2015年4月25日、26日撮影

阿仁熊牧場くまくま園で、ニホンツキノワグマの双子が生まれ
熊牧場の今季オープンに合わせて
お披露目で 「くまの赤ちゃん ふれあい広場」 がありました。

2月1日生まれ、月齢3か月ほど。
この時の体重、概ね2キロちょい。

こちら、女の子。「名前はまだない」 ちゃん 
  (命名 「ゆう」( 「熊」 と書いて ゆう と読みます))
1-425girl

そして、男の子。「名前はまだない」 くん (命名 「青葉」)
2-426boy

名前は公募で(園内のみ)、5月10日に決まる・・・明日ですか。
お母さんは20歳の高齢出産だったそうですが、産後も元気とのこと (^^)


女の子はピンクの首輪。
3-425girl
力強い月の輪でしょう? 右 (向かって左) が少し長い。

ド正面~ (^^)
4-425girl

突進~ (^^)
5-425girl

段差があっても、へっちゃらです。
6-425girl

お客さんの足に躓いちゃいました。
7-425girl

「おじしゃん、じゃまれす。」 (おじちゃん、邪魔です。)
8-425girl

後姿がまた可愛い。
9-425girl

ちょっと疲れちゃったかな。
10-425girl

それで箱に戻してもらったんですが
11-425girl

もう自力で逃亡できます (笑)
12-425girl

何度戻されても、出てしまう・・・
13-425girl

着地失敗。転んじゃった (^^)
14-425girl

仔うさぎより大きく、親うさぎより小さい。
15-425girl

飼育さんに引っくり返されています。飼育さんも大切な遊び相手です。
16-425girl

ふれあいといっても、撫でるのはOK、抱っこはNGです。
同じ空間に居るだけで嬉しいのですが
なんと! 私の足に登って来てくれました。
17-425girl
デニムの上から、針のような爪が痛かった。
そのチクッとする感じさえ可愛いんです。

他にも2人ぐらい登ってもらえたラッキーなヒトがいました。
膝ぐらいまで登ったところで、獣医さんに引っ剥がされます。


その獣医さん。
「じゅういしゃん、だいしゅき!」 (獣医さん、大好き!)
18-425girl

「あんひんらの」 (安心なの)
19-425girl

一丁前に立ち上がったりして
20-425girl

この可愛さは反則ですね。
21-425girl


男の子の首輪は緑です。
22-426boy
ちょっと分かり難いですか。あとで分かり易いのが出てきます。

眠そうだということで、最初は箱の中にいるのを見るだけ。
23-426boy

やがてエンジン掛かって外に出ました。
24-426boy
周囲の ヒト の大きさで、小ささが分かります。

女の子は走り回っていたけれど、男の子は歩いている感じ。
25-426boy

双子は別々の時間に、それぞれ1頭ずつお披露目でしたが、
2頭とも動き回っているのは、
いつも一緒にいる双子の相手を探しているのかもしれない、と
飼育さんが仰っていました。
ふれあいの時間は1時間。
ごめんね、もう少しでお部屋に戻れるからね。

真横から。
26-426boy

月の輪は、女の子よりもV字が鋭角で、左右の違いがあまりありません。
27-426boy

飼育さんが月の輪を見せようと前脚を広げてくださったのですが
「んがおぉぉ・・・」 (ガォー!)
28-426boy
残念、見えてません ^_^;
その代り、あごが白いのが分かります。
今のところ一番有効な識別の根拠があごだそうです。

ちっちゃいのよ (*^^)v
29-426boy

ただでさえお目目がクリッとしているのに、この表情です。
30-426boy

男の子は、足元に来て纏わりついてはくれましたが
31-426boy

登っては来ませんでした。でも、感触はしっかりありました。
32-426boy

疲れちゃったかな。
ミルクたくさん飲んで、たくさん眠ってくださいね。
33-426boy

男の子は口元が、口がいつも開いていました (笑)
34-426boy
目といい、口といい、やはりこの可愛さは反則ですね。



元気に大きくなってね。