孤独と孤高の狭間 其処に羆

カテゴリ: ウマグマ(チベットヒグマ)

2019年8月26日撮影

全面開園した熊本市動植物園にようやく行ってきた話の続きです。

UP済みのメスのエゾヒグマのヒメはこちら
  雨の熊本、雨のヒメ


オスのウマグマ 「コジロウ」
1-190826kojiroh
カドリー・ドミニオン生まれ

コジロウくんもカッコイイ看板に変わっていましたが・・・
2-190826kojiroh
1997年5月21日来園・・・以前の看板では3月21日だったよ?
ま、それはいいんですが

お隣りのエゾヒグマのヒメちゃんは誕生日も分かっていて
だから年齢もハッキリしているんですけど
コジロウくんは生年月日が分かりません。
3-190826kojiroh

来園したとき既に成獣だったと伺っていましたが
今回、飼育さんが仰いますには、推定35歳?!
4-190826kojiroh

目ヤニの凄いお顔を見ると
換毛のボサボサも手伝って、35という数字も
あながち見当外れでもなかろうという気になってきますが
5-190826kojiroh

でも、待って。
35歳って相当なことでしょ。
ちゃんと歩ける脚腰からみて、30歳ぐらいが妥当じゃないかぃ???


確かにね、震災前と比べると凄まじく老いていたとは思うさ。
7-190826kojiroh

でも、わからないですよ。
東武動物公園のイナオくんだって
目ヤニと夏の毛並みでは絶望的にお爺に見えるけど
冬毛モフモフになれば夏より何歳も若く見えるんですから。
コジロウくんだって今回はタイミングが良くなかったのかもしれない。
8-190826kojiroh

いや、いや、いや、いや・・・これ絶対に目ヤニのせいでしょ。
9-190826kojiroh
拭いてあげられないし、プールで自分で洗い流すこともなさそうだけど・・・。

同じような写真ばかりでゴメンあそばせ。文句は目の細かい檻に言っとくれ。
10-190826kojiroh

こっちの目のほうが、ちょっとだけ良いかも。(目ヤニが。)
11-190826kojiroh

震災のことはともかくとしても
高齢個体で、しかも日本には飼育頭数の少ないウマグマの彼に逢うのが
全面開園から9ヶ月も遅れたことを、少し後悔しました。
12-190826kojiroh

一日でも早く逢いに行くべきだったし
1回でも多く逢いに行くべきなんだと。
13-190826kojiroh

住み慣れたこの旧来型の檻は、今のコジロウくんにとって
新しく引っ越したりするのは酷だと思う。
たとえそれが、どんなに優れた放飼場だとしても。
14-190826kojiroh
だから、震災で崩壊せず
修繕のために引っ越さなくて済んだのは、幸いでした。

此処で生きてきたのだから。
此処が一番寛げる場所だろうと思う。
15-190826kojiroh
生まれたカドリーだってコンクリートだしね。

お昼寝は行き倒れスタイル (笑)
16-190826kojiroh
檻にしかピント合っていませんが私にはこれが限界。

お顔の見えない角度でマジ寝しちゃって、あ~ぁ・・・って感じでしたけど
ヒグマの寝姿は、見るの好きです。
17-190826kojiroh

今となっては質問するのもどうかと思い、カドリーにも聞きていませんが
カドリーの「うー」「故まー」「故 涼」との血縁はあるんだろうか。
(うーさんは存命だと思うんですが、引退していて詳細分かりません。)
18-190826kojiroh

いま日本にいるウマグマの血統は3通りで (他にも居るのか分からない)
・カドリー系
・王子系
・東北サファリ系
コジロウくんって、うーさん・まーさんのどちらかの
お父さんだったりするんだろうか。
19-190826kojiroh
すっかり老いたコジロウくんを見て、恋を経験していたらいいなと
飼育下でも繁殖行為の機会があったならいいなと、そんなことを考えました。

震災前に逢った時のような行水らしい行水も、常同行動も見られず
座っているか、寝ているか、夕方になったら少し前のほうへ出てきていましたが
なにがしかの行動を記録するというのは困難でした。

そういえば、撮れも録れもしていませんが
朝はニンジンを数本貰っていました。
普通に、普通に、美味しそうに食べていました。

「どうせまた常同が激しいんだろな」 と思って行ったので
少ない活動量に多少の衝撃を受けたことは否定できないけれど
高齢でも歩けて、病気でもなく出勤している姿を見られたのだから
逢った証拠の檻越しの写真を撮れただけで充分ですよね。

・・・とか、とか、考えていたところへ
ヒメの記事でも紹介した夕方の鯵のおやつがあって。
だから、夕方になって少し前のほうへ出てきていたんだと分かりました。
つまり、普段から夕方にはおやつを貰っているんだと。
(この日は平日だったから、土日祝だけじゃなく毎日だと思う。)

目ヤニ云々ではなく、基礎的な視力はもうずいぶん悪いんだそうです。
「推定35歳、目も見えてません」と説明しながら
鼻先に鯵をポンポン!と当てて与えていたから
「もう見えてないってことですか?」 と質問したんです。
そうしたら 「大丈夫、まだ光はある。鯵も見えている」 って笑われました。

ヨダレ垂らして喰いっぷりはいいですね。食欲旺盛なようで心配無さそう。

ヒメの記事にも貼ったのと同一の全篇通したものも貼っておきます。
繋がっている1本の動画を切っただけなので
後半のコジロウの部分は 一つ前の ↑ 動画と全く同じです。
前半のヒメの部分は ヒメの記事に載せたものと全く同じです。



切ないと見るか、安堵と見るか、それは見ている私の心の鏡かもしれません。
震災と震災被害を乗り越えて、歳相応に老けていくことが叶っている姿を
切ないなんて思うのはコジロウに失礼ですよね。

易々と再訪はできないのがつらいところですが
冬毛の季節に逢いに行かなくちゃだめですね。
ウマグマですもの、夏より冬のほうが元気に決まっているし!
22-190826kojiroh
このまま残暑を凌いで、本当に、絶対に、元気に冬を迎えてください。

以前のコジロウの記事は、こちら
   コジロウくん
   本当に?

熊本市動植物園は、ツキノワグマの桔平・ひなた も、UPする予定です。


2019年7月14日撮影

※ 後半にメスの マー の様子を記載しています。

王子動物園のオスのウマグマ 「ボー」 27歳
1-191714boh

高齢で脚腰が弱って上手く歩けない状態です。
2-191714boh

資料的に1991年12月生まれということなのですが
28歳というのは少なくとも28年は生きているということであって
今の担当さんの実感として、もう少し高齢かもしれないとお考えのようです。

でも、ま、ヒグマも25歳ぐらいになると個体差が激しいですからね
28歳で正しいとしても妥当な線と思わないでもありません。

去年の11月に逢いに行った時よりも確かに衰えているのが分かりました。
去年の11月は、おやつを小出しにして一日に何度も与えるやり方で
その都度ボーさんも嬉しそうに、
不自由な脚でも弾けながら出てきていたのですが
  参考 → ヘルシー ボー
今は、1回のおやつに集約しているやり方でした。
3-191714boh
(GIFです ↑ 動かない場合はタップ・クリックしてください。)

聞くところによると
少し以前に体調を大きく崩したそうで、動かない時期があったとのこと。
高齢なので危ぶむ思いもあったようですが
今は回復して食欲もあり、脚腰が弱っている以外には内臓などは健康だそうです。
ねぇ・・・本当に良かった。
4-191714boh

それで、動かないと本当に動けなくなってしまう、それを防ぐために
おやつを利用して放飼場を広く歩かせるリハビリを実施しています。
5-191714boh

歩きにくいのに大変ね・・・と思うことなかれ!
時系列戻りますが、おやつの少し前、細く開いた扉にうごめく影が・・・!
6-191714boh

「おやつはまだですかー?!」 と待ちきれない様子です。
7-191714boh
頼もしいことこの上ない!
さすが熊! 担当さんに質問したら
脚が弱っても頭の中は 「めし! めし!」 なんだそうですよ。

出てきたところから、完食して帰って行くところまで
細かく録った動画を全部繋げました。12分弱です。
順番に食べ進むのではなく、食べたいものから食べていき
結果的に放飼場を何周も歩いています。
中ほどに見るには退屈な部分もありますが、後半に見どころありますので(^^)v


全くバリアフリーではない高低差のある放飼場で
一通りのおやつを完食します。
9-191714boh

プールにも自ら入ります。
動画で分かるように、前脚を突っ支い棒にして腹ばいに滑り降りるのですが
ボーさんが自分で編み出した転ばずに段差から入水できる方法です。
凄いね (*'▽') なんだか涙出てきてしまう(/_;)
で、後ろ姿を見ると、換毛中。
新陳代謝も問題なさそうな背中の毛並みもこのとおり。
10-191714boh

途中で数秒間、動きの止まった謎の時間がありました。
11-191714boh

「スチール撮りどうぞ」 とでも言うかの如き凛々しいポージングを披露!
12-191714boh

歩けなくなってしまえば床擦れなどの心配も発生します。
それでも餌は口元に運んであげることも可能だから
内臓が健康である限り変な心配は無用でしょうが
こんなヨレヨレな歩行でも、強い熊や他の獣に襲われる危険のない動物園です、
ボーさんが 「もう歩きたくない、歩かせてくれるなよ」 と訴えるまで
一日数分でもいいから、リハビリを続けてくれることを期待します。
13-191714boh
ボーさんと言えばこのお顔! 独特な表情も健在!
またね、ボーさん。また元気に逢うよ!


ところで、メスの 「マー」(29歳) ですが
こちらも療養中。
14-190714mah
マーちゃんはマーちゃんで
もしかしたらもしかして、既に30歳超えている可能性も否めない、と
そんな話題もあったり、なかったり・・・。

5月に背中に出来た腫瘍が破裂して摘出手術を受けたそうです。
幸い腫瘍は良性で (ただの膿の塊で) 転移なし \(^o^)/
大手術にも耐え、麻酔の覚めもよく、術後は至って元気、
ボーさん同様に、それ以外の内臓疾患などは無く今は健康だそう。
少し前まで非公開だったのが、行った日はバックヤード公開になった数日後。
創口の回復待ちだそうで、皮膚の再生を促す塗り薬で背中が白かった (笑)
15-190714mah

バックヤードで退屈そうなマーちゃん
16-190714mah
自覚としては元気なのでしょうね。
写真も動画もありませんけどウマグマらしさのジャンピングもしていましたから
跳ねると創口が痛むなんてことも無いんだと思います。

大好きな担当さんが来ると
構って!とせがみ、お腹空いた!と催促します。
それで、体力をつける必要もあってパンをおやつに貰っていました。

パンは高カロリーなので効率良さそう~。

そして! この記事を編集している今日(2019年7月25日)から
晴れて放飼場に復帰という公式さんの情報がありました!
次回はお外で逢おうね。
18-190714mah
元気で逢うよ!


そんな高齢ウマグマ夫妻の近況ですが
王子のヒグマは4頭とも (エゾヒグマ2頭、ウマグマ2頭) 高齢です。
機会があれば逃さずに訪問したいと思っていますが・・・
思ってはいても行かれる機会は少ないけれど、また行きます。


更新済みの、この日のエゾヒグマは、こちら
   氷イベント ~ロクジ・サトエ~

月の輪の更新もする予定です、内容は薄くなりそうですが・・・(;^_^A

過去のボーさんの更新は、こちら (上が新しく、下が古い)
   ヘルシー ボー
   ケアフル ボー 
   ジェントル ボー
   クワイエット ボー
   クール ボー

過去のマーちゃんの更新は、こちら (上が新しく、下が古い)
   ニンジン、はちみつ、マーちゃん ベェ~
   美しいウマグマ、美しいマーちゃん
   マーちゃんに雪が降る
   マーちゃんが走ると、みんな幸せ
   ウマグマ、走る!


2018年11月19日撮影

※ 写真は時刻の異なるタイミングのものを組み合わせています。

王子動物園のメスのウマグマ (チベットグマ)「マー」 28歳
1-181119mah

1月には29歳になる年齢だけ考えるとこの若々しさには目を見張るばかり。
2-181119mah

相変わらず頭が大きいよ~ヽ(^o^)丿
3-181119mah

エンリッチメントで正規のおやつを小刻みに回数多くもらうようになり
奥の死角に籠って寝てしまったりすることは少なくなっているようです。
(少なくというより、無くなっているんじゃないか?と思います。)
だから、前のほうへ出てくる姿はたっぷり見ることができますが
独特の飛び跳ねる行為は
残念ながらギャラリーから見える処ではやってくれませんでした。
奥の方ではやっていました。
日によっては今でもギャラリー側でもやるのかな?
見たかったけど、今回は残念でした。

でもね (^^)b
4-181119mah

寝室での夕ごはんを檻越しに見られるのとは別に
ガラス越しにおやつ食べるのを見ることができました!
5-181119mah

おやつの都度一旦寝室に入り、飼育さんがおやつを置き、マーちゃん再登場!
オスのボーさんは、リンゴや青梗菜など貰っていましたが
  参考 → ヘルシー ボー
マーちゃんは (私が見たときは) ニンジンを数回貰っていました。

動画は、最初の岩の上に登っているのはペレットを食べているところ、
そのあとニンジンに向かって出てきますが
録画途中で私が姿勢を変えたため大きく揺れています m(__)m
そして良い処で終わってしまうので、動画の続きは写真で見てください m(__)m


ガラス一枚挟んだだけで
マーちゃんもギャラリーも双方向から肉迫できる処に置かれたニンジン。
7-181119mah

咥えて奥へ持って行ったりせず
その場に座ってモグモグしてくれるまーちゃんは偉いぞ!!
8-181119mah

此処はおやつが無くても好きな場所みたいで
以前から間近に対面できていたところなんですが
9-181119mah

でも、近すぎてどうにもこうにも (;^_^A
10-181119mah

もう1メートルぐらいガラスから離れて、こちらを向いて座ってくれたら完璧よ。
11-181119mah

でも、そういうことには
一切関知しない(目前にヒトがいても気にしない)マーちゃん
12-181119mah

ヒグマだけど一口が小さいウマグマ。細かい破片が溜まっていきます。
13-181119mah

余談ですが、爪はコンクリートの放飼場に居るので削れてあまり伸びていません。
14-181119mah

美味しい横顔 (*^^)v
15-181119mah

ちっちゃくなったニンジン
16-181119mah

は、残して先に破片をお片付け?
17-181119mah

数日前まで、黄色いガス管のフィーダーが使われていたそうですが
慣れてしまって不都合があったらしく
別のエンリッチメントを考案中だそうです。
なので、ガス管で遊んでいるのを見られなくて、それも残念でした。
残念でしたが、今の担当さんは精力的に新しいことをしてくださっているので
きっと新たなエンリッチメントも楽しいのを考えて下さるに違いありません。

ペレット残ってないかな~?
18-181119mah

2階へ上がる岩の中段に撒かれているから、中ほどまで登ります。
19-181119mah

2階に撒けば2階まで行くんじゃないの? と思うけど、撒くのが大変かぁ・・・。
20-181119mah
せめて朝の1回目だけは2階まで誘導するような撒き方をしてはどうだろう?
なーんて、そういう手間のかかる提案は控えることにします (^^ゞ

美味しい横顔、再び (*^^)v
21-181119mah

ガス管で遊ぶのは見られませんでしたが、歩いているだけでも躍動感があります。
22-181119mah

美しいの一言に尽きる容姿
23-181119mah

歩いてきて・・・
24-181119mah

ちょっと見上げて・・・
25-181119mah

去っていく・・・
26-181119mah
冬毛もこもこ~(*´▽`*)

お水飲みに来て・・・
27-181119mah

飲んでる瞬間を撮り損ねて・・・
28-181119mah

たまに入って・・・
29-181119mah

ちょっと浸かって・・・
30-181119mah

案外、寛いでのんびりして・・・
31-181119mah

雪山で暮らすくらいだから、ようやく過ごしやすくなってきた季節でしょうね。
32-181119mah

長湯はしないのがマーちゃん流
33-181119mah
(湯ではありません。水です。)

去っていくお尻の長毛
34-181119mah

行水ののんびりした表情と、後半は後ろ姿の秒数が長いです。


そうこうするうちに、次なるお楽しみ♪
36-181119mah

はちみつターイム!!
37-181119mah

日曜日と、平日は不定期なのかな。
通常は午前中? 平日は不定期なので時刻も決まっていないようです。
38-181119mah
何度かのおやつを食べてしまう前の午前中のほうが完全に舐め切るんだとか。

ウマグマは小柄なヒグマというけれど、立ち上がると大きいですね (*'▽')
39-181119mah

横にズレながら舐め進むのですが、二足で横歩きはできないらしく
一旦屈んで一歩横にずれてから立ち上がり直すのは興味深かったです。
40-181119mah
もしかしたら、立ちっぱなしは疲れるから一旦屈むのかな?とも思いました。
28歳ですからね、あまり立たせないほうがいいのかもしれません。

写り込みが激しくて悔しいですが、胸の白斑を見ることができるのは嬉しい!
41-181119mah

ああ、そうか、マーちゃんの白斑の形がこうだから・・・(以下、自粛)
42-181119mah

座って舐められる小窓にもあります♪
43-181119mah

こういう状態ね (^^)v
44-181119mah

写り込みご容赦ください、窓を覗けばこんな感じ~♪
45-181119mah

写り込みって言ってるのにもう一枚貼っちゃう (*^_^*)
46-181119mah
だってー! 王子の熊舎でこんなことが見られる日が来ようとは!
だって王子ですよ?!

ちなみに、エゾヒグマは
ロクジさんがサトエさんを押し退けて独占してしまうそうで
多分、そういうときのオスは荒々しいのでしょうね ^^;
雌雄が一緒にいるふたりにはハチミツのおやつは無しだそうです。

    今回のエゾヒグマは、こちら
     信頼し合う佇まい ~ロクジ&サトエ~

ところで、舌を べぇ~ と出すのが特徴みたいなことになっています。
47-181119mah

息が上がっていることもないし
48-181119mah

お口の中に疾病があるというわけではない思うんですが
49-181119mah

ま、ま、まさか、暑いのかな?!
50-181119mah

ただの癖なんでしょうか。それとも舌が大きいんでしょうか。
51-181119mah
(GIFです ↑ 動かないときはタップ・クリックしてください。)

頭が大きくて重そうだな
52-181119mah

それと、歩きながらアゴを少し上げる感じが私は好きです。
53-181119mah
「おら!おら!あたしがマーよ!」 みたいな? (笑)

そして、決めポーズの べぇ~!
54-181119mah

今回、見るチャンスの少なかったのが座り姿かもしれません。
55-181119mah

欲を言えば見たかった姿はあれこれたくさんありますが
マーちゃんの楽しさは、訪問して空振るということが全く無いんだなぁ・・・
56-181119mah


前回の訪問から11か月経ってしまった今回の王子。
毎回そんなこと言ってる気がします (苦笑)
王子のヒグマ4頭 (ウマグマ2頭、エゾヒグマ2頭) は高齢だから
次回こそ本当に間を空けずに行きたいと、今度こそ本気で考えています。
57-181119mah
換毛の始まる前、冬毛のうちに行きたい。

そのときは、新しいフィーダーがあるかもね?
58-181119mah
マーちゃん、またね (*^_^*)


今回の王子の分はもう一回、ツキノワグマをUPする予定です。
写真がほとんど無いので短い内容になる見込みです。


以前のマーちゃんの更新分は、こちら
上が新しく、下が古い記事です。
   美しいウマグマ、美しいマーちゃん
   マーちゃんに雪が降る
   マーちゃんが走ると、みんな幸せ
   ウマグマ、走る!


このページのトップヘ