2017年7月8日撮影

7月の巻その2。月例ユマさん。
その1は、こちら → 一日の始まりは かくれんぼ から ~ユマ~

この日はお昼寝は一旦終了したようです。
29-170708yuma
(午後また寝たみたいなのですが
 私は暑さにやられてしまい、午後の様子は見ていませんでした。)

移動し始めたユマさん、
岩場へ出てこないということは反対側の草叢へ行くのかしら。
30-170708yuma

奥の上の滝から、手前の下の滝へ繋がる小川で水飲み。
31-170708yuma

この小川がどういうふうになっているのか、近くで見てみたいものです。
多分濡れずに渡れる飛び石があるはず。
普段はそこを行くのですが、この時は脚を水に入れて涼を取っているのかな。
32-170708yuma

ここも敷石になっているようですね。
33-170708yuma
川の両岸の岩が互い違いに設置されていて
この角度からしか飲んでる様子は見えません。

実は、小川にマトモに入っているのを見た記憶が無いような・・・
34-170708yuma

なんて言って、過去の更新に入っていたらどうしよう (笑)
それはそれとして、とても気持ち良さそう。
35-170708yuma

ワンコと同じで、皮膚の露出している脚の裏を冷やすことで涼しいから。
36-170708yuma

やっぱり、岩場を降りて池に入るのはしんどいのかしらね。
37-170708yuma

それにしても、日本の飼育下のツキノワグマの中で
これ以上の環境で暮らしている熊が他にいるだろうか・・・。
38-170708yuma

奥の上の滝に入っているのを見たいという思いは変わりませんが
これはこれで非常に絵になる! 素敵な状況でしょ?!
 タイトル : 滝とユマさん
39-170708yuma

てっきり渡るのかと思ったら
40-170708yuma

元居た、来た側の岩に登るらしい。
41-170708yuma

滝の中を下ってくれとは期待もしなかったけれど
42-170708yuma

川の中からこの岩に登って行くのは ちょっと想定外でした。
43-170708yuma
見よ! この表情を! サイコでしょぉ (#^.^#)

結構高低差があるところを、わざわざ登った感が満載。
44-170708yuma

本当にルートとして無駄で、ここから美味しい匂いでもしたの???
45-170708yuma


数秒だけガサガサとまさぐっただけで、あっという間に元の岸のほうへ降りました。46-170708yuma

こちらを見るユマさん。
47-170708yuma
理由分かりませんが、歩いている途中途中で観覧側を見ることがあります。
飼育さんが居るか見ているんだろうか・・・そんなに視力良くないだろうに。

涼んだら、マッタリ。
48-170708yuma
岩と同化してる (笑)

このあとユマさん主催の撮影会がありました。
フォトジェニックなユマさんは その3 で更新しまーす。

撮影会終わって。
49-170708yuma
(GIFです。動かない場合はクリック・タップして画像表示にしてみてください。)

岩場を下っていきます。このとき正午少し前。
50-170708yuma

たまにお顔上げてこちら見てくれるのが有り難いです。
51-170708yuma

ズンズンと、速度はイマイチだけど脚取りに不安なし。
52-170708yuma
数年前、飼育さんが歩き方がおかしいと言っていたのは何だったのか。

ユキちゃんが亡くなった前後でしたっけ。
喧嘩友だちが逝って張り合いを無くしたように元気がなく
当時の担当さんは全身的疾患を心配していましたが
脚だけの問題で、それが治ったということなんでしょうか。
何度か書きましたけど、奥歯の虫歯が抜けたら元気が戻ったって。
前歯は歯周病で全身麻酔で抜歯したそうですが
歩き方がおかしくなり元気がなくなるほど、歯が痛かったのでしょうか。
・・・って、何度も書きすぎ? (;^_^A
だって気になるし、不思議なんですもん。

草ボーボー。度々の草刈りも繁殖力に追い付かないらしいです。
53-170708yuma
今はイイ感じに伸びた草木がとても頃合いの良い環境。

池に到着!
岩場はしんどいから小川で済ませたわけじゃなかったのね。
54-170708yuma

水中歩行まではしない、ここで岩に掴まったままの最近の水浴び仕様。
55-170708yuma

背中しか見えなくなるけれど、私はこの状態のユマさんが好きです。
56-170708yuma

以前から見られる行為で、池底を蹴ってお尻を浮かせたり沈んだり。


隣りの岩が空いているから、私も一緒に並んでプカプカしながら世間話したいな。
57-170708yuma
ユキちゃんのこと、昔ここで産んで育てた仔グマくんのこと、寝室のことを訊いて
私からは、生まれたカドリー・ドミニオンの最近の様子を話してあげたい。

妄想かき立てる水浴びは、水中歩行しないので割と早く終わります。
涼んで満足したら遊ばなくてもいいみたいです。
さっきは下って来た岩場を、今度は上がっていきます。

お尻だけ濡れているのが可愛らしい。
途中途中で立ち止まってこちらを見るのも印象的です。
匂いを探しているのか、飼育さんが来ていないか見ているのか・・・。

本当に暑い日で、毎日毎日、今年一番の暑さが更新されていきます。
この日は七夕イベントが、他の動物で実施され、
お隣りのニホンザル運動場からもいい匂いが流れてきたのかもしれません。
思いがけず活動的だったユマさんを終日見ていたかった。
だけど、私のほうが暑さにやられてしまい、午後は諦めて帰りました。


更新はもう一回、7月の巻その3で 撮影会 (笑) の様子を更新します。