孤独と孤高の狭間 其処に羆

エゾヒグマをメインに、各種ヒグマ、ツキノワグマ、メガネグマ、他の熊、
時に全然 熊ではない動物の写真ブログです。

カテゴリアーカイブで熊の種類と動物園ごとに見ることもできます。

タグはすべての記事に付けてあるわけではありませんが、
ポン、ポロ、ユマなどはタグをつけてあるので抽出できます。

カメラ素人でコンパクトデジカメのオートで撮影しています。

熊好きのブログに写真が載っている という程度にご覧ください。

動物園に詳しいわけでもありませんので、細かい記述誤りを犯しがちです。

個体識別なども、誤りがあればご指摘いただければ幸いです。

いいね等々のボタンは個別ページにあります。よろしくお願いします。

**-**-**-**-**-**-**

TV・報道等での使用は、すべてお断りします。

20218年2月18撮影

1月に続いて、なんと2月にも池田動物園に行ってしまいました(^^ゞ
だってこの日は、オスのエゾヒグマ 「大地」 の23歳のお誕生日 \(^o^)/
1-180218daichi

1月に行ったとき
「2月は恵方巻もバレンタインも誕生日もやります。
 もう大ちゃん祭りですよ! 是非いらしてください!」
と、教えていただき
他園にはないほどエゾヒグマでイベントをやってくださることに感激はすれど
私の住まいからはそんなに何度も通える園ではなく・・・
一つ選ぶのなら、やはり誕生日であろう、と。


開園直後の背擦り。朝の陽ざしがキラキラ。
2-180218daichi
一日中盛んに背擦りしていました。
まだ2月なのに大地くんの体内カレンダーでは春がやって来たらしい。

お誕生日会は15時からなので普段と違わない朝のはずですが
餌やりするお客さんを接待しながらも、何となく気が散る?
3-180218daichi

何も無いのに外の様子をうかがったり
4-180218daichi

のんびり歩いていても、外を気にして動きが止まったり
5-180218daichi

日曜日なので入園者は多め。
餌やりするお客さんも多め。
律儀な大地くんは一人一人のお客さんを真面目に接待しますが
(つまり、足を止める全てのお客さんに 餌くださいアピール をし、
 餌やりしてくれるとなれば一粒も逃さず美味しくいただきます。)
聞けそうなヒトには聞いてみます。
「今日なんかあるの? お客さん、何か知ってる?」
6-180218daichi
って、目が語っている(?)

ずっと居る私にも 「ねぇ、今日なんか変じゃない?」
7-180218daichi

大ちゃん、今日お誕生日でしょ。
先週のバレンタインケーキのときも、こんな感じだったんじゃない?
8-180218daichi

「え? ああ、こないだのご馳走のこと? あれ何だったの?」
9-180218daichi
お誕生日のことも分かってないよね。当たり前だけど。

雰囲気の普段との違いは感じ取っているのに、わけが分からず
10-180218daichi

不思議そうに外の情報を目で、耳で、鼻で収集するのでした (笑)
11-180218daichi

まだ2月なのに頻繁過ぎない?と思うほど背擦りに立ち上がり
12-180218daichi

まだ2月なのに全くお昼寝もせず、落ち着かない気分だったことでしょう。
13-180218daichi

昼間の様子は別途更新しようと思うのでスッパリ割愛しますが
朝から見ていた私にしてみれば、
イベントの時の大地くんってこんなにソワソワしているのかー!?と
ちょっとビックリでもあり、ちょっと気の毒でもあり・・・(笑)

だけど、今日はお祝い!
もうすぐお誕生日のご馳走がくるよ!
お誕生日会に参加するお客さんたちも徐々に集まってきました。
それでも、むしろ
「なんだろう?この人だかり・・・???」
な、大地くん (笑)

しかも、15時前に普段より早く飼育さんが来たけど・・・。
「飼育さん来たから、ごはんだよね?」 と協力的に自ら寝室に入り
お掃除が終わるのを大人しく待ち
さぁ!ごはん!と開いた扉から飛び出せば
あるはずのごはんは、馬肉の切れ端一つだけ・・・!?
「どうして? 足りないよ。」 大地くん、泣いちゃうね (笑)

『今日は大勢お集まりいただきまして・・・』
檻の脇で担当さんがアナウンス。
飼育さんが来る =(イコール)ごはん、と思ってるから
飼育さんに一番近いところでプールを跨いで身を乗り出します。
14-180218daichi

そして、担当さんの向こうには・・・!!
15-180218daichi
熊の視力は弱いというからケーキがどんなふうに見えているか分かりませんが
ワンコなど比較にならない優れた嗅覚で強烈な甘い香りを感じているはずです。

良かったね。お肉一口だけじゃなかったね (笑)
ところが、後列のお客さんに見てもらうため、ケーキは一旦檻から離れます。
ケーキを追うように立ち上がる大地くん。
16-180218daichi

「えっ!? ボクのごはんじゃないの?!?!」
17-180218daichi

大地くんのケーキだよ。戻ってきたケーキ。
18-180218daichi

しかーし! 今度は前列のお客さんに見てもらうため
ケーキは大地くんの目の前を通過します。可哀想に (笑)
19-180218daichi
上手ですよね、このデコレーション。上手というより巧み!

さぁ、いよいよ!!
ここで再び、ケーキを置くために大地くんは寝室へ。
ごはんの前はお部屋に入る、出て来直すとごはんがある!と理解しているから
誘導するまでもなく積極的に自分から入ります。手間いらずです (笑)
ここまで長かったねー、お待たせ大地くん!

檻が厳しくて写真が上手く撮れないので動画にしました。
動画でも檻にピントが合っていますが、写真よりは見易いと思います。
音声注意。説明を消したくなかったので音声調整していません。

完食に要した時間、1分35秒あまり (@_@)
美味しそうに食べてくれて、お祝いに駆け付けた甲斐がありました。

動画の最後に、また飼育さんの居る近くへ来て立ち上がっています。
そのわけは、これ。
21-180218daichi
ニンジンの下にはリンゴが、お芋の下にはアジと馬肉があります。

ケーキはケーキ、夕ごはんは夕ごはんですよー♪
22-180218daichi
さっきと同じ、釘付けすぎて面白い (笑)

これも動画です。
やはり説明の音声を残すため、調整していません。

動画に映っている分を食べるのに要したのは2分ぐらい (*_*)
動画の後、角度が悪くて録りませんでしたが
ニンジンとリンゴが運動場中の檻の隙間や吊るしたタイヤの中に
散らして置いてあるのを食べて回ります。
2m以上ある高い位置にも置いてあります。
普段は、そのほかにも筒状のフィーダーも使います。

食後は水分補給
24-180218daichi

本当に檻が憎い。手が届きそうなくらい近いのに写真がままならない (苦笑)
25-180218daichi

ということで、水飲みも動画で。

ケーキの後にはこの水飲みをしなかった・・・。
ごはんまで全部食べて、気持ちも一息ついての行動なのでしょうか。

あーっと言う間に終わってしまったお誕生日会と通常ごはん。
なにせ食べるスピードが速いので、始まってしまうとあっけないのですが
大地くんは纏まった食事の後に反芻めいた謎の咀嚼をします。
飼育さんが仰るには、お腹がいっぱいになるとやる のだそう。

ツキノワグマの仔グマをカドリー・ドミニオンで抱っこしたとき
お腹がポッコリ出ていたのを質問したら
お腹に詰め込むだけ詰め込んで、後から時間をかけて消化するのだそうです。
冬眠前にとにかくお腹に詰め込む習性だろうということでした。

大地くんの早食いと食後の反芻めいた謎の咀嚼も
もしかしたら、そういう身体の作りなのでしょうか?
よく分かりませんが・・・ただ、慌てて食べ過ぎなんだよ、とは思う (笑)


お誕生日会のことなど知らないお客さんが
夕方に来て餌やりのガチャに立ち止まっています。
「お客さん、今からペレットくれようとしてるんスか?」
27-180218daichi
実は既にお腹一杯、大地くんも「今日は打ち止め」と言いたかったのでは?
それでもお客さんを接待するのが自分の仕事とばかり
キッチリとペレットを貰っていた律儀で真面目な大地くんでした。
立ったままでしたけど (笑)


エゾヒグマの23歳はヒトの50代という説明でした。
一般的には23歳ならヒトの70歳ぐらいと説明されることが多いけれど
飼育下の健康な23歳は老齢ではなく壮年かもしれませんね。
25歳ぐらいから1歳ごとの換算を大きくするのが実際的かもね。
ただ、野性で23歳は老熊、飼育下でも25歳でヨボヨボの熊もいるし、
単純に数字を3倍すればいいってものじゃありませんよね。

大地くんは、まだ健康で健脚で食欲旺盛です。
「マイペースな行動が増えてきました」 と飼育さんは仰るけれど
23歳で若熊みたいに勢い先行なほうがおかしいですもんね。


帰り際には格好良い立ち姿を収められました。
夕ごはん終わらないと、立って静止してくれないないんです。
28-180218daichi
つまり、夕ごはん後は目に見えて動作が緩慢になるんです。
何度も行くうちに、その法則を確信しました。

次回の訪問はいつになるやら。
夏の氷イベントに行ってみたいんですが・・・。


最後に改めて。
大地くん、お誕生日おめでとう。
29-180218daichi
これからも健やかに、活躍してください。


大地くんの以前の更新は、こちら
   冬は日向ぼっこにちょうど良い ~大地くん~
   大地くん、真冬の絶好調
   ただひたすら、餌に真摯に。~大地くん~
   大地くんに逢ってきました! ~池田 ヒグマ~
   「大ちゃん、ご機嫌だった」 って(^^)
   期待以上の大地くん


20218年2月12撮影

よこはま動物園ズーラシアのオスのメガネグマ、「雪雄」4歳
1-180212yukio

美雪ちゃんが雑草を食べていたのと同日の雪雄くんです。
  美雪ちゃんは、こちら → 美雪ちゃん、の~んびり

冬という季節の為せる業なのでしょうか、
雪雄くんも普段は、食べている以外は常同行動していることが圧倒的に多いのに
お昼寝しているのを見ることが叶いました。
2-180212yukio

SNSで見て、どうしても見たい!と思い、何度か時刻を変えて見に行った成果。
3-180212yukio

「僕だって、運動場の枯葉の上でウトウトするよ」
4-180212yukio

そうなんだ。良かったよ (´▽`*)
5-180212yukio

手前の岩が邪魔で写真が上手くありませんが・・・
6-180212yukio

雪雄くんのほうは、別段、隠れたくて此処に居るわけではなさそうです。
7-180212yukio

此処が日陰にはならないことを知っているんでしょうね。
8-180212yukio

この場所でお昼寝というと、連想するのはマックスお祖父ちゃん。
9-180212yukio
目はシッカリ開けていますねぇ。

個体紹介に「お昼寝が得意」と書かれるほどだったマックスと同じように
とても気持ち良さそうにゴロゴロ、ウダウダしていました。
10-180212yukio
(マックスは展示場から引退、隠居しただけで元気にしています。)

これでいて、結構周囲の音など聞いて覚醒していると思います。
11-180212yukio

「あそこ!」 と指さして見ているギャラリーを一瞥したりして。
12-180212yukio

この目はどういう状態なんだろう。ウトウトしているのか、瞬きの途中か。
13-180212yukio

半日交替だとしても、出ているあいだ活動しっぱなしの熊というのは
熊を見慣れてからは、そういうのは心配になりました。
放飼場で寝てしまうほうが自然。ずっと起きている興奮状態は心配。
少なくとも、終始常同よりも、寝てしまうほうがホッとできます。
尤も、半日なので起きっぱなしなこと自体は問題ないんですけど (;^_^A

そして、常同行動がチラチラ見え隠れするのよりも
寝姿でも運動場に居てくれるほうが、観覧するにも嬉しいに決まっています。
再び尤も、常同行動でもよく見えれば、観覧にストレスが無いのでしょうが
運動場は広いのに熊が居ない、ってな状況になってしまっているので
そりゃぁ運動場で寝ていてくれるほうが嬉しいというものです。

そういう観覧上のヒトの都合は二の次でいいのですが
それはそうなのですが、やっぱり寛いでいて欲しいじゃありませんか。

少しのあいだ見ていたら、そのうち寝たようでした。
14-180212yukio

結局はすぐ起きるんですけどね、それでも寝たほうが良いよ。
爆睡を決め込んでいた祖父の跡を継ぐ気はありませんか~?
めざせ! お昼寝王!!


時系列が前後しますが
交替して出てきたときの動画も貼っておきます。
ま、これは普段どおりで、目新しさはありませんけど、一応ね (^^ゞ


つい、ごはんの様子はもういいから遊んでいるのを見たい、なんて思ってしまう。
16-180212yukio

だけど・・・
双子がこのまま2頭ともズーラシアに居続けるなんてことは無いでしょう。
いつか、どちらかはどこかへ移動するに違いないから
美味しそうに食べる姿もしっかり記憶に焼き付けようと・・・

・・・そうは思うんだけど
やっぱり食事でも常同でもないのを見たいんだな (笑)
17-180212yukio


20218年2月12撮影

よこはま動物園ズーラシアのメスのメガネグマ、「美雪」
1-180212miyuki
4歳になりました。年齢的にはすっかり成獣ですね~(^^)

この日も朝のうち出ていました。午後は雪雄ちゃんと交替。
2-180212miyuki

相変わらず常同行動が多いですが
彼女なりに、常同を始めてしまう前の時間を
極々普通に運動場で過ごしているようです。
3-180212miyuki

朝の時間帯は木の上でのんびりしていることが多いみたい。
4-180212miyuki
以前にも、此処に居たのを更新したことがありましたが
此処に居る確率は結構高いような気がします。

一年通じて、そんなに活動量の変化を感じませんが
もしかしたら冬なことで尚更、まったりしているのかもしれませんね。
5-180212miyuki

寝ているみたいに前脚にあごを乗せていたりするけど
6-180212miyuki

それは数秒も続きません。よく見られる仕草は何となく前脚をいじったり。
7-180212miyuki

あごを置いていても目を開けていて
8-180212miyuki
これ、考えてみたんですけど
バックヤードの飼育さんの動きを遠目に気にしているんだと思います。

まだ美雪&雪雄が赤ちゃんだった頃、
美雨お母さんが同じようにしていました。
きっと美雪ちゃんは、お母さんから此処に座る理由を習ったのでしょう。
9-180212miyuki
  逆光に私が太刀打ちできず見づらくてすみません。
  メガネグマ運動場は終日逆光 (苦笑)

もちろん、木の上じゃなくて地面を歩いて何かしているときもあります。
美雪ちゃんの、常同ではないそういうシーンに遭遇するにはタイミングがあって
月1回ぐらいしか行っていない私の経験則では、朝早い時間が多いです。

座っていた処から起き上がって、渡し木を移動する美雪ちゃん。
10-180212miyuki

もう常同するのかな?・・・と半ば諦めて見ていると
意外にも運動場のド真ん中で雑草を物色。(運動場のド真ん中なことが意外。)
そしてこれは、草叢をあさっていたすぐ近くの木です。
11-180212miyuki

雑草を持っているのが見えます。背中ですけど (笑)
12-180212miyuki

食べようとしているみたいでした。
13-180212miyuki

さっきまで座っていた処へ、持って登ります。
14-180212miyuki

真剣に食べていたわけではないようですが
大事そうな、優しい、女の子らしいお顔が堪りません (´▽`)

そういえば以前、ハンモックを破壊していたこともありましたっけ。
雑草のほうがいいですよね (笑)
こんなふうに過ごす時間がもう少し長くなれば良いな~。

残念ながら、このあと降りて常同を始めてしまいました。
16-180212miyuki


2月末までは 「飼育係のとっておきタイム」 があります。
美雪ちゃんの収容と、
交替後の 「とっておきタイム」を見ようと待っていたときのこと。
17-180212miyuki

常同行動していた美雪ちゃん、急に広いほうへ出てきて
何の違和感もなく、当たり前のように普通に二足歩行!
18-180212miyuki

どうして急に広いほうへ来たのか、最初は分からなかったのですが、
「とっておきタイム」のため待機していたカメラを持ったお客さんが
ご自分の腹ごしらえで、すぐ近くで おむすび を食べていたのです。
昆布の佃煮がたっぷり詰まったおむすびでした。
19-180212miyuki

その匂いに反応して、出てきて観覧スペースを見上げたんだと思います。
20-180212miyuki
熊あるある、動物園あるあるですね。
他の園でも、そこは檻なのですが、ヒグマが常同行動していたときに
何故だか立ち止まってくれて、急に写真が撮り易かったことがありました。
なんだ?!と思ったら
肉迫せず一歩下がって見ていた家族連れの手にはソフトクリームが。
それは餌ではないから、匂いが熊には少し気の毒なんですけどね (笑)

美雪ちゃんも、交替したらお部屋でしっかりお昼ごはんです。
21-180212miyuki

2月末までは11:30が交替時間。
3月からは元の13:30~14:00ぐらいに戻るんでしょうか。
美雪ちゃんが出ている時間が伸びて
午後も活発に遊んだりしているのをたくさん見られたら嬉しいな。


このページのトップヘ