糖尿病性網膜症は日本人の失明原因では緑内障に次いで多く、治療法も進歩してきています。

10年以上前は、網膜光凝固で出血の原因となる新生血管や血管の閉塞部位を凝固する治療がメインで、どちらかというと失明を防ぐ治療が目的でした。


しかし、2014年に抗血管内皮増殖因子薬(抗VEGF薬)を硝子体に注入する治療が糖尿病黄斑浮腫に認められ、それが治療の主流となり視力を回復する治療へと変わりつつあります。

120

(治療効果のメカニズム)






それではどれくらいの効果があるのでしょうか
東京医科大学眼科での治療成績を診てみます

(清水広之ほか:日本人における糖尿病性黄斑浮腫に対するラニビズマブ硝子体注射の長期治療成績. あたらしい眼科35:136-139・2018 より)





まず治療方法です

●治療方法
抗VEGFの硝子体注射を行い、毎月2段階以上の視力低下、20%以上の網膜の腫れの増加があれば、再発として再注射

10




状態を見て追加治療も必要です

●併用した治療法
網膜光凝固:33%
ステロイドのテノン嚢下注射(眼球の後ろ側への注射):22%




そしてその結果です

●視力

治療前の視力0.5以上:57%

6か月後:73%

12か月後:72%

18か月後:78%



このように硝子体注射は視力を回復する治療であることがわかります

しかし、再発しやすく1回の注射で視力が維持できる人は少なく



●再発率(治療18か月期間中)

91%



それではどらくらいの注射が必要でしょうか?


●平均再注射回数

6か月まで:2.3回

12か月まで:3.0回

18か月まで:3.3回



視力を維持するためには、治療開始18か月までに3回以上の硝子体注射が必要のようです

あきらめないでがんばりしょう。



ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら