栄養豊富で低脂肪・低カロリー♪の「大人のための母乳」って???
【無料】最大15社の生命保険を一括パンフレット請求!

膵臓は胃の後ろの腹部の深いところ(後腹膜)にあります。上腹部のみぞおちと臍の中間あたりから左上方にかけて存在し、右側端は十二指腸によって囲まれており、左端は脾と接しています。細長い臓器で、頭部、体部、尾部に分けられ、おたまじゃくしのような形をしています。頭部は幅4〜5cm、厚さ2〜3cmぐらいで、尾部に向かって細くなり、長さは14〜15cm前後です。

膵臓は血流、神経分布が豊富な臓器で、働きは主に2つあり、一つは食物を消化する消化酵素であるアミラーゼ、リパーゼ、トリプシノーゲンを含んだ膵液を分泌する外分泌機能、もう一つは血糖の調節に必要なインスリン、グルカゴンなどのホルモンを分泌する内分泌機能があります。

特に、インスリンは血糖を下げる重要なホルモンであり、不足すると糖尿病になります。
膵液は膵管を通って十二指腸に分泌されます。

膵臓癌の9割以上は外分泌細胞から発生します。膵管を形作る内側の細胞から発生した膵臓癌を膵管がんと呼び、一般に「膵臓癌」といえばこの膵管がんのことをさします。腫瘤を形成して浸潤、転移を起こしやすいのが特徴です。

日本では毎年2万人以上の方が膵臓癌で亡くなっています。膵臓癌は身体の奥深くにできるので、癌が発生しても見つけるのが非常に困難です。消化器のがんのなかでも治りにくいがんといわれ、膵臓癌の発生率は胃がんや大腸がんに比べ1/3程度にもかかわらず、国内のがんにおける死亡原因の第5位にあがっています。

膵臓癌の発生は年々増えている傾向にあり、今後も増えていくであろうと予想されています。また、発生の原因についてもよくわかっていません。

さらに、初期段階では特徴的な症状もなく胃癌や大腸癌のように早期のうちに見つかるということはほとんどありません。がんとわかった時にはずいぶん進行しており、がんが周囲の臓器に拡がっていたり、肝臓などの他臓器にがんが転移していたりなど手遅れということが多いようです。

ゆえに、がんの中でも治りにくい難治癌とよばれています。

膵臓癌に特徴的な症状はあまりありません。比較的初期の段階では無症状であったり、進行がすすんでくると、腹痛や黄疸などの症状が多く、次いで食思不振、腰背部痛、全身倦怠感、体重減少などでなどという症状がでますが、特に一般的な消化器症状と区別つきません。

これらの原因が診断の遅れにつながっています。ちなみに黄疸とは.皮膚や白目が黄色くなったり、身体がかゆくなったり,尿の色が濃くなったりする症状ですが癌以外でも胆石や肝炎などでも同じような症状がでます。

検査には主に画像検査と血液検査があります。

画像検査ではまず始めにエコー(超音波検査)が行われます。エコーの利点はは人体に害が無く、何回でも繰り返して行うことが出来ます。エコーではっきりしなかった場合は血液検査やCT検査、MRCP検査(磁気共鳴胆管膵管造影)、血管造影、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)をおこなっていきます。
 
 CT検査とは
X線を用いて体内を撮影し詳細な画像を得ることができます。エコーでも見つけれなかったガンをみつけることができます。ただ身体への害が皆無ではないX線を使用し、費用もかかる検査なのでエコーほど頻繁には行われません。

 MRCP検査(磁気共鳴胆管膵管造影)とは
MRI検査を主に胆管の画像診断に用いる場合を指します。CT検査と同じような画像が得られます。長所はCT検査と違いX線を使わずにすむところです。ただCT検査よりも費用がかかり、撮影に長時間かかるという欠点もあります。

 血管造影とは
足のつけ根の動脈から細い管を差し込んで造影剤を注入し、膵臓やその周辺に向かう動脈、血管の構造や病気による変化を調べるものです。これらの変化をみることでガンの診断を行います。

 ERCP検査(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)とは
胆管と膵管に造影剤を入れてX線撮影する検査で、内視鏡を口から十二指腸まで挿入して十二指腸乳頭に細い管を差し込んで造影剤を入れます。そして胆管と膵管やその枝分かれした部分のX線画像を撮影します。またこの検査で膵液や胆汁を直接採取し、細胞診や、さらに、遺伝子異常を調べるなどの精密検査を行うことができます。
 磁気共鳴胆管膵管造影検査よりも鮮明な画像を得ることができるのですが、副作用としてこの検査を受けた人の3〜5%の人が膵炎などの合併症が起こしています。そのため最近では,MRIを利用してERCPと類似した情報を得ることができますので、ERCPは行わないことがあります。

膵臓癌の治療法としては,主に3つ外科手術,放射線治療,化学療法があります。


1.外科手術

外科手術は膵臓癌のできている箇所によって異なってきます。膵頭部に癌がある場合は,膵臓の頭部から体部の一部にかけて、十二指腸全てと胃や小腸の一部、胆嚢、胆管なども一緒に切除します。十分な膵臓が残り、消化液(膵液) とインスリンの産生は維持されます。膵尾部に癌がある場合は、膵臓の体部・尾部と脾臓を切除する膵体尾部切除術を行います。
 膵の広範囲に癌が広がっていると、膵臓全摘出ですべてを切除する手術が必要となることもあります。


2.放射線治療

 放射線療法は放射線を患部に照射して癌細胞を抑制する治療です。手術が不可能で癌が局所に広がっている場合、放射線療法が行われことがあります。基本は体の外から放射線を照射しますが、より高い治療効果を得るために手術中に膵臓癌だけに放射線を照射する術中放射線照射という方法もあります。


3.化学療法

 化学療法とは抗癌剤を用いた治療で。手術が不可能な場合や再発がみられた場合、抗癌剤による治療が行われます。全身化学療法という抗癌剤を点滴して全身に行き渡るようにする方法を行います。しかし、この方法は副作用にも注意しなければなりません。
白血球減少による免疫力の低下が起こります。免疫力を高めることが大切です。また血小板減少、貧血などが起こりやすくなります。