厚生労働省は2008年 まつげエクステンションに関する通知する文章を出しました。

にもかかわらず、まつげエクステでトラブルを起こす方は増加傾向にあると言われています。


松本眼科でも、

まつげエクステが原因と思われ来院される患者様はいまだに増加傾向にあります。

下のグラフは松本眼科での年別お化粧品でのトラブルの推移ですが、まつげエクステで来院される患者様の数の延びが大きいことがわかります(詳しくはこちら)。

graph3



主なまつげエクステによるいろいろなトラブルの症例については、こちらで紹介していますが、

その中で多いと言われているのが、グルー(接着剤)のアレルギーによるトラブルです。


下の写真は、グルーでアレルギーを起こした方の写真です。

その他のまつげエクステのグルーでまぶたに炎症を起こされた方の写真はこちら


BlogPaintBlogPaint
















BlogPaintBlogPaint


















BlogPaint





















外見的な特徴は、皮膚のかぶれ、かさつき赤味、結膜の充血が出ていることです。

自覚症状としては、強いかゆみ痛みなどの違和感を伴って来院される方が多いようです。



これらのアレルギーを起こしたグルーは、主にシアノアクリレート系という成分でできており、

化学反応によりホルムアルデヒドを生成することがあると言われています。


ホルムアルデヒドはシックハウス症候群の原因の主なもので、

人体に触れると悪影響を起こします。


さらに問題なのは、従来からのつけまつげの接着剤については、家庭用品規制法で含有するホルムアルデヒド量が規制をされているものの、

まつげエクステのグルーについては新しい技術のためにいまだ規制が及ばず、雑貨として製造、輸入されており、それには成分表示さえなされていないものも多いようです。

お店によっても使っているグルーはまちまちのようで、中にはコストも抑えて粗悪なグルーを使うことも可能になっております。




それが体質的に合わないと強いアレルギー反応を起こし、

たとえ皮膚や眼球に接触しなくても、

気化することで接触する可能性があるのです。



一方、そのグルーが接触される可能性のある目の組織はデリケートなところで、

グルーが目に入ると

花粉症に代表されるように、刺激を受けた結膜は充血や、かゆみ、涙、目ヤニを発症します。

しかも、入浴中に水が入るだけでも痛みが出るように、目は知覚神経が過敏なところで激しい痛みを生じます。



BlogPaint














この写真は、エクステ後に激しい痛みを生じ来院された方のものですが、

グルーが目の中に入り傷ができています(ピンクの矢印)。


また、グルーがさらに影響しやすいのはまぶたの皮膚で、そこは非常に薄く角質が弱いため、刺激に弱いところです。


お化粧品が合わなくてかぶれる場合、まずまぶたが赤くなったり腫れるなどの症状が出やすいのはそのためです。


刺激に弱いまぶたの皮膚に、過敏性のあるグルーの刺激が加わると起こると激しいアレルギー反応が起こり、上の写真ような発赤とかぶれが出てくるのです。


これらの危害のある接着剤を安全に使うためには、美容院でグルーに対するパッチテストを行うことが重要です。


すでに美容院によってはパッチテストを行っていることろもあるようですが、パッチテストを行えばこれらのアレルギー反応はある程度未然に防げると思います。

あるいは数本だけ着けてみて、数日間その反応をみてみてもよいでしょう。


人によっては大事な結婚式の前にエクステを行い、本番でまぶたが腫れて充血が残ってだいなしになった方もいらっしゃいました。


特別な日を迎えてエクステを受けられる方は、前もって慎重に考えられたほうがよいと思います。


また施術者の技術向上も重要で、目の中にグルーが入ると強い結膜障害を起こしますので、未熟なものには施術をさせないなどの資格を設けるなどの制度の充実が必要と思われます。


BlogPaint(この写真はエクステ後に眼球が痛くなった方のもので、
線状に引っ掻いたようなキズがあります)







現在は厚労省はエクステは美容師法に基づく美容行為であり美容師が行うことと決めています。

そのため無資格者が施術することはなくなっていますが、エクステを行う美容師は頭髪の教育は受けているものの、眼球とその周辺は異なった性質を持つ組織です。

まつ毛についても技術的な訓練が必要と思われます。



----------------------------------------------------------------------------------------------

最後に、もしもグルーでのトラブルが起こった時には、

コンタクトレンズはすぐにはずす

清潔な水で何度も洗う

かゆくてもごろごろしても、絶対に目をこすらない

皮膚についたときには、無理に取ろうとはせず、水やお湯の中でゆっくりともみながらはがす。

その後、速やかに眼科を受診してください。
(コンタクトレンズを使用中にトラブルにあった時には、一緒にコンタクトレンズを持参してコンタクトレンズに影響がないかを調べてもらってもよいでしょう)




松本眼科のホームページはこちら

ブログのトップページはこちら