孤独と孤高の狭間 其処に羆

2019年04月

2019年4月16日、23日撮影

上野動物園のメスのニホンツキノワグマ 「ウタ」 8歳
1-190423uta
ソウお父さんに益々似てきました。

クーちゃんが冬眠から覚めて
長かった 毎日終日ひとりでお庭お当番 の冬が終わりますー!
2-190423uta

クーちゃんが冬眠する年は、ウタちゃんの愛しさが増します。
お昼のおやつの時に一旦収容するわけでもなく
一日中出っ放しで、他の季節でもする常同が過剰に切なく見える(;^_^A
不思議なことに、ウタちゃんが冬眠する年のクーちゃんにはそれを感じない。
(ウタちゃんは冬眠が上手じゃないのか、早期に起きたりするから
 冬眠する年でも、お庭お当番の年でも、結局ウタちゃんが心配。)

クーちゃんが起きてホッとしている来園者をよそに
当のウタちゃんは淡々と(?)今日も浮き球を宙吊りにして揺らしていました。
3-190423uta

熊棚の上に繋いであるんだから上って平らなところで転がせば簡単なのに
絶対に流儀は変えないつもりらしい。
4-190423uta

不安定な場所で、なかなかアクティブ!
5-190423uta

凄く大変な食べ方に思えるんだけど
6-190423uta

タロコお母さんの教えは絶対に守る!
7-190423uta

時間が掛かっていいのかもしれないけど、さすがに大変そう (^▽^;)
8-190423uta

地面のこれも同じ。絶対に地面で転がしたりはしません!
9-190423uta

今回は斜めの丸太に乗せるやりかたではなく
寝転がって持ち上げる作戦を敢行していました。お疲れさまー!
10-190423uta

春は黒熊が美しい、緑に黒が映える季節、緑が黒を引き立てます。
11-190423uta

お鼻の横、怪我しちゃったのかと思ったら・・・
12-190423uta
どうやら治った痕のようでした。

敷チップに沈んだおやつをお鼻で探るからでしょうか? 
もう8歳なのにいつまでも仔グマな気がして、何だかんだで心配しがち (^^ゞ
13-190423uta

同じ日の別の写真で見ると
現在進行中の怪我ではないことがよく分かります。良かった。
14-190423uta

食欲はどうなのかしらね?
15-190423uta

冬の間は一日中かけて、気が向いた時に少しずつ食べていたような気がするけど。
16-190423uta

筍などの季節のメニューは今年はどうなんでしょう?
17-190423uta
数年前まではツキノワグマでも春のイベントがあったんですけどね・・・

不満ついでにもう1つ言うと、プールの水の浅さ。
18-190423uta

入れ替え途中ではないと思います。
私の他にも、いつも浅い と言っているヒトも居て
ツキノワグマだって泳ぐ環境があれば好んで泳ぐのに
脚の裏しか浸せない浅さなのは、理由は何なのか?
19-190423uta
去年からずっと疑問です。
去年の夏は ちゃんと深くなっていた という情報もあったものの
自分の目で見ることが叶っていなくて
以前のように身体ごと入れる深さではなかったのではないか?と
一度抱いてしまった不信感って、拭うのは難しいです (^_^;)

ヒトが感じるより早く、熊には暑さがつらくなるのだから
今年は毎日、水が満ちると良いよね、ウタちゃん。
20-190423uta


ウタちゃんは、お庭で寝てしまうイメージが無いと思うんですが
今回は眠そうな姿を見ました。
21-190416uta

瞼がだんだん・・・
22-190416uta

落ちる
23-190416uta

この姿勢ですから眠りはしないんでしょうけど
24-190416uta

眠そうでしょ?
25-190416uta

寝ればいいのにねぇ、頑張ってるお目目が (笑)
26-190416uta

ウタちゃんに関しては、元気に動き回るだけでなく
こんなふうに寛いでのんびりしている時間が増えると私は嬉しい。
27-190416uta

ところで胸元の黄金のトッピングなんですが・・・
28-190416uta

3月の写真が分かり易い ↓ これ何の汚れだろう?って思いますよね?
29-190423-0308uta
絶対ウンPの上に突っ伏しちゃったんだと思ってました。
最近毎回なので、よく寝る場所で排泄する癖でも付いちゃったのかと。

でも、違うらしいんです。
常連さんが目撃したらしいのですが(私は自分では確認できていない)
カボチャをね、自分で胸から顔から頭から、
クリームみたいに塗り伸ばしてるんですって!
頭やお顔は動いているうちにすぐ取れるけれど
首元だけはいつまでも残って、固まってしまう (笑)
ウンPだと思ってた、ごめんね~ウタちゃ~ん (^^ゞ
・・・てか、なんでカボチャを塗るんだろうか???
30-190423uta

無事に誤解が解けたところで (^^)
この日は本当に静のウタちゃんが多くて
これ! このウタちゃん、サイコーに可愛らしい!
31-190423uta

私には、ウタちゃんにしては超が付くほど珍しい姿に思えますが
そうでもない? どうですか?!
32-190423uta

写真整理しながら考えたら
珍しいと思う大きな理由の一つが眠そうなことだったかもしれません。
33-190423uta
瞬きの途中とかではないんですよ、このお目目。

「寝てないもん」 って、寝て良いんだよぉ。
34-190423uta

極めつけ!
35-190423uta
しばらく経ってから覗いたらこの後ろ姿で (*'▽')

ウタちゃんのこんな姿、あら珍しい!と思って正面に回ると・・・
36-190423uta
寝てました (*^-^*)

なんて可愛らしい、ウタちゃんの寝顔~♪
37-190423uta

寄ってみます。
38-190423uta
マジ寝だな (笑)

「(ハッ!) 寝てないもん・・・」
39-190423uta
クーちゃんが起きたことを察して緊張が解けたのかな?
寝室に戻れば、クーちゃんが冬眠室から冬山の部屋へ
さらには室内展示室まで出てきていることに気付くだろうな、と思って。
それで気が抜けたというのは妄想の域を出ませんけどね (笑)

じゃね、艶々ウタちゃん。
40-190416uta
5月に逢うときは換毛始まってるかな。


2019年4月16日、23日撮影

上野動物園のオスのエゾヒグマ 「ポン」 13歳
1-190423pon

※ UP済みのポロと同様に
  2日分の写真で、時系列を崩して混在しています。

ポンが早番だと思って行った16日と23日、
代り番子の順番が狂っていて、2日とも遅番でショックでした (~_~;)
(早番のほうが外に居る時間が長い。)
ここ3回の遅番続き、そして3回の代番さん続き。

次回こそは早番で担当さんの日に!と思いますが
気を取り直しまして
ポロが目に見えて発情期に入った4月のポンの様子をば。

順調にというか、順当にというか、とにかく荒れてきた毛並み
左半分
2-190423pon

右半分
3-190423pon

先月 (3月) のポンは、冬の “代謝下がってます” モードから
通常のよく動く状態に季節が進んでいました。
  参考 → ボク? だってもう春だろ? ~ポン~
ポンは、ポロ程には季節ごとの行動の変化が大きくないけれど
冬と違って、よく動く。
4-190423pon

よく動く、動く。
5-190423pon

ポンも発情期に入って匂い付けなどしていましたですよ (^^)


落ち着かなさは発情って感じですが
食欲が落ちているかというと、ポンの場合は出されたものは全部食べます。
7-190423pon
(お芋をお口で拾ったところです ↑ )

ガッついて俊敏に、嬉しそうに食べ進むポンのスタイルでは “ない” のが
“団子より花”という季節的なことかも。
8-190423pon

量は、残してしまうポロは少なくしているのに対して
ポンは3月や2月と変わらない量だと思います。
季節で調整はしていないと聞きいてもいます。
ただ、見た目では少ないような気はするんですが。


食べていると下ばかり向いてお顔が見えない。
それは四季を通じていつも同じ、食べ方のそういうことは変らない。
10-190416pon

この角度でみると、横から見るよりは悪くない毛並みですよね・・・。
11-190416pon

フィーダーを転がしているとき、必ず一度お顔を上げて左のほうを見る癖
12-190416pon
それを狙って待つ、お顔が見える一瞬を (^^)v


細かく見ればいろいろありつつも、ポロとの比較が無かったら
春は特徴的だなとどは、あまり感じないんじゃないかと思います。
13-190423pon

元々が落ち着きのないのがポンだし。
地面に脚の裏で匂い付けしながら歩くのは発情期の特徴だけど
それ以外は、ボーっと見ていたら感じないかもしれません。
14-190423pon

上の2枚 ↑ に辛うじて写っているタイヤとオレンジ色の浮き球は
2月に登場したというような話を常連さんから伺いましたが
(追記として画像1枚追加。この ↓ タイヤと浮き球です。)
14-2-190416pon
自分が2月・3月に行った日には無かったと思います。
SNSでも3月には見掛けたので、私が行った日に無かったのは偶然でしょうか。

タイヤと浮き球が鎖で繋がっていて
タイヤを立木に掛けてフィーダーとして使おうとしたようです。
それをポンがあっさり外してプールへ持ち込んだらしく
フィーダーにはしないことになったのか (?)
今回の2日間では (4/16と4/23)ポロは触れず、ポンは玩具にしていました。
15-190416pon

繋がっていることで浮き球の沈み方・浮き方が違うのが面白いようです。
16-190416pon

ポンは以前から単体の浮き球を
プールでお腹に敷いてうつ伏せになっていることがあったり
ビーチボールに掴まって浮くような抱え方をしていたり
鼻先でつついたりしていることがありました。
この繋がっている形状のものだと
タイヤの上にうつ伏せになった状態で浮き球をいじったり、お鼻でつついたり。
浮き球が逃げてしまわないのがイイみたいでした。


ポロは私は見ていないので聞いただけの話なのですが
この小さなタイヤに首を通そうとしたり
脚を入れてみたり、挙げ句は前脚と後脚を両方入れようとしたそうです。
その話を聞いて
仔グマ時代にタイヤで遊んだ記憶が残っているのではないかと思いました。
聞くところによると、昔からバックヤードにあった古いタイヤだそうで
つまり、ポロの記憶のタイヤは、正真正銘このタイヤ。
「これ知ってる!」と、自分が今や400Kgの巨体だなんて考えもせずに
頭を入れたり、四肢を通したり、それを当然できると思ったのかな。

・・・ってことは、ですよ。
大タイヤをあげれば遊びますよね、きっと。
大内山のシュウくんが遊んでいるような大タイヤがあればいいのにねぇ。

ポンの話に戻りまして。
古くて新しいタイヤを気に入っているらしいポンですが
プールでは落ち着いてジッとしているときも多いです。
18-190416pon

ブクブク・・・
19-190416pon
早番だったポロが汚して、すっかり濁った水が茶色い (笑)

プールで突っ伏して動かないポンのことを カバ と表現するヒトがいまして。
20-190416pon
濁り水がカバっぽさを助長しているなぁ・・・(笑)

言い得て妙ですが、カバのように耳目鼻が一直線にはなりません (^^ゞ
21-190416pon

プールには何度も入っていました。
22-190423pon

真夏の頻繁さとは違って、恐らく発情期の落ち着かない気分のせいでしょう。
23-190423pon

上がってからの匂い付けなどのしつこさがポロより弱いのと
プールの中でおとなしくしていることが多いので
イライラしているわけでもなさそうかな・・・と思いましたが、どうなのだろうか。
24-190423pon

この時ちょっと面白くて、前脚の置き場所が定まらなかったみたい (´▽`*)
25-190423pon

これもカバっぽいですか。ですよね (笑)
26-190423pon

この状態が結構長い。10分とか、15分とか。
27-190423pon

バシャバシャやって人だかりができていたはずなのに
いつの間にか独占状態になっているほど、地味で人目を引かない・・・。
28-190423pon

何分間も浸かったままジッとして、何を考えているのかな。
29-190423pon

バシャバシャな動画。先ほどのは16日、これは23日です。



プールといえば、おやつのアジ。
代番さんなのでフェイント大作戦がなく
   参考 → フェイントに翻弄されるポン
投入口から直食べする背中は
背擦りと換毛で既に毛並みがボロボロなのが分かり易い。
31-190423pon
肩回りを正面から見るのとは全然違います。

直食べが終わると水に落ちたアジの回収・・・ん?
32-190423pon

ポン、それ、わざとやってる?! (´▽`)
33-190423pon
この直後、水から出るときに振り落としていました。
プールにたくさん散っているのは木に咲く花です。
去年も花の名前(木の名前)調べきれないままだったっけ (;^_^A

水から上がればジッとはしていません。
遅番の日は元々が常同多め。
34-190423pon

度々様子を窺うのは普段のポンの普通の行動ですが、違いと言えば・・・
35-190423pon

実は2年半酷使していたコンデジを、新しく買い替えまして
躍動感のポンも少しマトモに撮れるようになったことかも。(気のせいかも。)
36-190423pon

ポンの夏毛が綺麗になるのは例年ポロより遅いので
きっとすっかり秋になった頃の可能性が大。
ポロが9月ならポンは10月の可能性も無きにしも非ずです。
こういうことはモフモフな季節にやって欲しいぞ!
37-190423pon

テンション高くてやってるんだとしたら
モフモフな冬にやるはずもなく、発情の来たこの時期が当然なのか・・・。
38-190423pon

表情を見ていると
ポンはポンで春のモヤモヤに梃子摺っているのかなと思います。
39-190423pon

思い込みなのかもしれない。だけど
ただおやつの為だけの忙しなさとは違うお顔に感じることもありました。
40-190423pon

これは、背擦りする壁面に向かってくる時のお顔です。
41-190423pon

ポンの背擦りなんて、真冬以外には珍しくもなんともないのにね。
42-190423pon

「お腹空いた・・・」  と吹き出しを付けたくなるお馴染みのこの姿も
春はポンにとっては違うんでしょうね・・・
43-190423pon

そんなこんなで、お嫁さんは来なくても、モヤモヤする春は来るのでした。
44-190423pon


夕方近く、座ったのを見てビックリしました。
45-190423pon

発情期の遅番で、座るのなんて期待すらしていなかったから。
46-190423pon

せっかく、何よりもごはんが一番! な笑顔を見せてくれているというのに
「いつもお口半開きでバカっぽい」  などという声が!!
47-190423pon

「じゃぁ、閉じるよ」 と言ったとか、言わなかったとか (^-^;
48-190423pon

私はこういう表情大好きだけどね (*^^*)
49-190423pon

発情より食い気。やっぱりポンには、花より団子。
50-190423pon

食欲最優先な、おやつ待ちのソワソワ笑顔にホッとさせてくれます。
51-190423pon

何がポンのポンらしさだろう? と考えたら
52-190423pon
(※ 後ろにタイヤと浮き球を鎖で繋いだものが写っています~♪)

おやつ待ちの、こういうポンは外せませんから。
53-190423pon

常に食べていたい、一日中餌を探して歩いている、
それは熊の本能・本性なわけで
季節で代謝や行動が大きく変わるポロと、常に食べることに真剣なポンと
どちらのほうがより本能的なのだろうか。
54-190423pon


遠足の団体さんたちも消えた夕方、お部屋ごはんのメニュー。
なんかなぁ? 少なくないかぃ? 気のせい?
ガッつき度は低めです。
もしかしたら、ポンも多少は量の調整をしているのかな?
55-190423pon
このほかに青草。青草は小松菜の倍ぐらいの量と

麦の皮に水分を含ませたもの。
56-190423pon


何はともあれ、今年も無事に春が来ました。
ソワソワ・イライラが収まる頃まで、ポンも頑張って!
57-190423pon


2019年4月16日、23日撮影

※ 2日分の写真で、時系列を崩して混在しています。

上野動物園のオスのエゾヒグマ 「ポロ」 13歳
1-190423polo

早番・遅番の代わり番子が頻繁に乱れているようで
16日も23日もポンが早番だと思って行ったのですが
両日とも朝に出たのはポロでした。
2-190423polo

常連さんが仰るには
ポロの収容に時間がかかるとか、いろいろ事情があるようです。
困ったちゃんだね!ポロ! (*´▽`*)
3-190423polo

4月・・・ですよね。
3月8日に行ったときには、ポロはまだ全然、冬の続きで行動も緩慢でした。
   参考 → ボク? だってまだ冬だろ? ~ポロ~
この変わり際の季節に一か月以上行かなかったので
すっかり春のポロになっていたのも、当然と言えば当然。
4-190416polo

冬の間はあんなにおとなしかったのに、もう背擦りばっかりですよ ┐(-。-;)┌
5-190416polo

背擦りと、
6-190423polo

地面に匂い付けと、
7-190423polo

プールでクールダウン&バシャバシャの飽く無き繰り返しエンドレス
8-190416polo

でも、若干早くないですかね?
そうでもないのかな、桜の季節には毎年こうでしたっけねぇ?


地面に背中をスリスリするのを見たかったんですが
2日ともその場面に遭遇できず・・・
遅番の日に出てすぐにやるっていう話もあるので
もしそうだとしたら、2日とも早番だったのはアンラッキーだったのか。


(いつも書いている繰り返しになりますが)
ポロの行動を一年通して考えると、ポロには相当の野生が残っています。
飼育さんに懐いて(?)飼育下で生きる代表選手みたいな顔してますけど
発情期に荒れるというだけでなく
夏の敷き物化ぶりも、秋に(給餌量が増えるわけではないのに)太ることも、
冬には見ていて溜息つきたくなるほど動かなくなることも、
他の飼育下のヒグマたちの中で、その変化が顕著だと思います。(ワタシ調べ)
11-190423polo

ポンが立ち上がるのは、ま、そうだよねって思うけれど
この時期ポロの立ち上がる頻度の高さといったら、そりゃぁもう・・・
12-190423polo

聞けば最近の計測で400Kg超えたそうです。立ってばかりで脚を悪くしないでよ。
13-190416polo

チップ咥えて 「かわいい~♪」 の歓声を浴びることも忘れません!
14-190423polo
ポロの頭の中はそれどころじゃないんでしょうけど (笑)

プールにも、本当に頻繁に入ります。呆れるくらい頻繁に。
15-190416polo

早番さんのプールは水が綺麗
16-190423polo

熊の泉
17-190416polo

・・・と名付けたい。
18-190416polo

気持ち良さそう。
19-190416polo

この綺麗な水が、暴れているうちに濁っていくわけです。
20-190416polo

地面に匂い付けして汚れている毛並みを洗っているようなものですから。


水遊び中も、ポロには客心掌握術があって
22-190416polo

まるで、東武動物公園のアヤメちゃんみたいな (*^-^*)
23-190416polo

「かわいい~! メスなのかなぁ?」 なんて歓声をちゃっかり浴びることに成功
24-190416polo

『ポロ教へようこそ・・・』 byポロ
25-190416polo

発情のモヤモヤで結構イライラしているんだろうけど表情は宜しい。
26-190423polo

遅番のポンが出る頃には完全に濁っている水でも、仕方がないですね。
27-190423polo

上がったら水切りしなさいって (笑)
28-190423polo
いつまでもお尻が濡れているから
よく 「え? 水に入ったんじゃない? 見たかったー!」 とか言われています。
少し待っていればまた入るんだけど、
その少しを待てずに 「えー!見たかったのにー!」 と去るヒトたち・・・。
あなた達こそが残念です・・・といつも思ってしまいます (;^_^A

地面に匂い付けするのは、しつこくて、激しい。
この時期になると見られるガジガジも
29-190423polo

この季節じゃなくても齧ることはあるけれど、季節が違うと悠長さも違って
30-190423polo

イーッ と噛み壊すようなのは春の特徴だと思うんですけどね。
31-190423polo

右眼のすぐ上に擦り傷を作っていて血が滲んでいます。
それを血走った目だと勘違いするヒトが割と多くて
かわいい~♪ の声に交じって 「怖ぇな!」 の声も。
32-190423polo
それ、誤解ですからー!!

以前からある洞の空いた大きな丸太は、転がされ、齧られ、随分破壊されました。
これも、その一部分だったかと。
33-190423polo
そろそろ新しいのを入れてくれても良さそうな気がするけど・・・。

常同もします。もちろん。
34-190416polo
冬の座って動かない時間が長いのと比べると
まるで狂ったかのようにウロウロします。(比べると、ですよん。)

此処に座るのは比較的落ち着きのある季節が多い印象ですが
35-190416polo

座るような暇 (いとま) もなくイライラ動いている季節と思い込んでいるだけで
案外、一通りいろんなことをしてくれる時期なのかもしれません。
36-190416polo

一通りと言っても
突っ伏して寝るとかっていうのは無理かもしれませんが (^^ゞ
37-190416polo
意表をついて座ったのでUPしておきたい p(^^)q


飽く無き繰り返しエンドレスで、冬と違って漢っぽいポロ
38-190423polo

ポロにもポンにもお嫁さんが来ることは無いんだと思うと
(以前から飼育さんには 「無い」 と明言されています。)
毎年、春の弾けるポロを見るのが切ない気分です。
39-190423polo
(追記 : 以前の記事で 「採血だろう」 と書いた右前脚の四角いお禿げですが
      採血のための剃毛ではないそうです。
      ポロが自分で四角く舐めているとのこと Σ( ̄□ ̄|||) )

何にもできずに見ているだけの自分も切ないんですけどねー。
40-190423polo

これから夏まで毛並みはドンドンとボロボロになります。
綺麗な夏毛になるのは、例年どおりなら、きっと秋でしょう。
41-190423polo

発情のイライラが終われば、遣り切れないほど暑い夏がきます。
頑張ってね、ポロ。
42-190423polo


このページのトップヘ