2019年7月21、22日撮影

阿仁熊牧場くまくま園のオスのヒグマ (亜種不明) たちには
今回逢えたのは3頭でした。
男の子たちは午前中に少ない頭数の交替制なので
メスのように大勢には逢えないし、誰に逢えるかは運。
それでも何だかんだでタローには頻繁に逢えている気がしますが
前回の春に行ったときにはゴロー1頭にしか逢えていないので
今回の3頭は、ま、ま、イイ感じじゃないでしょうか。
これが5頭ぐらいに逢えるとなると
午前中の限られた交替枠を誰が出るか、っていう話だから
逆にメスのヒメコとかには逢えないっていうことになりますからね。
(一応(?)観光施設なので、午後は一緒に出せるメスが5頭とか6頭とか出る。)

始発で行っても最初の交替枠には間に合いません。
1日目の朝には、どうやら コウジ が出ていたらしい。
逢いたかったけど・・・残念。

到着したとき出ていたのは 「タロー」 でした!
1-190721taroh

年齢不明。いま居るヒグマたちの中の5頭のお父さん
2-190721taroh
ヒメコはヒメコ母さんと呼び易いのに
タローはタロー父さんというより、タローちゃんという感じかなぁ。

ルックスが全然老けないですよねぇ
20歳より若そうだなぁ・・・ヒメコはダブルカウントの姐さん女房かもね。

逢えた時間も短かったのですが
身体が大きい即ち四肢が長い
  ↓
歩くとき自然と頭が低くなる
  ↓
お顔見えない
というわけで、なかなか切ないですな。
季節が外れると歩いているだけのタローちゃんになる・・・でも
今回は発情期と換毛期に加えて暑さも、私には味方となりました。

下のプールで ジュパッジュパッ と音を響かせて水飲み
3-190721taroh
この段階で水が、土が巻き上がっているから既に何回か水浴びしたのでしょう。

やはり動画に優るものは無い!
四つ脚で立つと胴体が水に浸らない身体の大きさが分かり易いです。
最後のほうでひっくり返って脚を挙げている様子も少しあります。

今年は伐採林を何本も放飼場に入れてもらっていて
噛んでも (食べてしまっても) 安全な、良い玩具になっています。

「フハァ~」
5-190721taroh
タローちゃんにとってくまくま園はとても良い処なんじゃないかな。
来た当初の相性調べでチョウスケたちと一緒に出たことがあるだけで
喧嘩っ早くて強いということで、初年度からずーーっと単独放飼ですもん。
八幡平時代は通年ヒメコと一緒で他のオスと同居していなかった、
とも聞きましたが、本当にそうだったのか私は知りません。

可愛いお顔してるんだけどねぇ・・・
6-190721taroh
次回もまた逢えるかな
特筆するような面白い行動がたとえ無くても
一番身体が大きい子だからヒグマに逢いに行く以上はやっぱり逢いたい。


1日目の午後は ヒグマの餌隠し なるイベントがあって
相性の良いメスたちが交替なく半日出ていました。
それは改めて更新するとして (整理できずに後回しになっている ^_^; )
2日目は オス → メス → メス → メス だったので
逢えたオスは朝一番の枠に出た2頭だけになりました。

前回も逢っている 「ゴロー」 9歳か10歳 (10歳かな) と
7-190722goroh

去年の秋に体調管理で逢えなかったので、
春に元気な姿を見たかったのに春にも逢えなかった、
「イチロー」 同じく9歳か10歳 (10歳かな)8-190722ichiroh
メスのサチコと三つ子の3分の2。タローとヒメコの息子。

ゴローはますますタローに似てきて
9-190722goroh

これなんて、冒頭1枚目のタローとまるでおんなじでしょう。
10-190722goroh


イチローは、阿仁に来た頃はゴローと同じお顔していたのが
強面になりだした頃から徐々にヒメコに似てきた感じ。
11-190722ichiroh

身体つきは、イチローのほうがタローっぽいのかな。
12-190722ichiroh

お顔お顔見えないとタローっぽくて、上げるとヒメコっぽい?
13-190722ichiroh

かつては本当に仲の良い兄弟だったのに
おとなになって、オス同士慣れ合わない関係になりました。
15-190722ichiroh-goroh

イチローのすぐ近くで背擦り = 誇示行動 しているゴロー
16-190722goroh

去年の話では もう一緒に出せない と飼育さんも溜息気味でした。
今回一緒に出すというので伺ったら
「大丈夫、大丈夫、イチローも大丈夫」 とのことでした。
17-190722ichiroh-goroh

でも、あんまり接近するとガゥガゥ始まっちゃうんですよね・・・ ^_^;
18-190722ichiroh-goroh
ゴローが案外ダメなのかな・・・奥がゴローなんですけど
完全にイチローを意識して、脚の裏で匂い付けしながら歩いているのが
こんな静止画1枚でも分かる。

お互いの存在は認識しているし、兄弟の自覚もあると思うんですよね・・・。
19-190722ichiroh-goroh

発情が落ち着く時期になれば様子も違ってくるでしょうけど
ピリピリした動画を見てください。

相手が匂い付けした柱に自分の匂いを上塗りする繰り返し。
とにかく歩き方がもう、脚の裏で一歩ずつ匂い付けながら歩いて
筋肉痛になりそうな歩き方、オスって大変だな。
2分40秒ぐらいのところと、5分35秒~50秒ぐらいのところで吠えてます。

名前を呼ばれると我に返るというのを信じて呼んでみるわけなんですが
そもそも喧嘩する気はない、ちょっとガン飛ばしている程度のことなので
焦って呼ぶようなことでもないんです。
むしろ、ヒメコとサザエの吠え合いのほうが喧嘩腰だったと思います。

とにかく背擦りばかリしています。21-190722ichiroh

それでも見ていて楽しかったのはイチローの変顔オンパレード (笑)22-190722ichiroh

これなんて可愛い感じするじゃないですか。
23-190722ichiroh

強面なイチローの子どもっぽい瞬間
24-190722ichiroh

頻繁さが凄まじいので、一応、その都度撮るわけですよ。
25-190722ichiroh

そう、何の気なしに一応撮っとこうと思っているだけなのに
26-190722ichiroh

必ず、締まりの無い表情になるタイミングがある (笑)
27-190722ichiroh

「あちゃぁー」
28-190722ichiroh

「ボク悩んじゃう」
29-190722ichiroh

間髪入れず、ゴローも同じ柱で
30-190722goroh

「ボクも悩んじゃう」
31-190722goroh

ゴローの背擦りはお顔の表情もスマートなんだけれども
32-190722goroh

お顔は相当痒いらしい・・・。
33-190722goroh

これは、擬木の枝に一段登っているの分かりますか?
34-190722goroh

ゴローちゃん、もう一段登ってくれるかも! 期待して必死で念送したけど・・・
35-190722goroh

痒さに敗れる・・・
36-190722goroh

イチローの身体つきがタローに似ている気がすると書きましたが
体高(地面から背中・肩までの高さ)にそれを感じるのと
37-190722ichiroh

それに伴う四肢の長さ、
38-190722ichiroh
それゆえに歩くとき頭が低くなってお顔が見え難い感じは
もっと大きくなるんじゃないかな、と思わされました。
太って大きいのとは違う、そもそもの規格の大きさ。

歩いていてもお顔は痒い。換毛が終わるまでは。
39-190722ichiroh
(池田の故大地くんは通年、背擦りのときお顔掻く癖があったっけ・・・。)

左顔ばかり掻いていることを覗わせる複雑な禿げ方 (笑)
40-190722ichiroh

そんなふたりも水浴び、水遊びで暑さと退屈を凌いでいます。
41-190722goroh

タローもイチローも、このゴローも、みんな頭から突っ込むのは
42-190722goroh

もしや、お尻を岸に残したまま前脚が底につくってことか?!
43-190722goroh
タローは当然だとしても、ゴローでも肩がこんなに出るんですもんね?

人気の丸太
44-190722goroh

この子どもっぽい表情を見ていると
ふたりで1本の丸太で遊んでくれる幻想が寂しい・・・
45-190722goroh

ガジガジ・・・
46-190722goroh

ゴローの水遊び動画。15分弱あります。
途中でイチローの様子も少し混ざっています。


何度も出たり入ったり。軽やかな上がり姿
48-190722goroh

2つあるプールを、相手が出ると自分が入る、今度はイチロー
49-190722ichiroh

人気の丸太に行かない理由はありません (^^)
そしてブクブク・・・
50-190722ichiroh
みんなが齧った木屑が凄いことになっています。
飼育さんが
「排水が詰まる。丸太入れるアイデアはいいけど後のこと考えてないよなぁ・・・」
と笑っていました。

イチローの水浴び動画。
最初の済んだ水と、底の土を巻き上げて濁っていくのを見てください。
水が汚いという声にたまに遭遇しますが、注がれている湧き水は綺麗です。

丸太の存在が熊たちのためになっているのをつくづく感じました。
現場のスタッフさん方のご苦労の賜物で熊たちは潤っているのだと
感謝しかありません。

上のプールでぼんやり寛ぐイチロー
52-190722ichiroh

バシャバシャやるだけが能じゃないのさ、って? (^^)v
53-190722ichiroh

土の地面に水が溢れるから雑草が茂る、それをつまみ食い。
54-190722ichiroh

餌やり禁止のヒグマ舎でつまみ食いできる雑草は有り難いです。
55-190722ichiroh


ところで、ゴローは以前からこうだったのですが
56-190722goroh

どの時間枠で出ても、収容のタイミングが分かるみたいで
ここで座って待つゴローを毎回必ず見ている気がします。
57-190722goroh
少なくとも私には、収容を分かっているように見えます。

お利口さんで待っている、柔らかい表情に性格が出ていると思うけど
実はまだ少し早くて 「まだぁ~?」 と私に聞かれても・・・(;^_^A
58-190722goroh

座って動かないのはチャンスなので (^^)v お約束の寄り画像を。
まるでタロー。そしてサチコはゴロー似
59-190722goroh
何度もプールに入っているのに、土の環境なので綺麗にはなりませんね (笑)

イチローのお顔も。
60-190722ichiroh


オスで今、一緒に出せるのはイチロー・ゴローだけみたいです。
タロー、チョウスケ、コウジ、ビックは単独で出しているようでした。
そして、高齢のタケオが体調を崩して出ていないと伺いました。
具体的なことは聞けなかったので分かりませんが
タケオの体力、生命力を信じて
暑い夏さえ凌げればきっと回復してくれると
願い、祈るばかりです。

その分、放飼場ではイチロー・ゴローに頑張ってもらいたい。

以上、タロー父さんと
61-190721goroh

相変わらず人相 (熊相) の悪いイチロー
62-190722ichiroh

お顔は可愛い (お顔 「の」 可愛い、か?) ゴローでした。
63-190722goroh


今回のヒメコ、サザエ、ワカメは、こちら
   ヒメコ、案外強い? ~くまくま園 2019夏~

ケイコ・サチコ・ケンコは、こちら
   サチコ ジャガイモ引き受けます ~くまくま園 2019夏~

餌隠しイベントのあったメスたち5頭の写真整理、頑張りまーす。