2013年09月21日

ライコネンのフェラーリ移籍決断の背景

キミ・ライコネンはフェラーリ移籍の決断の理由としてロータスが報酬の支払いを行っていないことを認めている。ライコネンは2年間のブランクを経てF1に戻ってきて、ロータスでF1を楽しんでいるように見えたが、財政難を抱えるロータスはライコネンに対して報酬の一部の支払いを遅らせていたり、まだ支払いを行っていなかったりするという事情がある。

raikkonen-987654789-lotus

ライコネンはそれがフェラーリ移籍の大きな理由だということを明らかにしており、次のように語っている。

「僕がロータス離脱を決断した理由は純粋におカネにある。報酬の問題だ。それは不運なことだ」

ライコネンは基本的な報酬は受け取っていると考えられているが、レースでの勝利や表彰台獲得、ポイント獲得に対するボーナスの支払いは行われていない。

ライコネンをチームに残留させるためにロータスに何ができたかという質問に対して、ライコネンは次のように答えている。

「多くのことがある。チーム側はよくわかっていると思う。チームがやるべきことをしていたら、どうなっていたかはわからないけど、僕はロータス離脱の決断を嬉しく思っている」

Source: The F1 Times



Posted by f1fan_kaz at 07:33│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/f1fan_kaz/51128775

コメントする

名前
 
  絵文字