<キアロア パドルのグリップ接着方法>


Palm Gripセットには「グリップ」「ゴムパッキン」「クロス」が入っています。
スリムシャフト用ですので通常のシャフトに設置の場合はクロスをまいて接着してください。



写真 2016-01-14 9 35 43-20160114

最初にゴムパッキンをシャフトに通してください。
(グリップをつけてしまうとパッキンが入らないので先に通しておいてください)


写真 2016-01-14 9 35 54-20160114

グリップにクロスをまいて接着します。
(樹脂をしみこませてしっかり接着してください)

写真 2016-01-14 9 36 08-20160114

グリップを奥まで入れてもクロスが出てしまう場合ははさみなどで余分なクロスを切ってください。

写真 2016-01-14 9 36 43-20160114

写真よりも余っているクロスはきれいに切った方が仕上がりがきれいに仕上がります。

写真 2016-01-14 9 37 30-20160114

グリップの向きは写真ではわかりにくいかもしれませんがくぼんでいる方が指側になります。
膨らんでいる側が手のひらにきます。

実際にグリップを握ればしっくりくると思います。

写真 2016-01-14 10 17 06-20160114


グリップが完全に接着してからパッキンをドライヤーなどで熱すればパッキンが縮み接着部分がきれいに仕上がります。

写真 2016-01-14 9 37 37-20160114


質問などがあれば気軽にお問合せください。

KIALOA-japan
http://www.ezzy-japan.com/kialoa/

kialoa-japan:FB ページ↓
http://www.facebook.com/kialoa.japan
(いいね!!をすればkialoa-japanに関する情報などをいち早く知ることができます)



★是非皆さんのパドルのチョイス例、使用レポなどコメントしてください!!
また写真などもどんどん「FBページ:kialoa-japan」にも投稿してくださいね!!
皆で情報を共有できたらいいと思っています。