ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ

眼科診療をしながら気がついたこと、最近気になったことを書いてみました

テレビが子供の目を悪くしているかどうか?

以前から論理的に証明されている子供の目を悪くしているものには以下のものがあります


●スマホ(詳しくはこちら)

●IQや学歴(詳しくはこちら)

●紫外線に当たらない時間(詳しくはこちら)

●パソコン(詳しくはこちら)

●遺伝(片親が近視なら子供の近視率は2.3倍、両親が近視であれば7.9倍、近視になる率が上がるといわれています)


それではテレビはどうでしょうか。

tv


「そんなにテレビばかり見ていると目が悪くなりますよ」

以前から親が子によく言っている言葉ですが、本当にテレビは子供の目に悪いのでしょうか?

残念ながら、論理的にこのことを証明することができませんでした。

それは日によってもテレビを見る時間も違うし、部屋の大きさも各家庭まちまちでテレビまでの視聴距離も異なります。


ではテレビのある家とない家の子供を比べればよい、と思ってもいまどきテレビのない家は珍しいし、

テレビを全く見ない子供がいるとしても、その分、パソコンやスマホを見ているかもしれないし、テレビの影響がどれくらいあるかについては、調べることができませんでした。。




そこで、ある離島のテレビ放送がされる前後の子供の視力を比較した論文を紹介させていただきます。

この離島は東京都小笠原村で、小笠原村の父島と母島に行くための交通手段は6日に1便、片道25時間を要する定期船しかない超遠隔離島なのです。

そのため、通信手段の整備も遅れており、1996年に初めてテレビ地上放送が開始され、1999年に音声のみの携帯電話が使用可能になり、インターネット高速サービスについては2011年に初めて供給されたという状態です。


この小笠原村で小学校から中学校までの9年間を連続して過ごした子供が333人について、テレビ地上放送が初めて始まった1996年前後の視力を調べてみました。データは2012年までのもので、インターネットサービスが供給されたのが2011年ですから、PCやスマホの影響もほとんどないものと思われます。


●テレビ放送が始まる前の裸眼視力0.7未満の中学1年生0%(0/179人)


に対し、

●テレビ放送が始まった後の裸眼視力0.7未満の中学1年生26.6%(41/154人)


とテレビ放送が始まってから子供の視力が悪くなっていることが示されました。


やはり、従来から言われているとおり、テレビの視聴は子供の目を悪くしているようです。

時間を決めて、正しい距離で見るようにしましょう。

大画面テレビの適切な視聴距離は?


(以上、伊藤美沙絵ほか:東京都小笠原村における裸眼視力の変化.日眼会誌120:296-302、2016 を参考にしました)
 

****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら



子供の動物の目に眼帯をすると強い近視になります。そこからわかる近視を進ませない方法。

生後間もないサルの瞼を上下縫い合わせたり、ひよこにゴーグルを装着すると強い近視になることが分かっています。


近視の研究者が、近視の実験動物を作るときにやられている方法です。

 子供写真

なぜ、動物に縫い合わせたりゴーグルをすることで近視になるかというと、

網膜にぼけた映像が映ることでその機能を補う反応が眼球に起こり、近くに焦点を合わせようとする反応が近視化になるのです。



我々の日常生活には、それらの良く似たことがおこっており、子供の近視をさらに悪くしているようです。

子供があっていない眼鏡をかけていたり、目が悪いのに眼鏡をかけていないでいるとさらに近視が進行していく原因となります。

強い眼鏡は近視を進行する原因となることは以前から言われていましたが、最近になり弱い眼鏡も子供の近視を進行させる原因であるといわれています(詳しくはこちら


また、子供に眼帯をすると眼帯をしたほうの目が短時間でも近視になる可能性があるということが言われており、子供の眼帯は原則禁止になっています(詳しくはこちら)。



****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら


死につながる転倒、緑内障の方は3倍その危険性があります

高齢者の3人に一人が年に1度以上の転倒を経験していると言われています。


不慮の事故のうち24%が転倒により死亡しており、その数、平成25年度の転倒による死亡者7.766人は、交通事故による死亡者6.060人よりも多くなっており、窒息に次いで第2位です。


目を閉じて安全に歩くことは困難であるように、視力障害者ほど転倒の危険性が増え、失明原因の1位である緑内障の患者さんについては、正常者と比べてみると3倍転倒のリスクが高くなると言われています。


それは、緑内障になると視野が欠けてくるためで、下方の視野が狭いほど転倒のリスクがあります。


転倒する人とその要因を調べたデータでは、視力が悪い人ほど転倒する可能性が高く、下方視野障害が強い人ほど、女性ほど転倒した後に重症化しやすいという傾向がありました。
blind


転倒しなくても、もう一つ問題となってくるのが転倒恐怖症という精神的な問題です。

転倒するのではないかという恐怖心から、うつになったり、歩行時間が減少して体力の低下を引き起こしたり、正常な歩行姿勢ができなくなり健康を害してしまう状態です。

そうなることで、そのことで転倒や死亡の原因となり、こちらも大きな問題となっています。


 緑内障患者は3倍、転倒恐怖症による行動制限を持つ傾向があると言われています。


緑内障は死ぬ病気ではありませんが、転倒や転倒恐怖症により命を落とす危険性があり、緑内障が進行すればするほど、家族の支えが必要になります。


****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら









使い捨てソフトコンタクトレンズによる近視の進行を抑える治療

●いったん近視になった子供が毎年のように度が進む


 上のようなことをよく眼科外来にて経験します。


何とかして、この進行を止めてあげたい。


親であれば当然考えます。 



なぜならば、日本人の失明原因のなかで、7.8%の方が強度近視で失明しているからです。

詳しくはこちら) 






●なぜ、いったん近視になるとどんどん度数が進むのか?


●そもそも近視とは?


BlogPaint


BlogPaint

 
眼球の軸が後ろに伸びて、網膜に焦点が合わなくなった状態です。






●眼球の軸が後ろに伸びて、周辺の映像が網膜よりも後ろにずれるのが近視進行の原因です

近視になって眼球の軸が後ろに伸びた状態での網膜の面の変化を近視になる前と比べてみると、

eizoueizou2



網膜の面が平らであれば、中心の映像も周辺の映像も網膜の面にピントが合っています。


しかし、近視になると眼球の軸が後ろに伸びるので、周辺の映像は網膜の後ろにずれてしまうのです。


この変化が眼球の軸を後ろに伸ばそうとする刺激になるため、近視がさらに進行するのです。






●この悪い流れを断ち切るのが遠近両用のソフトコンタクトレンズ。そのメカニズムは?



通常の近視のコンタクトではなく、何と若い人に遠近両用のコンタクトレンズを付けてもらうのです。




下はバイオフェニティマルチフォーカル(クーパー:2週間の遠近両用コンタクト)のレンズ設計です。







周辺に向かって老眼の度数が入るので、周辺の映像が網膜の面から後ろにずれているのを補正してくれるのです。





●近視進行中の方に遠近両用のコンタクトを付けた効果は?


40名の11から14歳の子供に、片眼に遠近両用コンタクト、片眼に近視矯正のみの従来のコンタクトを付けてもらい、さらに10か月後に左右のコンタクト入れ替えて、調査を行いました。

その結果、遠近両用のコンタクトをした目の50%近視の進行が遅くなったと報告されています。


眼鏡装用グループと比較したデータでも33%近視の進行が遅くなったと報告されています。






●老眼のない若い人に遠近両用コンタクトは使える?


視力では従来のコンタクトレンズと比べても変わりはなかったようですが、暗い場所での見え方は劣ります。





●すべての遠近両用コンタクトで近視抑制効果はある?


残念ながら上の実験で使われた遠近両用のコンタクトレンズは我が国では発売されていません。

同様の効果を期待するのであれば、中心が近視、周辺に老眼の度数が入っているものである必要があります。

しかし、実際に我が国で発売されているものは、中心が老眼、周辺に近視であるものが多く、こちらの遠近両用のコンタクトでは近視進行抑制効果は期待できません。注意が必要です。

バイオフェニティマルチフォーカル(クーパー:2週間の遠近両用コンタクト)は、その点では近視進行抑制効果が期待できるコンタクトです。






●他に近視進行抑制治療はない?

(最近の近視進行抑制治療についてはこちら



オルソケラトロジーという、睡眠時に特殊にデザインされたハードコンタクトレンズを付け、眼球を変形させることで日中、裸眼で生活できるようにする治療法があります。この眼球の変形が周辺の映像が網膜の後ろにずれるのを補正しれてくれて、同様に近視の進行を抑制してくれます。


しかし、オルソケラトロジーは保険適応ではなく、高額な治療費がかかります。

一方、コンタクトレンズ処方については健康保険が認められていますので、あまりお金をかけたくはなく、睡眠時にコンタクトを入れるのは怖いという方には、お勧めです。



****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら




















 

目に関しての新常識(意外と知らない新事実)2017年版


結構、昔から当たり前と思って行っていたことが、最近の知見で意外と間違いであったりすることがあります。



そこで、改めてそれまで常識と思っていたことが誤っていないかを、Q&A形式で確認してみたいと思います。

(2015年版はこちら)


2016年版はこちら





まぶたやまつ毛専用のシャンプーがある?



シャンプーをすることで、 めばちこ(ものもらい)の予防や、ドライアイ、まつ毛が長くなることが知られています。

 
(詳しくはこちら)











●目をこする人ほどまつ毛がまぶたの裏側に入りやすい?




花粉症で眼科を来院された方の42%にまぶたの裏側にまつ毛が入っていました。

 (詳しくはこちら)








●中学生のまぶたに機能異常が起こっている?




中学3年生111名のマイボーム腺の状態を調べた結果、すべての中学生のマイボーム腺に形態、機能異常が生じていることを発表されています。これらの形態異常はドライアイの原因となり、パソコンを含む勉強時間に比例するといわれています。

(詳しくはこちら)









●糖尿病の方が果物を食べると、網膜症が悪化する?


×

果物摂取量が、1日250g(バナナ2本分、またはミカン3個分、リンゴ1個分程度)を食べている方は、ほとんどとっていない方と比較すると、 糖尿病性網膜症の発症が少ないという結果です。
それはビタミンC摂取量と関係があるようです。

(詳しくはこちら)









●糖尿病は女性に多い?

×

男性に多く、
20歳以上の成人の男性の15.2%、女性の8.7%を占めています。

(詳しくはこちら)









●深視力(
三桿法)は努力すれば上がる?



深視力検査ができない原因は、片眼の視力が低下。〇詢呂忘険差がある、⊆仍襪悩険Δ量椶琉銘屬ずれている、深視力検査に慣れていない があり、実際にはのことが多く、最近はスマホアプリで訓練することができます

(詳しくはこちら)









●目から不眠症になることがある?




その原因は、

.僖愁灰鵝▲好泪曚覆匹離屮襦璽薀ぅ函 
長時間の同じ姿勢、近業作業

などで、その原因に応じた対策で不眠症が改善することがあります。

(詳しくはこちら)










●関節リウマチは目に症状が出ることはない?

×

関節リウマチは角膜潰瘍、強膜炎、ドライアイの原因となります

(詳しくはこちら)









●子供の近視の眼鏡は弱い目に合わせたほうが近視は進行しにくい


×

弱い目よりもきっちりと合わせたほうが近視の進行は遅くなるといわれています

(詳しくはこちら)









●睡眠時無呼吸症候群は緑内障を起こすことがある?




睡眠時無呼吸症候群の患者さまは約2倍の緑内障になる危険性があるといわれています。

無呼吸中の低酸素状態が続き、視神経繊維の傷みが進んで緑内障へと発展するようです。

(詳しくはこちら) 









●我が国の幼児の目の検診は十分に行われている?

×


3歳児検診で眼科医が診察している市町村はわずか4.8%

幼稚園での視力検査の実施率 48.3%

幼稚園での眼科検診実施率 15.2% (一方内科検診99.0%)

眼科医による就学時検査員が実施されいているところ 46.8%


(詳しくはこちら) 









●読書は近視の進行の原因となる?




7歳から9歳の小児1005人で調べたデータでは、1週間に2冊以上の本を読む小児は、3倍近視になりやすいと言われています。

(詳しくはこちら) 









●レーシック手術は長期にわたって視力を維持できる?

×

10年間で-0.63Dの近視の戻りがあったとのことです。眼鏡の度数にして約2-3段階近視が戻ると言われています。

(詳しくはこちら) 








●緑内障に効果のあるサプリメントがある?




カシスを服用していない緑内障の視野が1年間に-0.34〜-0.41dB低下するのに対し、

調査したカシスを服用している方の緑内障の視野は1年間に+0.80dB改善しているという結果でした。

(詳しくはこちら) 









●パソコンとコンタクトレンズではパソコンのほうがドライアイの原因となる?

×

1日4時間以上パソコン作業を行うと:1.8倍 ドライアイの危険性が増す。一方、コンタクトレンズをつけることで:3.6倍 ドライアイの危険性が増すという結果が報告されています。

(詳しくはこちら) 









●まぶたの腫れがおでこの打撲によることがある?



おでこの腫れや内出血がまぶたの周りに下がってくることがあります

(詳しくはこちら) 


 

*****************************************************


ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら

 


頭(おでこ)を打った、眼球は打っていないのにまぶたが腫れてきた。その理由は

下の写真は、頭(おでこ)を打った後、まぶたが腫れてきたといって受診された方のものです。


何度お聞きしても、眼球は打っていないとのことです。


瞼は内出血で赤くなり、腫れあがっていました。



眼瞼皮下出血2




一方、眼球はきれいで、充血すらしていませんでした。

眼瞼皮下出血



なぜこのようなことが起こったのか?



眼瞼皮下出血4


眼球は頭の骨が凹状にくぼんだ所に収まっています(このくぼんだ所を眼窩と言います)。


この眼球と骨の間のこのくぼんだところに、頭(おでこ)で生じた血液が下がってきて入り込むのです。


道路のくぼんだ所に水たまりがたまるのと同じ理由です。


このたまった血液によって、まぶたが腫れてしまうのです。


眼球とは離れたところを打っても、瞼が腫れてくるのはこのような理由からです。


当然、このような場合には眼球は打っていないわけですので治療の必要はありません。


眼球への悪影響もなく、何もしなくても通常は1週間くらいで自然に吸収します。


しかし、たまに血をサラサラにするような抗凝固剤を服用中の方では、異常に腫れてしまいますので、程度が強い場合には眼科を受診され、視力や眼圧などをチェックされることをお勧めいたします。



*****************************************************


ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら

 




パソコン作業とコンタクトレンズ、どちらがドライアイに悪い?

パソコン作業もコンタクトレンズの装用もどちらもドライアイの悪化させる要因と言われています。



●それでは、パソコン作業とコンタクトレンズ装用とどちらの方がドライアイにより悪いのでしょうか?



オフィースワーカー3.549名を対象に調べたところ、

1日4時間以上パソコン作業を行うと:1.8倍 ドライアイの危険性が増す


一方、

コンタクトレンズをつけることで:3.6倍 ドライアイの危険性が増す


という結果が報告されています。



そしてコンタクトレンズを装用してパソコン作業を行うと、


さらに目の中の涙の量は減少することがわかりました。


17702c33.jpg



●コンタクトレンズがドライアイに悪い原因


コンタクトレンズは目の表面の涙の層の上に入れるため、涙の層の安定を邪魔してしまい、


さらには、涙の層を安定させる油の出るマイボーム腺という分泌腺を減少させることがわかっています。 


ドライアイで困っているコンタクトレンズユーザーの方、コンタクトレンズをしばらく外してみるか、最近はコンタクトレンズの上からでも使えるドライアイの点眼もありますので、眼科に行かれて相談してみてはいかがでしょうか?



*****************************************************


ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら

 


 

緑内障に良い食べ物、サプリメント:カシスによる緑内障視野進行抑制効果

ブルーベリーやルテインなど従来から言われている目によい食べ物がありますが、すべての食べ物を毎日取ることは不可能です。


そこで目の症状で困っている方はその人に合ったサプリメントをとりますが、緑内障については、カシスの成分が入ったサプリメントが良いといわれています。


ブルーベリー



その効果についてです。


井上眼科病院の井上賢治先生たちのグループは、眼圧が正常にもかかわらず緑内障になっている正常眼圧緑内障28名にカシスのサプリメント(カシス-i、明治)を1日1回3粒服用してもらい、2年間視野の進行具合を追跡調査しました。



その結果、視野検査の時に視野の欠損具合を評価するのによく用いられているMD値(全体の平均視野欠損)が


他の一般的なカシスを服用していない緑内障の視野が1年間に-0.34~-0.41dB低下するのに対し、


今回調査したカシスを服用している方の緑内障の視野は1年間に+0.80dB改善しているという結果でした。


一方、眼圧についてはカシス服用前と服用後では変化はしませんでしたが、視神経乳頭の血流が上がっていたことがわかりました。



以前から、たとえば睡眠時無呼吸症候群の方が緑内障になりやすい最低血圧が低い方が緑内障になりやすい、と言われているように、


眼球の視神経への血流が悪い人が緑内障になりやすいといわれています。



カシスはこの血流を上げる効果に優れ、緑内障の進行を抑制するようです。


さらに、この検査に参加された方へのアンケートで、目が疲れる、涙が出るという症状も改善されました。


これも血流を上げる効果によるものと思われます。


(井上賢治ほか:視野障害進行中の正常眼圧緑内障患者に対するカシスアントシアニンの視野障害進行抑制効果.あたらしい眼科33:1656-1661.2016 を参考に書きました)


*****************************************************


ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら

 





 

レーシック手術は長期にわたって視力が維持できるのか?近視の戻り

レーシック手術が行われてから約20年近くが経過し、


「レーシック手術は、はたして長期にわたって視力を維持できるのか?」 


「レーシック手術をした直後はよいけれども、後から徐々に近視が戻ってくるのではないか?」


といった疑問が出てきています。




そこで、レーシック手術後の近視の戻りについて調べたデーターを紹介させていただきます。 


ある海外のデーターによると、手術前の平均近視度数が-7.27Dという強度近視97眼の手術直後に対する10年後の近視の戻りを調べたところ、10年間で-1.04Dの近視が戻ってきているとのことです。

0.25Dが眼鏡やコンタクトレンズの1段階ですから、10年間の間に約4段階もの近視が戻ってきているという結果でした。



宮田眼科の森洋斉先生は、レーシック手術を行って調子が良い方はその後眼科には通院しない。

そのため、主に調子の悪い方が多く含まれている可能性があり、統計上修正する必要があると考えました。


そこで宮田眼科で行ったレーシック症例579例1127眼で、データーの補正を行って解析を行いました。


その結果、10年間で-0.63Dの近視の戻りがあったとのことです。眼鏡の度数にして約2-3段階近視が戻るようです。


さらにその経過は術後6か月で近視化を認め、術後9年までは徐々に近視化する傾向があったとのことです。


(以上、森洋斉:レーシック後長期の視機能.あたらしい眼科33.1601-1602.2016を参考に書きました)

医師

レーシック手術後、徐々に近視が戻る原因はいまだはっきりとはされていませんが、術直後のようには見えなくなったと感じられている方は、近視が戻っている可能性があります。



●当院に実際に受診されたレーシック手術後の不調例

*****************************************************


ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら

 


 

読書はどれくらい子供の近視の進行に影響するのか

子供の読書はどれくらい近視の原因になるのか?


興味のあるところですが、それについて調べた研究を紹介します。




●読書時間は子供の近視の原因となる?


2339人の11歳から14歳の小児で調べた報告によると、


30分以上連続して読書する小児は、連続読書時間30分以下の小児と比べ、1.5倍近視になりやすい




●読書する距離は近視の進行する原因となる?


読書する距離が30cmよりも近い場合、30cm以上離して読書する場合と比較し、2.5倍近視になりやすい




●読書の量は近視の進行する原因となる?

7歳から9歳の小児1005人で調べたデータでは、1週間に2冊以上の本を読む小児は、3倍近視になりやすい。


 

やはり、従来から言われている通りの結果となりました。


過剰な読書は近視の進行する原因となるようです。


適当な休憩が必要なようです。 


bennkyou




****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら



 
 
Profile
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

多くの方にご覧いただきありがとうございます