秋田県横手市に200年以上前から伝わる手すきの「十文字和紙」を使ったウエディングドレスを、同市の手芸家、泉川祐子さん(62)が作った。31日まで、同市のイベント施設「ね・ま~れ」で展示している。

 素朴で温かい独特の風合いを知ってほしいと考え、和紙職人や手芸仲間が協力。純白ですそが広がったプリンセス型と、紙素材のこうぞの白皮をむいてアレンジしたマーメード型の2着を約2カ月かけて仕上げた。

 白むくで隣町から嫁いだ元小学教師の泉川さんは「いいな、という人がいれば作ってあげたい」。婚姻率(人口当たりの年間結婚数)が全国最低レベルの秋田だが、“紙の導き”でカップルが生まれるか。【佐藤正伸】

【関連ニュース】
<ウエディングドレスの話題>西川史子:「これで完璧、無敵の女に」バレンタイン挙式 ウエディングドレス姿で結婚会見
<ウエディングドレスの話題>南明奈:ウエディングドレス姿で“よん様”と模擬挙式
<ウエディングドレスの話題>道端ジェシカ:桂由美のウエディングドレスでパリコレデビュー バトンとの結婚は無言
<ウエディングドレスの話題>結婚式にペンギン2羽が「出席」 静岡のホテルで
源氏物語結婚式:紫式部邸宅跡で十二単 女子大生が発案

知事あてに薬きょう郵送=朝鮮学校の扱いで批判文書も-兵庫(時事通信)
<非核三原則>鳩山首相に長崎市長らが法制化を要請(毎日新聞)
唐澤・原中両陣営、25日以降に役員候補発表(医療介護CBニュース)
阿久根市職労、市長通告で庁舎から一時退去へ(読売新聞)
北教組「校長交渉」の文書入手 「学テ公表するな」「異動は組合尊重」(産経新聞)