PalmState - Ezzy/Angulo/KIALOA/K4fin

EzzySail / AnguloWSF / AnguloSUP / Mark Angulo Custom / KIALOA / K4 に関する最新の情報を更新しています。

PalmState - Ezzy/Angulo/KIALOA/K4fin イメージ画像

更新情報

各ブランドの今年中のお届けは19日受付分までとなります。20日以降にご注文の場合は来年2019年年明けの発送となります。年末年始にウインドサーフィン&SUPを楽しむ方はお早めにご注文をお願いいたします。EzzySails-japanhttp://www.ezzy-japan.com/ezzy/EzzySails-japan:F
『各ブランドの年内の発送は19日受付分までとなります。』の画像

3/4バテンコンセプトを採用Hydraは、ハードコアWAVEセイル”Taka”の3/4バテンコンセプトを採用、この3/4バテンが、セイル(パワー)のON(フルフォイル)・OFF(フラットフォイル)をし易くし、フォイル飛行時の様々な状況下でのイージーライドに大きな役割を果たしている。これは
『Ezzy:2019「HYDRA」3/4バテンコンセプトを採用』の画像

伸縮率の高い”Tri-liteクロス”を採用その他、Hydraは、パンピングし易い、しなやかなフォイルに仕上げるために伸縮率の高い”Tri-liteクロス”をセイル面積の大部分に使用している。「HYDRA」詳細ページ ↓http://www.ezzy-japan.com/ezzy/2019-sails/2019-hydra/Tri-Lite
『Ezzy:2019「HYDRA」伸縮率の高い”Tri-liteクロス”を採用』の画像

Takaデザインは、深くドライヴしたスピーディーなボトムターンと爽快なスプレーを描くリッピングのフィーリングを愛するすべてのWAVEセイラーのための我々の情熱のプロジェクトだ。詳細ページ↓http://www.ezzy-japan.com/ezzy/2019-sails/2019-taka5/ 
『Ezzy:2019「TAKA5」WAVEセイリングは、我々の貴重な財産である!』の画像

心地良いフォイルセイリング体験長いフットは、セイルをより安定させる効果もある。飛行中のガスティーウインド状況下でもバランスを崩すことなく、より楽に、より簡単にセイルコントロールできる。と同時に、セイル全体ではなく、伸びた長いフット部だけを引き込めるので、
『Ezzy:2019「HYDRA」心地良いフォイルセイリング体験』の画像

フラットウォーターからダブルマストハイサーフまで様々なコンディションで通用する一番人気のセイル!あらゆるコンディションをカバーするセイルをデザインすることは、特定のセイリングスタイルのセイルをデザインするよりもさらに挑戦的なことである。詳細ページ ↓http:
『Ezzy:2019「ELITE」ウインドサーフィンを愛するあらゆるユーザーのために・・・』の画像

重量級のセイラーや強風時、ビッグウェイブライド等のパワーを必要とする時に有効なフィン。価格表 ↓http://www.ezzy-japan.com/k4/price/またライトウインドの中で、よりドライブしたターンをしたい時や、軽量級のセイラーにおいてのオンショアコンディションにおいても有
『K4fins:「STUBBY」堅めの”STUBBY”』の画像

いよいよ冬の強風シーズンが始まります! 今週末12月1日(予備日2日)に静岡県御前崎(大東温泉シートピア正面ポイント)にてEzzy Sail 2019モデルの試乗会を開催させていただきます。ご興味のある客様に是非試乗していただけたらと思っております。 当日の駐車場は、御前
『Ezzy Sail 2019モデルの試乗会 @御前崎』の画像

誰でも簡単に適切なダウンホールおよびアウトホールのテンション調整が可能!大体のWAVEセッションでは、常に風が落ちることに対して順応できることがセイルに求められる。ベストなWAVEセッションとは、たとえ風が落ちたとしても全員がビーチに戻ってこれることだ。Ezzy Sail
『Ezzy:2019「TAKA5」誰でも簡単に適切なダウンホールおよびアウトホールのテンション調整が可能!』の画像

公式のテストセンターで開発されたフィンは年間を通じて新素材や新フィンデザインなどR&Dを繰り返し数多くのプロトタイプの金型を作り素材、デザインの最高の組み合わせを見つけることができた!詳細ページ ↓http://www.ezzy-japan.com/k4/fangfreeride/K4-japanhttp://ww
『K4fins:「FANG」驚くべきスピードとコントロール性を発揮!』の画像

詳細ページ ↓http://www.ezzy-japan.com/ezzy/2019-sails/2019-elite/Eliteのように多面性を持つセイルのデザインをする場合には、ただ一箇所の改良に集中し追求していくことが重要なんだ!最新のEliteは、こうやって十数年に亘るR&Dを重ねてきた現時点の最高傑作なのだ
『Ezzy:2019「ELITE」フラットウォーターからダブルマストハイサーフまで様々なコンディションで通用する一番人気のセイルである!』の画像

素早い加速性能と、大幅な風域のローエンドパワー性能を取り入れた!我々はWAVEセイラーとして、自身の挑戦から得た経験や知識をセイルデザインを通してWAVEセイラーのために捧げてきた。だからTakaがデザインされたのだ。3本プラスハーフバテンのTakaは、セイルを開いた時に
『Ezzy:2019「TAKA5」素早い加速性能と、大幅な風域のローエンドパワー性能を取り入れた!』の画像

よりルースな動きと素早く切り返しが可能!素材が2タイプ、ハード・ソフトからチョイスが出来ます。Leonシグネチャーモデル!詳細ページ↓http://www.ezzy-japan.com/k4/leon/特性:■やわらかめ「DF(ダイナミックフレックス)」=ダイナミックなフレックスでクラシックなK4
『K4fins:「Leon」クワッド用のバックフィンLeon』の画像

長く伸びたフット部これはジェット機の”ウイングレット”(航空機の主翼端に取り付けられる小さな翼)の機能とよく似ており、このフット部は航空力学的にエンドプレート(垂直尾翼)の役割があり、フォイル用セイルとしての機能効率を著しく向上させている。写真左「HYDRA」例え
『Ezzy:2019「HYDRA」外観の大きな違いは!』の画像

Taka5は、ハードコアWAVEセイラーのためにデザインされた特別なセイルだ!80年代、HOOKIPAではフリーセイリングのスタイルから自己表現の最先端を追求するスタイルへの改革が起こった。Mark Anguloが生み出した“WAVE360”が代表的なパフォーマンスだ。昔も今も、我々は午
『Ezzy:2019「TAKA5」』の画像

↑このページのトップヘ