日本三大中華街といえば、横浜・神戸・長崎が有名。
横浜には何度もいった事があるけど、他はまだ行ったことがなかった!

神戸南京町
神戸南京町1神戸南京町2
元町駅から徒歩数分。南京広場を中心に十字型にメインストリートが通っているから歩き易い。
横浜みたいに複雑&カオスな路地部分が少ないので、全体的に日当たりが良いような?
路地が少ないのもそうだけど、街全体がキレイだ(衛生的なことではなく)

小財神アルヨー
神戸南京町 小財神:財財(右)と来来(左)←財財(右)と来来(左)
良く見なくても顔がコワイ( ゚д゚)
からくりサーカスで鳴海に倒された自動人形にこんなん居たダロ確か

モンスター続々...
神戸南京町 豚2神戸南京町 豚1
かてるきがしねぇ・・・

地図中央の青い部分が南京広場
神戸南京町MAP
広場周辺のお店はメニューが200〜500円くらいに統一されているので
各店でテイクアウトしたのを持ち寄って広場で食べることが出来る!

そんなお店の一つ『香港点心菜館
神戸南京町 香港点心菜館
ラーメンとか色々なメニューが前面に張り出されていて目立つ黄色い露天。
しかも殆どが300円というお手軽さ。他の店では、タピオカジュースや北京ダックバーガーと確実にボッタクリな価格設定がチラホラあるなかで、値段以上の量を提供してくれているお店だと思う。
神戸南京町 香港点心菜館 看板

フカヒレあんかけ焼飯
神戸南京町 香港点心菜館 フカヒレあんかけ焼飯
学食のメニューに是非採用してもらいたい。

お土産には「パンダサブレ
神戸南京町 パンダサブレ
サブレっていうか普通のクッキーなんだけど、絵柄のパンダが可愛いからおk
中身?それはアレだろほら、白と黒の生物=パンダ。たれパンダが実証している。

てか東西南北が思ったより狭い。
大地震での区画整理の影響・・・いや横浜が広過ぎるのか。
(東西のメインストリートで270m、南北では110m)
駅側に一本、通りを挟むだけで一気に普通の商店街へと突き出してしまう。
横浜中華街は、チャイナにあの辺一帯を侵食されているイメージがあるけど。。。
神戸中華街は“南京町”っていう限られた場所にチャイナが隔離されている気がする。
とは言え、広場を中心に店が通りにまとまっているから劇的手軽に回り易い。地図不要。
テーマパークとして楽しむなら神戸を。中華という異界を楽しむなら横浜を。