JR福知山線脱線事故で死亡した高見隆二郎運転士(当時23歳)の遺族が、大阪市の天満労働基準監督署に労災申請をしていたことがわかった。

 死亡による労災申請の期限は亡くなった日から5年で、失効直前だった。今後、事故前の高見運転士の勤務状況について審査が行われる見通しで、懲罰的な日勤教育が認定判断を左右する可能性が出てきた。

第1類の取扱品目数、増やした薬局が32%(医療介護CBニュース)
大阪市が貧困ビジネス排除策 業者より先に生活保護者を囲い込み(産経新聞)
山形新幹線急停止、車両の下に女性…けがなし(読売新聞)
恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)
JR西社長、再発防止策を報告=国交相「定着が大事」-報告書漏えい(時事通信)