情報を吸収し、人並み外れた根気でそれを整理、発信する。発信は自己顕示欲につながり、オタクの成長サイクルが回転し始める」って、えっ、そうなんですか? なんだかんだでオタクの中で純オタクとか旧世代とかで差別化をはかり、それがブランド認知されるのでしょうか。日本の産業とカルチャーを支える立派なオタクさんもまた定義されてますが、オタクというのはそもそも生産性はまったく度外視であって、結果として生産性があったのは偶然ではないか、と思う。
電車男にせよこのコラムでいうところの立派なオタクさんにせよ、定義してしまうときれいごとっていうかウソのようだなぁ。あることを好きで、何かすること、それが長く続くことがオタク道ではないのかしら?
アイは自分がオタクっていう意識はないし、端から見るとそうかもしれないけどほんと好きでやってる、としかいいようがないからねぃ、オタクというカテゴリに入ったとしてそれが何か影響を与えるか、というとそーいうわけじゃないと思う。てか、コミュニケーション取らずに独り舞台状態だもんねー(笑)
  

2005年03月07日

3/7のつぶやき

 3月に入ってもう1週過ぎちゃったYoooo! 半年前の怒濤の毎日更新がウソのようです。それでもあくまでマイナー系を応援していくとゆうスタンスには変わりがありません。ひとえにアイの萌え気をそそる作品がここんとこご無沙汰なだけでして・・・と逃げてみる。本屋さんウォッチはしてるんですよ? 半年前から見てきて大きな動きがないので毎月同じことを書くものなぁ。レビューに関しては数冊まとめてやるか、新刊オンリーじゃなくて過去の本も掘り起こしてみよかなと思います。結構過去の本のほうが隠れた名作があるような(笑)もちろんシリーズは外しますよ。
 最近のマンガ。えっ、スーパーダッシュちゃん新刊のレビューはないくせにマンガはあるのかって!? 察してよ。
○ツバサ9巻
NHKでアニメ化だそーです。「xxxホリック」も映画化するし、印税収入どれだけあんだろ。エロもないし、小狼とさくらの清い交際物語なのでNHKに合ってる。正統王道モノ。展開も伏線もベタなんだけどそこはキャラ力で読ませるプロのワザを感じます。この巻は阿修羅と夜叉の闘う異世界に落ちた小狼たち。阿修羅って男? BL風味あり。このあたりNHKはどう処理するのか・・・
○結界師6巻
こちらもエロはないわけですがー。絵が上手いし、作者の田辺イエロウに「フツーの物語は描きたくない」という気骨があるので読ませてくれるねー。主人公の良守の底知れない力の伏線と、これから物語が鳥森の謎に突入する前触れで新キャラ登場。ライバル、恵まれた天性、可能性という展開は少年マンガの王道そのもの。良守のにいちゃんがトリックスター的存在で深みを出してくれているけど、今後はベターな展開が続かないことを祈ります。それは「ナルト」にも言えることではないかしら。
 つまりアイは今めっちゃ忙しくて、ついつい楽なマンガとか本に走っているわけ。いちいち読みながらツッコミ入れさせる本はしんどいのー。
  

カッコいい電車男に魅力はあるのか

 年のことを言うと耳が痛いけど中谷美紀(29)がエルメスってどうよ? もっとぴちぴちの子がいるでしょーが。小西真奈美という意見が2ちゃんであったらしいがそのほうがマッチングしてるよねー。
 マンガ化はともかく、「電車男」ってエルメスの存在は伝聞でしかないわけでしょ。カメラが電車男の主観でなければおかしいよね。で、客観は2ちゃんの掲示板でしかありえないじゃない、この設定だと。エルメスって子の存在は電車男のカキコの中で光るのであって、電車の中で痴漢にあってた子を助けました、なんてフツーのいい話でまるくなっちゃうのってつまんない。余程斬新な画か、演出がないとしょっぱい。2時間枠のドラマなら話題性もあってそれなりに視聴率が取れて、リアルタイムで2ちゃんでこきおろされただろうに、映画なら長い間ネタになるじゃないかー。
 そもそも山田孝之が電車男なんてカッコ良すぎません? ヲタクさんがすべてアレげというわけじゃないけど、記号としてはダサイっていうのも含まれてるでしょ。山田クンが演じるとダサくならない。オタクじゃないから迸るパトスとか感じられないんだもの。アングラもそうだけど、オタクという文化は基本マイノリティなのであって、大衆化してエッセンスが薄まるとそれはもう別ものになってしまう。この映画で必要なのは緻密な人格描写でもなくてオタクの心意気を知ってるか、それを演習できるかにかかってると思います。
  

映画「ローレライ」のしたたかさ

セブンイレブンサイト:https://www.sej.co.jp/campaign/lorelei.html
 映画の戦闘シーンのヴィネット(海洋堂)がセブンイレブン限定のドリンクに付いています。結構いい出来らしい。唯一の女性キャラを似せようとせずオリジナルでまとめているのも成功の要因か?(笑) いや、似せたらかわいくないに決まってる。
 アニメ映画ならともかくシリアスな戦争映画でフィギュアのおまけ、って一瞬どうかと思うんですが、これが結構当たったみたい。同封されている映画のブックレットが功を奏して海洋堂・ローレライのサイトのビュー数が上がっているそーです。映画の興行成績もなかなかに好調だとか。
 セブンイレブンという全国規模、若い世代の購入者が多い流通経路へのばらまき。コレクター以外にも興味がわきやすいヴィネット(シーン)の演出、ブックレットによる説明。一歩間違えばオオコケしそうなこの企画、フィギュアの精度、ブックレットの丁寧さ、流通範囲の広さでいい具合に結果が出た。どれか一つかけてたら失敗したね。造形がヘタレとか。ブックレットが紙一枚とか。細部に手を抜かず金をかけるってとっても大事なこと。
 この映画も巨額を投資しただけあって、製作委員会方式で作られてます。製作:フジテレビジョン・東宝・関西テレビ放送・キングレコードと資金源は潤沢。でも製作委員会方式だから宣伝広告に関しては結構揉めたはず。こういう販促に資金投入したのがちょっと新しい。
ローレライ公式サイトhttp://www.507.jp/index.html
  

Pinky比較・ワンダリセット

5d088226.JPG
 2005ワンフェスのワンダ・リセットおしゃれ泥棒入手。このキャラ自体に興味はないが腰のジョイントが似ていたので「ひょっとしてPinky:stにコンパチ可能?」とばかりに購入。結果。大きさが全然違います(笑)ワンダちゃんリセットちゃんちいさっ! 造形はよくできてるし、服とスカートが軟質素材なので「脱がせられる」ってちょっと新しい。右がいんくたんコス作りかけのPinky、左がワンダちゃん。キャミになるとビーチクぽっちり見えてるんだよね、そんなところに手を抜かない職人の心意気は感じられました。
 いかんせん、サイズが小さすぎるのでカスタムには不向きですねぃ。腕を切り離して可動させようにもこれはちときつい。一体潰したらできんこともありませんが。首の可動軸が縦じゃなくて首の後ろからついてるので見かけはきれいだけど可動してるともいえないし。お洋服が軟質素材なので普通作れないだろこれは。ヅラもがっちり接着なので外れません。ちっ、中途半端なギミックだわ。
 足とかウエストとかむっちりしていていいんだけど、これでPinkyのサイズくらいはあれは魔改造素材にするのになあ。とゆーわけでPinkyとのコンパチは無理でした。残念!
  
Posted by eye88 at 11:03Comments(0)TrackBack(0)Pinky:st