花粉症の季節には、目頭が痛くてかゆいと言って来院される方がいらっしゃいます

are3are4




最初の写真がこの方の写真です。


次の写真はほかの方の写真。


比べてみると、目がしらのピンク色の部分が赤くて腫れているのがわかります。


ここの部分は涙丘といって、ここが腫れてくることが多いのはアレルギー性結膜炎。


花粉症の季節には一部の花粉症の患者さんで涙丘が腫れてきます。


そうすると、目がしらの部分に痛みやかゆみの症状が出てくるのです。


花粉症になっている方が、目がしらの部分にかゆみや痛みが出てくるのは涙丘に炎症が起こっているのが原因です。


特に小さい子供さんが、花粉症の季節には目がしらの痛みを訴えて来院されるケースが多いのです。


多くの場合は、目を強くこするのが原因です。

花粉症



目を強くこすることで、まつ毛が目の中に入り込んだり抜けたまつ毛が目の奥に入り込んだり白目が腫れてくることもありますので、目がかゆくなれば、早い目にお薬をお使って症状を抑えることをお勧めいたします。


これらの症状は、アレルギー性結膜炎の治療で改善しますのでご安心ください。



lash1

lash


75383b1e.jpg





****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら