●近視抑制眼鏡のMC眼鏡が販売中止になりました。

すでにMC眼鏡を使用して、近視の抑制に励んでいるお子さんもいらっしゃるかと思いますが、MC眼鏡に弊害があって、効果がなくて販売が中止になったものではございません。

下にお示ししましたメーカーからの文章にあるとおり、経営的な問題のようです


MC眼鏡の近視抑制効果については以前から実証されていますので、引き続いてMC眼鏡を用いて近視抑制に頑張っていただきたく思います(MCの眼鏡の効果についてはこちら)。



●それではMC眼鏡がなくなった今、次の対策をどのようにすればよいのでしょうか?


次はコンタクトレンズになります。

ハードコンタクトレンズを就寝中につけるオルソケラトロージーや、遠近両用のソフトコンタクトレンズです。


しかし、どちらもMC眼鏡のメカニズムとは異なり、近視の進行の原因とされる周辺部網膜のずれを軽減し近視抑制をもたらすものです。

MCレンズと遠近両用コンタクトは同じメカニズムと思っておられる方もいるかと思いますが、全く異なります。

遠近両用の使い捨てコンタクトレンズによる近視抑制効果についてはこちら



そのためMC眼鏡以上に近視抑制効果があるといわれており、MC眼鏡が近視抑制効果が15%と言われている一方、オルソケラトロジーは36%、遠近ソフトコンタクトレンズは34%の効果があったと報告されています(詳しくはこちら


近視の進行を抑制してくれるバイオレットライト透過眼鏡についてはこちら



mc




****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら