・生まれてすぐの赤ちゃんは一重まぶたになることが多いです。
  両親が二重まぶたで、赤ちゃんにも二重まぶたが遺伝している場合でも
  ほとんどの赤ちゃんが一重です。
 
  そのため、生まれたばかりの赤ちゃんが
  一重瞼(ひとえまぶた)であることを見て
  「二重じゃない」とショックを受ける親もいるかもしれませんが、
  安心して欲しいと思います。
 
  二重瞼(ふたえまぶた)が遺伝している
  赤ちゃんは ゆっくり成長を重ねることによって
  二重まぶたになっていきます。
 
  個人差はありますが、二重瞼(ふたえまぶた)が遺伝している場合は
  1歳を迎えたあたりから二重瞼(ふたえまぶた)になる場合が多いようです。
 
  もともと二重まぶたが遺伝していない場合は、
  いくら心待ちにしていても
  子どもが遺伝によって二重まぶたになることはないでしょう。
 
  その場合は、大人になってから
  後天的に二重まぶたになる方法を試してみてください。