カブ&ピース!

  CUB and PEACE !@AkitaCity

       このブログの趣旨


スーパーカブで遊び倒すっ!!!


ホンダ横型エンジンを中心にミニバイクの整備、チューニング承っております
記事で書かれている加工等の相談も承ります
リーズナブルなお値段でやってますよ〜♪
持ち込みパーツの取付も歓迎です

細々とパーツも販売しています〜♪
ページ右、カテゴリーアカイブ「販売中商品」で紹介していますので御覧ください(^^

古い記事へのコメントにも返信しますよん♪

コメント歓迎ですがオイラ以外で名前欄に”neri"と記入されたコメントはややこしいので削除します(^^;

連絡先、商品の問い合わせ等、非公開連絡事項がありましたら下記メールアドレスからご連絡下さい

eyepoint@cna.ne.jp

頂いたメールには必ず返信していますので、返事が無い場合は不着の可能性があります。
※翌日までには返信するよう心がけて居ますが、休日を挟む場合は休日明けになる場合があります。
また、携帯電話からメールされる場合、返信はPCからとなりますのでPCからのメール拒否設定を解除してくださるようお願いします。

♪♪告知♪♪

■9/7
記事カテゴリ/販売中商品/カブ&ピースで売ってます[更新]

トライアルカブ2号機始動!

じっくりコトコト煮詰めてきたトライアルカブですが
新しい構想を実現するためにフレームを作りなおしました。



主な変更点は以下

・10cmロングアルミスイングアーム導入

・スイングアーム導入と合わせてピボット位置の変更
少し、アンチスクワットを強くしたい意図が有ります

・ステップ位置5mm前、5mm下げ

・フレーム短縮

・ホイールベース短縮
ロングスイングアーム採用とピボット位置の変更で若干リアが長くなり
合わせてフレームを短縮してフロントホイールが近くなったので
エンジンはホイールベース内でかなり前に移動しています

・キャスターを1度寝かせた

・車高10mmダウン
これはスイングアーム垂れ角の為のつじつま合わせです(^^;

・他、つじつま合わせの専用リアサスペンション(ショートバージョン)等、、、


意図としてはロングスイングアーム使用時のアンチスクワット効果最適化(と言っても勘ですがw)
フロント荷重増加とキャスター角増加によるタイトターンやキャンバーターンでの
フロントグリップ向上を目指しました。

フロントが重くなった事によりステアへのフロント引き上げがしにくくなる事を懸念しましたが
タイミングが少し変わった位で心配したほど悪くはなりませんでした♪
逆に引き上げたフロントの位置安定性が良くなりウイリーでの姿勢コントロールは楽になりました(^^


今週末は金浦で大会なので楽しみです(^O^)

小林直樹さんにトライアルカブ乗ってもらった!!

IMG_1830

もうね・・・タイトルがね・・・語彙力(笑)

いやさ、コピーライターでもあるめーし
この感動を上手くタイトルにする語彙力なんてオイラにはねーんですよ(^^;


事の発端は秋田スカイドームで行われた「NEXTモーターショー」のイベントで
トライアルデモをする為に小林直樹さんが秋田に来たわけですね
その小林さんと旧知のまるじさんが「来たんだばカブ乗ってけろ(ニュアンスねw)」って事で実現したお話。

小林直樹さんと言えばトライアルデモンストレーションやトライアルインストラクターで活躍しているプロライダーで
ホンダのワークスライダーの経験もあるお方・・・
そんな人が、オイラが作ったトライアルカブに乗ってくれるって言うんだからそりゃ一大事ですよ!
その小林さんに「カブ乗ってけろ」とお願いできる”まるじさん”って何者だ?
って話はさておき本題w


9時半に茨島某で待ち合わせて出発
IMG_3605

行きすがらまるじさんが秋田トライアルクラブM氏と連絡を取っていた・・・

10時半現地到着
IMG_3607

ちょっと試走とかしてたら平日にも関わらずワラワラと人(秋田トライアル関係者w)が集まって来て
即席セクションを設置して小林さんのプチトライアルスクールが始まった
コチラの様子はYouTubeにUPしときます(^^
IMG_3617

集まった人たち。。。当然、お仕事サボって集まってるわけで(爆)
程なく皆さん帰られましたw


で、そこからカブトライアルタイム!

トライアルバイクに乗った事が無いオイラが、
「どうすればステアを超えられる?どうすればターンが安定する?どうすれば・・・」
と試行錯誤して仕上げてきたトライアルカブを小林さんに試乗して頂きます。
IMG_1824

IMG_1825

IMG_1826

IMG_9012

IMG_9054

頂いた指摘は「グリップが太い」と「フロントブレーキがもう少し効けば」の2点
前者はグリップが太いと「腕上がり」し易いので細いトライアル用の物が良いとの事
後者はドラムブレーキだから仕方ないかな?的な感じでした

他に関しては、もうする事が無いんじゃない?位の好評価♪
特にリアのトラクションの良さは何度か話題になる程で
この柔らかさでこのトラクションは凄いと(^^
褒められて嬉しくなって「リアサスは全バラして伸圧のバランス変えてます」とか
「ピボットの位置も・・・」とか聞かれてもいないことをベラベラと喋っちまいましたわな・・・(^^;

あと、遠心クラッチも一長一短あるものの好評価でクラッチに頼り過ぎない練習になるし
エンストしないのが何より良いとの事♪


最新の仕様になってからまるじさん乗ってねーべ?と、まるじさんにも試乗してもらう
秘密だけどまるじさんはオイラのトライアルカブ大好きなんだよwww
IMG_1816

まるじさんが走ってる姿をみて小林さんが「なんだオマエ、いつからそんな事出来るようになったんだよっ!」
「上手くなったなっ!!」と声が飛ぶ。

お二人曰く、「バイクの性能に頼れないと上手くなるよ」との事(納得)



こんな感じで楽しいゎ勉強になるゎの充実した一日でした(^^
ぶっちゃけテキストじゃ伝えきれない事もいろいろ有ったので興味が有る人は店に遊びに来てオクレ(笑)

最後に今回の動画を2本

コチラは小林さんがちょちょいと編集した動画に小林さんのトラカブ紹介をくっつけた動画


コチラは小林さんの走行シーンをまとめた動画


カブトライアル。
ちょっとした改造でもかなり遊べるようになります
野球の試合に出るつもりは無いけどキャッチボールくらいなら・・・そんなノリで楽しめます
製作相談も承りますので気軽にお問い合わせ下さい(^^

IMG_8994

2018カブ&ピースミーティング写真集

9/16に行われたカブ&ピースミーティングの写真です♪

写真は若ベンさんが撮影してくれたもので本記事掲載写真含め140枚(約100M)程有ります

写真希望の方はeyepoint@cna.ne.jpまで「写真希望」のタイトルで
受付時の「ニックネーム」と「都道府県」をお知らせ下さい
折り返し、ダウンロードURLとパスワードを返信いたします
(顔やナンバーが写っている写真も多いので参加者の方のみ配布の為)
尚、ダウンロード期限は10/4までの2週間となっていますのでご希望の方はお早めに!

※返信はPCからとなりますので携帯メールで送信させる場合はPCからの受け取り拒否設定を解除願います


IMG_0011

IMG_0015

IMG_0016

IMG_0018

IMG_0023

IMG_0025

IMG_0026

IMG_0028

IMG_0035

IMG_0039

IMG_0045

IMG_0050

IMG_0074

IMG_0091

IMG_0100

IMG_0106

IMG_0139


9/15の前日ツーリングについて

カブ&ピースミーティングのプレイベントとして毎回行っている前日ツーリングについてです

メインイベントのミーティングは9/16ですので前日ツーリングは9/15です

基本的にウチの店集合で出発はAM9:00の予定(多少早まる可能性がありますので集合はお早めに)
7:30には店に出ていますのでかなり早めに来てもらってもOKです

で、コースなのですが今回は林道組とロード組に分けてツーリングしようと思います
とは言っても全然別行動ではつまらないので〜

ロード組は秋田市〜R46〜田沢湖〜道の駅あに
林道組は秋田市〜河北林道〜道の駅あに
と、まず道の駅あにで一旦集合

全員で阿仁の駅前で昼食

その後、ロード組はR105〜R285〜五城目〜秋田市
林道組はR105〜R285〜畑の沢林道〜中ノ沢林道〜秋田市

の、ルートにしたいと思っています

よろしくお願いします(^^


因みにバイクは何でも良いですが原付き1種はペース的にちょっと厳しいかと思います(^^;

今週末開催のカブ&ピースミーティング所信表明(笑)

無題3

今週末に迫った2018カブ&ピースミーティングですが〜
心配だった天気も何とか大丈夫そうですね(^^

という訳で再告知も兼ね所信表明おば・・・(笑)



過去3回行って今回で4回めとなるミーティングですが過去3回を振り返ると
めちゃくちゃ疲れたという印象しか有りません(笑)

前日のツーリングから始まって前夜祭の飲み会
当日は地元の仲間の協力も有り自分のキャパ以上の事が出来たと思います

とは言え、慣れない主催者としての責任感と単に「自分も遊びたい!」という思いも有り疲労困憊したと(笑)

という訳で今回は(今回も?w)もう少し緩い感じで運営できたらと思っています
だって、自分が遊びたいから始めたイベントなんだもん!(爆)

なので参加者の方には大潟村ソーラーコースという場所を利用して
自分なりの楽しみ方を見つけて楽しんで欲しいと思っています(^^


以下、当日の催しらしきもの・・・

・当日は屋台が出るらしいです(予定ですw)

・フリマする人も居るらしいです(そのへん緩いので売りたい物が有る人はご自由に♪)

・希望者募って男鹿プチツーリングが有ります(先導はリアルなまはげの中の人ですw)

・希望者募ってオーバルダートコースの体験走行が有ります(会場から15分程度の移動)

・パイロン置いてプチジムカーナコース設営します

・他、その場の思いつきでなんかやるかもしれません(笑)



程々の参加お待ちしております(笑)

開催場所、日時、参加費については下記の記事を御覧ください
2018カブ&ピースミーティング告知

隙間産業で新商品です

■オイル吐出量アップオイルポンプスプロケット¥2300
IMG_2602

オイルポンプの吐出量を増やす(約8%)オイルポンプ駆動用スプロケットです
オイル吐出量アップによるエンジンの耐久性向上が見込めます

スーパーカブC50〜C90等の旧横型エンジン用
純正部品番号14670-035-030カムチェンガイドスプロケットの互換品です

純正品に比べヘッドガスケットやベースガスケットを厚くすることが出来ます(純正比約1mm厚く出来ます)
圧縮調整でガスケットを厚くしたい場合にも便利です
当然、純正と同じガスケット厚でも使用できます

強化オイルポンプとの併用も可能です

クリックポスト200円



■カブ用アルミアクスルカラーF/Rセット¥2000
IMG_2573

IMG_2574

IMG_2575

スーパーカブC50/C70/C90一部年式に対応するアルミ製アクスルカラー前用後用セットです

純正部品番号F/44311-041-000 R/42313-041-000の互換パーツです

クリックポスト200円



■ダストシール兼用Fアルミアクスルカラー
IMG_3213

IMG_3214

IMG_3216

ホイルハブのダストシールを撤去しフリクションロスを軽減するアルミアクスルカラーです

C50〜C90 10mmアクスルシャフト用¥2300
C90デカドラム 12mmアクスルシャフト用¥2500

クリックポスト200円

スーパーカブでオーバルダートのススメ

カブ&ピースのカブミーティングまで一ヶ月を切りました。

今回のミーティングのイベントでオーバルダート体験走行というのをやってみたいと思ってます
場所はミーティング会場の大潟村ソーラーラインから10分余の所
ピーキーさんが作ったオーバルダートコースです。

コース走行の最低限のルールは「オフロードタイヤ禁止」のみ(他、モラル的なものは当然としてです)

当日、希望者をオイラが引率してコースへ行き1時間ほどの体験走行を予定しています
是非ふるってご参加ください♪

当然、怪我のリスクは有りますのでコチラからは特別装備に関しては言いませんが
痛い思いをするのは自分なので走行する場合はプロテクター類の装着が望ましいですね(^^

スロットルバルブの張り付き(アクセルが重い/戻らない)について

IMG_3015

昨日の林道ツーリングでオイラが離脱した後、アクセルが戻らないトラブルになった人が居たと聞き
いつか書こうと思っていた記事を書きます(^^

アクセルが重い、戻らなくなると言った症状の原因はいくつか有りますが
今回はスロットルバルブの張り付き由来のものについてです。

本来、4st用のキャブとして存在するPC/PDなどでもスロットルバルブの張り付き症状が出る事が有りますが
その原因の一つが不適切なキャブの取り付け方法・・・

PC20やPD26の場合(以下、まとめてPC)、通常マニホールドとの接合面に溝が有り
そこにゴム製のOリングが嵌っていてOリングの弾性でキャブとマニ間の気密性を確保しています。

ですが、そこに気密性に気を使うあまり紙製のガスケットを入れるとスロットルバルブ張り付きの要因となります。

紙製のガスケットはOリングと違い、圧力をかけた場合の変形(圧縮)が少なく
PCのようなマニホールドとキャブの固定をボルト・ナットでしているキャブに使用すると
ボルト・ナットで締めあげられた部分は高圧力で圧縮されるのですが
キャブのボルト・ナット間はガスケットの反力に負けて座面が弓なりに変形してしまうのです

その変形が応力としてスロットルバルブホルダー部まで伝わり
エンジンが止まっている時は問題なくても走りだしてキャブが冷えたり温まったりしているうちに
スロットルバルブとキャブボディーのクリアランスに狂いが出てスロットルバルブが渋くなったり張り付いたりします

カブ純正のPBキャブは最初から紙ガスケットが入っていますが
上の写真(右)を見てもらえばわかる通り
締め付け部からスロットルバルブまでの部位が細く距離が有り
スロットルバルブホルダー部も開口径が小さく変形に対して強い形状なので
取付部で発生した歪がスロットルバルブまで影響が出にくくなっています。
要は元々そーゆー設計なんですね(^^

対して、PCはベンチュリー径が大きく取り付け部からスロットルバルブまで近くスロットルバルブ挿入部大きいので
取り付け部の変形がスロットルバルブ部まで影響が出やすい形状になっています
要は紙ガスケットを使う前提の設計では無いという事です。
ちなみに、Oリングでも間に合わせで太めのOリングを無理やり使ったりすると同様です(^^;

取り付けボルトの締め付けでアクセルの渋さや戻りが変わるようならこの辺を疑って見てください。
殆どの場合、可逆変形の範囲のはずなので紙ガスケットの使用を止めて
純正のOリング(必要なら新品交換)のみにするだけで問題は解決すると思います。

■追記■
Twitterの方へのコメントでマニホールドキャブ取り付け座面の精度が悪い事により
同じ理由でスロットルバルブが渋くなる例も有るようです(^^;



ついでなので、PEやPWK(以下、まとめてPE)についても少々・・・

PEはラバーマウントで上記PCとは違いますが
元々2st用のキャブで吸入負圧が強い4stに使用する為の張り付き対策がされていません
具体的に言うとスロットルバルブの高さが短く4stの大きい負圧でスロットルバルブが引っ張られた時(特に全閉付近)
キャブ本体がスロットルバルブを支える部位に高い極圧が発生してスロットルバルブが動きにくくなるのです

とは言っても、問題無くPEを運用出来ている4stも存在する訳で(ウチの303も)
普通はバルブスプリングを少し強いものに変える位で使用に問題は無いと思います。

ただ、過去の経験から言うと
キャブセッティングが濃過ぎると張り付きのリスクが高いという認識があります

濃すぎるセッティングはガソリンが霧化する時に気化熱が奪われる量が多く
結果、スロットルバルブが冷え結露・・・
結露した水分とガソリンが混じって乳化した状態になり”ソレ”が張り付きの原因になっている事が有りました

湿度が高い日なんかも同様です。

PEで張り付き症状が出ている人はちょっとこのへんも考慮してセッティングして見たら良いと思います(^^

秋田県初のダートオーバルコース!?

現在ピーキーさんが鋭意製作中のダートオーバルコース!
DjaqCYUVsAExhN6.jpg large

ダートオーバルはGPライダーなんかもトレーニングでやってるからずっとやって見たかったのよね(^^

まぁ、普通バイクでリアを滑らせて走る機会ってなかなか無いじゃん?
それをクローズドコースで練習する場所が出来るって・・・

走行するバイクは隼でもモトコンポでもOK!
でも、タイヤはオフロードタイヤ禁止!(路面を掘っちゃうからね)

走行に関する問い合わせはピーキーさんのブログ「GOGOマッドライダー」まで♪

上の写真は今日のピーキーさんのツイッターより

下の動画は一昨日、試走に行った時の動画です(^^

ダートオーバルやろうぜっ!!!

カブ長距離ツーリングにおける尻痛の考察

おひさしぶりです。

最近ツイッターばかりでブログ放置中な訳ですが〜
と言うのもブログを使ってまで誰かに伝えたい事が無いのが理由なんですね(^^;
が、ツイッターでの短文では伝えきれない事もあり〜
久々にブログを書いて見ます(笑)

内容はタイトルにある通りなのですが基本個人の経験からの記事で
なんか医学的見地からの見解っぽい事も書きますがそれらの医学的根拠は無いに等しいので
本記事はネタ記事としてお読みください(爆)

あと、文章構成考えたり推敲するのが面倒なのでダラダラな感じでw




長距離ツーリング時の尻痛・・・カブの場合アップライトなポジションに因る所が大きいと思います
アップライトなポジションとは、普通に椅子に座るような姿勢ですね
そのような姿勢は体重の大部分を尻で支える事になるので尻が痛くなる訳です
アップライトな乗車姿勢が原因での尻痛回避には同じ乗車姿勢で乗り続けない事が有効です
でも、尻が痛くなってからでは遅いので
痛くなる前からシートへの尻からの加重ポイントを頻繁に動かす事が大事です
(端から見ると落ち着き無く見えるのが欠点ですがw)

シートへの加重ポイントを動かすためにはポジションの自由度が必要なのですが、
その為にはノーマルシートよりミディーシート等の大き目のシートの装着が有効です
前後長が有るシートだと前に座って背中を丸めると尾てい骨側への加重
後ろに座って前傾姿勢になると内腿付近への加重と加重ポイントを幅広取れるようになるので
加重ポイント分散に因る尻痛回避(延命?)をする事が出来ます。
コレとは逆にノーマルシートに大きな箱を積んだりすると姿勢が限られてしまうので
尻痛には厳しい状態となります。



次にシートの硬さですが、オイラは有る程度硬いシートの方が尻痛になりにくいです
柔らかいシートの場合、圧力が分散されて良さそうな感じもしますが
包み込むように全体を圧迫される事によって尻全体がうっ血して痺れて来てしまいます
性質が悪いのはその範囲が広いため多少ポジションをずらしても既に痺れてしまっている所が開放されないんですね(^^;
ただコレは体質に因る所も有ると思っていて、オイラは血圧が低く少しの圧迫でうっ血が起こりやすいようなので
柔らかいシートだと全く大丈夫という人も居ると思います



あと、夏場の尻痛の原因で蒸れる事によって皮膚が柔らかくなり摺れて痛くなる事もあります
対策としてはメッシュシートカバーが有効なのですが、皮膚の弱い人はあのザラザラ感でやられてしまいます(^^;
かく言うオイラもメッシュシートカバーはダメな口・・・
短距離なら涼しくて快適なのですが、300kmも走ると痛くなってダメです(苦笑)
そんなデリケートな人は夏場は定期的にシートから尻を浮かして通気するしか無いですねw



覚悟を決めた長距離ツーリングなんかの場合は下着(パンツ)のチョイスも意外と重要(笑)
以前、荷物を減らすために着替えた下着は現地で捨てる予定で100均の下着を履いて広島まで行ったのですが普段の下着に比べ全然尻の耐久性が低下しました(笑)



まぁ、ネット見てみると色んな尻痛対策があります(自転車用のパッド入りパンツとか、痛みに対してロキソニン飲むとかw)が
個人的に最強なのが「貼る包帯」ですね〜
貼る包帯をどう使うかと言うと普通に尻の痛くなる所に貼りますw
あ、痛くなってから貼るのでは無く出発時に貼って出かけるのです(^^

尻痛の原因を考えると、皮膚とズボンの摩擦に因る皮膚の痛みと骨とシートの間に挟まれた肉の痛みなんだと思うんですよ
貼る包帯だと前者は皮膚と包帯は粘着剤で固定されているので摩擦は無くなるし
後者は貼る包帯の固さで適度な面圧分散が出来るんですね

貼る包帯は透湿性が有り皮膚にも優しいですし剥がす時も楽
最初はテーピング使ったんですけど剥がす時地獄だったので貼る包帯に変えましたw


と、まぁツーリングシーズンという事でこんな記事を書いて見ましたが・・・
読み返すとさもない話だな(笑)



でも、書いたから投稿するか・・・・ポチッとなw

記事検索