2020年2月24日撮影

※ 文字の打ち間違いが多数あったのを修正しました。


東北サファリパーク 「逢った証拠シリーズ」 第4弾にして最終回!
ヨーロッパヒグマの3頭、23歳の三つ子です。

午前中お当番はメス2頭
「マルメ」と
1-200224marume

アルビノの 「ホルム」 ちょっと黄ばんでる。
2-200224holm

午後はオスの 「ストック」 アルビノです。
3-200224stock
ホルムちゃんよりストックくんのほうが黄ばみが薄かったです。

この子たちは寝ずに起きていてくれたのですが
だからといって何か遊んでいる様子が見られるというわけではありませぬ。
3頭分なので写真の枚数はそれなりにあるものの
何はともあれ、23歳でも元気な姿を見られたから良いんですけどね。

マルメちゃんは、随分、毛並み貧弱でした。
4-200224marume

多分、自分で擦っているんだと思います。
5-200224marume

三つ子のうちで1頭だけアルビノではないマルメちゃん。
6-200224marume

でも、ヒグマの毛色にしては薄いですよね。
7-200224marume

それで改めてふと思ったこと。
母熊の状態が何か影響して生まれてきた三つ子なのだろか?
アルビノってそういうのは全く関係ないんだろうか??
(調べもせずに何となく言ってみた、という程度の一文です (;^_^A )
動物園生まれとはいえ、23歳の今も揃って元気なのは
考えてみたら飼育下ならではの凄いことなのかもしれませんね~。
これがもし野生で、真っ白いのが2頭もいたら
母熊と合わせて4頭、目立ちすぎて危機遭遇率高そう。

虚弱体質なケースも多いんでしょう?(ちゃんと調べていない (;^_^A )
生まれた年に東北サファリに来たようなので
檻の環境は気の毒ではあっても、ここで23歳まで元気に過ごしたと思えば
東北サファリの飼育がちゃんとしていることの証明でもあるのかもしれません。

寝室寄りの隅っこでマルメちゃん
8-200224marume

それを正面側から見るとこんな感じ
9-200224marume

側面に戻って。画面右側が寝室になりますが
いまマルメちゃんがいる近くの扉のお部屋はストックくんじゃないのかな。
10-200224marume
猫のポーズで欠伸しているんですけど
檻が邪魔なせいもあって分かりにくいかも (苦笑)

もう一度、正面側。欠伸した流れで眠そうです。
11-200224marume

見え難いから側面と正面を行き来して撮ったんですが
何処から見ても結局分かり難いっていう・・・
12-200224marume
私が行ったり来たりしているあいだにゴロンとなっちゃって。

ほんの数分で起き上がっちゃったので、寝てないと思います。
どちらかというと駄々っ子状態というか
もしかしたら中のストックくんと何か話していたのかもね~?
13-200224marume

以前に訪問したときにはもう少し2頭一緒なりの展開もあったのに
今回ふたりのスキンシップを確認できたのは、この写真の一瞬だけでした。
14-200224marume-holm
他の熊を見ていた間にじゃれなかったとは言い切れませんが
見ていなかっただけできっとじゃれたんだろうという感じではありませんでした。

ホルムちゃんは全く相変わらず。
15-200224holm

ホルムちゃんも横腹の毛並みを擦っちゃった形跡があります。
16-200224holm

あんまり見えていないんじゃないか? という話もある左目。
17-200224holm

写真に撮ると、肉眼で姿を見ているよりも目が強烈です。
他の動物を檻越しに撮るのと同様に、檻の隙間に両目が収まるように構えるから
何かを見つめて動きを止める一瞬の写真が多くなっちゃうんです。
眼力が緩ければこんな感じで、知らなければ気付かないでしょ。
18-200224holm

目を瞑っちゃった、ふつうなら失敗写真になる1枚も
本来柔らかいホルムちゃんのお顔つきのNiceショットとも言えます。
19-200224holm

お鼻の桜色は目を惹いてしまうけれど、でも形も綺麗なお鼻だな~と思って。
20-200224holm

マズルこんなだったかなぁ? という気はしたんですが。
21-200224holm
なんだか縫いぐるみの縫製のような付き方してません???

ふたりが毛並みを擦ってしまっているのは、おそらく、これ。
22-200224holm

この立ち方、掴まり方 (笑) 23-200224holm
着ぐるみ感この上ないホルムちゃん (笑)

2月に何度もスリスリしているのは不思議と言えば不思議だけど・・・
マルメちゃんもやってました。
24-200224marume
午後のストックくんもやってましたから
歩いて角に来たら立つっていうのが習慣になってたりして?!?!
角は鉄格子の間隔が狭くて、より一層見え難いのが残念です。

お顔は拝めたから良しとしますか。
25-200224marume

お鼻突き出してもマズルに擦り傷はできないのに
どうして面白い髪形になるような擦り方を、どこでしているのだろうか。
26-200224marume
白い点は雪です。

ホルムちゃんも。
27-200224holm

ホルムちゃんはずーっと歩いていて、前に来るたびお鼻を出していました。
28-200224holm

表情を読み取るのは難しいんですけど
29-200224holm

可愛らしい、愛らしいお顔立ちなことは確かです (*^-^*)
30-200224holm

・・・という特別なことのない平坦で平穏な時間でしたが
2年2か月ぶりの訪問で、変わらず元気な姿を見られたメス2頭でした。
31-200224holm


午後、交替して出て来たストックくん
32-200224stock
出てくる時にまとまったおやつを貰うこともあるようですが
この日はただ出て来ただけでした。

隙間に両目を収めること叶わず!
33-200224stock

オスなので体格はメス2頭より大きいわけで
もしや頭もお顔も大きいから収まらない???
34-200224stock

発情期でもないのに
35-200224stock

匂い付けているというより、掻いているみたいでした。
36-200224stock

晴れてきたせいもありますが、ホルムちゃんより毛色が白い。
37-200224stock

何度も繰り返し立ち上がるのは何の疼き?
38-200224stock

いくら暖冬だったからって初夏と勘違いはしないでしょう。
39-200224stock

はみ出してるお耳、痛くないんでしょうか。
(スマホ動画なので縦画面です。)

熊牧場などでは、喧嘩してお耳が切れている熊って珍しくありません。
お耳って痛くないってことなのか? そうなのか?

アルビノなので脚の裏も桜色。毛は黄ばむのに、脚の裏は汚れないんですね。
41-200224stock
メガネグマの脚の裏も綺麗なピンクですが、当たり前だけど違います。
(メガネグマは成熟した成獣の脚の裏はピンク色なのです。)

こんなにスリスリしているのに、メス2頭のほうが毛並みが禿げてるのは何故?


ストックくんの場合は、本当にただ色が白いだけで
43-200224stock

これで毛も目も茶色かったら何の違和感もない立派なオス熊です。
44-200224stock

視力は弱いでしょうけど、視線がしっかりしているので
45-200224stock

こんな格好良いことになるわけです。
46-200224stock

何か見ている、見えているのは間違いない。
47-200224stock

ひたすら歩いているようでしたが
48-200224stock

何か玩具があれば遊ぶんじゃないかな?
マルメ&ホルムよりも、ストックくんのほうが。
49-200224stock

ホルムちゃんよりずっと表情があるから、楽しければ笑顔になりそうな。
50-200224stock

限られた僅かな行動から拾い集めた表情の数々
51-200224stock

きっとホルムちゃんだって、こんなふうに、ストックくんと同じように
52-200224stock

彼女の中では表情の違いがあるはずですよね。
53-200224stock
この ↑ ストックくんのお顔
ホルムちゃんの左目が特徴的でなかったらソックリだ~!

また逢いに行こう。
遊んであげることはできないけど
「ヒグマはお客さんを見て楽しんでいる」 という園もあるくらいですから。
54-200224stock

・・・という、午後も特別なことなく平坦、且つ、平穏でしたが
2年2か月ぶりの訪問になったのは時間が空きすぎたと反省しています。
55-200224stock
これから3頭とも揃って老熊になっていくのを
ちゃんと見ていきたいと思います。


というわけで、今回の東北サファリパーク 「逢った証拠シリーズ」 完了しまーす。
(別の園でもうひとつ、逢った証拠程度のものをUPしようと思っています。)

UP済みのエゾヒグマ、ウマグマ、ツキノワグマは、こちら
   眠そうなお顔がチャーミング ~ケンシロウ~
   ハルピンくんに雪が降る
   ちゃんと見えればタテガミのような被毛なんです ~クロ・チハル~

以前のストック・ホルム・マルメは こちら
(上が古く、下が新しい。)
   私的 初ヨーロッパヒグマはアルビノ ~ストック~
   吠えるホルム、引くマルメ
   二度目まして! ストックくん、まったり
   動くホルム、寝るマルメ
   マルメちゃんの天地無用 ~ストック・ホルム・マルメ~