【ヒューストン(米テキサス州)時事】山崎直子さん(39)らが乗り組む米スペースシャトル「ディスカバリー」は7日午前2時44分(日本時間同日午後4時44分)、高度約350キロで地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングした。ISSには野口聡一さん(44)が長期滞在中。山崎さんが乗り移り、日本人2人が初めて宇宙で顔を合わせる。
 シャトルは6日夜、ISSの斜め後方から接近を開始。機体底部の損傷点検のため約180メートル離れた地点でいったん停止。機体を1回転させてISSの野口さんらにカメラ撮影してもらった後、さらにゆっくりと近づいた。
 ドッキング後、気密性チェックを済ませた上でハッチが開けられ、山崎さんはシャトルから乗り移る。ISSの滞在人数は一時的に計13人となり過去最多タイ。うち女性は4人で新記録となる。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

関東に“嵐”、通勤の足などに乱れ(産経新聞)
東京消防庁に東久留米市も=35年ぶり消防事務受託(時事通信)
新しい政治のあり方とは? ネット選挙運動、議員もユーザも熱い議論(産経新聞)
水道管耐震化34%、ライフライン確保に課題(読売新聞)
<与謝野元財務相>離党届を提出 新党結成へ動き活発化(毎日新聞)