ブログネタ
日記 に参加中!
rk01


病院で緑内障と診断され、失明のリスクが現実的となってしまい毎日不安な気持ちで過ごしていたとしても、
治療直後から症状が改善されていくのが実感でき、そのまま一気に症状が解消されてしまう治療法がこちら










あなたも、↓のような悩みを感じているんじゃないでしょうか??



03_image1



■好きだったテレビもつまらなくなってきた

■車の運転ができなくなった

■無視しているように言われる

■点眼薬を使用しているが、眼圧は上がる一方







緑内障は気が付かないうちに症状が進行し、病院で診断されるときには、既にかなり状態が悪化していたというケースも少なくありません。


そのまま放っておいて、視野が正常に戻るといった楽観ができる病気ではなく、

何もしなければ、どんどん症状は悪化しますし、かといって病院の治療を続けたところで、

症状が進むのを食い止めるのが精いっぱいというのが現状です。

depression1








日本リバース 今野清志さんは、これまでに数万人以上の目の問題悩む患者さんを救い続けている人で、

緑内障に関しては、なんと90%以上の改善率を誇っています。


nancyo04



様々な医学書を読み漁り、中医学という東洋医学に根差した医学に関する研究を10年以上も続けた結果、

血流障害と自律神経の機能不全が緑内障と深いかかわりがあることを発見。


それ以来、最初の治療でいきなり視力改善などの効果が現れる患者さんが続出するなど、

雑誌などでも評判の先生となっています。
今野先生の詳しい実績やプロフィールはこちら

rk03







緑内障改善エクササイズは、今野清志先生が、日本リバースで実際に患者さんに行っている施術内容をまとめたDVDで、

毎日のように行列ができている今野さんの病院に、何度も通うことなく、自宅で同じ効果のある治療ができるようになっています。


rk04


緑内障と診断されると、ついつい注意が目の使い方などにだけ向きがちですが、

実際には、自律神経や血流、内臓の働きに起因するものがあり、そういった点から改善していく必要があります。


血流障害が起きることで、目やその辺の周辺器官が本来必要としている量の血液が行き渡らなくなり、

それが緑内障の直接の原因となる眼圧のバランスを崩してしまうわけですが、血流障害がなぜ起きるかというと、

自律神経の働きや、内蔵の活性化につながっていきます。


緑内障改善エクササイズでは、こうした原因に対して直接作用する治療を行っていくために、

完治が難しいといわれている緑内障であっても、短期間のうちに、どんどん視野を取り戻していくことができます。

pict1



日本リバース 今野清志先生の治療法を実践していけば、体に負担のかかる薬を使い続ける必要はないし、

ましてや、リスクの非常に大きい手術をする必要は全くありません。


あなたも、自宅でできる簡単なエクササイズ治療を実践していくだけで、

↓のようになることができます。


cimages




■緑内障の再発のリスクがなくなる

■本を読む楽しみが増える

■家事など日常生活を楽に送ることができる

■失った信頼を取り戻すことができる









rk07


簡単なエクササイズによって緑内障の不安や悩みから解放されて、以前の明るく楽しい生活を取り戻すにはこちら















ウエストくびれ
強迫神経症克服
サッカードリブル
藤山和孝

外為どっとコム 評価