パソコン用メガネは液晶画面から発するブルーライトをカットし、主に、「ピントが合わせにくい」「光がギラギラ」「文字がちかちか」「線を目で追いづらい」の症状の軽減に効果があると言われてます。さらに就寝前のパソコンやスマートフォンを見た後の睡眠障害にも効果があることが報告されています。
しかし、その効果に否定的な意見もあります。


**********************************************




『パソコン用メガネって効果があるんですか?』

と聞かれることが多くなってきました。


パソコン用メガネとは、パソコンで目が疲れる方に効果があるメガネで、そのメカニズムはパソコンから発するブルーライトをカットすることで眼球への影響を軽減させるものです。
vdt









パソコンやスマートフォンなどのほとんどの端末には液晶画面が使われていますが、そこから発する光の成分を調べてみると、従来のブラウン管と比べ青い光(ブルーライト)が強いことがわかりました。



この青い光が目に悪く、青い光は散乱しやすい性質を持つのです。


宇宙から見た地球が青いのは、太陽光が地球に入るとき、青い光だけが大気で散乱するためそのように見えるのです。


液晶画面から発する青い光も目の中に入ると散乱を生じ、目が疲れるのです。


しかも紫外線に代表されるように波長の短い青色系の光はエネルギーが強く、目にも悪影響を与えます(紫外線で日焼けが起こるのと同様です)。


ef03bb66.jpg








そこでその影響を研究する『ブルーライト研究会』が眼科医を中心として作られており、その中で南青山アイクリニックの井出武先生は、ブルーライトをカットしたメガネをかけるとどれくらいの効果があるのかを、脳トレソフトの実践後の疲れ具合を比較して調べました。


その結果、自覚症状の比較でも、他覚的な疲労の検査の結果でもブルーライトをカットさせたメガネをかけたほうが、目の疲労が抑制できたという結果となりました。


特に、「ピントが合わせにくい」「光がギラギラ」「文字がちかちか」「線を目で追いづらい」といった症状に、ブルーライトをカットさせためがねは軽減させる効果があったと報告されています。



また、網膜には青い光に感受性がある特別な細胞があり、その細胞は体内リズムに関係しており青い光の強弱で体内時計が働いています。

しかし、一日中パソコンを見て常に青い光の刺激にさらされていると体内時間がくるってしまう可能性があると言われています。


杏林大学精神科の古賀良彦教授は、ブルーライトは睡眠にどれくらい影響しているのかをスマートフォンを使って調べたところ、ブルーライトをカットするメガネ使ってスマートフォン見たほうが使わないで見るよりも、寝付き、熟睡感、寝起きや気分、体の疲れ、目の疲れというすべての項目で症状が改善したとの結果を報告されています。


sleep










しかし、一方でブルーライトカットメガネの効果に対して否定的な意見もあります。


それは日常光にもブルーライトは含まれており、液晶画面から発する光はそれに比べるとわずかで、また人間の水晶体にはブルーライトをカットする機能が備わっており年齢とともにカット率が増え、45歳なら眼鏡を掛けなくても3〜5割ほどの青色が自然にブロックされているとのことです。

また、筑波大学の大鹿哲郎教授によると「眼精疲労の原因として、同じ距離に焦点を固定させた作業や眼の病気、ストレスなどがわかっている。しかし、青色光が有害だとする有力な証拠はまだない」とのことです(以上、2012年10月30日朝日新聞より)。


ブルーライトをカットする眼鏡は、プラシーボ効果、すなわち効果のあるメガネをかけている自己満足で症状が改善している可能性もあるのです。


前述の 『ブルーライト研究会』はまだ第一回のみの開催で、今後、ブルーライトカットメガネの効果が明らかになるものと思われます。


サングラスを選びときの注意点:詳しくはこちら


ブログのトップページはこちら


松本眼科のホームページはこちら