白内障は主に加齢変化ですが、白内障が進行してきて見えにくくなってくると手術を受けます。


そこで、2014年 日本眼科学会総会にて 北里大学の 飯島敬先生たちは


LASIKは白内障にどれくらい影響するのか?


LASIKを受けると白内障が進行してきて手術をうける年齢が早くなるのかどうかを調べ、発表されました


白内障瞳孔


その結果、


LASIK手術を受けられている方の白内障手術年齢: 54.4才


全体の白内障手術年齢:71.2才


近視が強い方の白内障手術年齢:64.2才



という結果となりました。





なんと、LASIK手術を受けられた方は、17歳も早く白内障手術を受けられている結果となりました。




その原因として、


近視の強い方も7歳も早く白内障手術を受けられており、


近視の強い方は眼球の軸が長いために白内障になりやすいといわれています。


もともとLASIK手術を受ける前は近視があったわけで、それも一つの要因になります。



しかし、LASIKを受けられた方は、近視の強い方の手術年齢よりもさらに早くなっています。


その理由は、LASIKを受けられた方は、もともと眼鏡で矯正できない屈折の異常である高次収差が増加しているといわれています。


そこに加齢で白内障による高次収差が増えてくると、もともとあったLASIKによる高次収差がさらに強くなってきて、他の方よりもより早く見え方に影響したものと考えられています。



LASIKを受けられた50歳以上の方で、最近見えにくくなってきている方。


それは白内障かもしれません。


気になればお近くの眼科で診てもらった方が良いかもしれません。

LASIK(レーシック)手術によるドライアイ。ドライアイのある患者さまが手術を受ける時に注意すること


レーシック後のドライアイをあきらめないで! まだまだ治る可能性があります。それがジクアス点眼。

 


中高年の方のレーシック手術やコンタクトレンズ装用は要注意。眼精疲労や老眼の進行した症状を感じやすくなるからです。その理由は。



レーシック難民が苦しんでいる主な症状とその原因

実際にあったレーシック術後不調の症例



ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら