次のような会話を聞くことがあります

飲酒

 

 

 

 

 

 

「そんなに飲んでばかりいると体に悪いですよ」

「お酒は百薬の長といって体には良いんですよ」

 

さてどちらが本当なんでしょうか。

このブログのタイトルは、目について書いたブログなので、お酒と眼球との関係についてを記してみたいと思います。

 


以前、このブログにて、タバコが眼球に及ぼす影響について記しましたが、タバコは眼球にもよくないというのが結論でした。

 

しかし、お酒については、タバコのように絶対に眼球に良くはないというわけではないようです。

 

確かに、お酒は「百薬の長」と言われているように、お酒にも良い点もあります。

アルコール摂取量が1日に34g以下の適度の飲酒者は、死亡する確率も、心血管系疾患の病気で死亡する確率、ともに、アルコールを全く飲まない人よりも低いというデータがあります。

適度なアルコールは、脳梗塞の発症頻度を低下させ、虚血性心疾患を低下させる血中HDLを上昇させるという研究結果もあります。

 

まさに、お酒は百薬の長を実証する調査結果でした。

 

一方、これが過度のアルコール摂取となると一転します。

過度のアルコール摂取は、高血圧の原因となり、また、虚血性心疾患不整脈心筋症などの危険因子とまなることがわかってきました。

禁酒

 

 

 

 

 

 

それでは、本題の眼科疾患への影響です。

慢性のアルコール中毒には、

視神経障害をおこし、ひどくなると中心部に暗点が出てくることがあります。

また、脳症を発症すると、眼球の動きが悪くなることがあり、ものがだぶって見えることになります。

禁酒

 

 

 

 

 

また、よくある病気の中では、

緑内障については、関係があるという報告とないという報告がありますが、アルコールの急性の飲酒では眼圧が下がり、慢性の飲酒は眼圧が上がるという報告があります。

glagantei

 

 

 

 

 

 

また、白内障への影響については、過度の飲酒は白内障の危険因子になりますが、適度の飲酒は、白内障のリスクを軽減させるという報告があります。特にワインで白内障のリスクが低下するという報告があります。

d8e8d6d4.jpg

 

 

 

 

 

 

継続した飲酒で問題になるのは、生活習慣病、すなわち、高血圧や糖尿病を悪化させることですが、ともに眼底の病気に増悪変化を起こします。

 

糖尿病性網膜症写真

 

 

 

 

過度な飲酒は、糖尿病網膜症を悪化させる一方で、適度の飲酒は増殖糖尿病網膜症を低下させたという報告があります。

 

それでは、適正な飲酒とはどれくらいまでの量かというと

厚生労働省「健康日本21」のアルコール分科会が設定しているのは、

1日1合程度であるとしています。

1日2合以下が適正な量とする考えも多いようです。

 

これらの論文を参考にして、適度のアルコール摂取で、健康な体を目指していきましょう。

(堀江義則 アルコールはやめなくても大丈夫? あたらしい眼科25(1):39-46、2008 を参考にいたしました)

 

ブログのトップページはこちら

 

松本眼科のホームページはこちら