孤独と孤高の狭間 其処に羆

2017年11月

2017年11月12日撮影

よこはま動物園ズーラシアのメスのニホンツキノワグマ、「ユマ」 23歳
1-171112yuma

更新が遅れましたが月例ユマさんの11月分。
滑り込み月内更新(^^ゞ
2-171112yuma

秋風吹くも、ぽかぽか陽射し。ユマさんは今日もご機嫌。
3-171112yuma

座ってモソモソしているだけでも良い表情をたくさん見せてくれます。
4-171112yuma

夏はともかくとして
すっかり暖かくなり切った頃の春よりも、秋・冬のほうが活動的なんじゃ? (笑)
5-171112yuma

日向ぼっこユマさん

風があったので匂い探しに夢中のご様子 (*´▽`*)

この日は友の会の例会がありました。
なかなか抽選に当たりませんが、やっと今回は当選して
ニホンザルとメガネグマのバックヤード見学に参加!

多少の説明を要します。
メガネグマは今、ズーラシアに5頭いるわけですが
ご隠居のマックスお祖父さん (爺ではなく祖父) にバックヤードで逢うと
施設マジックで (笑) ユマさんの寝室も見学できるという仕掛けです (笑)

そして、参加の個人的大収穫!
 こ、こ、これは・・・!!
というユマさんの姿を押さえましたよ!
・・・って、その価値観は私だけかもしれませんが (笑)

その写真がこれなんですけど (*^^)v
7-171112yuma
「わぁ!  ヒトが大勢いる・・・あたしのお部屋で何してるの?」

分かります? どういうことなのかを。
8-171112yuma

格子がきつくて、私の目の前にも格子があるので写真困難ながら
ここはビシッと撮っておかないとバックヤードの意味が無い。
9-171112yuma

私が興奮している種明かしをしますね。
ユマさんのお尻です。
10-171112yuma

引きます。
11-171112yuma

もう少し引きましょう。
12-171112yuma

ドジで全体の引きの写真を撮り忘れました。9月のもので代用。
13-171112-170914yuma

もう一度バックヤードの様子を。

ね? 私がテンション上がったのも分かるでしょ?!
中に飼育さんなど居ようものなら、此処から離れないユマさんにも納得。
気配が無くなると池のほうへ出てきたりするのかな、と思います。

推測ですが、此処の画面でいう右上のほうから合図があると
運動場の塀の上から飼育さんが投入するおやつに走って向かうのでしょう。

見学中は写真はあまり撮らなかったのですが
ユマさんのお部屋は、プール付きの次の間もある広いスペースで
寝床は真冬には床暖もあり、その上に藁を自分で設えて寝るそうです。
次の間は故ユキちゃんのお部屋とは別のスペースだったので
ユキちゃんがいた頃は交替で開放していたのかもしれないと思いいました。

以前、メガネグマのプッペさんがズーラシアにいた頃に見学した記憶を辿ると
体重計のあった隣りの部屋がユキちゃんが使っていた処だったはず。
15-171112yuma

そしてこれも推測ですが、
今はメガネグマのマックスと交替でサブ運動場を使っているのかもしれません。
というか、ユマさんがお庭に出ている間はマックスがサブを使っているのかな。

見学でヒトが大勢入って
ヒトの匂いが付いたらユマさんが嫌がらないのか? と質問したら
「ユマはヒトの匂いが、むしろ好きな子だから、大丈夫です。」 とのことでした。

ツキノワグマ、メガネグマの主な献立
16-171112yuma
ユマさんは残っている歯が少ないのでお芋やニンジン、リンゴは蒸かしてあります。
蒸かすと甘みが増すので喰い付きがいい、と
池田動物園のエゾヒグマ担当さんが仰っていましたっけ。

ユマさんの被毛
17-171112yuma
もっとパキパキかと思いましたが、思いの外柔らかくてビックリしました。

格子から中を覗いて座り込んでしまっているユマさんを
観覧側からは、撮るのはもちろん、見るのも苦労します。
そもそも見え難いのに加えて、冬以外は草も障害物になります。
18-171112yuma

背の低い私は二の腕プルプル
19-171112yuma

でも、今回も意地になって、たまにこちらを窺うユマさんを望遠で狙う私。
20-171112yuma

散々苦労してから、草の被らない角度があることに気付きました (笑)
21-171112yuma
牙がチャーミングねぇ (´▽`*)


お部屋と繋がる格子扉のところから離れて歩き回るユマさんは、この日も元気。
22-171112yuma
いつもどおりですが、この日のご機嫌ユマさんを、今回も記録に残しておきたい。

笑顔で闊歩するユマさん
23-171112yuma

心強いです。
24-171112yuma

飼育さんが居たわけでも何でもないのに
25-171112yuma

観覧側の何かに気が留ったようでした。
26-171112yuma

常同行動をしないわけじゃないし、年中掻いているけど、傷も禿げもなく艶々。
27-171112yuma

キョロキョロして、座って、冒頭の写真の場面になります。
28-171112yuma

無い歯を食いしばっている口元で、痒さが伝わってきますねー!
29-171112yuma

ユマさんの気まぐれ撮影会、座ってくれることには本当に感謝します。
30-171112yuma

ツキノワ運動場は方角が順光ですし、遠いのでカメラが熊のストレスになり難い。
31-171112yuma

スマホで撮るのは厳しいかもしれませんけど (私はやったことが無い)
32-171112yuma

コンデジでもこんなにマトモに撮れる、ヒトにも優しいところです。
33-171112yuma

艶々ユマさん、元気で、
34-171112yuma

ふさふさユマさん、ご機嫌麗しゅう。  (似て非なる ↑ と ↓ )
35-171112yuma

動き出すユマさん。
36-171112yuma

新たにおやつが撒かれたわけではないので、自生のものを食べ歩き (多分)。
37-171112yuma
いつもどおり、岩場を降りて行き

こんなに軽快に高低差を行き来しているのに
たまたま見ていなかったヒトは、降りられないから柵がないんだ、などと言う。
38-171112yuma

池は確かにヒトと熊を隔てるモートだけれど、安全策はヒト側の垂直な絶壁です。
39-171112yuma

あ、池まで行かずに上って来ちゃいました (笑)
40-171112yuma
寒いから入らない、って言うヒトが多いし飼育さんもそう言うけれど
私は違うと思うんですよね・・・冬でも入るよねぇ。
ただ、夏の頻度が高いのは確かに涼む為だとは思います。

23歳の11月も超元気 (^^)v 岩場をものともしません。
41-171112yuma

ド真ん中の黒いのがユマさんですよん♪
42-171112yuma

イイ感じに冬支度の体型に見えますが、この2~3日前の体重が71.3Kgだそうです。
43-171112yuma

イイ感じに見えるのは毛並みの視覚効果と、あんこ型のお尻のせい?
44-171112yuma

全く以て痩せ型ではありませぬが、71キロでは (野生なら) 冬眠できないねぇ。
45-171112yuma

冬眠させないけど年明けの食欲減退に備えて太らせる野毛山で
コマチが80キロぐらいと言っていたっけかな?
冬眠させる上野は73キロのウタを100キロ目標で食べさせるという話だったので
ユマさんの体格がメスとしてごく普通のサイズだと分かりますね (^^)b

せっかく上って、また降りる
46-171112yuma

ユマさんにしか分からない美味しい何か
47-171112yuma

お! 何か見つけたらしい。  (似て非なる ↑ と ↓ )
48-171112yuma

毎回思う、生息環境を模した運動場で
歩き回って自生の草や木の実を食べられるズーラシアの素晴らしさよ。
49-171112yuma

夏は姿が草に埋もれたりするし、写真には草が被りがちだけど
50-171112yuma

それより、11月でもまだ緑があることのほうが勝るから。
51-171112yuma

「美味しんだよ、食べる?」 ってユマさんも。  (似て非なる ↑ と ↓ )
52-171112yuma
むしろ草が被るのがイイ感じだったりする・・・かも。

この秋には、長年慣れ親しんだ飼育さんが年単位の長期休暇から復帰されて
ちゃんとツキノワグマ担当に戻られたようです。
熊なのでヒトの顔を覚えてはいないでしょうけど
匂いや声や、接し方の癖などは分かっているはずですよね。
ユマさんもきっと嬉しいに違いありません、ええ、多分ね。
53-171112yuma

これを更新しているのは11月30日。
12月からの3か月間に、飼育係のとっておきタイムはあるのだろうか?
例年冬の時期にツキノワをやっていたような気がするんだけど・・・
3か月間の初日に公式HPに情報出るはずです、明日の朝が楽しみ♪
   (※ とっておきタイムはメガネグマと発表ありました!( 12月1日追記))

無ければ無いで、落ち着いて逢えるから、それはそれでOK!
12月も行くからね、ユ~マさんっ♪
54-171112yuma


ユマさんの過去の更新分は、タグ <ユマ> からご覧いただけます。


2017年10月23日・11月9日撮影

上野動物園のオスのエゾヒグマ、「ポロ」 推定11歳
0-171023polo

更新済みの 四肢の長さが象徴的 ~ポン~ と同日のポロです。

ポロは相変わらずよ。
こんなだったり、
1-171023polo

こんなだったり。
2-171023polo

「でへっ (´▽`*)」
3-171023polo

ポロが心配だったことも以前にはあったけれど
その頃のブログ記事を読み返すと、今のポロと同じだって分かります。
元々ポロはそうなのか・・・。
じゃぁ、最初に認識した元気玉のポロは何だったのか・・・。

上野に定期的に行くようになった最初の頃は7歳。今は11歳。
まだ若熊っぽさの残っていたポン・ポロも、
今ではすっかり熊盛り、おとな熊になりました。

お馴染みの、おっさんポロを見ながら思う・・・
4-171023polo

いわば 美しい季節 であるはずの熊盛りな日々を
ポンもポロも、ちゃんと幸せなんだろうか。


大人しくて無邪気なポロ
6-171023polo

ポロとは本当に、一度じっくり、お酒でも飲みながら語り合いたい。
7-171023polo

飼育さん宛てにポロが書ける意見箱みたいなものが、もしあったら
8-171023polo
何を要望するの?

ポンと違って、動かないで大人しくしている間が長いから
見ていても、そんなことを考えてしまうんだと思います。
上野の環境しか知らないポン・ポロには
今以上の幸せも、今以下の不満も無いんでしょう。
一介の来園者には手出しのできない領域なんだけど
少しでも、1ミリでも幸せであって欲しいと願う、思いはそれに尽きます。

ポロはそんなことより、お尻が痒いことのほうが気掛かりだったらしいこの時。
9-171023polo
扉部分の壁の縁でお尻フリフリ掻き掻き。

歩くときに脚の裏が見えるのも、ポロは間が長い。
10-171023polo
脚が悪いんじゃないかと、心配トラップは此処にもあるんです、ポロは。

今は、全部が全部ポロに嵌められていると思う (笑)
11-171023polo
大人しい顔をして、構ってちゃんなのだと思う。妄想ですけどね。


「飼育さーん、お腹空いてきましたー!」
12-171023polo
背中は早くも冬毛完璧の風情

ポロががっついているように見えないのは、
飽くまでもポンという比較対象が居るからでしょう。
13-171023polo

すたこらサッサッと脚取り軽くプールへ行くのはポロだって同じ。
14-171023polo

ポロだけ見てたら、よく食べる、って思うに違いないし
15-171023polo

食べ終わるとすぐ次を待ってるよ (呆)って思うはず。
16-171023polo

お昼ごはんを一気に食べ尽くさず、残しておいて後から食べることもあるポロも
17-171023polo

プールでは、食べ物は残さず食べ切って


無くなってから出ていると思います。
19-171023polo
アジはもちろん、リンゴもペレットも。


11月9日のポロは遅番だったので、出てくるタイミングでお昼ごはん♪

ポン同様、上の通路から見たせいでお尻を見る羽目に・・・(苦笑)
ガラスを介さず上から見たほうが良いかな・・・と思ったんですけどね。

最近は、こんなフィーダーも!
21-171109polo

マレーさんのところのフィーダーに似てます。
22-171109polo

穴に突っ込んであるのは殻付き落花生、うまうま~♪
23-171109polo

ポロだって下を向いてしまうのは同じなのに、不思議とお顔が見えるっていうね (笑)
24-171109polo

小枝の下に隠すのは、果たしてエンリッチメント的に効果があるのやら。
25-171109polo
でも、まぁ、一手間掛かることには違いなく、それは間違いなく野性に近い。
あんまり難しいと熊って諦めちゃいますし
そもそも、ごはんの置き場所など覚えてしまっていて
順繰りに巡って回収しているだけなのは仕方がないわけで
簡単な工夫を短期間で変更するのが一番いいのかもしれないですね。

ポン比でポロのほうが太って見えます。
26-171109polo

何故いつも、ポン比で太って見えるポロのほうが若干軽いのだろうか???
もしかして、太い細いを相殺してもポロのほうが軽いくらい
ポロのほうが小さいのかな???
ポロはアイヌ語で「大きい」、ポンはアイヌ語で「小さい」で
赤ちゃん時代の体格から付けられた名前というけれど
成長したら逆になったという話は、体重に差が出るほどの違いなの??
体重だけの話だと思っていたけど、もしや体長・体高も違うのかー?!
立ち上がったサイズ感は同じように見えるんだけど・・・
2頭並んだ状態を見られないので、ある意味永遠の謎化しそう。

ポロは食べている途中でも
お顔が見える状態で気軽に座ってくれるから好きよ (*^^*)
27-171109polo

ポロのほうが太いのは運動量が少ないからだとも思っているけど・・・
28-171109polo

耳の下のザックリと実は禿げている部分は
ポロはもう見て分からなくくらい毛並み整いました。
29-171109polo
毎月、毎年、同じようでいて何かしら違う。
何かしら違うようでいて、相変わらず何も変わらない。
それを見て 嗚呼、ポロは相変わらずよね と思いに
また来月も、来来月も、毎月逢いに行くのです。


2017年10月23日・11月9日撮影

上野動物園のオスのエゾヒグマ、「ポン」 推定11歳
1-171023pon

のぼりべつ と くまくま園 に追われて更新が後回しになってしまいました。
10月23日と11月9日の上野です。ポン・ポロには毎月逢いに行っています。

ポンと言えば、お顔のお禿げ。
冬毛でどのくらい復活してきているか、何を置いてもそれが気がかり。
2-171023pon
これは10月23日です。

どうですかねぇ? 
3-171023pon - コピー
脳天の500円玉禿げは恒常化しているので生えてきませんよー。

10月9日の状態が、こちらです。
 おでこも綺麗になりそうです ~ポン~

10月23日は、10月9日とそんなに違わない感じがしますが
4-171023pon

11月9日になると少し好転しているように見えます。
5-171109pon

目のすぐ上の麻呂眉みたいなお禿げは復活しそうにありませんねー (-_-;)
6-171109pon
麻呂眉お禿げは今年に始まったことじゃないしなー・・・。

左右の頬骨にも以前から怪しい部分があるんですけど、少し濃くなったかな?
7-171023pon

左はかなり分かり難い感じまでなって来ていますね。
8-171109pon

右側のザックリ部分は、まだ正面から見ると毛並みが陥没して見えますが
9-171023pon

見た目の痛々しさは脱して、もう少し生えてきてくれることと
周囲の毛並みに紛れて見え難くなるのを待つ段階まで来ていますね!
10-171109pon
ただ、このザックリお禿げを作ってしまったのが去年の真冬だったので
ポンには綺麗に整った時期が一年の内に全く無いのかい! って。
また今年も、やらかしそうでビクビクです。

毛並みはそういう感じで、まぁ ホッ としているのですが
もう1つ気がかりがありまして。
以下、10月23日と11月9日の写真混在で時系列無視です。

まず参考に去年の10月のポン → 10月のポン
去年のほうが太っていた気がするんですよね。
11-171023pon

太っていればいいというわけじゃないし、
今年のほうが better という可能性もあるけど
12-171109pon

去年の体格に違和感はなかったのに対して、今年は痩せて見えるかな・・・って。
13-171109pon

これでも11月9日に伺ったら350Kg前後の体重だそうです (;^_^A14-171023pon
筋肉質で重いんでしょうか。

毎度のことでポロのほうが太って見えるんですが
この日、体重差を質問して確認はしていないものの
いつも ポロ比で痩せてみえるポン のほうが重いみたいです。
15-171109pon

気候もおかしいし、ふっくらする時期も毎年ズレるんでしょう。
1月や2月になってもふっくらしなかったら質問してみようかと。
回虫でも飼ってるんスかねぇ?!
16-171109pon
ちなみに、食事量は四季で調整を “していない” そうです。

だからか? 
冬眠しなくても秋は多めに与えないとイカンのじゃないか?!
1月ごろ食欲が落ちるはずだから、秋に食べさせとかないとダメだよねぇ?
「与える量」 の問題じゃなく、「食べる量」 の問題ですよね?


それはともかく。
ポンが活き活きする ごはんタイム & おやつタイム (*^^)v
17-171023pon

画面右側にあたる大窓から見るか、上の通路から見るか迷って、
上から見て失敗しました。この日は登ってお尻向けると思わなかった (苦笑)
18-171023pon

それでお顔を捉える見どころを逃したら、ポンは下向いてばかり (>_<)
19-171023pon

下向いて
20-171109pon

下向いて、下向いて
21-171109pon

下向いて、食べる。
22-171109pon

多少は壁や窓枠に置いてあるけど、殆どは地面。
23-171109pon

もう、お顔のパーツが何かしら写り込んでいれば良いんだもん♪
24-171109pon

木になる果実を食べるみたいなわけにはいかないものね。
25-171109pon

美味しいかぃ?
26-171109pon

こうしてみると、頬のお禿げもかなり分からなくなってますね。
27-171109pon

お尻向けちゃったって、ポーズが格好良いから許す!
28-171109pon

切り株も、以前の担当さんと隠し方が違うのか、
豪快に引っ繰り返すというより、軽く引っ繰り返すだけのことが多いみたい。
29-171109pon

以前からいつものことです、ポンが食べるとき全然お顔上げないのは。
30-171023pon

↑ でお顔突っ込んでいるのは・・・
31-171109pon
(GIFです。)

しばらく以前からこの場所に細い枝が盛られているようになって
枝の下にリンゴとかペレットなど餌が隠れています。
32-171109pon

工夫のうちに入らない感じも、考えないと、しますが (笑)
33-171109pon

確実に一手間要するのは良いな。
大抵は枝を全部払い落としてしまうんですけどね (*^-^*)
34-171109pon

「だって邪魔じゃんかー」
35-171109pon
だって、って (笑) 邪魔なのが狙いだからね。

そこ座るかなぁ、ポンちゃん (´▽`*)
36-171109pon
見慣れた座り位置より、前に出た座り方です。

揃えて置いた前脚が堪ら~ん ♪
37-171109pon

ホクホクするような笑顔が足りないと思っていたんですが
よくよく見ると、両日とも、ご機嫌は良さそうだったのかな。
38-171109pon

笑顔も良いけど、眼光もね (^^)b
39-171109pon

10月23日のおやつは運動場に落花生、11月9日のおやつはプールにアジでした。
40-171109pon

プールは写真も動画もダメダメでしたが、一応動画なんぞ。
冒頭見づらくて申し訳ない。(ポンにも、見てくださる方にも。)

カメラの悪口を言うようでは上手く撮れるようにならないと言いますが
なんか・・・以前のコンデジのほうが良く録れたと思うので
失敗写真・失敗動画の原因の一つにはコンデジがあるような気がします。

ザバッとお顔上げたお鼻ひん曲がっちゃってる変顔 (´▽`)
42-171109pon

食べることこそが日々の楽しみなので、食べ終わると次のおやつ待ち。
43-171023pon
様子を窺う目が真剣。大真面目なポン。

ウロウロ常同行動しながら時間を潰してもなかなか合図が無いときは
44-171109pon

ヒョッコリ頭だけ出してキョロキョロするけど、無いものは無いからね。
45-171109pon

そのまま上ってくることもあるけど
46-171109pon

そのまま、また常同に戻ってしまう・・・と、気を抜いていると
47-171109pon

座ったりするので (笑)
48-171109pon

お顔の見える窓に私は慌てて移動するんですが
49-171109pon

大急ぎで上の通路へ行っても、間に合わなかったり。
そういうふうに、ポンがどう動くかをじっと待って
動いたポンに合わせて走り回る私をポンはどう思っているだろうか (笑)

(私が)疲れて、上の通路に居続けて、上ってくるのを待っていれば
50-171109pon
こんな感じで上り掛けて、また降りちゃったり。
一瞬なので逃さぬようにね、私 (笑)

早番の日は座ってくれることが多いので待つことにしています (^^)v
51-171109pon
欠伸ポンのGIFです。

おやつがプールでも、落花生でも、気にする小窓や通路は見上げる角度
52-171109pon
最近は落花生投入が反対側の塀の上からだったりするのだけど
熊たちの意表を突く変化が重要ですよね。些細なことで良いのだから。

ただ座っているだけに見えて地味に微妙にお鼻クンクン。(GIFです。)
53-171109pon

いい匂いはするかな?
54-171109pon

ポンは毎日、どのくらい満腹で、どのくらい空腹なんだろうか。
55-171109pon

収容後のガラス面のお部屋ごはんは、全部食べ切らないで座っちゃったりするよね。
あれは、もう朝まで補充が無いことを知っていてのんびり食べているんだろうか。
運動場に居るときはいつも匂い探して、食べたそうだけどね。
56-171109pon

あんまり笑顔見てないなーと思っていたけれど
写真整理したら良い表情が多くて、自分の目の不安定さを痛感しました。
57-171109pon
テカッてますが (^^ゞ

気になることがあると、そればっかり心配してしまう私の悪癖です。
お禿げはどうなったかな、秋なのにスリムだな・・・
そんなの、担当さんや獣医さんがシッカリ看ているだろうに
頭の中がそればっかりになってしまう、本当に悪い癖です。
笑顔見せてくれていたのにね。
58-171109pon

逆光ポン。
59-171109pon
しかもガラスの汚れが目に余りますけど、こういう表情はUPしておきたい (^^)
(精一杯補正しましたが、これが限界でした。)

11月後半は行っていないので、また状態が変わっているでしょう。
毛並みの復活 & 新たなお禿げを作っていませんように、
そして、冬の羆 (ヒグマ) らしくふっくらしていますように、
12月に逢いに行くのを、また楽しみに。
60-171109pon
毎回楽しみが続く上野のポンの10月・11月でした。


このページのトップヘ