孤独と孤高の狭間 其処に羆

カテゴリ: 大内山動物園

2018年10月14日撮影

大内山動物園のメスのニホンツキノワグマグマ
「くぅちゃん」 なのか 「くぅ」 なのか
今回行ったら 「クゥ」 になっていまして。
1-1891014kuu

しかも、前回「♂オス」と紹介されていた手書きプレートが
今回新しくなっていて 「女の子」って書いてあるぞ?!
2-1891014kuu
確かに見た感じはメスなんですけど・・・???
付いてない気もするし。

冬季は殆ど逢えない・・・ということになっているから
この時期に行ったら確実に逢いたいんですが
3-1891014kuu

相変わらず奥の櫓の上が定位置!
4-1891014kuu

コンデジを、無い知識を駆使して調整してみましたが全然ダメで
何十枚も撮ったうちの、補正すればUPに耐え得る数枚を採用しました。
5-1891014kuu

冬は逢えないと言っても、夕方には食べに確実に出て来るので
張り付いていれば絶対に見られます (^^)v
冬眠しているわけではないってことですが、ま、逢えないっちゃぁ逢えないか。
逆に、春・夏・秋に行ったって、こんな感じですからね (笑)
6-1891014kuu
少しは活動するので、それこそ張り付いていればいいのだけど
急に動き出すから、かなり根気と運を要すると思います。

今までの訪問では運が良くて撮れていたのだ、ということを今回実感。
今回は諦め半分で、健康であることだけ飼育さんに確かめて
夕ごはんのとき見ようと思っていたんです。
それが、なんと、超が付くほどのラッキーが!
7-1891014kuu
冒頭と同じ場面です。

ウマグマのシュウくんを見ていて、ふと、くぅちゃんを覗いたら・・・!!!

やっぱり、活動する時間というものが必ずあるのですよ。ね。

もっと早く気付いていれば、もっと長い時間
すぐ近くに来てくれている状態で逢えたのに・・・
ああ、もう。ホント気を付けてチェックしていたのに悔しい。
いや、途中からでも日が射すところへ出てきているのに遭遇したんだから
むしろ幸運だったのだと思うことにします。
写真を撮ろうとせず、早い段階で動画にしたのも正しい判断だったと。

動画の末尾で動き出していますが、岩穴へ入っていきました。
それで私も潔く他の動物へ移動して、楽しんでおりました (^-^)

ところがですね。
猛獣担当の飼育さんが 「今からクゥに ごはん あげますよ」 と
わざわざお声を掛けてくださいまして \(^o^)/

熊好きと名乗ってプーくんのこととか伺ったからだと思います。
嬉しいやら、恐縮するやら。
本当にありがとうございました m(__)m

しかも 「目の前で見るより、横から見たほうがよく見えますから」 と
見易い位置を教えてくださいまして。
くぅちゃんのごはん風景です。夕ごはんじゃなくお昼。
9-1891014kuu

でもやっぱり暗くて、せっかくなのに綺麗には撮れなかったー!
10-1891014kuu
食べるには下向いちゃうからなぁ~。

動画もバッチリとは言い難い。
でも、目の前で見ると檻にしかピントが合わないので
檻の隙間に迫って録らせてもらえたのは有り難かったです。

嗅ぎ分けて柿を探すのが可愛い。柿美味しそうです。

毎日このメニュー?! 豪華ですよね。
都会の動物園だと購入するしかないから高くつく野菜や果物も
地方だと調達しやすいのかもしれないですね。
自園で栽培できたり、周辺で採れたり。
それに農家から廃棄分もらえたりもするのかも。
パンは近くの大内山牛乳さんからと仰っていたような・・・。
冬の睡眠時間が長いくぅちゃんは、秋は太らせないといけないので
高カロリーな食パンを与えられるのは効率も良い。

クマ牧場ほど大勢いたら無理でしょうが
1頭、2頭の飼育なら、果物や木の実が充実するものなのかも・・・。

くぅちゃんは (も?) 全部は食べ切らずに餌場を離れてしまいます。
質問しませんでしたが、おそらく、夜間に完食するのではないでしょうか。

再び他の動物を回って戻ってきて覗いてみると
リンゴを1個咥えて櫓へ登って行くところでした。
12-1891014kuu
分かりますか? 

凄く無理矢理撮っているので伝わるか不安。
13-1891014kuu

齧るのにお鼻がクシャッ!
14-1891014kuu

咥えてからの~・・・
15-1891014kuu

齧り割り~!
16-1891014kuu


パンパカパーン! 「写真なし文字だけの くぅちゃん情報」 のコーナー! 

以前、首元にあった異形成は、取れ落ちたあとまた出来てるみたい。
以前のものが取れたとき、担当さんに向かって怒ったそうです。
きっと痛かったんじゃないか? と。
「飼育さんが取った」 と誤解したみたいだ、と仰っていました。
で、取れたものを検査・観察したかったのに
掃除のとき探しても無かったそうで、食べてしまったらしい (;^_^A

年齢の話も少し伺いました。
脇動物園時代からこの岩穴で暮らしている保護個体ですって。
2008年には成獣だったことから飼育さんの推定では15歳未満ぐらい。
私は15歳は超えているんじゃないか?という印象。

性別は、話題にならなかったので聞きそびれました。
冷静に客観的に考えてメスと思います。
付いてない気がするし、
冬眠態勢を整えていないのに冬に寝るというのがメスらしく思える。
容姿も風貌もメスっぽい。
次回行くときに、紹介されている性別が変わったことを質問してみます。

脇動物園が閉園の危機に陥ったころ、
空腹を満たすことが最優先で様々なものを与えたようなことが
もしかしたらあったのではなかろうか?ということで
味の濃いものを好む嗜好があるそうです (笑)
今は、ちゃんと管理しているので健全な食生活 (^^)v


何月ごろの何時ごろに行けば活動的な姿を逃さないのでしょうか。
過去の写真のタイムスタンプ調べておこうかな。次回のために。

プーくんが居なくなって、ツキノワは1頭だけになりました。
地味な子ですけど、園を古くから知る個体、
これからもドン!と構えていてもらいたい。
17-1891014kuu
たまには見易いところでお昼寝してちょうだいね。

今回は補正した写真がメインになってしまいました。
でも、マイペースを崩さず元気にやっていることを確かめられたから良いんです。
見易さなんかどうでもいい、くぅちゃんに元気でいて欲しい。

もし叶うなら
1つでもいいからエンリッチメント的なことをお願いしたい。
なにも大牟田ほどのことをして欲しいと願うわけじゃありません。
今ある櫓は岩の段々を登って行くので
木登り的な縦の動線か
ある程度急勾配に斜めに登って行くスロープの一つでも。
それをここに書いても始まらないのだけど (笑)

また来年、お昼寝場所が岩穴から櫓に移る頃に逢いましょう。
18-1891014kuu


くぅちゃんの今までの更新は、こちら。
上が新しく、一番下が初対面のときです。
   年齢不詳の可愛い・・・ ~くぅちゃん~
   くぅ ~ これはこれで、安定
   元気でホッ
   後輩に譲る

プーくんの訃報は、こちらです。
   大内山 プーの訃報


2018年10月14日撮影

大内山動物園のオスのウマグマ 「シュウ」 17歳
52-181014syuu

絶好調シュウ!~もぐもぐ前 の続きで
逢いに行った日の もぐもぐタイムの様子です。

大内山動物園は進化 (?) を続けていて
私が初めて行った数年前には、さほど充実していなかった、
ふれあいタイム や もぐもぐタイム などの企画が
キチンと組み立てられているようになりました。
飼育数は少なくないのに、端から端まで見渡せる狭い動物園ですから
以前は2時間もいれば見終わってしまうヒトが多かったと思いますが
今は、一日居ても時間を持てあますことなく楽しめると思います。

「ウマグマ」 の もぐもぐタイム は14時から。
今回の訪問を計画したときには 
「ツキノワグマ」 のプーくんの もぐもぐタイム もあったんですよ。
亡くなってしまったので
熊の もぐもぐタイム は ウマグマ だけになりましたが・・・。
   参考 → 大内山 プーの訃報

ウマグマのシュウくんの もぐもぐタイム は以前からありました。
以前にもブログにUPしていますが、週末だけだったんじゃなかったかな。
基本的な内容は変りませんが、以前との違いは
行った日の担当さんが別のヒトだったこと、毎日やるようになったこと。
それから、これは以前と同じか違うか分かりませんが
おやつとして与えるのではなく、夕ごはんの一部を与えるというものです。

あとで動画もUPしますが、まずは・・・

毎日やるようになったので、時間を分かっているんでしょうね。
14時が近づくと露骨にソワソワし始めます。
53-181014syuu
立ち上がると胸の白斑が交差しているのがよく見えます ヽ(^o^)丿

檻にピントが合っているのは気付かない振りしてくださいね~
54-181014syuu

ワクワクがお顔に出て隠せない!
55-181014syuu

台に乗り出してキョロキョロ・・・
56-181014syuu

飼育さん来ないかな、ごはん来ないかな (^<^)
57-181014syuu
こんな笑顔あります!? (*^▽^*)

こっちばっかり気にしていたから、毎日こっちから来るんでしょう。
58-181014syuu
あ、そうか。お台所はこちらの方向だものね。

まだ15分ぐらいあるので飼育さんは来ません。
だから台の上で落ち着かないシュウくん、チラ見しているこの目が堪らんっ♪
59-181014syuu


・・・ここで少々、話を横道へ逸らします。
今までの写真でもバッチリ写っている白斑のこと。
60-181014syuu
シュウくんの白斑は胸元で繋がっているので話がややこしいんですけど

胸が見えない状態で真横から見ると、こうです。
61-181014syuu

知ってるヒトには今更でしょうが
走る姿が馬のように見えるからウマグマというのは
馬のように跳ねるように走るというだけでなく
走ると白斑が馬のタテガミのように見える、ということでもあるそうです。
タテガミの話は私は知らなかったので
ウマグマの特徴に 「肩の白斑」 が挙げられる意味を初めて理解しました。

ちなみに
国内のウマグマたちの肩には
小さくても薄くても必ず白斑はある・・・かな。
東北サファリのハルピンくんは
分からないほど非常に小さい白い部分があるような。
東北サファリのハルちゃんと、熊本市動物園のコジロウくんは
これまた分からないくらいの、
焦げ茶色が微妙に薄い茶色の部分があるんじゃないかと。
カドリーの故まーちゃん、故涼くんと
ご隠居うーさんには小さいのがハッキリあるし
王子のボーさん・マーちゃんの2頭は分かり易い。
マーちゃんは長毛だから、走ったら本当にタテガミに見えるかも。

広~ぉい放飼場を疾走するシュウくんを見てみたいな。
駒のように跳ね、肩の白斑がタテガミのように踊る姿を。


「そんな話、夕ごはんに関係ないだろ」 と言わんばかりに肉薄する漢
62-181014syuu

14時。もう待てないっ!
63-181014syuu
定刻に飼育さん、ちゃんと来ますよ。見つけたみたいです。

嬉しそうだねぇぇ・・・
64-181014syuu
ごはんだから嬉しいのは当たり前なのかもしれない。
でも、全国の動物園には淡々と食べるだけの熊もいます。
シュウくんのこの嬉しそうな笑顔には
飼育さんとの関係性の良さや、ごはん内容の充実や、
もぐもぐタイムが日常の楽しみになっていること、
それらを打ち消すような大きなストレスを抱えていないこと・・・etc
彼が今、飼育下で幸せな暮らしをしていることを
私たち来園者に教えてくれていると思うんです。

此処がシュウくんの生きる世界だから。
此処で僅かでもより幸せであってほしいと願う。
65-181014syuu

動画です。 ↑ のメニューからレクチャーの分だけ貰います。
これをやっている場所は寝室側の飼育さんの出入り口近くで

残りは閉園後に寝室で。
夜間の退屈しのぎにもなる、食事以上の役割を担うごはん ♪

続いて、デザート的なものを台の上に移動して、貰います。
67-181014syuu
以前は台が高くて登れなかったからやっていなくて、初めて見ました。
このために低くしたのかな?

デザートと言っても、ごはんは夜にたくさん残っているんだけど (笑)
68-181014syuu

ブドウの粒みたいな真ん丸なお目目
69-181014syuu

リンゴやお芋も美味しいようで (*^^*)
70-181014syuu

飼育さんが手で直にお口に入れているのは何度見ても凄いと思います。
71-181014syuu
お口出すのにお鼻突き出して、可愛らしいですね~。

熊ですから、悪気が無くてもお口閉じたりしかねません。
ヒトの指なんて噛み切っちゃうはずです。
動画にも説明が入っていますが、要は、門歯より奥に指を入れないということ
72-181014syuu

横から見ると分かりやすいです、こんなふうに舌に乗っける感じ。
73-181014syuu
何かあったらシュウくんが一番気の毒なことになるから
こう見えて実は物凄く丁寧な作業なわけです。

同じ猛獣でも、熊は殆ど草食な雑食だからできるのであって
トラ、ライオン、サーバルの もぐもぐタイム も見ましたが
手で直にできるのは熊だけなんですよね。
飼育下生まれ、人工哺育でヒトに慣れているのと
担当さんに懐いているのと
シュウくんは自分にとって何が不利益になるか、
ちゃんと分かってるんじゃないかと思えてなりません。

しかし、デカイな、シュウくんの頭 (笑) (^_^;)
74-181014syuu

「おしま~い」 と言われてしまった、切ないね。
75-181014syuu

終わっちゃったね。
76-181014syuu
再び余談。
ひと頃より痩せてホッとしています。
夏でも ぶよぶよ に太っていた年があったような。
あれ絶対身体に悪い太り方だ! と素人ながら思っていたけれど
このくらいなら心配にならないで済みます。
ただ、これから秋なので冬に向けて太っていくとは思うのですが・・・。

もぐもぐタイム が終わってしまった切なさの話に戻りましょう。
お客さんが散ってから、蜂蜜をドボドボ貰っていました。
77-181014syuu
レクチャー用じゃない、本当のデザート (^^)

市販の蜂蜜のプラ容器を逆さまにして、開いたお口に注いでもらっていました (笑)
78-181014syuu
動画録ったんですけど、ブレすぎちゃってUPできず。

その時に零れた蜂蜜を、一滴 (ひとしずく) も残らず舐め尽くし
79-181014syuu

本当におしまい。あとは閉園後にお部屋で、本当のごはん。
80-181014syuu

野菜も果物も蜂蜜も、嬉しそうに飼育さんから貰うシュウくん。
動物園の動物の笑顔は来園者を安堵させます。
安堵するのはヒトのひとりよがりなんでしょうが、それでも
少なくとも、シュウくんの今の暮らしが、愛されて幸せで、良かった。

タイヤ先輩ともう一汗
81-181014syuu

一汗かいたらクールダウン。バシャバシャ♪


このとき閉園時間まであと1時間ぐらい。
今日も一日楽しく過ごせました。
83-181014syuu
これから徐々に高齢熊へ向かっていくことになります。
エンリッチメントも、ハズバンダリートレーニングもやって欲しいけれど
なかなか難しい現実はあるかもしれません。が
毎日が楽しく、健康で、とにかく幸せでありますように。
それだけが願いです。


私は熊を見ている時間が圧倒的に長いわけですが
他の動物の もぐもぐタイム も全部見ました。
もぐもぐタイム がない動物たちも全部楽しいです。
一日居ても一日中楽しい大内山、本当におススメします (^^ゞ

前回の訪問から今回まで間が空きました。
次回はそんなことがないようにしなくては。


最後に
背擦りし過ぎて朽ちてしまった中央の柱が新しくなっていました。
84-181014syuu
立派な柱ですねぇ。私は新しくなってから初めてでした。
表面もザラザラで背擦りしたら気持ちよさそう。
しかーし、まだ警戒しているらしく、使ってくれないんですってさ~ (笑)


もぐもぐタイムの前、午前中の様子は こちらです。
   絶好調シュウ!~もぐもぐ前


2018年10月14日撮影

久し振りにシュウくんに逢いに行きました。
大内山動物園のオスのウマグマ 「シュウ」 17歳
1-181014syuu

写真は檻で撮り難いですが、ご機嫌良さそうなシュウくんの元気な姿は
今、彼が、飼育下の環境で幸せに暮らしていることを感じさせてくれます。
2-181014syuu

保護個体でも、飼育下生まれの個体でも、
ヒトが一人ひとりそうであるように、一頭一頭に様々なドラマがあるはずです。
野生で暮らしていれば全ては自然の内に巡るものかもしれないけれど
動物園で暮らす動物たちとっては総論とか一般論ではなく、各論。
何はともあれ、シュウくんが幸せに暮らしていることが嬉しいじゃないですか。
3-181014syuu

例によって写真を選び切れずに困ります。
表情が良いからたくさんUPしたくなってしまって。
最近、訃報が続いたので、元気な様子を元気な時に、という思いもあるんです。
長くなるので2回に分けました。


入園は朝一番。
熊たちは、朝一番には動くから。寝ちゃうのは動いた後だから。

入園直後です。
お部屋の真ん中で寛いでいました。
4-181014syuu

寝ているふうだけど、寝てないんです (^^)
5-181014syuu
(GIFです ↑ 動かない場合はクリック・タップしてください。))

寝起きの駄々っ子みたいでしょう?
6-181014syuu

年齢的には、いいオッサンなんですけどねー!(笑)
7-181014syuu

少年みたいな無邪気なお顔を見ていると
この4日前に亡くなったツキノワのプーくんを思い出してしまいます。
8-181014syuu
 参考 → 大内山 プーの訃報


今まで高くて登れなかった台を低くしてもらったシュウくん。
SNSなどで見て頻繁に登っていると思ってはいましたが
実際、台の上でゴロゴロしたりして、気に入っているようでした。
赤い矢印のあたりが、高かった時の跡だと思います。
9-181014syuu
高かった頃は下に潜ってました。
 参考 → 笑顔のシュウ ~広報さんのおやつ~

身体が大きくても、この座り方はずるいよねぇ (*´▽`*)
10-181014syuu

突っ伏して、なんだかお顔をクシャってしてます。
11-181014syuu
こういうとき檻が残念ですよねぇ。ま、仕方ない。

こんな感じ。いいベッドだよなぁ・・・。
12-181014syuu

手の届く距離ではありませんが、すぐ目の前です。
凄く近くでカメラ向けているのに、こんなお顔見せてくれたら堪りません (´▽`*)
13-181014syuu

その角度だとシュウくんからは何が見えるんだろう。
14-181014syuu
クジャクの鳥舎の屋根あたりかな・・・何か野鳥でも来ていたのかな?

キメキメなお顔もできます (^^)
15-181014syuu

何故手を伸ばすかなぁ・・・
16-181014syuu

届かないんだけど、こちらからも手を伸ばしたくなっちゃう。
17-181014syuu
爪ぐらいちょっと触っても怒らないんじゃないか、って良からぬことを空想。

ウマグマって頭が大きい。シュウくんもお顔が大きい。それが目の前に。
18-181014syuu

体勢変更
19-181014syuu

お顔はより一層、檻近くに。
20-181014syuu

パーツ撮りその1 後脚の裏
21-181014syuu

さらに体勢変更
22-181014syuu

寝てしまわないのを見ていて、朝一から行って良かったと思いました。
23-181014syuu
大したことはしていないけど、朝からお顔、表情に大満足できたから。

さらなる体勢変更
24-181014syuu

ついに寝たかな・・・
25-181014syuu

開園から1時間半ぐらい経過しました。
26-181014syuu
このタイミングで入園するのと、朝一から入園するのとでは雲泥の差。
「熊に逢うなら開園直後は見逃さないほうがいい」 の法則と呼びたい。

パーツ撮りその2 前脚の裏
27-181014syuu

続けてパーツ撮りその3 後頭部
28-181014syuu
肩の白斑と、メインの毛色の焦げ茶色、混ざっているのは金髪じゃなく赤毛。

朝一で行くためには、開園より30分ぐらい早く到着する交通手段しかなく
次の交通手段だと、この写真の時刻ぐらいに到着することになります。
29-181014syuu
普通に考えてこの時間に到着するのが尋常な行動なので
「午前中は寝ている」 と思いがちなヒトが多いかもね?

寝返り打ったよ (*'▽')
30-181014syuu

どうして熊って、脚挙げたり腕上げたりするんでしょうか、寝るとき。
31-181014syuu

寝返り打ったけどお顔がイマイチ角度が悪い。
32-181014syuu

ならば、パーツ撮りその4 お口の中
33-181014syuu

微妙に見え方が異なる角度違い。重力に勝てず隙間が。これで寝て咽喉は乾燥しないのか?
34-181014syuu

隙だらけ。しかもカメラ構えた来園者の目の前ですよー!
35-181014syuu
だけど、シュウくんが寛げるベッドになったんですね・・・潜るしかなかった台が。


さて、起き出したのはお昼前です。
お客さん一人ひとりに対して愛想が良いということでもないのですが
ヒトを嫌がらず、見ている目の前まで来てくれるんですよね・・・
36-181014syuu

相変わらずアンバランスな写り方をします (笑)
37-181014syuu
遠近法みたいな、トンボレンズみたいな。
頭もこんなに大きくないし、脚もこんなに貧弱じゃないのに
どうしてもこう写る (笑)

シュウくん! 近いよ!!
38-181014syuu

嗚呼、モフりたい・・・!!
39-181014syuu
ガラス越しの園のほうが近いのに
物理的には接触が可能な状態で近いと実感があるんですもん。


これは、脚を噛んでます。
40-181014syuu
常同行動かな? とも思いましたが、そんなに噛み噛みは激しくなくて
このときは寧ろ本当に痒かったのかな、と思いました。

お顔もかいてますもんね?



いよいよプールへ。
42-181014syuu

何がいよいよかって?
43-181014syuu

そりゃぁ、シュウくんと言えば大タイヤ先輩との稽古ですから。
44-181014syuu
(GIFです ↑ 動かない場合はクリック・タップしてください。)

始まってしまうと長いので、何度か訪問して何度も見たら
もう(見るのは)いいかなって思いそうなものなんですけど
これを見ないと、とても大きな見逃し感が残ると言いますか
どうしてタイヤで遊ばなかったんだろう? と気になってしまう、
やっぱり見ておきたいんです。

前半は小タイヤくんでウォーミングアップ。

この飽くなき戦い、飽くなき稽古は、シュウくんにとって重要な運動量。
46-181014syuu
必至で喰らい付くシュウくん!

時折、不意にあげるお顔の清々しさとのギャップも激しい (笑)
47-181014syuu

でも、だんだん疲れてくるのは見ていて分かります (笑)
48-181014syuu

始まっちゃうと長いし、一旦離れてもまた戻って行ったり。
本当は、大タイヤを引き上げて座るのを見たいんですが
なかなかそれは、よほど偶然に遭遇しないと見られなさそうです。
だから、まだやってるだろうと思って覗いたらやってなかったときの
「あっ!!」 と焦る感じは、妙にモヤモヤします。
49-181014syuu

タイヤを放して水に浸かる動作を見逃した後悔の 「あっ!!」 です (~_~;)
50-181014syuu

本気のクールダウン?!
ボーっとしている「ボー」って音が聞こえそう。
51-181014syuu
可愛らしいなぁ、遊んで疲れてボーっとしているこのお顔 (*^▽^*)
17歳のオッサンの顔じゃないよねぇ (^-^)


と、調子よく続けると長くなるので、ここで一旦切ります。
後半は もぐもぐタイムの様子でーす。
 こちら → 華やぐ思い、安堵する思い ~シュウ~



このページのトップヘ