ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ

眼科診療をしながら気がついたこと、最近気になったことを書いてみました

目の病気-近視、遠視、乱視、弱視

近視の進行を抑制してくれる使い捨てコンタクトレンズがあります。その理由と、どのコンタクトが近視抑制効果を持つのか?

●コンタクトレンズを使っていてどんどん近視が進行して不安になっていませんか?


実は日本人の失明者のうち37.3%が近視関連の失明です


スライド31


いつまででも近視が進行し、ついに将来強度近視になってしまうと大変なことになってしまいます。


スマホが原因と分かっていてもスマホはやめられないし、ではいったいどうしたらいいのでしょうか?



(子供がスマホを持つときに注意するべき点はこちらから:講演のビデオです)



実は近視の進行が抑制されるコンタクトレンズがあります。



●近視の進行しにくいコンタクトレンズとは


慶応大学の鳥居秀成先生の報告によると、

  • メニコンプレミオ、
  • 1Dayコンタクト‐Magic
  • アルコンフォーカスデイリーズ

は、他のコンタクトレンズ(ワンデーアキュビュー、アキュビューアドバンス、アキュビューオアシス、ワンデーアキュビュ−ディファイン)と比べると、眼軸長にして26%もの近視の進行の抑制効果があったとのことです

(眼鏡装用と比べて33%近視進行抑制効果のあった遠近両用コンタクトについてはこちら)


●なぜ、これらのコンタクトレンズが近視の進行抑制効果を持つのか

レンズのバイオレットライトの透過性が高い特性を持ちます



●バイオレットライトとは

波長360~400nmの紫外線に波長が近い可視光線で、その光が目の中に入ると近視進行遺伝子が抑制されて近視が進行しにくくなると言われています



●バイオレットライトが近視の進行を抑制するという根拠は

我が国のデータでは、日照時間の長い都道府県ほど子供の目の悪い子供の割合が少ないといわれており、また海外のデータでも読書時間の長いにもかかわらず、外にいる時間の長いシドニーの子供のほうが、外にいる時間が短いシンガポールの子供よりも近視率が少ないことが言われています。

スライド61


スライド62

また、ひよこによる動物実験によってもバイオレットライトが近視の進行抑制効果を持つことが証明されています。



●最近のバイオレットライトの傾向は

部屋にいるとたとえ窓を開けていても全くバイオレットライトは目の中には入りませんので、できるだけ外にいてバイオレットライトを入れる必要があります。

1日2時間以上外にいると近視の発症率を下げられるといわれていますが、1955年の日本の子供が外にいる時間は男子3.2時間/日、女子2.3時間/日のところ、40年後の1995年には37分/日 に減少しています。

このデータからも近年、我が国の成人の近視率が60%にまで達しているのと関係がありそうです。
(以上、鳥居秀成:バイオレットライトと近視抑制、あたらしい眼科34(10):1371-1378、2017を参考に書きました)

ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら















近視抑制眼鏡、MCレンズの販売中止、それでは次の子供の近視を抑制する対策は


●近視抑制眼鏡のMC眼鏡が販売中止になりました。

すでにMC眼鏡を使用して、近視の抑制に励んでいるお子さんもいらっしゃるかと思いますが、MC眼鏡に弊害があって、効果がなくて販売が中止になったものではございません。

下にお示ししましたメーカーからの文章にあるとおり、経営的な問題のようです


MC眼鏡の近視抑制効果については以前から実証されていますので、引き続いてMC眼鏡を用いて近視抑制に頑張っていただきたく思います(MCの眼鏡の効果についてはこちら)。



●それではMC眼鏡がなくなった今、次の対策をどのようにすればよいのでしょうか?


次はコンタクトレンズになります。

ハードコンタクトレンズを就寝中につけるオルソケラトロージーや、遠近両用のソフトコンタクトレンズです。


しかし、どちらもMC眼鏡のメカニズムとは異なり、近視の進行の原因とされる周辺部網膜のずれを軽減し近視抑制をもたらすものです。

MCレンズと遠近両用コンタクトは同じメカニズムと思っておられる方もいるかと思いますが、全く異なります。

遠近両用の使い捨てコンタクトレンズによる近視抑制効果についてはこちら



そのためMC眼鏡以上に近視抑制効果があるといわれており、MC眼鏡が近視抑制効果が15%と言われている一方、オルソケラトロジーは36%、遠近ソフトコンタクトレンズは34%の効果があったと報告されています(詳しくはこちら






mc



****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら




近視の進行を抑える予防法:両親が近視だったら子供は絶対に近視になる?それを予防する方法。

●両親が近視だったら子供は絶対に近視になる?


あるデータでは、

両親が近視であれば:
子供の近視率は8倍に増える

片親が近視でも:子供の近視率は2倍に増えると言われています


このように子供が近視になる最大の要因は遺伝であるといわれています。


両親とも近視であれば、子供が目が悪くなるのを指をくわえて待つしかない?


何か予防法は?


ゲームやスマホを控えているのに、それでも遺伝には勝てない?



(子供がスマホを持つときに注意するべき点はこちらから:講演のビデオです)





●両親が近視であっても子供を近視にさせない方法、これ以上近視を進ませない方法


けっしてそのようなことはありません。ある論文で


『たとえ、両親ともに近視であっても、あることをすれば、近視発症率を両親とも近視でない場合に近い割合まで下げることができる』

と発表されました。


そのあることとは?・・・ 1日2時間以上の屋外活動をすること

sun


また、別の論文でも、近視でない小学校3年生514名が、4年生以降に


近視になった子供の1日平均の屋外活動時間:1時間8分/日 


近視にならなかった子供の1日平均屋外活動時間:1時間40分/日


と近視にならなかった子供の外で遊ぶ時間は長いという結果になりました。


そして、ゲームやスマホなど近業作業が長くても屋外活動時間を長くすれば近視のリスクは低くできる可能性があるとも言われています。




●日の当たり方で近視の進行程度は変わる?


ひよこの実験でも、強い光を当てているひよこのほうが近視の進行が抑制できていることが証明されました。


また、全国の小学校6年生の1年の日照時間と視力低下の児童の割合


日照時間の長い都道府県

々島県:33.2%(2043時間)

∋蓋県:32.5%
(1876時間)

静岡県:32.2%
(2170時間)
 

一方、日照時間の短い都道府県

―田県:40.9%(1520時間)

∪朕晃:41.7%
(1577時間)

新潟県:35.9%
 (1659時間)



このように日照時間が多い都道府県ほど、視力低下の児童の割合は少ないという傾向が認められました




●なぜ、屋外活動時間が長いと近視の進行抑制になるの?



屋外にいると運動するから?

運動によって近視が抑制されるという結果は認められませんでした


屋外にいると遠く見るから?

遠くを見ることで近視が抑制されるが、より屋外での光量が影響するといわれています


ビタミンD?

紫外線により体内のビタミンDの濃度が上がるといわれています。また、近視の学童では血液のビタミンDの濃度が低いといわれています。ビタミンDについて近視進行抑制効果があるかどうかは不明ですが、今後の試験によってビタミンD治療が近視の進行抑制に効果があるかが明らかになると思われます


ドーパミン?

目の中に入る紫外線により網膜のドーパミンが活性化されるというのが近視進行抑制の
一番の原因であるといわれています。



(以上;鳥居秀成:屋外活動と近視抑制.日コレ誌59:2-6,2017 を参考にして書きました)


ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら




低濃度アトロピン:マイオピンは本当に近視の進行を遅らせるのか?

子供の近視を遅らせる目的で、低濃度アトロピン(マイオピン)というお薬があります。
8d8df548.jpg

シンガポールから出された臨床研究にて、0.01%アトロピンは子供の近視の進行を60%も軽減させ、副作用もほとんどなかったというデータが報告され、日本のいくつかの施設でもそのお薬が処方されるようになりました。

その結果に期待をして毎日がんばって使ってられる子供さんも多いことと思います。

しかし、このシンガポールで出された論文には、比較試験は行っていない、偽薬との比較も行っていないなどの問題も多く、この点眼が日本人の子供にも効果があるかどうかが問題です。


しかも、日本では認可がされずに保険診療ができないため、患者さんは高い治療費を払って治療しています(日本のきまりでは混合診療が禁止されているため、お薬代だけではなく検査も実費になってしまうのです)。


そのため、この論文が出された後、日本の大学などの研究施設では追試験が行われました。

その中の一つである東京医科歯科大学の西山友貴先生たちのグループは、第121回日本眼科学会総会(2017.4.東京)にて、低濃度アトロピン(マイオピン)には近視進行を抑制させる効果がなかったと報告されています。

BlogPaint


2年間の追跡調査ですが、近視が進行すると眼球の軸が延びて視力が低下しますが、アトロピン点眼をしているグループの平均の延びが0.82mmに対し、なにもしていないグループの平均の延びは0.79mmと有意な差はなく、何と平均値だけでは何もしなかった方が延びは少なかったという逆の結果になりました。

この大学でも大きな副作用はなかったようです。

一つの施設だけでは何とも言えませんが、なにせ非保険診療で治療費が高く、おまけに予防治療なので治療期間が長くて経済的な負担も大変だと思います。

今、治療中で、今後どうしようなかって思っておられる方は、一つの結果としてご参考いただければと思います。



(子供がスマホを持つときに注意するべき点はこちらから:講演のビデオです)



 *****************************************************


ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら

 

























スマホは視力だけではなく子供の睡眠時間も短くしている

2014年の文部科学省の調査の結果、小学生で22時以降に就寝しているのは約50%、

中学生で0時以降に就寝している人は22%、高校性は47%になっていました。


そして、小中高生のいずれもパソコンやスマホを触る時間が長いほど、起床時間が遅くなっている傾向がみられました。


また20代から30代の寝る前にスマホを見る人の約7割が不眠症になっているともいわれています。


厚労省による「健康づくりのための睡眠指針2014」でも、このような傾向に危惧し就寝前のメールやゲームの使用を控えるように言っています。

sleep




それでは、なぜスマホは睡眠時間を短くしているのでしょうか?

一つ目の理由としては、スマホの光源となっているLEDにあります。


朝になると目が覚めて夜になると眠たくなる体内リズムに、網膜に届く青い光が影響し、我々は大昔から朝日の青い光を見て目が覚めて、日が沈んで青い光を見なくなって眠たくなりなるようにできているのです。


しかし、スマホのLED光源には青い光の成分が多く含まれ、寝る前にスマホの青い光が網膜に届くと、体のほうが朝になったと錯覚し、リラックスで働く副交感神経からがんばるときに働く交感神経にスイッチが切り替わるのです。

そうなると神経が高ぶって寝られなくなるだけではなく、自律神経のバランスも崩してしまいます。

幼少の時にこのような状況になると、「寝る子は育つ」と言われているように睡眠障害による成長の遅れ、食欲不振、注意・集中力の低下、眠気、疲れやすくなったりといった症状が出ます。

それ以外に、いらいらしたりコミュニケーションの形成にも支障が出たり、保育園や幼稚園の時間と体が合わず、登校拒否につながる可能性もあります。


もう一つは中高生に多く、LINEなどのトークアプリで、夜遅い時間に相手からのメッセージが送られてきて、返答した後また応答がきて寝れなくなってしまうケースです。


特に小さい子供さんには就寝前のスマホの影響は大きく、就寝1時間前からスマホの使用を制限するなどの対策が必要と思われます。

中高生の場合には、ブルーライトをカットする眼鏡やスマホ画面に貼るシールもありますので、利用されたほうが良いでしょう。



統計からみるスマホの視力への影響

小さい子供がスマホを長時間見ると斜視になることが

簡単にできるスマホ近視の予防法
 *****************************************************


ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら

 




















テレビが子供の目を悪くしているかどうか?

以前から論理的に証明されている子供の目を悪くしているものには以下のものがあります


●スマホ(詳しくはこちら)

●IQや学歴(詳しくはこちら)

●紫外線に当たらない時間(詳しくはこちら)

●パソコン(詳しくはこちら)

●遺伝(片親が近視なら子供の近視率は2.3倍、両親が近視であれば7.9倍、近視になる率が上がるといわれています)


それではテレビはどうでしょうか。

tv


「そんなにテレビばかり見ていると目が悪くなりますよ」

以前から親が子によく言っている言葉ですが、本当にテレビは子供の目に悪いのでしょうか?

残念ながら、論理的にこのことを証明することができませんでした。

それは日によってもテレビを見る時間も違うし、部屋の大きさも各家庭まちまちでテレビまでの視聴距離も異なります。


ではテレビのある家とない家の子供を比べればよい、と思ってもいまどきテレビのない家は珍しいし、

テレビを全く見ない子供がいるとしても、その分、パソコンやスマホを見ているかもしれないし、テレビの影響がどれくらいあるかについては、調べることができませんでした。。




そこで、ある離島のテレビ放送がされる前後の子供の視力を比較した論文を紹介させていただきます。

この離島は東京都小笠原村で、小笠原村の父島と母島に行くための交通手段は6日に1便、片道25時間を要する定期船しかない超遠隔離島なのです。

そのため、通信手段の整備も遅れており、1996年に初めてテレビ地上放送が開始され、1999年に音声のみの携帯電話が使用可能になり、インターネット高速サービスについては2011年に初めて供給されたという状態です。


この小笠原村で小学校から中学校までの9年間を連続して過ごした子供が333人について、テレビ地上放送が初めて始まった1996年前後の視力を調べてみました。データは2012年までのもので、インターネットサービスが供給されたのが2011年ですから、PCやスマホの影響もほとんどないものと思われます。


●テレビ放送が始まる前の裸眼視力0.7未満の中学1年生0%(0/179人)


に対し、

●テレビ放送が始まった後の裸眼視力0.7未満の中学1年生26.6%(41/154人)


とテレビ放送が始まってから子供の視力が悪くなっていることが示されました。


やはり、従来から言われているとおり、テレビの視聴は子供の目を悪くしているようです。

時間を決めて、正しい距離で見るようにしましょう。

大画面テレビの適切な視聴距離は?


(以上、伊藤美沙絵ほか:東京都小笠原村における裸眼視力の変化.日眼会誌120:296-302、2016 を参考にしました)
 

****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら



子供の動物の目に眼帯をすると強い近視になります。そこからわかる近視を進ませない方法。

生後間もないサルの瞼を上下縫い合わせたり、ひよこにゴーグルを装着すると強い近視になることが分かっています。


近視の研究者が、近視の実験動物を作るときにやられている方法です。

 子供写真

なぜ、動物に縫い合わせたりゴーグルをすることで近視になるかというと、

網膜にぼけた映像が映ることでその機能を補う反応が眼球に起こり、近くに焦点を合わせようとする反応が近視化になるのです。



我々の日常生活には、それらの良く似たことがおこっており、子供の近視をさらに悪くしているようです。

子供があっていない眼鏡をかけていたり、目が悪いのに眼鏡をかけていないでいるとさらに近視が進行していく原因となります。

強い眼鏡は近視を進行する原因となることは以前から言われていましたが、最近になり弱い眼鏡も子供の近視を進行させる原因であるといわれています(詳しくはこちら


また、子供に眼帯をすると眼帯をしたほうの目が短時間でも近視になる可能性があるということが言われており、子供の眼帯は原則禁止になっています(詳しくはこちら)。



****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら


レーシック手術は長期にわたって視力が維持できるのか?近視の戻り

レーシック手術が行われてから約20年近くが経過し、


「レーシック手術は、はたして長期にわたって視力を維持できるのか?」 


「レーシック手術をした直後はよいけれども、後から徐々に近視が戻ってくるのではないか?」


といった疑問が出てきています。




そこで、レーシック手術後の近視の戻りについて調べたデーターを紹介させていただきます。 


ある海外のデーターによると、手術前の平均近視度数が-7.27Dという強度近視97眼の手術直後に対する10年後の近視の戻りを調べたところ、10年間で-1.04Dの近視が戻ってきているとのことです。

0.25Dが眼鏡やコンタクトレンズの1段階ですから、10年間の間に約4段階もの近視が戻ってきているという結果でした。



宮田眼科の森洋斉先生は、レーシック手術を行って調子が良い方はその後眼科には通院しない。

そのため、主に調子の悪い方が多く含まれている可能性があり、統計上修正する必要があると考えました。


そこで宮田眼科で行ったレーシック症例579例1127眼で、データーの補正を行って解析を行いました。


その結果、10年間で-0.63Dの近視の戻りがあったとのことです。眼鏡の度数にして約2-3段階近視が戻るようです。


さらにその経過は術後6か月で近視化を認め、術後9年までは徐々に近視化する傾向があったとのことです。


(以上、森洋斉:レーシック後長期の視機能.あたらしい眼科33.1601-1602.2016を参考に書きました)

医師

レーシック手術後、徐々に近視が戻る原因はいまだはっきりとはされていませんが、術直後のようには見えなくなったと感じられている方は、近視が戻っている可能性があります。



●当院に実際に受診されたレーシック手術後の不調例

*****************************************************


ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら

 


 

読書はどれくらい子供の近視の進行に影響するのか

子供の読書はどれくらい近視の原因になるのか?


興味のあるところですが、それについて調べた研究を紹介します。




●読書時間は子供の近視の原因となる?


2339人の11歳から14歳の小児で調べた報告によると、


30分以上連続して読書する小児は、連続読書時間30分以下の小児と比べ、1.5倍近視になりやすい




●読書する距離は近視の進行する原因となる?


読書する距離が30cmよりも近い場合、30cm以上離して読書する場合と比較し、2.5倍近視になりやすい




●読書の量は近視の進行する原因となる?

7歳から9歳の小児1005人で調べたデータでは、1週間に2冊以上の本を読む小児は、3倍近視になりやすい。


 

やはり、従来から言われている通りの結果となりました。


過剰な読書は近視の進行する原因となるようです。


適当な休憩が必要なようです。 


bennkyou








****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら



 
 

「子供の近視の進行が止まらない」 「強度近視にはさせたくない」最新の近視進行抑制治療

「子供の近視の進行が止まらない」


「この進行を止める方法はないんですか?」


と聞かれることがあります。


保護者の方にとっては学校検診の度に視力低下を指摘され、その都度眼鏡の度数を上げていく。


「どこまでうちの子供の視力は悪くなるの? スマホもやめさせたのにどんどん近視の度が進行する」 




すごく不安になってられると思います。


眼科医の立場としても、何とかこの近視の進行を止めていかなければなりません。


というのは 


日本人の失明原因のなかで、7.8%の方が強度近視で失明しています

詳しくはこちら) 

さらに37.3%の方が近視関連の病気で失明しています

スライド31

 さらに15歳を過ぎると近視の進行は緩やかになりますので、小中学校時が近視対策を行う時期なのです。

あまりもたもたしてられません。

詳しくはこちら



近視進行抑制治療といっても、近視は遺伝的な要因が大きいからとあきらめている方もおられるかもしれません。


しかし、近視が進行中の一卵性双生児に片方の子に眼鏡、もう片方の子に近視の進行抑制治療として注目されているオルソケラトロジーを行ったところ、オルソケラトロジーを行った子供さんの近視の進行が抑制できたと報告されています。


このように近視進行抑制治療を行うことで、遺伝や環境に影響されることなく近視の進行を抑えることができる世の中になってきました。



そこで最新の近視進行抑制治療について書いてみます。



●眼鏡

遠近両用眼鏡

近くを見るときの負担を軽減させるために、子供用にデザインされたMCレンズの入った眼鏡をさせた結果、15%の近視進行抑制効果が合った報告されています(詳しくはこちら)。

ruisin



MyoVisionレンズ

網膜周辺部のずれが近視の原因であるという理論の元、近視の進行を抑制するために作られ、中国では30%の近視進行抑制効果が得られたと発表されました(詳しくはこちら)。

その結果をもとに、我が国でも2年間にわたって追跡調査を行った結果、近視抑制効果がないという結果になりました。




●コンタクトレンズ

オルソケラトロジー(ハードコンタクト)

オルソケラトロジーとは、睡眠中に特殊にデザインされたハードコンタクトレンズを装用することで眼球を変形して近視を矯正し、日中にコンタクトや眼鏡なしでも生活できるようにしようとするものです。

このオルソケラトロジーによる眼球の変形が、近視の進行の原因とされる周辺部網膜のずれを軽減し近視進行抑制効果が期待できるのです。


日本人のデーターでは眼鏡装用と比べ、36%の近視抑制効果があったと報告されています。


(このオルソケラトロジー治療は保険適応になっておらず、初期費用として両眼で15~20万円前後が必要です)




遠近両用ソフトコンタクトレンズ

(詳しくはこちら

コンタクトレンズを遠近両用とすることで、近くを見るときの負担を軽減させるのと周辺網膜のずれも軽減できます。


中国のデータですが、眼鏡装用と比べ34%の近視抑制効果があったと報告されています。


また日本のデータでも、通常のソフトコンタクトレンズと比べ、47%の眼球の軸が伸びが抑制できた(近視は眼球の軸が伸びることによっておこる)と報告されています。


(こちらは通常の遠近両用ソフトコンタクトレンズを使用しますので保険診療はできますが、小さい子供さんには合わせることができません)


BlogPaint BlogPaint


●バイオレットライトの透過性の良い使い捨てコンタクトレンズ

眼軸長にして26%もの近視の進行の抑制効果(詳しくはこちら



●お薬

低濃度アトロピン点眼(Myopine)


シンガポールで5年間Myopine点眼を使用した場合の近視の進行程度が、無治療の2.5年間の同世代と同じであったとのことで、Myopine点眼には50%の近視抑制効果があったと報告されました。


しかし、この論文には比較試験は行っていない、偽薬との比較も行っていないなど問題点が多く、現在、日本の7大学においてプラセボ点眼も用いて本当に近視抑制効果があるのかについて追試験中です(東京医科歯科大学のデータはこちら)。


そのためMyopineは我が国ではいまだ認可されておらず、このお薬を使った治療を保険診療をすることができません。



****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら



 
Profile
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

多くの方にご覧いただきありがとうございます