小山鹿梨子
著者:小山鹿梨子
私は戦う───。
そうすることでしか罪を償えないから

4巻買って来ましたッ(≧ω≦ )お願いです書店さん
もう少し平積みしてください新刊気づきません。
可愛い表紙と裏腹に帯には
「わんこ裁判」はじめまーす!
でも一見さんにはまったく意味がわかりませんw
カバー表4の異様な絵とキャッチコピーをみてはじめて
気づく仕様になっておりますなんとも陰険な……
っつか、カバー表4の千尋の絵怖すぎるだろwww

3巻から頭角を現してきた千尋さん
ゴミ虫発言です
(゚∀゚ ;)この娘マジ怖いわ
その凄さと言ったら、顔面セリフで覆われます。
キサマのところにも来ただろ、あいつ
あのウサギ殺しの関なら
私たちのことなんて平気で殺すぞ
わかってんだろ!?
その悪いアタマいくらつかったって
ムダだからわたしがさくせんを考えて
来てやったんだよ感謝しろゴミ!

追い詰められてるとは言え弱者には
容赦の無い糞キャラですなー。
小山鹿梨子
いや、それより今回見た目カワイイ田中さんが
自分可愛さに隼人くんを陥れたことですかねー。
っつか、田中さんの人を騙す演技力がハンパねぇッスw
まぁー隼人くんなりに頑張ったみたいだけど
わんこ刑とパンツ脱がされ写メとか
ダブルパンチでしたかー。
過去の行いを考えれば因果応報
報いは受けるべきか? ……仕方ないのか。
いじめの連鎖は果てしないなー。
小山鹿梨子
しかし今回、反撃の兆しがほんのちょっと見えてきました。
女性教師ですがなんとか巧く立ちまわって欲しいところ。
そして、中西はひょっとしたら強い味方になるのか?
小山鹿梨子
何事にも体当たり的な……つか身体張りすぎヒロイン
名前と違ってまっすぐな、ななめちゃん。
次巻こそ白い悪魔を追い詰める話を期待したいところ。

小山鹿梨子
『校舎のうらには天使が埋められている』
最終5巻 感想ネタバレあり




※当ブログは無料版なので
勝手に広告が付きます。m(__)m