気象庁は16日、霧島山(宮崎、鹿児島)の新燃岳の噴火警戒レベルを火口周辺規制の「2」から平常の「1」に引き下げた。
 新燃岳は先月30日、約1年7カ月ぶりに小噴火。その後は火山性の地震や白色噴煙の量が少ない状態が続き、火山性微動もなく、同庁は噴火の兆候は認められなくなったと判断した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕The Volcano 世界の火山
空の交通混乱、欧州全域に=仏やスペインでも欠航続出-アイスランド・火山噴火
浅間山警戒レベル、平常に=気象庁
霧島山・新燃岳が小噴火=30日朝、1年7カ月ぶり
霧島山で小噴火の可能性=警戒レベル引き上げ

生活保護受給者の自殺率、全国平均の倍以上(産経新聞)
不正経理問題 神奈川県元職員3人逮捕へ(産経新聞)
政権公約「基本は変えぬ」=小沢民主幹事長(時事通信)
<生活保護>「囲い屋」排除 申請段階で住宅提供 大阪市(毎日新聞)
<警察庁>電車内での痴漢取り締まり強化(毎日新聞)