ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ

眼科診療をしながら気がついたこと、最近気になったことを書いてみました

目の病気-眼精疲労・ドライアイ

コロナウイルスがおさまらない中、マスク使用でドライアイで来院される方が増えています。マスク関連ドライアイとは?

コロナウイルスがまだまだ収束しない中、ドライアイで来院される患者様が増えています。


その最大の原因は、使用中のマスクです。


478450




マスクは外に出る飛沫を抑えてくれますが、マスクが顔からずれているときには、吐息が上向きに漏れ、眼球の表面を乾燥させます。


マスクをして


ごろごろする

ショボショボする

目を開けているのがしんどい

充血が続く

ものを見つけているのがつらい

目の奥が痛い

瞼が重たい

瞬きが多い

目がしみる



といった症状があれば、マスクが原因かもしれません。

dry




特に、もともと涙の少ない高齢者やコンタクトレンズ装用者、デスクワーク中の方に影響が出やすくなり、特に眼鏡をかけている場合には、眼鏡のフレームでマスクを下に押し下げ、顔との間に隙間ができやすくなります。

patient    cl1   vdt45



そうすると目に不快が出るために、ついつい手で目を触るために、口や鼻だけではなく手からコロナウイルスが目に入る可能性もあります。


対策としては、マスクと顔の間の隙間をできるだけなくすようにして、吐息が眼球の表面に漏れないようにして、特に眼鏡使用時にはテープでしっかり止めることも必要です。

マスク



カナダのウォータールー大学の研究では、マスク関連ドライアイに潤滑性のある目薬を薦めていますが、日本で処方できるのは


ジクアス点眼

ムコスタ点眼

jikuasumukosta




になります。

参考文献;CORE Alerts Practitioners to Mask-Associated Dry Eye (MADE)英語)



お仕事でマスクをはずせない方。上のようなドライアイの症状が出ている方、マスクの漏れを調整しても症状が改善しない場合には眼科で点眼を使用すると改善するかもしれません。



*********************************************************************************

annie29



眼科犬、アニーからのもうひとこと: 早くコロナウイルスが収束してくれることを願っているワン )
 


ブログのトップページはこちら


松本眼科のホームページはこちら




ドライアイの点眼の適切な回数


ドライアイの点眼の回数は多ければ多いほど効果があるものではありません。


1日10回も点眼をすると、たとえ防腐剤が入っていない人工涙液のような無害の点眼でも角膜の上皮が障害されることが指摘されています。

さらに涙液層の安定性を低下させるため、その結果、さらにドライアイの悪化を招いてしまうことも言われています。

dryeye



適切な1日の回数は、ヒアルロン酸点眼は5−6回、ジクアス点眼が6回、ムコスタ点眼が4回が推奨されています。

(以上、ドライアイ診療ガイドライン:日眼会誌123(5)2019.より)







*********************************************************************************



DSC00260



眼科犬、アニーからのもうひとこと:どんなお薬にも適切な回数があるワン




ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら






ドライアイの点眼のさす順序。ヒアルロン酸点眼、ジクアス、ムコスタ、人工涙液のうちどれが先にさすと効果があるか

目の乾燥が強くなると1剤では効果がなく、2種類以上の点眼を使っている方がおられます。

そんな患者様から、どの順序で点眼を使った方が良いですかと聞かれることがあります。

そこで、ドライアイ研究会の作成したドライアイ診療ガイドライン(日眼会誌123(5)2019.)で示された、より効果のある点眼の順序です。


dryeye



●ヒアルロン酸(ヒアレイン、ティアバランス、アイケアなど)とジクアス点眼をどちらを先にしたほうがよい?

・・・ヒアルロン酸点眼は涙の層の粘度を上昇させる効果があるため、ジクアス点眼を先に入れた方が、ヒアルロン酸で得られた涙液層の粘度の上昇を長く維持できるのです。

ただし、ジクアス点眼で刺激がある場合には、ヒアルロン酸点眼を先に入れてください(刺激感が緩和されるものと思われます)。



●ヒアルロン酸(ヒアレイン、ティアバランス、アイケアなど)と人工涙液(ソフトサンティアなど)をどちらを先にしたほうがよい?

・・・ヒアルロン酸点眼は滞留性が高いため、ヒアルロン酸点眼を先にして人工涙液を後にした方が、より長く保水力を維持できると思われます。


(以上、ドライアイ診療ガイドライン:日眼会誌123(5)2019.より)



●ムコスタ点眼はどこで入れる?


点眼の順序の基本は、水性点眼→懸濁性点眼→油性点眼→眼軟膏です

ムコスタ点眼は、懸濁性になりますので、最後に入れたほうが効果があるようです





*********************************************************************************


DSC00765



眼科犬、アニーからのもうひとこと:どうせ使うなら効率よく使った方が効果があるワン



ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら


点眼を使っても治らないコンタクトレンズでのドライアイ、遠近両用のコンタクトレンズで改善することがあります

コンタクトレンズによるドライアイが改善しないと訴えて来院される方がいらっしゃいます。


心配



既にドライアイでは定番のヒアルロン酸とジクアスの点眼を使われています。

jikuasuhiarein








でも本当にドライアイ?

19a51d7f.jpg



スマホやパソコンが原因となる症状で多いのがドライアイですが、もう一つ忘れてならないのが眼精疲労です。

vdt45



それではなぜスマホやパソコンを見ると疲れるのでしょうか?

ムンテラ
我々は遠くを見るときにはピント合わせの筋肉がゆるみ、レンズを薄くして遠くにピントを合わせます




ムンテラ2
近くを見るときには筋肉が緊張してレンズを厚くして近くにピント合わせをします。



この筋肉の疲労が乾燥感の原因となるのです(筋緊張性疲労)。力を入れて筋肉が緊張していると筋肉痛がおこるのと同様です。




実際に乾燥して乾燥感を感じているわけではありませんので、点眼で乾燥を取ったところで治るはずはありません



ef03bb66.jpg



そういう方に遠近両用のコンタクトを着けてもらうと、

ムンテラ3



遠近両用のコンタクトレンズを入れると近くにピント合わせの必要はなく、筋肉が休んで乾燥感が改善するのです


すでに学会でも、ドライアイと思われている症例の一部に筋緊張性の眼精疲労が含まれていることが発表されています。

こういった方への遠近両用のコンタクトレンズの使用は、今年のコンタクトレンズ学会(2019)で4台も発表があり、新しいコンタクト治療のトレンドとなっているようです。


この効果は老眼世代でない方にも効果があることも報告されています。



**********************************

眼科犬、アニーからのもうひとこと:


annie31

パソコンやスマホを長時間見ていて、ドライアイの点眼を使っても少しも乾燥感が改善しない方、一度、眼科に行って相談してみるとよいワン!



ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら






ドライアイの点眼で、点眼後に一時的に見えにくくなるものがあります

ドライアイの中には、点眼後一時的にかすむものがあり要注意です。

それは、0.3%ヒアルロン酸点眼とムコスタ点眼です。


hiarein


muco



0.3%ヒアルロン酸点眼は従来の0.1%のものに比べると粘度が高く、そのために一時的に涙液層の分布を不均一にして、目の中に入ってきた映像を散乱させてかすみが出るようです。

ただし、従来の0.1%ヒアルロン酸の方はそのようなことは起こりにくいようです。

また、ムコスタ点眼は懸濁性で白濁しており、これが涙液と混ざって眼表面上に存在すると、散乱が起こって見えにくくなるようです。


ともに5分でかすみは改善しますので心配はありませんが、運転前や仕事中に使うときには注意が必要です。


 *****************************************************


ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら

 



コンタクトレンズでのドライアイに市販の目薬を買って使うよりも、眼科で処方されるジクアス点眼の方がより乾燥感が取れるというデータです

ソフトコンタクトレンズを使用しドライアイになっている26名に対し、片眼に人工涙液、片眼にジクアス点眼を1日6回使ってもらって、4週間後と8週間後に比較してみました。

17702c33.jpg



その結果、人工涙液、ジクアス点眼を使っている両目とも眼精疲労と、充血、なみだ目、目を閉じたくなる、異物感、まぶしさの症状は点眼後に改善、しかし、ジクアス点眼を使用した方の目は、乾燥感とかすみ、とくにコントラストが改善、一方、人工涙液を使用した方の目は、ヒリヒリ感、かゆみが改善した結果となりました。人工涙液は、医師の処方箋なしでもドラッグストアで購入できるので、コンタクトで目の乾燥している方は、気軽に使用している方も多いかと思います。



それでも乾燥感が改善しないといって来院される方も多いようです。そういう方には、眼科でジクアス点眼を処方してもらうのをお勧めいたします。同時に、実験終了時に行ったコンタクトと目のチェックにおいても、どちらにもジクアス点眼の影響はなかったということで、コンタクト上からの使用においても安全に使えるようです。


jikuasu

(浅野宏規:ソフトコンタクトレンズ装用ドライアイにおけるジクアホソル点眼の有効性及び安全性、2018年日本眼科学会の抄録集から)



飛蚊症を治すレーザー治療

多くの人が悩まされている飛蚊症。

松本眼科にも、毎日、飛蚊症の患者さまが来院されます。

飛蚊症の原因についてはこちら

floater


中には網膜に穴が開いていたり(網膜裂孔)、眼底出血で治療が要する場合がありますが、ほとんどのケースでは異常は見られず、後部硝子体剥離という加齢変化によるものです


その場合には

「心配はありません」

と言ってお返事させていただきます。



患者さまからは

「治療の必要はないの?」

「飛蚊症のお薬はくれないの?」

「治らないの?」


と言われることがありますが、治してくれると思ってきていただいているのですからごもっともです。

しかし、今のところは残念ながら治す方法は今の日本ではありません。



それが、2017年のAAO(第121回アメリカ眼科学会)にてレーザーによって飛蚊症の原因となっている硝子体の濁りを飛ばしてくれて、しかも安全な治療法が発表されました。


その結果、680名に対し1272回のレーザー治療を行い、ほとんどの患者は飛蚊症が改善し、合併症も0.8%で、最も多かった合併症は眼圧上昇、それらはお薬で改善する程度の軽いものであったとのことです。

我が国にも飛蚊症で困っている方も多いかと思いますが、この論文では欧米での実施率が増えてきていると書いています。

近いうちに我が国でも飛蚊症を治すレーザー治療が実施される日が近いと思います。もうしばらくお待ちください。


松本眼科の飛蚊症の治療計画についてはこちら(PCのみ)



ブログのトップページはこちら
 


松本眼科のホームページはこちら





気分まで悪くなるイライラする目の病気は

目が悪くなると気分まで滅入ってしまったり、イライラしてしまうことがあります。

そこで、目の病気別のイライラ度を調べた調査があって、イライラ度があがる目の病気は次の3つ。

1位:ドライアイ

2位:網膜疾患、緑内障


ドライアイは目がカラカラになるために、網膜疾患や緑内障は見え方に不自由が出るためにいらいらするようです。

vdt45


ドライアイはパソコンの長時間使用や、長時間の車の運転も原因になりますので、お仕事や安全運転に支障が出ていることになり大変です。


パソコンを使っていてイライラしている方、ドライアイになっているかもしれません。



逆に、他の人よりもイライラ度が少なかったのは

白内障手術後。

白内障手術をして視力もよく見えるようになって、気分も爽快になるようです。




次に睡眠の質が悪くなる目の病気

1位:ドライアイ

2位:目の外傷

3位:白内障、白内障術後




1位のドライアイはイライラ度と同じで目がカラカラになるから、2位の目の外傷はやはり痛くて眠られないのでしょう。

3位には白内障がありますが、手術をしてもすぐに睡眠に影響が出るようです。不思議な感じがしますがその理由はこちら

 *****************************************************


ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら

 











白内障による睡眠障害、手術をすると改善するが半年で元に戻る。その原因と対策は

睡眠の質が悪くなる目の病気

1位:ドライアイ

2位:目の外傷

3位:白内障、白内障術後


vdt45


1位のドライアイは目がカラカラになるから、2位の目の外傷はやはり痛くて眠られないのでわかるような気がします。


しかし、白内障と白内障術後がどちらも同じくらいに不眠症の原因となったのには驚きです。


そこで、もう少し調べてみると、白内障手術をすると2か月くらいは睡眠の質がよくなるようで、そのころには平均20分も睡眠時間が増えるようです。しかし、半年くらいで手術をする前の状態に戻ってしまいます。

bed


睡眠をおこす要因の一つが目に入るブルーライト量の変化で、朝に太陽光のブルーライトが目の中に入ると目が覚めて、太陽が沈んでブルーライトが減弱すると眠たくなって睡眠が起こるのです。

スマホのブルーライトによる睡眠障害はこちら


しかし、白内障になると濁った水晶体でブルーライトがカットされ、その変化が少なくなり睡眠障害がおこります。

一方、白内障手術でブルーライトが目の中に入るようになって睡眠障害が改善されるのです。


にもかかわらず、半年で睡眠がまた悪くなってしまうのは、白内障手術によりドライアイになるためといわれており、ある調査では白内障手術をすると41%の方がドライアイになっていると言われています。


手術から数か月は術後の感染予防で点眼を使っている方が多くドライアイになりにくく、手術後安定して点眼をやめてからドライアイが顕在化して睡眠障害になってしまうようです。

点眼



ということは、手術をしてからよく眠れなくなった方は、点眼を使いドライアイを改善させることでよい睡眠が戻ってくると思います

 *****************************************************


ブログのトップページはこちら

松本眼科のホームページはこちら

 




ドライアイになるとパソコンやスマホの文字がにじんだりちらついて見えて疲れやすい。そんな時には、ブルーライトカット眼鏡やジクアス点眼が有効です。

パソコンやスマホを見ている時に、にじんで見えたりちらついて見えるのはドライアイが原因かもしれません。

その理由は、ドライアイの方は目の表面の涙の層が不安定なため、その部分で光が散乱するからです。


vdt45



ドライアイになると、目を開けてから約5秒後くらいから目の中に入ってきた光の散乱が起こりますので、自然とじっと目を開けているのがしんどくなったり、まばたきの回数が増えてしまいます。


慶応大学の海道美奈子先生は、ドライアイの患者さんにブルーライトカット眼鏡をかけさせて、実用視力を測定しました。


その結果、ブルーライトカット眼鏡をかけることで、にじみが解消されて実用視力が上がることがわかりました。


目が乾燥して、目の表面に入ってくる光が散乱しているのは、主にLEDのバックライトから発せられるブルーライトが原因であると言われています。

(青い光には散乱しやすい性質があり、地球が青く見えたり青空の時の空が青いのは、太陽からの光の青い成分が大気と屈折して散乱するのが原因です。けっして空の空気が青いわけではありません)


そのため、ブルーライトを眼鏡でカットすることでにじみやちらつきを解消できたのです。


そのにじみやちらつきを解消するもう一つメリットがあります。


にじみやちらついた画面を見ていると、ピント合わせの筋肉がなんとかピントを合わせようと努力をするため、すごく目が疲れやすくなります。

そのにじみやちらつきを取ってあげれば、目の疲れもとることができるのです。


にじみやちらつきの原因となっている涙液層を安定させる効果のあるジクアスという点眼がありますが、
この点眼を4週間使用すると、人工涙液を同じ期間使用したグループよりもピント合わせの筋肉への負担も軽減し、自覚的な目の疲労も軽減することができました。

涙液層を安定させることで、にじみやちらつきが解消できて目の疲れも取れるのです。

(以上、海道美奈子:VDT作業による眼障害 ドライアイを中心に.日本の眼科88(2)2017 を参考にしました)



パソコンやスマホの画面を見て、画面がにじんでちらついてすぐに疲れてしまう方、ブルーライトカット眼鏡をかけてジクアス点眼を使用することで症状が改善するかもしれません。



****************************************************************

ブログのトップページはこちら 


松本眼科のホームページはこちら






 
Profile

Takuya Matsumoto

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

多くの方にご覧いただきありがとうございます