南アフリカW杯に向けてNIKEが公開した新CMの動画(YouTube)



ワールドカップの熱狂と興奮を、小ネタを交えながらテンポ良く見せるNIKEらしいCM。

出演者はそうそうたる面々。C.ロナウド、カンナバーロ、リベリー、ウォルコット、ドログバ、ドノバン、ロナウジーニョ、ティム・ハワード、セスク。
特に良い味を出しているのがルーニー。ルーニーは良い顔をする。

大事な場面でパスカットされたルーニーが一瞬のうちに見るのは走馬灯、ではなく自分の将来。98フランスW杯後に叩かれたベッカムよりも酷い。
落ちぶれてグラウンドキーパーになり、髭もじゃでトレーラーハウスで暮らす姿。とても良く似合う。
その後、悲しい未来の想像シーンから現実の試合のシーンに移行。ボールを取り返しにディフェンスに戻り、スライディングに成功してからのサクセスストーリーもアホっぽくて良い。

その他、シンプソンズ、コービー、エリザベス女王やらフェデラーやら小ネタが色々。ガエル・ガルシア・ベルナルって人も出演してて、しかも有名人らしいが全然知らなかった。

このテンポと小ネタは、もしやまたガイ・リッチーかとおもって調べると違った。(トレーラーハウスの画やルーニーにスーツを着せた感じ、映像の中での緩急の付け方がガイ・リッチーの映画っぽい雰囲気にみえたのだけど)
このCMの監督は、Alejandro G. Inarritu(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)らしい。*
バベルや21グラムの監督さん。

なかなか面白かった。しかしロナウジーニョってW杯でないよね。どうでもいいけど。
あれ、そういえばカントナさんは…

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ezan_ozenki/51362161