『進撃の巨人』7巻
著者:諫山創
雌型捕獲作戦の7巻が発売されました!
画力が相変わらずのうまへたな感じが失われず、素晴らしい出来かと。
いろいろなものを犠牲にして迫力ある絵に仕上がってるから問題なし。
ただ今回いつもの冴えたギャグパートが少なくちょっと残念。
まー、毎回シリーズの巻末アルミン脛打ちはワロタw
実写映画はどの程度進んでるんでしょうかね、心配。
雑感ですが、やっぱりいろいろ展開が読めなくて面白かったです。

↓以下ネタバレ
『進撃の巨人』7巻
今回で砦の中にスパイが居ることに確信が強まったようで、
そんななか、調査兵団のメインメンバーがゴッソリ削られました。
口だけ番長な人、名前の印象うすいなーw
リヴァイの口真似して面白いキャラだったのに残念(≧▽≦)
最後は結構熱い戦いをしていて格好良かったなー。
グンタが唯一人間状態のスパイに殺され、
エルドは食いちぎられました。
そして調査兵団では結構まともだったペトラさんが死亡(´;ω;`)
死ぬ前にお漏らし暴露されてなんともw
隊の帰投後、父親がリヴァイに話しかけるシーンはやりきれんな。
『進撃の巨人』7巻
それにしてもリヴァイさん強かったなー。
まさに鬼神の如き強さでした。
『進撃の巨人』7巻
雌型の巨人の表情がかなり気になりますねー。
やはり母親なのではと勘ぐってしまいます。

あ、別冊最新号読んじゃった(゚∀゚ ;)