2019年7月14日撮影

王子動物園のニホンツキノワグマ。
氷イベントの日でしたが、イベントはエゾヒグマを見ていて
ツキノワのイベントの様子は撮れていません。
いつも活動はしていても遊んだりはしてくれないので
近影の記録みたいなことになりますが、UPしたいと思います。


カッコイイ 「クマコ」 さん
1-190714kumako

1999年保護。保護当時推定3~4歳
2-190714kumako


可愛い 「タケ」 くん
3-190714take
(補正してもこれが限界)

2010年保護で保護時亜成獣・・・のはずなんですけど、
今回行ったら掲示が2008年になっていました。
4-190714take
(同じく、補正してもこれが限界)


正直に言えば、常同しているか寝ているかなんです。
なので何かをしているところというよりも、姿の写真になってしまう。
ですが、このふたりは収容が容易なのだそうで
飼育さんがコマメに交替させてくださって、退屈そうでは全くありません。

とにかくクマコさんがカッコイイと思った今回。
5-190714kumako

絶賛衣替え中
6-190714kumako

俊敏さに欠けますが、少なくとも23歳ぐらいと推定されるので已む無し。
7-190714kumako

放飼場の2階へ登って行っては、比較的すぐ降りてくる繰り返しでした。
8-190714kumako

上で寝てしまうと死角で見えない場所が多いんですが
この日は寝てしまうことはなかったみたい。季節的なこともあるかも。
9-190714kumako

う~ん・・・(;^_^A と思いながら登り下りするのを撮りましたが・・・(^▽^;)
10-190714kumako

何でもない動画ですが、登って降りてくる様子です。
降りてくるときは、この動画のときだけでなく、後ろ向きに後脚からです。


登り切った処で止まっていたのを下から煽る~♪
11-190714kumako

2階から降りるほうへ向かっていく後ろ姿
12-190714kumako

降りていくのに後脚から坂道へ入って行くところ
13-190714kumako

降りたら寝室の扉の方へ一旦行って、それでまた出てきて登って行くんですけど
14-190714kumako

お顔立ちは柔らかいのに、表情が妙にカッコ良かった (*^^*)
15-190714kumako

冒頭1枚目の写真と同じ場面ですが・・・熊らしい!
16-190714kumako
女の子だけど熊らしくてカッコイイ!

この表情からは、後脚から降りてくる子だなんて思えない (笑)
17-190714kumako

なかなかツキノワグマに張り付いていることもできなかった中で
クマコさんの可愛らしい、年齢らしいこともありました。
18-190714kumako

絶対入ると思って動画録っていたんだけどなぁ。
こういうとき年齢の数字を思い出してしますね。



タケくんは降りるとき普通に前向きに下ってきます。
これもただ登って降りてくるだけの動画なんですが (^_^;)


登って、上では常同をしているようです。しかし可愛いな (*^-^*)
21-190714take

見難いかもしれませんが、常同の感じが分かればと思います。


動画の途中で、1階を見下ろす縁で止まっているところがありますが
その仕草を1階から見ると、こんな感じ。
23-190714take

実は、ツキノワグマの氷イベントは交替して2頭ともやるはずでした。
ところがタケくんを収容できず、急遽、氷2つともタケくんに。
リンゴが絡んでいるから、普段は容易な収容でも難しいのは当然と言えば当然?
24-190714take

イベントでのツキノワグマを見ることができたのはこの場面だけで
25-190714take

案の定、氷をどうこうしようとはせず、爪でリンゴを引っ掻いて完食するという
他の園でもツキノワグマはそう、凍らせたおやつは引っ掻くけど割らない、
それを見ただけでも満足感は大きかったんですけどね。
26-190714take

容姿が可愛らしくてもオスの成獣ですもん、
6個あるリンゴを3個だけ食べて大人しく収容なんて、できるわけがない!
27-190714take
そう考えると、エゾヒグマのサトエさんが6個中1個半食べたことを
もっと喜んであげないといけないような気がします (^_^;)

氷は自然融解するまで放置され・・・閉園時間でも大きいままだったかと。
28-190714take
いつまでも存在感のある氷を換毛の痒さに有効利用

普段は無いものだからそれなりに気にはなるのか、
完食したのは随分前なのに、リンゴの残り香に少し引っ掻いてみたりして。
29-190714take

でも基本的には 「リンゴがもうないなら氷には用はない」

エゾヒグマとの違いたるや、面白いくらい。


そんな淡々とすぎるツキノワグマの時間。
だけど最後の最後に少しだけ面白いことがありました。
2階から降りてくるクマコさんなのですが・・・
31-190714kumako
あれっ?! お顔がこちら向いている?

慌てて動画に切り替えましたが、短くて分かり難いかもしれません。
夕方の収容際、寝室へ入ればごはんというとき。

普通に頭から坂道を降りられるのに
いつもは、時間の使い方の工夫なのか、彼女なりのゲームなのか・・・
とにかく 「敢えて」 の後ずさりだったんですねぇ (^_^.)


タケくんは熊盛り年齢、クマコさんはそろそろ高齢の域、
同居することはないコンビだけれど
ふたり揃って元気に暑い夏を乗り切ってくれますように。



この日のエゾヒグマは、こちら
   氷イベント ~ロクジ・サトエ~

この日のウマグマは、こちら
   エクササイズ ボー(マー情報もあり)