1. 老視手元のものが見えにくくなったと言って受診されることがあります

老眼が出てきており、老眼鏡をかければ見えるようになりますと説明すると、

「老眼鏡をかけると老眼が進むので嫌です」

と言って、老眼鏡をかけるのを嫌がる方がいらっしゃいます。

実際には?

 

 


 

老視1老眼とは、左の図のように、眼の中に入っているカメラのレンズに相当する水晶体というものの弾性が低下してくるのが原因です。

この水晶体の弾性は、例外なく年齢とともに低下してきます。

この水晶体の硬化は個人差があり、手元30センチくらいを見るのに必要な弾性が維持できなくなるのは、早い人は40歳くらいから始まります。

さらに、50歳を過ぎるとすべての人が例外なく手元30センチくらいを見るのに必要な弾性が維持できなくなるのです。

 

 

眼鏡をかければ老眼が進行すると誤解されているのは、

  1. 老眼は誰でも進行します。老眼鏡をかけ始める45歳から50歳にかけては、老眼が一番進行する年齢で、そのために、老眼鏡をかけはじめてしばらくするとその眼鏡も徐々にまた見えにくくなってくるので、老眼が進行したように錯覚する。
  2. 老眼鏡をかけると、今まで以上によく見えるようになったために、それまで裸眼では当たり前と思っていた見え方が、より見えにくいと感じる

 

というのが主な原因と思われます。

 

また、逆に、老眼鏡を早いうちからかけても老眼が止まるということもありません。

 

しかし、老眼鏡をかけずに無理してみていると・・・・・

  1. 弾性の低下した水晶体を厚くするためには今まで以上に力が必要で、より疲れやすくなること
  2. 何年かして、もう少し老眼が進行してから、いよいよ眼鏡をかけたときに、初めてかける老眼鏡の度数が強くなるために、なかなかなじまないということ

という理由で、あまり我慢するのも考えものです。

 

手元のものが見えにくくなってくれば、早いうちに眼鏡をかけられたほうが良いでしょう。

 

アイパッド(iPad)を老眼鏡や遠近両用の眼鏡の装用テストの視標に使っています


老眼診断テストはこちら

 

ブログのトップページはこちら

 

松本眼科のホームページはこちら