孤独と孤高の狭間 其処に羆

2017年09月

2017年9月9日、10日撮影

池田動物園のオスのニホンツキノワグマ 「ゴンザブロウ」 推定13歳
1-170909gonzaburoh

ちっちゃい月の輪でお馴染みの。
2-170909gonzaburoh

女豹のポーーーーズ!
3-170909gonzaburoh

麗らかな昼下がり。
4-170910gonzaburoh
向こうが頭、見づらいですけど分かるでしょうか。
どうもねぇ、以前のコンデジのほうが良く撮れた気がするんですよねぇ・・・。
今のコンデジのほうが機能は断然優れているのですが・・・ごにょごにょ・・・。

根本的に、以前の更新と内容に大きな違いはありませんが
それに、檻で写真はイマイチですが、
ゴンくん、なかなかチャーミングでしたよ (^^)
主に10日の様子です。

以前の更新は、こちら
    ゴンザブロウは本当はどういうお顔なのか
    ゴンザブロウと目が合いました
    ゴンザブロウの退屈な午後

前脚の裏でござい。
5-170910gonzaburoh

後脚でござい。
6-170910gonzaburoh

もう片方の前脚の甲でござい。
7-170910gonzaburoh

木片なんかで遊んでもいたんですけど、檻しか撮れなくて。
記録は記憶に仕舞いました。

奥のほうで座り込んでいるお顔。
8-170910gonzaburoh

笑顔ですね (*^-^*)
9-170910gonzaburoh

いい笑顔 (*´▽`*)
10-170910gonzaburoh

お隣りのブチハイエナのブッチちゃんを見ているのかな?
11-170910gonzaburoh
ブッチちゃんもこちらを見ていることがありますもんね。

おやおや。おねむだ。
12-170910gonzaburoh

飼育さんの軽トラが来て、でもお隣りのブチハイエナに行っちゃって
13-170910gonzaburoh

「ボクじゃないのかな・・・」
14-170910gonzaburoh

多分、いつもハイエナの次に来る順番だと理解しているのか
15-170910gonzaburoh

最初は興奮して走り回ったりしていたんですけど、すぐに落ち着いて
嬉しそう 且つ 穏やかに、おやつを待つよ~。
16-170910gonzaburoh

水場は極端に狭くはないけれど、非常に浅くて
17-170910gonzaburoh

お尻を浸けるのがせいぜいと言ったところ。
18-170910gonzaburoh

しかもこの時点で水嵩が低い (^_^;)
19-170910gonzaburoh
大丈夫、この後注がれて増えていました。

動画も失敗気味ですが、それなりの部分をダイジェストで。


岡山県北部地域で、赤ちゃんのときにイノシシ罠に掛かって保護され
池田動物園に来て13年、保護時には柴犬ぐらいの大きさだったそうなので
推定年齢とは言っても、まず間違いなく今13歳だそうです。

金曜と月曜を除く週5日、14:30~餌やり体験(300円)があります。
平日5組、休日10組ということになっていますが
チケット買えなくても現場で飼育さんに交渉可能です (笑)
飼育さんが、熊のことを多くの人に知ってほしいみたいです。
(交渉可能なのはツキノワグマだけだと思います、多分。)

この子がどうして動物園に居るのか、
冬はどうしているのか (冬眠はしない)
普段はどんなふうか (換毛の話とか、夜間の話とか)
などなど雑談ふうに説明しながら餌やり体験は進行します。

予定外に差し入れがあったというドングリを貰いながら
(この日はまだ どんぐり貯金箱 の設置前です)
ヒト側のスタンバイを待っているゴンちゃん。
21-170910gonzaburoh
殻を吐き出すので、こんなお顔 (笑)

私は例によってひとりで行っているので、私が餌やりしている写真はありません。
自分では写真が撮れないと独り言を言ったら
撮影用にゴンちゃんのお口を飼育さんが開かせてくださいました。
22-170910gonzaburoh

これは他人様の餌やり
23-170910gonzaburoh

小さいお子さんだと差し出すのが低いので
24-170910gonzaburoh

月の輪を見せようと、一組ごとに最後に飼育さんが立たせていました。
25-170910gonzaburoh

直接あげるのは指を噛まれて危ないんだよ、という説明を兼ねます。が
26-170910gonzaburoh
危険のアピールにはなっていない気がしないでもない・・・(^^ゞ

お客さんの途切れた隙にも説明満載で
ゴンちゃんはプールに後脚だけ入って、ドングリで間を繋ぎます。


大盛況で時間が伸びてくると、自主的に休憩でござい。
28-170910gonzaburoh

見たいと思うと上手く見えないのに
何でもないときに不意に、こんなに見易い月の輪でござい。
29-170910gonzaburoh

けれど、まだまだ続くよー!
30-170910gonzaburoh
( ↑ GIFです ↑ )

大人はすんなり上手に餌やりするんですが
31-170910gonzaburoh

お子さんたちは熊が怖いのか
32-170910gonzaburoh

差し出し方が手前すぎてお口になかなか届かない。
33-170910gonzaburoh

長丁場になってゴンちゃんが疲れる理由はそこだと思う (笑)
34-170910gonzaburoh

もう殆ど餌やりは終了しても、飼育さんはいろいろお話してくださいます。


飼育さんが居てくれるのが嬉しいみたい。
36-170910gonzaburoh

「ボク? 飼育さん大好きだよ。内緒だけどね。」 ( ↓ GIFです ↓ )
37-170910gonzaburoh
いや、バレバレだって (笑)
動画にすればよかった (>_<) ワシャワシャしてもらって嬉しいゴンちゃん

まったく離れようとしない (笑)
38-170910gonzaburoh
午前中や昼過ぎに奥に居て動いて見づらいのを苦労しなくても
餌やり体験の終わりごろに見れば楽勝です。← ( ..)φメモメモ


逢ったのは今回で4回目。
最初に逢ったときから随分印象が変わりました。
こんなに人懐こい印象が、最初は無かったですもん。
39-170910gonzaburoh
餌やり体験も前回も見ていますが
飼育さんが、野生生まれのこの子が何故動物園に居るのか を
幼いお客さんにきちんと説明しているのが素晴らしいと思います。
大人には質問に応じて飼育の話をしてくださいますし
総じて、池田動物園は担当さんが皆さんご熱心です。

次回は冬毛の季節に行きたいと
エゾヒグマの大地くんを見ているときに決めたけど・・・。
ツキノワグマの餌やり体験の曜日に行くか
週一回だけエゾヒグマの餌やり体験のある金曜日に行くか
とても悩ましい問題でござい・・・。


2017年9月14日撮影

よこはま動物園ズーラシアの3歳のメガネグマの双子
「美雪」 と
1-170914miyuki

「雪雄」
2-170914yukio
今日の更新はとにかく雪雄!!


あまり長い時間見ていたわけではないくて、メガネ舎に行ったのも遅くて
朝からお昼過ぎまで出ている美雪ちゃんが遊んでいたのを
どうやらすっかり見逃したようです。
3-170914miyuki

SNSを見ていると、最近は遊んでいる時間の比率が増えてきたのかな?
でも、私が見たのは常同へ戻っていく背中 (;^_^A
4-170914miyuki

最近メガネグマをじっくり見ていないな・・・と思います。
ルイスや美雨に逢いたい気持ちと、いつ行っても美雪と雪雄が出ている現実の
折り合いが自分の中でできなくてメガネに対して投げやりになっているかも。
もっと1回1回を、有り難がるぐらいの気持ちで逢わなくてはいけませんよね。
5-170914miyuki
岩壁際をなぞるように戻っていくのだけ、辛うじて見られました。

午後もそんなテンションでした。
万が一にもルイスか美雨が出ているかもしれないから
一応は、チェックをしに行かねばと。
6-170914yukio
常同行動していないようなので運動場を見渡した探したら
朝、美雪ちゃんがいたのと同じところに雪雄くんがいました。

何か食べてるのかな?
7-170914yukio

よく分からないままシャッター切りましたが・・・
冒頭2枚目の最初の 「雪雄」 の写真、実はトリミングしていまして・・・
8-170914yukio
可愛い笑顔に見えるというのに。

肉眼で見ても なんだ? という感じだったんですよねー・・・
写真で見たら分からないもヘッタクレもありませんな (~_~;)
9-170914yukio


何の気なしに動画を録ったわけですよ、何か遊んでるみたいだなーと思って。
ま、遊んでるっちゃぁ遊んでるんですけど・・・。

ものすご~く大雑把に言って
大型の熊よりも小型の種類のほうが繁殖可能年齢に成熟する年齢が早い、
ツキノワグマが4歳ぐらいで出産するのだから
メガネグマはもっと若い年齢でおとなになるんですよね。
逆に、ヒグマはもっと遅いですもんね。

場所を変えて、美雪ちゃんも一旦マッタリした広いところ。
(冒頭から3枚目の美雪が突っ伏している写真のところ。)
11-170914yukio

月に1回ぐらいしか逢いに行かないから
いつぐらいから見られた行動なのか知りませんが、考えたらもう3歳半なんだな。
12-170914yukio

また微妙に座り場所を変えまして。でもやってることは同じ。
13-170914yukio

兆候は美雨お母さんと美雪ちゃんと3頭一緒に出ていた頃からあったと思います。
1歳11か月まで一緒に出ていた最後のほうは
雪雄くんが美雨お母さんのことを、メスだと思って接している仕草があって
飼育さんも 「もう離さないといけない」 と雑談で仰っていたから。
14-170914yukio

 ※ 親子の様子は タグ <美雨と仔グマ> で抽出できます。
   一緒だった最後の月から、公開初日まで28回の更新を遡れます。

こうなってくると縁組が気になりますね。
(常同しに行っちゃう前に狭いところを、わざわざ通ってました。)
15-170914yukio

ドイツに同い年の雌雄の双子が居るという話がありますが
果たして実現するのか、しないのか。
16-170914yukio

少なくとも日本国内にペアになれるメガネグマは居ませんからね。
17-170914yukio

以前も書いた気がしますが
ズーラシアではプッペさんが美雨を、美雨が美雪・雪雄を出産、自然哺育して
繁殖できる環境だということが証明されているから
私個人の勝手な予想では雪雄くんが他所へお引越しするのではないかな。

ルイスや美雨の日もないわけではないのに全然その日に当たらず、
いつも美雪・雪雄ばかりで、何となくマンネリ気味だった気分が
この日の雪雄をくんの写真整理をして吹き飛びました。

この後ろ姿が、現実の視覚だけでなく
文字通り 背中を見送る ことになるのかもしれない。無いとは言えない。
18-170914yukio

ツキノワグマのユマさんに張り付いているくらいの長時間を
美雪・雪雄(交替)に張り付いていれば遊んでいるのも見られるのだから
此処は本気の出しどころ p(^^)q 
言っているばかりでなく、本当に後悔しないように行動しなければ。


それにしても、丸まった雪雄ちゃんは一見すると子どもっぽくて
真ん丸で艶々で、脚の裏がピンク色で
相変わらず可愛いイメージが先行するのは、ズルイよなぁ。
19-170914yukio


2017年9月9日、10日撮影

池田動物園のオスのエゾヒグマ、大、大、大好き、大地くん!
1-170909daiti
オスのエゾヒグマ、22歳
上野のポンには勝てないけれど、大好きな子 (子ではない) です (*^^)v

ナイトズー最終日に行ったのですが、暗闇に私は対処できないもので (^^ゞ
唯一まともに (?) 撮れたアミメキリンの「ももか」。
2-170909momoka

写真や動画はハナから無理だと思い、見ることに専念。
それはそれで良いんじゃないかな~?と思うことにしています。
実際、暗闇と言っても園の正式な照明で照らされますからね、
夜に熊に遭遇するかのような迫力を体験できるわけではないですから。

でもね、寝てしまう大地くんを見たかったので
これを写真に撮れただけでも、私としてはとても嬉しいのですよ。
3-170909daiti

夕ごはんが終わって、閉園時間が近づき、お客さんもまばらになった頃。
4-170909daiti
おやすみ、大ちゃん。明日は朝から来るからね。
(土日掛けていきました。)


さて、さて、昼間の日差しのある時間帯の様子です。
今回も動画多用しています。

この写真、瞳は笑顔だけれど、なんだか口元が汚れてる? (笑)
5-170909daiti

残業日だと知ってか知らずか、夕方近くなっても常同が少ない。
6-170909daiti

普段なら夕ごはんの時間、でも今日はそんな気配もないし
いつもなら帰り始めるお客さんが、今日はドンドン増えてくるぞ?
7-170909daiti
夜間開園って動物たちにとっては、普段との違いで警戒しないのかしら。
ごはんの時間が遅くて、落ち着かない様子が気の毒でした。

こんな展示物がありました。
8-170909daiti
皆さん何が怖いのか? キャーキャー言って手を入れない。

一掴み頂きたい気持ちとグッと堪えて (^^ゞ
9-170909daiti

ゴワゴワ感はなく、パチパキしています。
肌触りという意味では硬い感じですが、結構暖かそう(温かそう?)です。
10-170909daiti
でも多分、夏の抜け毛なんじゃないでしょうか。
冬に抜けた毛と比べてみたいと思いました。

そして、勿体ぶって見なくても、何てことは無い、上の蓋が開くのでした (笑)
11-170909daiti

二日目の朝
12-170910daiti

身体はお部屋の中、頭だけ出して仮営業? (笑)
13-170910daiti
外で寝ていて欲しかったけれど、仕方ありませんね。

起きてからの通常営業は、日曜ということもあってか、かなり積極的。
14-170910daiti

この真剣なお顔 (笑)
15-170910daiti
餌に真摯に対峙するのが熊たる者の使命ですから。ええ、それはもう。

優しいお顔もするけれど
16-170910daiti

入園口から自分に向かって歩いてくるお客さんが見えている大地くん、
17-170910daiti

お客さんが餌やりの自販機に立ち止まってくれるか否か、勝負ですもの。
18-170910daiti
( ↑ GIFです ↑ )

本当にね、ひとりひとりお顔を見つめるくらいの積極的な “待ち”です。
19-170910daiti

ソワソワ、ワクワク。


座ってペレットを食べるイメージのほうが強いですが
この日は四つ脚で立ったままということが目立ちました。
21-170910daiti

座らずに餌やりのペレットを貰う大地くん。


横から。目が嬉しそう (*´▽`*)
23-170910daiti

なんて言っていたら睨まれましたよ~。
24-170910daiti

お客さんが来る度、期待に瞳を輝かせ
25-170910daiti

自販機・・・ガチャ方式でペレット入り容器が出て来るのですが
お財布を出していると見るや、よし!とばかりにスタンバイ。
26-170910daiti

座って食べるほうがころが、飛び出たペレットが転がならくていいと思うぞ。


お客さんが途切れると常同したり、少し歩き回ったりします。
だって、この檻の中で過ごす時間を豊かにしていくしかないから。
28-170910daiti
マーキングですな、オシッコしながらのスリスリ。

時折、寝室へ入っては程なく出てきたりして
29-170910daiti

お顔に檻が重ならない貴重なチャンスなんですけど
朝の寝ていた頭と違って、歩いて出て来る動く大地くんとなると難しい。
30-170910daiti
ブレないまでもピントが甘いですが、これが私の限界です (苦笑)

そして基本的には餌やりしてくれるお客さんを、とにかく待ち焦がれる。
31-170910daiti

「アンタは、もうくれないの?」 と私に訴える目
32-170910daiti

ずーっと居るのに餌やりしないから、殆ど無視されどおし。
週末で餌やりするヒトが多かったからいいかと思ってさ。
33-170910daiti
そんな恨めしそうな目をしなさんな。
前に来た時もずーっと居たヒトだ、って覚えていてくれるはずもなく・・・。

角度を変えて下からお顔を見せてもらいました。
34-170910daiti

お客さんが多ければ、単純に比例して餌やりするヒトも多くて
終始ご機嫌は良かったように思えます。
35-170910daiti
( ↑ GIFです ↑ ) この目に負けて、それでも4回ぐらい自販機に手を出しました。

下から見るのも面白かったですが・・・

これを録っている体勢に無理があって、あまりお勧めはできません (笑)

私は途中でツキノワグマや他の動物へ行ったりできるけれど
大地くんは退屈もするだろうと率直に思います。
飼育さんが巡回で立ち寄ってくれたりすることは
大地くんにとって楽しみだろうと思います。
37-170910daiti
一周して戻ってきたら
飼育さんとお話ししながらプールに入っていました。
私は慌てました (^^ゞ 慌てすぎて写真撮るのも正面に構える余裕なく。

正面から撮らなきゃ!と気づいたのと同時に、動画でしょ!と気づいて
どうにかこうにかプールから出る前に間に合いまして。
水遊びでもなく涼んでいるのかな? 水浴びの動画です。

普段は、お客さんが途切れたときに
プールに入ったり寝たりすることが多いそうです。
途切れないときは餌やりしてくれるかもしれないと思うんでしょうね (^-^;

土曜の午後着いて、ナイトズー、日曜は夕方まで時間があったというのに
時間なんていくらあっても足りないものですね。
気が付けば通常日の最後、16時の夕ごはんタイムです。
39-170910daiti
寝室に収容 → 飼育さんが餌を用意 → 大地くん再登場という流れですが
この日は日曜ということもあったのか、希望者は中に入れてもらえて
思い思いの場所に餌を置かせてもらうことができました。
私は、最初は入れてもらいたいと思ったものの
瞬時にそれよりも動画スタンバイのほうを優先!と判断して入りませんでした。

食べる大地くんの様子です。以前の更新のときと同じですけど (笑)


お客さんたちが餌を置いたからでしょうか、
吊るしてあるフィーダーや、タイヤに飼育さんが隠し置くことも無かった反面、
リンゴやミカンを小さいお子さんたちがたくさんプールに浮かべました。
これが功を奏して、普段にないプールに入って食べる様子を見られまして・・・

これはとてもラッキーでした~。

食後、何度も何度も水飲みして、1回1回が結構飲んでいたようです。
42-170910daiti
のどが渇くようなメニューだったっけ???

水飲み場がプールだと好きなだけ大量に飲めるのは良いですよね。
それにしても啜る音が強烈 (笑)

あごで水面を手前に引っ張るのは何なんだろう???


2日間かけて、想像できる一通りの行動を見ることができて満足!
あとは、丸太や擬岩を枕にして寝ているのを見られれば完璧だけれど
今回はもう無理だろうと、諦めた閉園直前。
結局はそういう寝方は見られなかったのですが
44-170910daiti

ごはんが終わって、今日はもう終わりという段になって
さらに、お客さんが途切れたら多分寝ると言われたとおり
一日中活動していた営業モードをoffるかの如く。
45-170910daiti
この寝姿にバイバイと声を掛けました。


22歳。飼育さんはヒトなら50代相当と説明していましたけど
野性ならもう寿命と言える年齢です。
大地くんは見る限りでは、まだまだ当分心配無用という感じでしたが
20歳過ぎると個体差が大きくて、もうヨボヨボな個体もあります。
あまり悠長に安心を決め込まずに
行かれる機会を逃さずに、また逢いに行かなくてはと思います。

そんなことを言って、前回から今回まで1年空いてしまいました。
次回こそは、少なくとも冬毛のうちには逢いに行くね。
46-170910daiti
行くね、っていうか、逢いに来るね って声掛けて帰りました。


大地くんの今までの更新は、こちら
   大地くんに逢ってきました! ~池田 ヒグマ~
   「大ちゃん、ご機嫌だった」 って(^^)
   期待以上の大地くん


このページのトップヘ