2013年09月23日

F1シンガポールGPのレースレポート

マリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われたシーズン第13戦シンガポールGP決勝で、レッドブルのセバスチャン・ベッテルがレースを制し、チャンピオンシップのリードをさらに広げた。ベッテルはスタートでメルセデスのニコ・ロズベルグに一時的にポジションを奪われる展開となった。

singapore-podium

ベッテルは他を圧倒する走りを見せ、他のドライバーに対して2秒の差をつける展開となった。ダニエル・リカルドのクラッシュでレース中盤にセーフティカーが出動していなければ、ベッテルのリードはもっと大きなものになっていただろう。

フェラーリのフェルナンド・アロンソは7番手スタートから順位を上げて2位フィニッシュを果たしている。腰痛を抱えていたロータスのキミ・ライコネンは12番手スタートから順位を上げ、3位でフィニッシュしている。

メルセデス勢は、ロズベルグが4位、ルイス・ハミルトンが5位という結果であり、フェラーリのフェリペ・マッサが6位に入っている。

マクラーレンは今シーズンのベストレースを見せ、表彰台を獲得できるかに思われたが、タイヤの痛みが大きく影響し、結局、ジェンソン・バトンが7位、セルジオ・ペレスが8位という結果に終わっている。

レッドブルのマーク・ウェバーは最終ラップでリアから出火し、リタイアに終わっている。一方、ロータスのロマン・グロージャンとフォース・インディアのポール・ディ・レスタも信頼性の問題でフィニッシュすることができず、ディ・レスタはバリアに接触してレースを終えている。

Source: The F1 Times



Posted by f1fan_kaz at 07:20│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/f1fan_kaz/51128940

コメントする

名前
 
  絵文字