2019年10月28日撮影

冬季休園直前のくまくま園の続きです。
UP済みのビックは、こちら → 青年ビック ~2019秋 くまくま園~
ビックの年齢を修正しました。11歳ぐらいではなく9歳ぐらい。
11歳っていうのは流石に誤りで・・・(;^_^A


以前は午後の多頭一緒に出るチームの一員だったケンコとサチコ。
「サチコ」 10歳ぐらい
1-191027sachiko

「ケンコ」 10歳と思われます
2-191027kenko

サチコは、他の子たちと大勢で出すとガゥガゥやっちゃうんだそうで
基本的にケンコと2頭出てるようになっているようです。
ケンコは大勢で出ても、多少ガゥガゥやっても喧嘩になったりはしないんだけど
サチコを単独放飼にしたくない飼育さんに抜擢されて (笑)
2頭で出るという扱いに甘んじている格好です。


出てすぐ、1~2分ぐらいしか経っていないときに ガゥガゥ!
3-191027sachiko-kenko
どちらから行ったのかよく分かりません。

土日にハロウィーンイベントがあって、この後のメス4~5頭チームで実施です。
この日は日曜日で、前日の土曜日のカボチャが残っていて
それを巡るガゥガゥだったもよう。
4-191027kenko
向こうにも写ってますね、カボチャ。
たくさんあるから奪い合う必要はないんですが。

それにサチコは、ただ吠えたかっただけかもしれません。
夏の餌やりイベントでも前日の残りがあって
人気の無かったジャガイモをひとりで完食していたサチコでしたが
  参考 → サチコ ジャガイモ引き受けます ~くまくま園 2019夏~
カボチャには執着する様子が全くありませんでしたから。
しかーし、ガゥガゥの直後に背擦りしていた・・・ (-_-;)
5-191027sachiko
オスじゃないんだから、誇示してどうするんだよ・・・(>_<)
出てすぐのこの姿で、みんなと一緒に出せない現状が飲み込めた気がしました。

一方、ケンコはと言えば
6-191027kenko

夏のサチコとまるで同じように、残っていたカボチャを粗方完食!
7-191027kenko

土が湿っているので、どんどん泥んこになっていくというのに
美味しそうに食べる表情には嬉しくさせられました。
8-191027kenko

1個のカボチャのうちでも美味しくない部分は残していたみたいだけど
9-191027kenko

咥えて歩く、なんてこともして見せてくれました。
10-191027kenko
急にするもんだから、ギリギリ写せた1枚には鉄柵が映ってしまいましたけどね~。

ケンコがカボチャを食べる動画。
ちょっと長いです。冒頭よりも、1分10秒過ぎぐらい以降のほうが良いかも。

カボチャも、ケンコ自身も泥んこで
ケンコは泥が渇いてカピカピになっちゃっていますが
土の環境なので濡れれば汚れはやむを得ないということで、ひとつ。

サチコはすぐプールに行って、そこでカボチャを見つけたのですが・・・
12-191027sachiko

ちょっとは食べていたようでしたけど、あっさりしたものでした。
13-191027sachiko

それよりも、丸太齧って遊ぶ方が良いみたいで
14-191027sachiko

リンゴとかだったら違ったのかもしれませんけどね。
15-191027sachiko

毎度の説明になりますが、水は湧き水を流していて綺麗です。
周囲が土なのでどうしてもプールに多量に沈殿してしまい
それを熊自身が攪拌するたゆえに濁った色に見えているだけです。
16-191027sachiko
年に1回ぐらいは掻い掘りしてほしいと思うけど、どうなんでしょうね。

快調に遊んでいたサチコ、なにやら、途中から1回の通路に釘付けに。
17-191027sachiko

結構な長い間、動こうとしないんです。
18-191027sachiko
何かと思ったら・・・

遊んでくれ続けるお客さんがいたんですね (^^)
19-191027sachiko
窓の下に丸い穴があるでしょう?

私、知らなかったんですが、ここから給餌できるんですって!
課外学習で小学生なんかが来るときに
説明のあいだ熊を惹き付けておくために使うんだそうです。
20-191027sachiko
もちろんこの日は使用できる状態にはなっていなんですが
此処からおやつがもらえることがある、と覚えているみたいです (笑)

おやつは貰えなくても、
そして、他の子にはガゥガゥやっちゃうサッちゃんでも、
遊んでくれるヒトは好きなんだね・・・
21-191027sachiko

カボチャには執着薄く、遊んでいるサチコの動画。

数年前のように一緒に水遊びするような場面はなく、寂しいなぁ。
それが、熊がおとなになるということ・・・

そう考えると、のぼりべつクマ牧場なんかの
成獣になっても仲良し関係が続く熊たちは凄いですよね。
いや、もしかしたら、熊が凄いんじゃなくて管理しているヒトが凄いのか?!

「何の話?」 とケンコちゃん
23-191027kenko

ケンコちゃんは前みたいにサッちゃんたちと遊びたくないの?
「それ、なぁに?」
24-191027kenko

ケンコは相手が乗ってくれば遊びそうな気がするんですけどね。
微笑むばかりで一向にサチコ自体に興味を示しません。
25-191027kenko
門歯が綺麗だな。

首周りの白さが際立っています。
26-191027kenko

全体的には黒っぽい毛色で、お顔がちょっと茶色いケンコの個性
27-191027kenko
肉眼で見るほうが少し赤味があるかもしれません。

いやぁ~、イイ感じに冬毛ですなー! \(^o^)/
28-191027kenko
なんだってまた、首に泥付いちゃうかなぁ?

ケンコも来た当初より格段に体格がしっかりましたが
29-191027kenko

毛色が独特な以外はバランスが良い部類かも知れませんね。
30-191027kenko

この日は水には入らなかったと思います。
31-191027kenko
だから泥んこが落ちない。

喉は渇くけどね。
32-191027kenko

水に入ったところで、カピカピの泥は簡単には落ちないけど
小ざっぱりするでしょうにね。
33-191027kenko

実際のころ、サチコは暫く水に浸かっていたにもかかわらず
34-191027kenko

後脚のカピカピは取れていませんでした (笑)
35-191027sachiko
これは前日以前の汚れなんじゃないか?と思います。

それよりも毛並みですよね、サチコは。
36-191027sachiko

この感じだとまぁまぁかもしれませんが
37-191027sachiko

夏に逢ったとき、ふっくら&もっふりに回復していたのが、また微妙な感じです。
38-191027sachiko

お顔も、もっと真ん丸に戻ったはずだったのに。
39-191027sachiko

その謎が、他園で少し解けました。
くまくま園へ行った概ね3週後に行った某園で飼育さんから聞いた話です。
ホルモンのサイクルが季節とズレてしまうヒグマが、たまに居るんだそうです。
夏に冬毛、冬に夏毛になってしまう個体が居るんですって。
頻度までは聞けませんでしたが感触としては、多くは無いが珍しくもない、かな。
代謝自体は問題ないみたいで、冬はちゃんと代謝が落ちておとなしくなるし
夏は自分の被毛を暑いと感じているに違いないと。
くまくま園のことなど頭にない状態で伺った話で
後から考えて、サチコもそうじゃん! と思った次第。
冬眠前に夏毛では心配にもなりますが、しっかり太ってはいます。
ほらね?
40-191027sachiko
後脚伸ばしても筋肉質には見えないから。
被毛が薄いのにムッチリしているから変な感じかも・・・。

治療や手術でどうなるものでもないとのこと。
生まれつきなケースが多いということで
熊自身は夏や冬をそういうものと思って生きているから
ヒトが思うほどつらくはないんだろうし、それ自体が命に関わるものでもない、
話を伺った某園の飼育さんが仰るには
夏はできるだけ涼しくしてあげて、冬は代謝が落ちすぎないように工夫してあげる
それしかできない、と。

ケイコやチャコもそうなのかもしれない、と思いました。
夏に逢うほうが 熊さん らしい、この3頭。

私は八幡平時代を知らないので、先天性か、環境由来かは分かりません。
果たして野生にどのくらいあるのかも、全然知りません。
ただ、サチコは、右眼の白目が赤かったり
最近は以前より目立ちませんがお口を絶えずモゴモゴしていたり、
先天的な何かを幾つか抱えている子なんじゃないのか? と勝手に推測しています。
41-191027sachiko
根も葉もない個人的な勝手な推測ですが、血が濃いんじゃないかな・・・。
改めて八幡平の血統管理の実際を知りたくなってしまうけれど
知ったところでどうにもならないか・・・なんて思いもする・・・。
もしかしたら案外八幡平だってちゃんとしていたかもしれないのだし。


それはそうと、この日、由々しき事態が勃発しました。
見晴らしデッキからペレットを投げたお客さんがいたんです。
42-191027kenko
ケンコが立っていて可愛いじゃん! なんて思って撮ったら

そんな悠長なことを言っている場合じゃなかった!
43-191027kenko

たまにしか行かない私がたった1回注意したところで改善はされないかもしれない。
でも、やめてください、 と言いました。
可愛いから良いだろう、みたいなことを薄笑いしながら反論してきたので
ちょっとひと悶着展開することになったのですが
ちょっと厳しく言ってもまた投げそうになったので
私もつい、叱るような語調になってしまった (^_^;)
どうせ、ツキノワグマとヒグマの区別も曖昧にしかできず
亜種不明ヒグマとエゾヒグマの違いも分からず、
害獣を飼ってるぐらいにしか考えていないのでしょう。
一般のお客さんですから
個々の熊が幸せに生きていくことの重要性など考えていないのは仕方ないけど。
もちろん、面倒くさいのに捕まったという表情で去っていきましたが
去ってくれれば万々歳、とっとと帰れ! 二度と来るな!

この後のケンコちゃんが切なかった。
44-191027kenko
もうおやつは落ちてこないよ、って何度も言ったけど、伝わるはずもなく

座ったまましばらく動かず
45-191027kenko

見晴らしデッキを見上げていたケンコ
46-191027kenko

ケンコはくまくま園のヒグマの中でも賢い子だと思います。
学習してしまう反面、餌やりは無いんだと理解も出来ていて欲しい。
47-191027kenko
そんなことがあって、4~5頭のときじゃなく2頭のときで良かったと
多頭放飼できなくても已む無しと、つくづく考えました。

学習と言えば、私も学習しました。
普通に考えれば翌日もこの2頭に逢えるはずなのですが
月曜日は代番さんの日で、担当さんが組み立てたシフトを無視することが多い、と。
つまり、翌日にはこの2頭には逢えない確率が結構高い!

サッちゃんには、とにかく太ってねと声を掛けてきました。
48-191027sachiko

冬眠中、途中で起き出しては駄目だよ。
49-191027sachiko

ケンコちゃんには
来春また、みんなの都合でグループ分けを移動するかもしれないよ、と。
50-191027kenko

誰と一緒に出てもガゥガゥやっちゃ駄目だよ。
51-191027kenko

もうお部屋に帰る時間だと分かるのか、サチコがお利口さんで待機。
52-191027sachiko
そういうところは三つ子のゴローとよく似ています。

最後には微笑ましかった。
ケンコのことはあまり心配ごとがありませんが
サッちゃんは、来春は楽しそうなお顔を見たいなぁ。
53-191027sachiko