2019年7月23日撮影

2か月前に行ったばかりの盛岡市動物公園に再び行ってきました。
ちょっとボリューム過多、長文になります。

メスのニホンツキノワグマ 「姫」 4歳
1-190723hime
姫ちゃんの暮らしに

メスの 「リオ」 3歳が仲間入りしました。
2-190723rio

リオは、くまくま園の2016年チームです。
当初は、どうやら、くまくま園から2頭という話があった(?)のかな?
が、先に姫ちゃんが入ったことで、リオが1頭だけでお引越し。
3-190723rio

野生生まれで人工保育の姫ちゃんと、熊牧場生まれのリオ。
環境の大きく異なる人工哺育だったふたりの相性が良いかどうか、
初めて自分以外の熊を知る姫ちゃんは大丈夫か、
2頭展示にはさまざまな心配はあったにもかかわらず
無事に一緒に運動場に出ていました。
(運動場全景)
4-190723hime-rio

盛岡の個室は鉄格子ではなく鉄板の扉で、お見合いができません。
素人ながらに、顔を見るのと同居が同時のタイミングになるのは心配でした。
ただ、リオは (リオは呼び捨てにするのがいい愛称だと思います)
くまくま園で途中から「まち」が合流するという経験をしているので
(まち・ほのか双子は自然哺育だったので途中からの合流でした。
 合流のタイミングでほのかは京都へ移動しました。)
知らない子と一緒に過ごす免疫はあると思っていました。
5-190723rio

心配は、自分以外の熊を初めて知る姫ちゃんが
怖がったり威嚇したりしないかだよなぁ・・・と。
6-190723hime

遡れば
5月に逢った姫ちゃんはまだ運動場に慣れていなくてオドオドしていました。
  参考 → 来園2か月と5日目の姫ちゃん
ですが、私が訪問した日は部屋の扉は解放してあり出入り自由だったのが
そのあと比較的すぐに扉を閉め切って部屋に隠れられないようにしたようです。
部屋に戻れないと分かった姫ちゃん、吹っ切れたのか、覚悟を決めたのか、
運動場の中で隠れ場所を見つけながら
案外容易に弾けた姿を見せるようになりました。(それはweb上で知りました。)
慣れるのに今期営業期間一杯掛かるんじゃないか?と感じるくらいだったから
SNSで転げまわって遊んでいるのを見て心底安堵しました。
その頃に訪問したかったなぁ・・・と、とても思います。

リオがやって来たのは6月12日。
伺った話では、リオの検疫期間中、鉄扉越しに存在を認識していたふたりは
姿見えないまま フガフガ とコミュニケーションを取っていたようだと。

国内移動の割にはやや長めの検疫期間を経てリオが運動場に出たのが7月5日。
リオは問題なく運動場に慣れて弾けまくり。(それもweb上で知りました。)
リオが1頭で出ていた頃にも訪問したかったと、とても思います。

くまくま園ではコンクリートの地面に浅いプールでしたが
盛岡は、個人的にはズーラシアのツキノワグマ運動場に次ぐと思っている、
土と緑の斜面に広いプールの優れた運動場です。
今回の訪問で、今までくまくま園で見ていたリオより可愛いと思いました。
姫ちゃんのみならず、リオにとっても、盛岡は新天地。
全てがキラキラ輝いて感じているはずです。
転がったり走ったり泳いだり登ったりしてリオはきっと思ったに違いない、
「リボンや大将たちも来ればいいのに~」って。

そして、2頭展示は予想よりはるかに早い7月16日にスタート。
休園日の練習では、最初だけ少し小競り合いっぽいことがあったんだとか。
けれどヒヤッとしたのは最初だけで、喧嘩もなく、案ずるより産むが易し?
月美さんが亡くなって火が消えていたツキノワグマ運動場は
パッと花が咲いたように2頭の若熊が転げまわる賑やかな運動場になりました。
7-190723hime-rio

慎重論を唱えていた担当さんはさぞかしホッとしていることでしょう。
8-190723hime-rio

リオは気ままに自由に遊んでいる感じ。
9-190723rio

姫ちゃんは、リオのことが大好きなようで、すぐに纏わりついていきます。
10-190723hime-rio

でも、その都度リオにあしらわれてしまう。
11-190723hime-rio

それでも繰り返し、繰り返しリオにアピールし続ける姫ちゃん。
12-190723hime-rio

リオが振り払っているように見えるので
めげない姫ちゃんにリオが怒らないかと私などはビクビクしてしまいますが
13-190723hime-rio

かと言ってリオも、嫌なら姫ちゃんに近寄らなければいいのにと思うところを
自分から寄っていくのを見ると別に嫌なわけではないんだろうな、と思う。
14-190723hime-rio
15-190723hime-rio

そういう様子を細切れに動画をたくさん録ったので、たくさんUPします。
私の腕では写真では伝わらない、動画なら一目瞭然ですから。

今回UPする写真や動画を見ると
多分、充分楽しそうに弾けている印象があるかもしれません。
が、実は、この日のふたりはあまり遊んでいなかったんです。
ちょっとした些細な理由は思い当たるのですが
私としてはもっと弾けている様子を見られるつもりだった。
大きな枝を齧っていたり、穴を掘っていたり、プールに飛び込んだり、
フィーダーからおやつを食べていたりする期待していた姿は見られず・・・。

この日の訪問からもう1か月近く経ちました。
今はまだ、姫ちゃんはリオに構って欲しいのに、リオは熊らしいマイペースですが
ふたりの様子、ふたりの関係性は日々僅かずつ変化し続けているようです。
エンリッチメントでも、一緒に楽しそうにしていることもあるみたいです。
(構ってほしい姿、マイペースぶり、日々の変化の全てはweb上で知ることです。)

5月も今回も、どうも訪問のタイミングを微妙に外してしまった感が否めない。
正直悔しいので、今期営業中にもう一回訪問しようと考えています。
冬を前に眠そうに動きが弱くなってしまう前に。


説明が長くなりましたが
記録の意味もあってブログをやっているので
あとから読み直して、可愛いとかじゃない状況が分かるように努めています。
それに、webに溢れる情報は、情報として弱いなぁ・・・と感じています。
どなたかが情報を求めた検索に引っかかった時に役に立てば嬉しい。


例によって朝一番から行っていますよ! (笑)
時系列は完全に崩していますが、何となくの流れは朝から夕方に向かいます。

一番高いところ、つまり一番遠いところで草食むリオ
16-190723rio

自然のおやつは食べ放題。
17-190723rio

動物園の餌は豊かだけれど、草や葉を食む熊らしい行動ができる放飼場は
それだけで充分素晴らしい。


亡くなった月夜が元気だった頃よく登っていた櫓の上の姿を
「登って欲しいよねー!」 と
登らないかもしれない予測のもと期待していた熊好きたちを裏切って
あっけないほど頻繁に登るふたり。
これはリオ。
19-190723rio

姫ちゃんも、来園当初は弱かった筋力がついて易々と登って行きます。
20-190723hime

つい2か月前にはあんなにオドオドしていた子がこの寛ぎよう。
21-190723hime

フィーダーを吊るす鎖かな? 取り敢えず齧るよね~♪
22-190723hime

結構な望遠なんですけど、カメラに気付いてこちらを見るまでになっています。
23-190723hime

櫓や草の上で牽制したりじゃれたりする動画


リオは好んでモートに降りるみたいです。
25-190723hime-rio

ふたりともコンクリートの地面に馴染んでいるから
土や草よりも脚の裏が楽なのではないか?というのが園の見方のようです。
で、纏わりつく姫ちゃん
26-190723hime-rio

3歳でも4歳の姫ちゃんより腕力に優るリオ
27-190723hime-rio

物理的な腕力の差が見える場面はたくさんありました。
28-190723hime-rio

プールの栓のところで運転士みたいに座るリオも見たかったんですけど
それはまぁ、よほど運が良くないと遭遇しないと思うので仕方がない。
これは姫ちゃん
29-190723hime

リオがとっとこ往来するモートの縁も
30-190723rio

姫ちゃんは障害物で狭い部分を毎回こうやって片脚乗り上げています。
31-190723hime
可愛いっちゃぁ可愛いんだけど・・・
此処を疾走通過できるくらいになりたいよね。

リオはモートに降りて常同行動をしています。
32-190723rio
始まっちゃうと長いようですが、一日通して考えるとほんの僅かです。

ズーラシアのメリーもそうですが
環境が良いからと言って常同行動をしないわけではないのが飼育の難しいところ。
常同することで発散されるストレスでもあるので
それで発散できるなら少しはやったほうがむしろ建設的なのかもしれません。
面白いのは・・・
33-190723hime

姫ちゃんが、眺めながらリオの常同が終わるのを待っていること。
34-190723hime

半身浴で此処にいること自体、好きみたいなんですけど
35-190723hime

「早く終わらないかな・・・」
36-190723hime

「リオちゃん毎日やってるけど、あれ楽しいのかなぁ・・・」
37-190723hime

『お待たせー』
38-190723hime-rio

『プールで遊ぶ?』
39-190723hime-rio

『あー、でも、もうちょっと待ってて』
40-190723hime-rio
少しだけスキンシップ。

リオがなかなか構ってくれないので、姫ちゃんも自分で時間を潰します。
41-190723hime

沈んでいた竹筒 (本来はフィーダー) でひとり遊び
42-190723hime

ただのひとり遊びじゃないの?って思うでしょう?
そうなのかもしれないけど
場面を読む限り姫ちゃんがリオの常同が終わるのを
待っているように見えて仕方がないったらありゃしない。

後半の水泳にも注目!

脚のつく浅いプールですが、四肢を浮かせて熊かき(犬かき)が上手。
ついでなので泳ぎをまとめた動画を。


浅いプールでわざわざ泳ぐって、重要なポイントだと思うんです。
熊は泳ぐんだよ! 水飲み程度のプールじゃダメなんだよ!
45-190723hime
全国の園館さん! 熊の放飼場には泳げるプールが必須です!

一段落ついたリオが上ってきます。
46-190723rio

姫ちゃんが居るって分かっているプールに。
47-190723rio
纏わりつかれるの分かってるはず。

『もう、やめて』 って感じに見えるのだが、しかし!・・・な動画。

どうなんでしょうね、これ。
リオもじゃれて遊びたいのに、姫ちゃんの筋力が弱くて拮抗できないのかな。

自然おやつはリオだけじゃなく姫ちゃんも食べます。
49-190723hime

私は確認できませんでしたが、昆虫も食べているんだそうです。
50-190723hime
本当に環境が良いです。

姫ちゃんも常同行動が無いわけではありません。
プールサイドを周回する傾向があって、方向転換の仕方が如何にも常同っぽい。

元気一杯でも、ふたりともまだこの環境に来て時間が短い。
飼育下でのストレスというよりも、落ち着きのなさに近いのかも?

唐突ですが、ここでリオの後ろ姿~!!
52-190723rio

何か食べてるのかと思ったら
53-190723rio

『ホィッ!』
54-190723rio

リオにはこんな岩場はチョチョイのチョイ
55-190723rio


さて。
この日は平日で、なかよしガイドがありました。
有志の方からブドウと、園の用意したリンゴとペレットのおやつ。
56-190723hime-rio

肝心のブドウは背中向けて食べられてしまったり
説明を聞きながらだったので巧みには録れていませんが
写真より動画のほうがいいと思うので~。


ブドウは、丸ごと口に入れて茎を吐き出す方式。
58-190723hime
房だけを口に入れる方式ではないのね。

ペレットは、草に投げると食べるのがよく見えないということで
意識的にプールにもたくさん投入!
59-190723hime-rio

食べる気満々の姫ちゃん
60-190723hime

ペレットは食べたいけど、今は水に入りたくないリオ
61-190723rio

リオが座ってこちらを見るから口元に投げてあげたんですけど
62-190723rio

ペレットが空中を飛んでいくそのタイミングで視線が逸れてしまいます。
63-190723rio

くまくま園で身につけた餌もらいアピールはするのに
64-190723rio

何回投げても同じで、リオが笑顔な分だけ投げるこちらがジレンマ (笑)
65-190723rio

数人だけでしたが同じヒトが立ち去らずに見ていたので
そのことに興味津々だったのかもしれませんね。
66-190723rio

食べたら喉が渇くよね。
67-190723rio

一通り食べて落ち着いたリオ
68-190723rio

5月には、前日に行ったコンクリートのくまくま園で逢ったリオが今、
草に座って、それが絵になっているのが感激的でもあり、不思議な感じもあり。
69-190723rio

姫ちゃんも食後のまったり
70-190723hime

「・・・このヒトたちなんで揃ってずーっとこっち見てるんだろ?」
71-190723hime

前回と比べて随分逞しくなったものだと一瞬思ったけど・・・
考えてみたら姫ちゃんはヒトにとても慣れている子なのだから
きっとリオが来たおかげて心強さを得て
姫ちゃんらしい人懐こさが出ているんですよね。
72-190723hime

リオもヒトがいるから続きがあると思うのか、動かない感じがありましたが
73-190723rio

こういうリオを姫ちゃんが放っておくわけがない。
74-190723hime-rio

リオも、何度も纏わりつかれても走り去ったりはしない。
75-190723hime-rio

リオから鼻先を伸ばすことも、無いではない。
76-190723hime-rio

とにかく、リオは姫ちゃんを鬱陶しそうに振り払うのに、全然嫌そうではない。
77-190723hime-rio
・・・っていう結論に、一旦着陸することにしました。

モグモグからのじゃれじゃれ動画
後半、姫ちゃんが過激に攻めています。
姫ちゃん、かなり頑張ったけど、それでも立ち去らないリオは

ダメージを全く被っていないのがラストシーンで分かります (笑)

この動画は、姫ちゃんも攻めてるけどリオも攻めてます。

なかなかイイ感じのじゃれ合いもあって、見ていてとても微笑ましい。

「ねえ、リオちゃん!」
80-190723hime-rio

『もう! 姫ちゃん、やめてよぉ』
81-190723hime-rio

なーんて言い合いながらキャピキャピ (*^^)v
82-190723hime-rio


姫ちゃんにとっては初めての熊の遊び相手、一生懸命リオを慕っていて
リオのタイミングを見計らって待つときは待って気も使っていて
でもリオは、くまくま園で6頭暮らしで揉まれてきたし
腕力のあるオスのナツにしつこくじゃれられることもあったし
全く以てマイペースに環境の良い運動場を楽しんでいるみたい。
構ってほしくて仕方のない姫ちゃんの意地らしさが切ないくらい、
ギュッてしてあげたい気持ちにならないヒトはいないんじゃなかろうか。

ここまで見てくださった方は
充分すぎるぐらいじゃれて遊んでいるじゃなかと思われるかもしれません。
でも、webを見ているともっと自由にいろんなことをしてるんですよね。
この日はそれが無かった。

やっぱりリベンジしたいよね、と思わずにいられません。
これから此処で20年以上、先例に倣えば30年以上一緒に暮らしていくふたり。
まだ3歳と4歳ですから、これからどうなっていくか目が離せません!
83-190723hime-rio


おまけ。
櫓を破壊した (そういう場面もこの日は無くてねぇ) 木片です。
84-190723hime

筋力だけでなく顎の力も弱かったであろうことが推測される姫ちゃんが
85-190723hime

こんな遊びも出来るようになったことに感激!
86-190723hime

「ドヤッ!」
87-190723hime

目が怖いけど (笑)
88-190723hime

まるで見せてくれようとしたかのような
89-190723hime
この妄想はあながち的外れではないって・・・思い込むのは自由ですもんね。


長文を最後まで見ていただいてありがとうございます。