2019年8月17日撮影

今年も浜松のナイトズーに行ってきました!

浜松市動物園のエゾヒグマ、オスの 「ゴロー」 21歳と
1-190817goroh

メスの 「ピリカ」 34歳
2-190817pirika

開園時間の延長と言っても、国産熊で何か企画があるわけではありませんが
暗くなってからも外にいるエゾヒグマやツキノワグマを見られるので
浜松のナイトズーはエゾヒグマ好き、ツキノワグマ好きには充分に価値アリ。
それに、今年はナイトズーらしいことも動画に収めることができました。

しかーし!
私というヒトが時系列で追いたいヒトなので (;^_^A
到着した昼過ぎの様子から夕方・夜に向かっていきたいと思います!
終盤にはナイトズーの動画もあります!


長丁場なので、普段のように開園から詰めるのはやめて昼過ぎに到着。
眩しい陽射しにも男前ぶりを損なわないゴローくん
3-190817goroh

整った夏毛が妖艶なまでに美しい。
4-190817goroh

傷むたびに新しく入れてもらえる丸太は
横たえてあるものだけでなく
立木のように固定してあるものもありました。
5-190817goroh
ちょうど鼻先のあたり、皮を齧ったような跡があります。
立ててあるから背擦りも可能だし
こういう小さな工夫が浜松の Nice なところ。

この時のゴローくん、ちゃーんと日陰に居るんですよ (^^)v
6-190817goroh
この屋根が正しく熊に使われているのを私は初めて見たかもしれません (笑)

ピリカさんは、切り株ふうに置いてある丸太に頬擦り。
7-190817pirika

毛代わりの痒さはもうないはずだけど、なんだか “うっとり” しているよう。
8-190817pirika
去年の夏も見たような。季節関係ないのかな。

今回の訪問では、ピリカさんが大活躍でした。
9-190817pirika

34歳って相当なことなのに、年々可愛らしくなっている気がするし
一昨年~去年に掛けて崩した体調が復調してからの “感じ” がとても良い。
10-190817pirika

夏なのに少し太ったんじゃないか? とか
下腹部の弛みが極端だけど大丈夫? とか
若い頃と熊が違うくらい優しい (ホントか?!)  とか
老熊なりの心配の種は尽きないけれど、とても元気で、34歳とは思えない。
11-190817pirika

若い頃のピリカさんを私は知らないのですが
今よりもゴローくんに対する強気な態度がキツかったというので
ふたりとも高齢になった今、多少でも寄り添うような素振りがあると
見逃すまじ!! とシャッター切ってしまいます。
12-190817goroh-piriak

スキンシップになかなか至らない。発情期の熊パンチを除いては。
13-190817goroh-pirika

今年の夏は暑すぎるのでしょうか、
珍しく同時にプールに入ることもあるようです。
公式さんも話題にしていましたし、
常連さんたちもwebにその写真をUPしたり、まぁ珍しいこともあるものだ、と。
私は残念ながら見られませんでしたが
14-190817goroh-pirika
一部マニア情報では、実はそこまで珍しくはない、というからまたビックリ。
ピリカさんも丸くなったものです、というより
ゴローくんが逃げないなんて、さすがに耐えがたい暑さということでしょうか。

ピリカさんに威嚇めいたことをされて走って逃げるゴローくん、
というのが、このふたりの、ふたりだけにしか分からない仲良しの証


そういうゲームなんだと思う・・・
・・・もっと言えば、そういうプレイなんじゃないの? (笑)
16-190817goroh-pirika

プールの水は、絶えず注ぎ放しなので、冷えてはいなくても温くはないはず。
気持ち良さそうなゴローくん
17-190817goroh

このときはまだ、ただ悠然と行水していたのですよ・・・あとで面白いことが!
18-190817goroh

ちなみに、プール以外にも
バックヤードから運動場に一日中、途切れず水を流しているので
コンクリートの地面でも少しは脚の裏に優しいと思います。
流水だから、舐めている様子もあるし、気化熱効果もあるでしょう。
(更にちなみに、来園者の提案で始まったらしいです ^_^; )

プールには代り番子に何度も入ります。
それは良いんですけど、このピリカさん、ちょっと凄かった!

遊んでいて偶然とかじゃなく、自らの意思でやってるのが分かるし
思いの外不器用なのが面白いんですが、
どうしたいのか、そのためにどうすればいいのか・・・知能を感じました。

まさしく “少し頑張れば達成できる” レベルが熊には良くて
これがあんまり難しいと諦めてしまうのも熊というもの、
餌は絡んでいませんが・・・餌が絡んでいないのに
丸太一つがどれほどのエンリッチメントになっていることか、
これを見られて行った甲斐があったと思います。

そして、これには続きがあって (*^_^*)
これはイイよぉ~♪
全篇イイけど、2分23秒ぐらいから(残り1分15秒ぐらいから)が超イイです!


結構長く遊んでいたので動画も録れたし写真も撮れまして。
21-190817pirika

両手で抱えているのが可愛らしい。
22-190817pirika
ほとんどの場合、ヒグマが手で道具をどうかするのは可愛らしい (笑)
手で頭掻くだけでも、とにかく手を使うのは可愛らしいです。

これお婆ちゃん熊じゃないでしょ、仔グマでしょ。
23-190817pirika
後脚で持ち上げているのもいけません (*´▽`*)

寛いで楽しそう。ご機嫌麗しそう。
24-190817pirika

堅い木をガリガリ齧って、やっていることは怖い部類のことなのにね。
25-190817pirika

こんなお顔を見ちゃったら、もうダメですよね。
26-190817pirika

これだけでも楽しかったのですが、もっと面白いことが有って。
ゴローくんがですね・・・まぁ、百聞は一見に如かずです。
遊べばいいのに (笑)
丸太憎し!とでもいうかの如き不思議なゴローくん。

何度も入るけど、お鼻近づけてもそれ以上は進めない (笑)
まるで、ピリカさんの丸太だから弄っちゃいけないんだ、とでもいうように。


入るとき水を飲むところ
29-190817goroh

入る前に搔き回すのはお約束・・・にしても毛並みが綺麗すぎ (^-^)
30-190817goroh

お約束と言えば、プールで見返り美男
31-190817goroh

「ああ~水気持ちいい~」
32-190817goroh

「あ゛あ゛あ゛・・・夏って暑い・・・」
33-190817goroh

ゴローくんは、ピリカさんのような事柄としての面白いことは無かったんですが
まぁ~これがもう、カッコ良かったです。
34-190817goroh

とかく可愛いと言われがちだけど、他にいないタイプのかなりのイケメンだから。
35-190817goroh

それに今回は、いつもと違う方向の表情の良さを感じました。
36-190817goroh
単なる夏毛マジックじゃないよね???

お客さんに何か語り掛けるようなこんなお顔は
今までの私が抱いていたイメージにはありません。
37-190817goroh

ピリカさんご機嫌
38-190817pirika

乙女チックな微笑みも
39-190817pirika

ウトウト顔も
40-190817pirika

今さらながら、やはり美しい。
41-190817pirika

この日のピリカさん、これだけではありません。
42-190817pirika

これは毎度お馴染み、仰向けポリポリですが
43-190817pirika
座るとき肘を付く部分が剥げてしまっているのが、ちょっと気の毒です。

モートに登り降りする階段に蓋をしてある鉄板を挙げるための鎖と
縫いぐるみのようなピリカさん
44-190817pirika

この鎖でゴローくんが遊ぶのを見たいと思い、期待もしていたのですが・・・
45-190817pirika

なんと! 縫いぐるみが遊んでいます。
46-190817pirika

このピリカさんの前で自分を律するのが難しいくらい、
47-190817pirika

これを見てヘラヘラしないヒグマ好きが居るだろうか?!
48-190817pirika

長く執着して遊んだりはしなかったけれど
これも、見ることができて幸せでした。
49-190817pirika

まだあります。
50-190817pirika

以前は丸太は固定してあるものばかりだったけれど
ただ置いてあるのがいくつもあって、そのほうが良いみたい。
51-190817pirika

結果的に大したことはしていないんだけど
これも考えながら転がしているのが分かって、感心してしまいます。



そうこうするうちに、いよいよ夕暮れになりました。
53-190817goroh-pirika

夏毛の完成形では背中の毛並みも黒いピリカさん、
既に秋の気配、茶色になってきているのは此処までの写真や動画のとおりですが
夕陽を受けて一層、明るい緋色に見えて、これも美しい。
54-190817pirika

もう少し経つと暗闇に沈みます、それまでの短い時間は赤毛です (笑)
55-190817pirika

夕暮れプールの丸太遊び


普段の閉園時間はとっくに過ぎています。
日が短い季節になれば同じような角度に傾いた陽射しを
営業時間内に見ることもできるわけですけれども
夏の陽射しって、味わいが違うと思うんです。
日の長い季節に営業時間を延長して初めて見られる空気感。
凛々しいまでのゴローくん。
57-190817goroh
(どうでもいいけど ↑ 舌どうなってるんだろうか。)

キリッとした目元が逆光で残念。
このくらいの時刻が本来なら熊の活動時間なのだと気づかされます。
58-190817goroh

徐々に暗くなってきて、もう写真は無理、動画も難しいかなと思い始めた頃
“ナイトズーに来た甲斐” が待っていました。
これが最大の収獲でしょうか。
昼間と同じように丸太で遊んでいる可愛らしピリカさん。
本当に来て良かったと思いました。

入って出るまで7分間弱ですが
最初は見えていたピリカさんのお顔も、出る頃には判別不能です。

暗闇のエゾヒグマ。
60-190817pirika
コンデジが勝手に明るめに撮ってくれた感もありますが・・・。

20時前、ゴローくんがプールに入ったので動画に録りました。
録りはしたものの真っ黒動画だったので
使っている無料ソフトで最大限に明るく補正。

ちょうど、肉眼で見えるのがこのくらいの感じかな、と思います。


こちらからは暗闇で獣がうごめいているようにしか見えなくても
熊の視力ではこちら側の人間どもがよく見えている・・・
そういうことを考えながら見る、それがナイトズーに行く醍醐味。

来年も、浜松のナイトズーには行くつもりです。
来年はピリカさんは35歳、数字だけ見ると凄いことです。
若い気がしてしまうゴローくんも来年は22歳、
22歳なら園によってはお爺ちゃんと呼んでいるかもしれません。
ふたりとも毎日を大切に、健康に次の夏を迎えてくれますように。


一昨年のナイトズーにもゴローくんの暗闇プール動画があります。
参考までに、リンク貼っておきます。
   実はあまり暑そうに見えなかった ~ゴローとピリカ~